ダイハツ クルマ。 ダイハツ トールはどんなクルマ?ルーミー/タンク/ジャスティとの違いも解説!

ダイハツ・エッセ

ダイハツ クルマ

概要 [ ] シンプル性とデザイン性を追求したモデルで、雑貨感が非常に強くお洒落な感覚の車である。 に発売開始された。 月間販売目標台数は5000台と発表されていた。 台形を基調としたボディで、室内にあえて鉄板のままの部分を残すことにより、コストダウンおよび軽量設計としている。 メーターは全グレードがとなる。 発売時に用意されたボディカラーは8色。 発売当時のグレード構成はX・L・D・ ECO ( エコ )の4種類。 本体価格は68. 2万円~112. 3万円。 特にD・ECOの場合、装備は・・など必要最小限となっている。 スピーカーグリルには「連桁付き8分音符」が掘り込まれている。 登場からおよそ1年後にはメーカードレスアップモデルの「エッセ・カスタム」が追加されている。 ABSは全車オプション設定のみ。 ちなみにECOグレードはエッセの全グレード中で価格が最も安く、オーディオレス仕様および5速MTのみの設定となっていた。 駆動方式はとの2種類。 エンジンは新開発のを搭載する。 ミッションは5速・3速・4速の3種類で、シフトレバーの配置は3種ともにフロアシフト方式。 FF車の一部グレードに用意されている5速に加え、車重700kg台と非常に軽量な上に全高を全幅以下に抑えた台形フォルムの低重心ボディ、新発売当時各社660ccNAエンジンの中では比較的高出力だったエンジン、LSDを筆頭にダイハツ直系のチューニングメーカーであるD-SPORTから豊富に発売されているアフターパーツ類、安価で車体が手に入り尚且つチューニング費用を含めてもさほど大きな出費にならないことと相まって、(2008年度をもって終了)のL2クラス( 2輪駆動クラス)への参戦が増えてきたため、これから「ダイチャレ」のメイン車両になる可能性が高いとされた。 なお2WDの5速MT仕様の場合、は12. 2005年12月20日に発表、ならびに発売開始。 、既存の最上位グレードのXをベースに・14インチ・外付け・ルーフアンテナ・前後ヘッドレスト付ローバックシート等を装備したスポーティードレスアップグレードの カスタムが追加される。 やが前後のデザインを大きく変えているのに対し、エッセカスタムは少数のエアロパーツ リップスポイラーやフォグランプ、リアスカート等 や専用ピンストライプ()が装着されているのみである。 ミッションは4速AT(FF、4WD)又は5速MT(FF車のみ)が選択可能。 ただし前後のサスペンションにが装備されておらず、サスペンション、、ブッシュ等のセッティングは標準車と全く同じものとなっている。 これに伴い在来グレードは一部改良。 一部のグレードに5速MT車の追加(LのFF車)。 またエンジンマウントの材質が見直され、若干ではあるが時の振動が低減した。 ダイハツの創立100周年を記念した「VS メモリアルエディション」を発売。 Lをベースに電動格納ドアミラー、ブラック内装色、チルトステアリングなど装備を充実させている。 新色シャイニングレッドを追加。 2007年 お買い得な特別仕様車の「Dセレクション」を発売。 Dをベースにブラック内装色、リアドアおよびバックドアウインドゥの、全ドア連動のパワードアロック等の特別装備が追加されている。 ボディカラーにブラックマイカとルージュレッドクリスタルメタリックを追加。 また、既存のシーブルーをクリアブルークリスタルメタリックに差し替えた。 全車にキーレスエントリー、スモークドガラス、パワードアロックを標準装備とした。 また、ボディカラーのクリアブルークリスタルメタリックをミントブルーメタリックオパールに差し替えた。 2009年 Dをベースにミッションを3ATからロックアップ機構の無い4AT(電子制御ではない)に置き換え、(エコカー減税)における自動車取得税・自動車重量税の減税に対応させたお買い得仕様の Xスペシャルが追加。 これに伴いDはFF車の5MT仕様のみの構成となり、事実上、オートマチック仕様車が全て4AT化された。 一部改良。 Xスペシャルを廃止し「D」に4AT車を追加、および13インチタイヤを標準装備し仕様を見直した。 JC08コールドモードへの対応に伴い、全グレード・全仕様でが下がったため、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)対象グレードが「D」と「カスタム」の5MT車のみとなる。 また、ボディカラーのサンセットオレンジ、リーフグリーン、レッドが廃止され全7色になった。 8月末 のため、に伴う形で生産終了。 在庫のみの対応となる。 2011年 実質的な後継車種となるの発売開始に伴い後を託す形で販売終了。 これと同時にダイハツ工業ホームページへの掲載も終了した。 生産工場の違いは車台番号の後半・上1桁で判別可能。 車名の由来 [ ] で「不可欠なもの」を意味する essentialからの造語。 関連項目 [ ]• - 後継車種• 注 [ ].

次の

ダイハツ新型タフトで勝負!! 打倒ハスラーに虎視眈々!!!

