手 巻き 寿司。 手巻き寿司の具・ネタのランキングTOP21!変わり種も紹介!

手巻き寿司の具の人気ランキング!おすすめの変わり種ネタも!

手 巻き 寿司

米酢・砂糖・塩を混ぜて「すし酢」を作ります。 市販されている「すし酢」などを使うと便利です。 液体タイプだけでなく、粉末タイプもあります。 ボウルや大きな皿に 炊き立てのご飯を入れ、すし酢を加えて、ご飯の粒をつぶさないように 切るように混ぜます。 すし酢が全体になじんだら、うちわで扇いで余分な水分をとばします。 すし酢が多すぎた場合は、電子レンジに入れて水分をとばしましょう。 再び切るように混ぜながら上下を返し、全体が人肌ほどの温度になったら完成です。 すぐに使わない場合は、酢飯が乾燥しないように、湿らせたキッチンペーパーをかけておきましょう。 具材を用意する 特にルールはありません。 具材は巻きやすいように、細長く切りそろえておきましょう。 汁気が多い具材は避けましょう。 オススメの具材• 魚介類:サーモン・マグロ・いか・いくら・甘エビ・ボイルしたエビ• かにかまぼこ・ツナ・ちくわ・魚肉ソーセージ• 肉:焼肉・唐揚げ・そぼろ・しぐれ煮・ハム・ソーセージ・ベーコン• 厚焼き玉子• 野菜:きゅうり・スプラウト・小ねぎ・アボカド・コーン• 薬味:大葉・みょうが・梅肉・ごま• たくわん・納豆 海苔を用意する 手巻き寿司には、非常に薄く、板状に乾燥させた板海苔(いたのり)を使います。 板海苔の基準となるサイズは約21x19cmです。 手巻き寿司用の海苔も市販されています。 湿気ると、噛み切りにくくなるので、食卓には食べる直前に出します。 湿気てしまった海苔は軽く火であぶりましょう。 食べ方 食卓に、酢飯と具材と海苔を並べます。 それぞれ、海苔の上に酢飯と好きな具材をのせ、手で巻いて食べます。 一度にたくさん作る必要はありません。 食べる度に巻きましょう。 調味料は具材にあうものを準備します。 巻き終わってからつけようとすると具材がこぼれるので、具材を巻くときにかけるとよいでしょう。 巻き方• 海苔の左半分に酢飯をのせて広げます。 酢飯が多すぎると巻きにくいので、注意しましょう。 左上と左下が空くように扇形に広げると、キレイに巻くことができます。 酢飯の上に好きな具材を斜めにおき、調味料をつけます。 味の相性や彩りを考えるのも手巻き寿司の楽しみです。 具材が多すぎると巻きにくいので、注意しましょう。 海苔の左下から対角線上に向かって巻いていきましょう。 食べる時に酢飯や具材がこぼれないように、下側をきつめに巻きましょう。 アレンジレシピ• 卵やレタスで巻く 海苔の代わりに、薄焼き卵・サニーレタスなどを使います。 おいしいだけではなく、こどもや老人など、海苔が噛み切りにくい方でも食べやすくなります。 酢飯に薬味を混ぜる あらかじめ、ごまや、細かく刻んだ大葉・みょうがなどを酢飯に混ぜておくと、風味と食感が変わります。

