よりいち鬼滅。 【#鬼滅の刃】耳飾りの剣士・継国縁壱(つぎくによりいち)の強さ【戦闘能力考察】|ひらめきのきらめき

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ (2/2)

よりいち鬼滅

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】縁壱の笛の袋はうたの着物? 冒頭でも触れましたが、縁壱が黒死牟に斬られたときに、子供時代に黒死牟から貰った笛も一緒に斬られた形で出てきました。 今週の鬼滅の刃読みましたけど え いや待って縁壱さんがお兄さんから貰った笛入れてた袋ってうたさんの着てた着物この話やめよっか!!!!???? — とまとの人🍅 tomatototemoois 縁壱がもってた笛の袋、たぶんうたさんの着物 — ミラ airu121 待って縁壱の笛入れてた袋、うたさんの着物…!? — 鮭ふり️️🦅 currysplashhh 画像を確認すると、 確かにうたの着物と袋の柄が同じなので、その可能性はかなり高そうです。 ただ、よくよく調べるとうたの着ていた着物と色が違うんですよね~。 ん~、そうすると袋自体は「うたの着物とは別物」ということになってきます。 そこらへんの事をちょっと深堀りして考えてみます。 うたの着物とは色違いで別物? 先ほど触れたように、うたの着ていた着物と笛の袋は柄が一緒ですが、色がぜんぜん違います。 笛を入れていた袋は紫とピンクが混じった淡い感じの色ですが、うたの着物は黄色。 モノクロの画像だとどちらも同じ生地に見えますが、カラーにすると別の生地のようにも見えますね。 うたを大事に想っていた縁壱がうたの着物から笛の袋を作ったのかと想像したんですが、ここまで色が違うと 別の生地の可能性も高そう。 まさか鬼滅の刃の制作側が色を間違えて付けたとか? ・・・いやいや、流石にここまで色に違いが出ることは考えられませんねw 着物の色が違うのは血に染まったから? 笛が入った袋がうたの着物で作られてるとするなら、考えられるのは 「着物が血に染まって色変わりした」ということでしょうか。 残念ながら、うたは鬼によって命を奪われてしまいました。 そのときの「血に染まったうたの着物を使って縁壱が袋を作った」というちょっとイカれた考察です。 着物が地に染まったことによって、本来の黄色から違う色になったと考えると「袋がうたの着物」というこじつけもできなくもないです。 ただ、黄色に赤色に近い色を混ぜると この文字の色のようにオレンジに近い色になってしまうんです。 よくよく考えると、血に染まった着物の生地を持ち続けるのもちょっとグロいですもんね。 あっ、でもワニ先生ならワンチャンありえるかな?w 冗談です 関連: 関連: 関連: 生まれてくるはずだった子供 娘 の着物? では「笛の袋の生地は一体どこから持ってきたの?」という疑問が湧いてきます。 縁壱は80歳近くまで生きたようなので、その間に似たような柄の生地を探したということも考えられます。 しかしそれとは別に、ちょっと面白いツイートがあり、その考えが1番しっくりきたのでここでご紹介します。 