ダイハツ クルマ

carthrottle. 当時はサーキットの建設が盛んに行われた年でもあり、1962年にホンダが三重県に鈴鹿サーキットを設立したことを皮切りに、翌年には日本グランプリがスタートします。 続いて1965年には富士スピードウェイが設立され、これらの本格サーキットを舞台にトヨタや日産等のワークスチームが、各社の技術力を競い合っていたのです。 乗用車から純レーシングカーへ。 theroaringseason. php? 706-Daihatsu-P3-P5 実はP5のルーツはコンパーノにあたり、P1,P2,P3と徐々に発展改良させていくことで最終的なレーシングプロト、P4へと至ります。 まず初めに作られたのが、P1でした。 ノーマルのコンパーノではパワー不足だった為、フロントノーズを丸く尖らせて、ルーフ後端に整流板を加えることで空力の向上を図ったモデルです。 当時、日本のレースシーンでは空気抵抗を抑えるボディという概念があまりなく、メーカー系ワークスの中では先進的な取り組みだったと言われています。 次いで、1965年にP2が完成。 コンパーノ・ベルリーナのラダーフレームシャシー上にファストバック風の流麗なボディを被せたモデルです。 そして翌年の1966年、日本グランプリにP3がデビューします。 上掲画像の2台のP3は、ダックテールを備えたどこかユーモラスなシルエットと、イエローのボディカラーが鳥をイメージさせたのか、「ピーちゃん」の愛称で親しまれました。 しかし、可愛らしい外見とは裏腹に中身はかなりの本格派。 2リッターのDOHC4気筒は110馬力を発生し、当時としては高度にチューニングされた部類のエンジンでした。 このP3で、ダイハツは快進撃を続けます。 日本グランプリでクラス優勝を果たすと、同年7月の富士ツーリストトロフィーでも優勝。 carthrottle. 純レース仕様車として更なる性能アップを図るために、技術陣にとっての次なる課題はミドシップ化でした。 その為、それまでのコンパーノのラダーフレームを離れて、新たに鋼菅スペースフレームを採用。 そこにFRP製のボディが架装されます。 P5のデビューは華々しいものではありませんでした。 数々のチューニングで飛躍的に性能アップ。 carthrottle. 外観上の変更点はヘッドライトが2灯から4灯になったくらいですが、中身は別物と言っていいほどに様々な改良が施されていました。 鋼菅スペースフレームは、より細いパイプを細かく継ぎ合わせることで軽量化と剛性アップを実現。 トレッドは前後ともに70mm拡大され、直進安定性の向上に貢献しています。 エンジンは排気量が1. 3リッターまで拡大され、出力を140馬力までアップ。 質実剛健なチューニングが功を奏し、その後の様々なレースにおいて活躍しました。 popmech. 程なくしてダイハツのレーシングチームはトヨタに合流する形となりますが、P5を作った技術者たちの志は、現在のトヨタのル・マンでの活躍へとしっかりと受け継がれています。 Motorzではメールマガジンを配信しています。 編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!? 配信を希望する方は、Motorz記事「 」をお読みください!.

次の

ダイハツが作った伝説のレーシングマシン・P5。その生い立ちに迫る!

ダイハツ クルマ

carthrottle. 当時はサーキットの建設が盛んに行われた年でもあり、1962年にホンダが三重県に鈴鹿サーキットを設立したことを皮切りに、翌年には日本グランプリがスタートします。 続いて1965年には富士スピードウェイが設立され、これらの本格サーキットを舞台にトヨタや日産等のワークスチームが、各社の技術力を競い合っていたのです。 乗用車から純レーシングカーへ。 theroaringseason. php? 706-Daihatsu-P3-P5 実はP5のルーツはコンパーノにあたり、P1,P2,P3と徐々に発展改良させていくことで最終的なレーシングプロト、P4へと至ります。 まず初めに作られたのが、P1でした。 ノーマルのコンパーノではパワー不足だった為、フロントノーズを丸く尖らせて、ルーフ後端に整流板を加えることで空力の向上を図ったモデルです。 当時、日本のレースシーンでは空気抵抗を抑えるボディという概念があまりなく、メーカー系ワークスの中では先進的な取り組みだったと言われています。 次いで、1965年にP2が完成。 コンパーノ・ベルリーナのラダーフレームシャシー上にファストバック風の流麗なボディを被せたモデルです。 そして翌年の1966年、日本グランプリにP3がデビューします。 上掲画像の2台のP3は、ダックテールを備えたどこかユーモラスなシルエットと、イエローのボディカラーが鳥をイメージさせたのか、「ピーちゃん」の愛称で親しまれました。 しかし、可愛らしい外見とは裏腹に中身はかなりの本格派。 2リッターのDOHC4気筒は110馬力を発生し、当時としては高度にチューニングされた部類のエンジンでした。 このP3で、ダイハツは快進撃を続けます。 日本グランプリでクラス優勝を果たすと、同年7月の富士ツーリストトロフィーでも優勝。 carthrottle. 純レース仕様車として更なる性能アップを図るために、技術陣にとっての次なる課題はミドシップ化でした。 その為、それまでのコンパーノのラダーフレームを離れて、新たに鋼菅スペースフレームを採用。 そこにFRP製のボディが架装されます。 P5のデビューは華々しいものではありませんでした。 数々のチューニングで飛躍的に性能アップ。 carthrottle. 外観上の変更点はヘッドライトが2灯から4灯になったくらいですが、中身は別物と言っていいほどに様々な改良が施されていました。 鋼菅スペースフレームは、より細いパイプを細かく継ぎ合わせることで軽量化と剛性アップを実現。 トレッドは前後ともに70mm拡大され、直進安定性の向上に貢献しています。 エンジンは排気量が1. 3リッターまで拡大され、出力を140馬力までアップ。 質実剛健なチューニングが功を奏し、その後の様々なレースにおいて活躍しました。 popmech. 程なくしてダイハツのレーシングチームはトヨタに合流する形となりますが、P5を作った技術者たちの志は、現在のトヨタのル・マンでの活躍へとしっかりと受け継がれています。 Motorzではメールマガジンを配信しています。 編集部の裏話が聞けたり、最新の自動車パーツ情報が入手できるかも!? 配信を希望する方は、Motorz記事「 」をお読みください!.

次の