次の

手巻き寿司の作り方 、簡単、きれいに巻く方法

手 巻き 寿司

米酢・砂糖・塩を混ぜて「すし酢」を作ります。 市販されている「すし酢」などを使うと便利です。 液体タイプだけでなく、粉末タイプもあります。 ボウルや大きな皿に 炊き立てのご飯を入れ、すし酢を加えて、ご飯の粒をつぶさないように 切るように混ぜます。 すし酢が全体になじんだら、うちわで扇いで余分な水分をとばします。 すし酢が多すぎた場合は、電子レンジに入れて水分をとばしましょう。 再び切るように混ぜながら上下を返し、全体が人肌ほどの温度になったら完成です。 すぐに使わない場合は、酢飯が乾燥しないように、湿らせたキッチンペーパーをかけておきましょう。 具材を用意する 特にルールはありません。 具材は巻きやすいように、細長く切りそろえておきましょう。 汁気が多い具材は避けましょう。 オススメの具材• 魚介類:サーモン・マグロ・いか・いくら・甘エビ・ボイルしたエビ• かにかまぼこ・ツナ・ちくわ・魚肉ソーセージ• 肉:焼肉・唐揚げ・そぼろ・しぐれ煮・ハム・ソーセージ・ベーコン• 厚焼き玉子• 野菜:きゅうり・スプラウト・小ねぎ・アボカド・コーン• 薬味:大葉・みょうが・梅肉・ごま• たくわん・納豆 海苔を用意する 手巻き寿司には、非常に薄く、板状に乾燥させた板海苔(いたのり)を使います。 板海苔の基準となるサイズは約21x19cmです。 手巻き寿司用の海苔も市販されています。 湿気ると、噛み切りにくくなるので、食卓には食べる直前に出します。 湿気てしまった海苔は軽く火であぶりましょう。 食べ方 食卓に、酢飯と具材と海苔を並べます。 それぞれ、海苔の上に酢飯と好きな具材をのせ、手で巻いて食べます。 一度にたくさん作る必要はありません。 食べる度に巻きましょう。 調味料は具材にあうものを準備します。 巻き終わってからつけようとすると具材がこぼれるので、具材を巻くときにかけるとよいでしょう。 巻き方• 海苔の左半分に酢飯をのせて広げます。 酢飯が多すぎると巻きにくいので、注意しましょう。 左上と左下が空くように扇形に広げると、キレイに巻くことができます。 酢飯の上に好きな具材を斜めにおき、調味料をつけます。 味の相性や彩りを考えるのも手巻き寿司の楽しみです。 具材が多すぎると巻きにくいので、注意しましょう。 海苔の左下から対角線上に向かって巻いていきましょう。 食べる時に酢飯や具材がこぼれないように、下側をきつめに巻きましょう。 アレンジレシピ• 卵やレタスで巻く 海苔の代わりに、薄焼き卵・サニーレタスなどを使います。 おいしいだけではなく、こどもや老人など、海苔が噛み切りにくい方でも食べやすくなります。 酢飯に薬味を混ぜる あらかじめ、ごまや、細かく刻んだ大葉・みょうがなどを酢飯に混ぜておくと、風味と食感が変わります。

次の

手巻き寿司の具の人気ランキング!おすすめの変わり種ネタも!

手 巻き 寿司

 手綱巻き 手綱巻きは、てまり寿司と同じように彩りの良い魚介の色合いを見せる料理です。 共に見栄えの良い一品になってくれます。 作り方はいたって簡単。 手綱巻きに使う材料はほぼ決まっていて、海老の赤、サヨリの白銀色、胡瓜の緑、卵焼きの黄色、この四色がメインですね。 これに白や黒を挟む事もあります。 「寿司」とありますが、てまり寿司と同じように寿司屋さんではあまり作ることがなく、ほとんどは和食専門店で作られています。 前菜とかお凌ぎ(ご飯替り)ですね。 前菜には小さく、お凌ぎにはやや大きめに作ります。 これも手毬寿司と同じ。  手綱巻きの作り方 まず配色を考えて材料を選びます。 エビの赤、キュウリの緑、サヨリの青銀、卵焼の黄などが見栄えが良くなります。 サヨリは塩水でさっと洗って使うかさらに昆布締めにするといいでしょう。 キュウリも塩水で少しだけしんなりさせた方が寿司飯と馴染みやすくなります。 貝類などを使う場合もやはり塩と酢で洗っておきます。 、、、、、、 材料を小さな短冊形に切り揃えます。 3~5㎝長さくらいです(目的のサイズによる)。 長さだけでなく厚みもできるだけ同じにします。 ラップの上に彩り良く、斜めに並べ、寿司飯(又は黄身寿司やしんじょ)をのせます。 両端をきつくねじり込みます。 輪ゴムで止めておくとよいでしょう。 しっかり馴染ませたい時は、さらにマキスで巻いてしばらく置いておきます。 充分馴染んで安定したら一口大に切り分けます。 ラップをしたまま切っても構いません。

次の