しっくりきた考えとは 「縁壱とうたの間に生まれてくる子供の着物生地」というものです。 しかも縁壱は「透き通る世界」を元から見えていたため、「生まれてくる子供が女の子だと分かっていた」と考えるとつじつまも合ってきます。 先日レントゲン写真をいくつか見せてもらう機会があったんですが. 。oO これが縁壱の視ている世界か… などと妄想逞しくしていました。 ふと思ったんですが縁壱はうたさんのお腹の中にいた子供の顔も目視していたんですかね。 巾着の梅柄の布が子供の着物という説からも察するに女の子だったんでしょうか — ニケコ Knikeko 女の子だとすると、「母親と色違いの梅の柄で揃えた」と言われてもおかしくはなさそう。 【鬼滅の刃】うたの着物の梅柄の意味は? 袋の生地は、嫁のうたさんか生まれる予定だった着物の生地の可能性は高そうです。 基本ワニ先生は作中の色んな所に意味を持たせていることが多いので、「袋の梅柄にもなにか意味があるのでは?」と思いました。 ということで、 笛の袋とうたの着物に使われていた梅の柄の意味も調べてみましたよ! 梅の花言葉は「上品・高潔・忍耐・忠実・独立」 梅の花言葉は 「上品・高潔・忍耐・忠実・独立」だそうです。 ウメ(Prunus mume) 全体の花言葉 「不屈の精神」「高潔」 紅梅「優美」 白梅「気品」 漢方薬の「烏梅」は藁や草を燃やす煙で真っ黒に燻したウメの実なんだよ。 そもそも、この梅の花言葉の意味をキャラのイメージに使っているかは不明ですが、笛の袋にも着物にも梅柄を使っているのは、 梅の花言葉となにか関係をもたせているのかもしれません。 「梅毒」が名前の由来と言われていましたが、実は花言葉のような意味を込められて名付けられていたら素敵ですね。 「梅=産め」で安産祈願の意味がある 「梅=産め」という言葉の繋がりから 安産祈願の意味もあるようですね。 縁壱の笛袋は梅柄、 梅柄は「産め」って意味で安産祈願があるだと、。 待ってねぇ待って。 眠る前に軽い気持ちで梅柄の着物の意味ググったら死にそうになった。 他にも忍耐力とか生命力とか耐え忍ぶ美とか子孫繁栄とか安産とか…。 そうか…そうか…。 ちなみに、京都にある梅宮大社では毎年3月に「梅・産祭 うめ・うめまつり 」という安産祈願のお祭りをやっているようです。 3月3日 梅宮大社で「梅・産祭」が催行されます。 子授け・安産・産業繁栄を祈願。 神酒及び神苑の梅より造った梅ジュースを無料でいただくことができます。 午前9時30分~昨日、今日と暖かくなったので標準の梅が3~5分咲きになったようです。 梅宮大社では梅が見頃を迎える3月第1日曜日に安産を祈願し、神酒、そして神苑の梅からつくった梅ジュースを無料でいただけます。 うたの血で着物が染まったことも一応考えられますが、笛のような淡い色になる可能性は極めて低いです。 もしかすると 産まれるはずだった子供の着物を使ったのかもしれませんね。 また、梅の花言葉には「上品・高潔・忍耐・忠実・独立」というものがあり、安産祈願や強い母親の意味もあるようです。

次の

【腹筋崩壊】鬼滅の刃おもしろコラ画像まとめてみた!!

よりいち鬼滅

Contents• 玄弥の銃弾 玄弥の銃弾に驚く黒死牟。 刀で弾いたにもかかわらず、生き物のように曲がり黒死牟の体にめり込みました。 さらにめり込んだ銃弾からは木の根が張り出し、完全に黒死牟の動きを封じ、「やはり血鬼術か」と考える黒死牟。 黒死牟は銃弾を放った玄弥を発見します。 木の根と時透により身動きがとれなない黒死牟に、悲鳴嶼と不死川(しなずがわ)が襲いかかります。 鳩尾(みぞおち)から旋毛(つむじ)まで突き抜けるような焦燥、生命が脅かされ体の芯が凍りつく、平静が足下から瓦解する感覚、忌むべき、そして懐かしき感覚。 四百年前の赤い月の夜を思い出す黒死牟。 黒死牟の双子の弟・継国縁壱 よりいち 四百年前の赤い月の夜、黒死牟は信じられないものを見たと回想します。 黒死牟の目の前には、顔に痣がある老人が立っています。 腰には日輪刀と思われる刀をさし。 黒死牟は既に鬼なっており、この時から上弦の壱だったようです。 黒死牟の目の前に現れた老人は、黒死牟の双子の弟・継国縁壱 つぎくによりいち 黒死牟と最後に会ってから六十数年の時が経過しており、人間である縁壱は八十を超えています。 縁壱が生きていることに驚く黒死牟。 痣の者は25歳になる前に死ぬはずなのに、なぜお前だけ生きていると黒死牟は聞きます。 兄の問には答えず、「お労(いたわ)しや、兄上」と、涙を流し鬼の姿になった兄を嘆く縁壱。 六十年前はあれほど目障りだった弟ですが、今は憤りは感じないと黒死牟。 「兄上」と呼ぶ声は酷く嗄れており、感情の僅かな機微すらも見せなかった弟が、涙を流している様に生まれて初めて込み上げてくるものあると黒死牟は感じます。 黒死牟は、目の前の弟を殺さねばならないと認識します。 人であった頃の肉の片割れであり、全盛期を過ぎ脆い肉体の老人を。 弟が鬼狩りである限り、刃を向けてくるものは一刀両断にせねばならない。 そんな奇妙な感傷にひたる黒死牟ですが、縁壱が居合の構えをした瞬間、感傷は吹き飛びます。 痣の者でも25歳を超えて生きる縁壱 縁壱の構えには一分の隙もなく、両肩に岩を乗せられたが如く威圧感で、空気が重くなったと感じる黒死牟。 縁壱は「参る」と告げ、一気に黒死牟に駆け寄り、一刀のもと黒死牟の首を斬ります。 首は斬られたが、頭と体は繋がっている黒死牟。 縁壱の方を向き、激しい嫉妬にかられます。 何故いつも縁壱だけが特別なのか。 痣の者であるのに25歳を超えて生き永らえ、その老骨で振るう技は全盛期と変わらぬ速さと威力。 鮮やかに記憶が蘇る、六十年前の怨毒の日々。 縁壱だけがこの世の理の外側にいる。 神々の寵愛を一身に受けて生きている。 お前が憎いと、強い殺意をむき出しにする黒死牟ですが、次の一撃で自分の首が落とされることを確信します。 しかし、縁壱から次の一撃が放たれることはありませんでした。 寿命で直立したまま息絶える縁壱。 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで鬼滅の刃の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 鬼滅の刃174話の感想 ついに上弦の壱、黒死牟を追いつめましたが、174話は黒死牟の回想シーンがメインでした。 痣の者は25歳を前に皆死ぬと黒死牟が言ってましたが、悲鳴嶼の「例外」があったのではとの言葉に、動揺した黒死牟。 そして今回、その例外が黒死牟の双子の弟・縁壱であることが判明しました。 さらにこの縁壱、何処かで聞いた名前だと思ったら、「縁壱零式」の縁壱ですね。 103話で時透が修行で使い、その後、炭治郎も修行した腕6本のカラクリ。 この時、炭治郎は「縁壱零式」を初めて見たはずなのに、夢で見たと言っていました。 黒死牟も「あの方」をも追い詰めたと言っており、あの方とはおそらく無惨(むざん)のことと思われるので、回想シーンなどで何度か登場している、炭治郎と同じ耳飾りの侍。 この侍も縁壱で確定なのでしょうか。 最後にどうでも良いことですが、玄弥の姿。 髪が黒死牟のように伸びていたので、目まで増えるのかと思いましたが、目は銃のほうに付いてましたね。 さすがに玄弥の目が増えてたら、ちょっともう人間とは思えなかったので安心しました。 鬼滅の刃175話のネタバレはコチラになります。

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』177

よりいち鬼滅

Contents• 玄弥の銃弾 玄弥の銃弾に驚く黒死牟。 刀で弾いたにもかかわらず、生き物のように曲がり黒死牟の体にめり込みました。 さらにめり込んだ銃弾からは木の根が張り出し、完全に黒死牟の動きを封じ、「やはり血鬼術か」と考える黒死牟。 黒死牟は銃弾を放った玄弥を発見します。 木の根と時透により身動きがとれなない黒死牟に、悲鳴嶼と不死川(しなずがわ)が襲いかかります。 鳩尾(みぞおち)から旋毛(つむじ)まで突き抜けるような焦燥、生命が脅かされ体の芯が凍りつく、平静が足下から瓦解する感覚、忌むべき、そして懐かしき感覚。 四百年前の赤い月の夜を思い出す黒死牟。 黒死牟の双子の弟・継国縁壱 よりいち 四百年前の赤い月の夜、黒死牟は信じられないものを見たと回想します。 黒死牟の目の前には、顔に痣がある老人が立っています。 腰には日輪刀と思われる刀をさし。 黒死牟は既に鬼なっており、この時から上弦の壱だったようです。 黒死牟の目の前に現れた老人は、黒死牟の双子の弟・継国縁壱 つぎくによりいち 黒死牟と最後に会ってから六十数年の時が経過しており、人間である縁壱は八十を超えています。 縁壱が生きていることに驚く黒死牟。 痣の者は25歳になる前に死ぬはずなのに、なぜお前だけ生きていると黒死牟は聞きます。 兄の問には答えず、「お労(いたわ)しや、兄上」と、涙を流し鬼の姿になった兄を嘆く縁壱。 六十年前はあれほど目障りだった弟ですが、今は憤りは感じないと黒死牟。 「兄上」と呼ぶ声は酷く嗄れており、感情の僅かな機微すらも見せなかった弟が、涙を流している様に生まれて初めて込み上げてくるものあると黒死牟は感じます。 黒死牟は、目の前の弟を殺さねばならないと認識します。 人であった頃の肉の片割れであり、全盛期を過ぎ脆い肉体の老人を。 弟が鬼狩りである限り、刃を向けてくるものは一刀両断にせねばならない。 そんな奇妙な感傷にひたる黒死牟ですが、縁壱が居合の構えをした瞬間、感傷は吹き飛びます。 痣の者でも25歳を超えて生きる縁壱 縁壱の構えには一分の隙もなく、両肩に岩を乗せられたが如く威圧感で、空気が重くなったと感じる黒死牟。 縁壱は「参る」と告げ、一気に黒死牟に駆け寄り、一刀のもと黒死牟の首を斬ります。 首は斬られたが、頭と体は繋がっている黒死牟。 縁壱の方を向き、激しい嫉妬にかられます。 何故いつも縁壱だけが特別なのか。 痣の者であるのに25歳を超えて生き永らえ、その老骨で振るう技は全盛期と変わらぬ速さと威力。 鮮やかに記憶が蘇る、六十年前の怨毒の日々。 縁壱だけがこの世の理の外側にいる。 神々の寵愛を一身に受けて生きている。 お前が憎いと、強い殺意をむき出しにする黒死牟ですが、次の一撃で自分の首が落とされることを確信します。 しかし、縁壱から次の一撃が放たれることはありませんでした。 寿命で直立したまま息絶える縁壱。 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊が無料で読める!? 鬼滅の刃のアニメと漫画の最新刊を無料で読めるのをご存知ですか? その方法とは、 U-NEXTという動画配信サービスを活用する方法です。 U-NEXTは、日本最大級の動画配信サービスで、120,000本もの映画やアニメ、ドラマの動画を配信しているサービスですが、実は電子書籍も扱っています。 U-NEXTの31日間無料トライアルに登録すると、 「登録者全員に電子書籍が購入できる600円分のポイント」が配布されます。 このポイントで鬼滅の刃の最新刊を 1冊無料で読むことができます。 最新の配信状況は U-NEXTサイトにてご確認ください。 鬼滅の刃174話の感想 ついに上弦の壱、黒死牟を追いつめましたが、174話は黒死牟の回想シーンがメインでした。 痣の者は25歳を前に皆死ぬと黒死牟が言ってましたが、悲鳴嶼の「例外」があったのではとの言葉に、動揺した黒死牟。 そして今回、その例外が黒死牟の双子の弟・縁壱であることが判明しました。 さらにこの縁壱、何処かで聞いた名前だと思ったら、「縁壱零式」の縁壱ですね。 103話で時透が修行で使い、その後、炭治郎も修行した腕6本のカラクリ。 この時、炭治郎は「縁壱零式」を初めて見たはずなのに、夢で見たと言っていました。 黒死牟も「あの方」をも追い詰めたと言っており、あの方とはおそらく無惨(むざん)のことと思われるので、回想シーンなどで何度か登場している、炭治郎と同じ耳飾りの侍。 この侍も縁壱で確定なのでしょうか。 最後にどうでも良いことですが、玄弥の姿。 髪が黒死牟のように伸びていたので、目まで増えるのかと思いましたが、目は銃のほうに付いてましたね。 さすがに玄弥の目が増えてたら、ちょっともう人間とは思えなかったので安心しました。 鬼滅の刃175話のネタバレはコチラになります。

次の