デスバーン 育成論。 【ポケモン剣盾】育成論の一覧【ソードシールド】

ヨクバーン構築(ヨクバリス+デスバーン)とその育成論

デスバーン 育成論

まず、高さは1. 6m、体重は66.6kg。 さて、とりあえず現在のデスバーンはこんな感じ。 ニックネームは「みいら」となっております。 かわいいでしょ? 今は旅用に使っていたままなので攻撃と妨害を兼ね合わせたタイプですが このままだと攻撃型とは言えないので、ここから技構成をいじります。 完成したデスバーンがこちら。 技構成は画像の通りとなっております!他のゴーストタイプとは違う タイプの技に長けている点を活かして技を選んでいます。 デスバーンの特性「さまようたましい」は接触技を相手か自分が使用すると 相手と自分の特性を入れ替えるため、他2つの攻撃技と違って非接触技 なので接触するかどうかで特性をコントロールしやすくなる点も強力。 ーーみちづれーー 使用すると、そのターンに自分が気絶したら相手も気絶するという技。 HPが減ったら使おう。 ダイマックスポケモンに無効なので注意。 自ら気絶して相手の能力を下げる「おきみやげ」と選択可能! ーーしっぺがえしーー 後攻で放つと威力2倍になる技。 スピード遅いのにトリックルームを 使わない条件だからこそ使える技でもある。 地味に悪タイプの技なので ゴースト同士の対面で強力な打点になるのも優秀! ーーボディプレスーー 防御が高いほど威力があがる。 防御がアタマオカシイぐらいある デスバーンが使うと威力は保証されます。 ゴーストが苦手とする 悪タイプは格闘タイプが苦手なので、これで仕返しできる。 ーー持ち物:ゴツゴツメットーー 相手が物理技を使うと相手にダメージを与える道具。 高い防御力と合わせて、物理技の得意なポケモンの相手をするときに優秀 このポケモンは元々物理ポケモンの攻撃を受けるのが中心の仕事なので ゴツゴツメットを使うのは当然といえば当然? と、いった構成になっております。 特に「しっぺがえし」は トリックルームを使用しないからこそ成せる技ですね。 総まとめ と、いったところでデスバーンの育成が無事終了したので、 今回のゴースト統一パーティ育成(長い)はここまで! 次回はデスバーンを使って実際に対戦をしてみようと思います。 それでは、また次のnoteでお会いしましょう!.

次の

【ソードシールド】デスバーンの種族値、わざ、特性など能力と入手方法【ポケモン剣盾】

デスバーン 育成論

はじめに ・初投稿です。 つたない部分もあると思いますがお願いします。 ・ダメージ計算はポケマス様のツールをもとに計算しています。 ・トリパを使っていてドリュウズに強く出れたので作成してみました。 デスバーンについて 剣盾にて追加されたデスカーンのリージョンフォームです。 種族値はデスカーンの特攻と攻撃を入れ替えたものとなっています。 特性の「さまようたましい」は威嚇持ちに殴られた場合は相手に威嚇を入れたりできますが、こちらが接触技を返した場合相手に元の特性が戻ってしまうため、「ミイラ」より難しい特性になっています。 トリックルーム コンセプト技、今作はダイウォールなどのターン稼ぎが多いためターン管理に 注意して下さい。 ボディプレス アーマーガアでおなじみの防御で攻撃判定する技、防御216になるので まあまあの火力です。 ステルスロック デスカーンとの差別化を図るのに必須の技、トリルエースの全抜きサポートにも。 選択技 候補技が多いため例を挙げておきます。 -じしん タイプ一致、非接触なので相手の「さまようまたしい」が発動しません。 -ナイトヘッド- 固定ダメージ、優先順位は低めです。 -みちづれ トリックルームから先制みちづれを決めたい。 ただしダイマックスには無効。 持ち物、努力値について きあいのタスキで確定とします。 理由としては相手の積みエースや特殊技持ちに繰り出した際に確実にトリックルームを発動させるためです。 努力値は物理耐久振りのHP、防御です。 使い方• 先発で投げてトリックルームという使い方はあまり強く無いと思います。 なぜならこのポケモンはトリックルームを張る性質上使い捨てになり、裏のポケモンのトリルターンが切れ上から殴られてしまうからです。 そのため先発のポケモンで削りを入れてからトリックルームを発動することを理想 とします。 もちろん物理耐久はあり、等倍なら大抵の攻撃を2回耐えるため、物理ポケモンに繰り出してトリックルームを打ってもいいです。 格闘、電気技に繰り出し無償降臨も狙っていきたいです。 又積みエースや特殊弱点アタッカーはこちらを一撃でタスキまで削るため、安定して退場できるので都合がいいです。 ダイマックスはこのポケモンで行うメリットが無いので私は飴すら使っていません。 ドリュウズ対応 アイアンヘッドの怯みもあるため絶対安定ともいえませんが有利対面です。 タイトル詐欺ですw 攻撃252振りドリュウズ 本論デスバーン 実数HP165 アイアンヘッド 40〜48 じしん 51〜60 ダイアース 64〜76 ダイスチル 64〜76 となるため後出しした後相手がダイマックスしても安定してトリックルームをうてます。 アイアンヘッド怯みからのダイアースはしらん 本論 デスバーン HP4振りドリュウズ 実数HP186 ボディプレス 164〜194 じしん 164〜194 で倒せなくても致命的なダメージを与えられます。 無傷で対面できた場合は1ターン余裕ができるためステロを撒いてからのトリックルーム展開が可能です。 相性の良い味方 結局火力と耐久があるポケモンとなると今作は意外と候補が無く、私は両刀バンギラスで運用しています。 いい案があれば教えて下さい。 おまけ その他ダメージ計算 デスバーン ボディプレス与ダメ HP252バンギラス 98. 5%〜115. 被ダメージ・与ダメージの計算についてはトリル始動を目的としており、殴るのはおまけと考えると無くてもかまわないぐらいだとは思いますが それはそうとして、きあいのタスキ確定でありながらHB全振り・かつBに補正をかけているのは何故でしょうか。 逆にタスキを持たせる場合は死に出しでの運用を想定することになるので、HBではなくHA特化で相手に負担を強いる方が有効に感じます。 当方、デスバーンについて詳しい訳ではないので見当はずれのことを言っていたら申し訳ありません。 タスキである理由は私もよくわかりませんでした。 持ち物の理由ですが、トリックルームを確実に発動させる為です。 デスバーンの耐久は低くは無いのですが、ウオノドラゴンのエラ噛みや、予想外の眼鏡の弱点技で落ちてしまい、その際一切仕事が出来なくなってしまいます。 物理への繰り出し以外にストッパーとしてトリックルームを張る役割もあると考えて貰えばいいと思います。 ドリュウズに対応についてはやみらみさんの言う通り回復アイテムを持たせた方が安定すると思うので、ドリュウズを重く見るならありだと思います。 努力値振りに関しては防御振りがボディプレスの強化に繋がる点、攻撃にそこそこ振らないと確定数に変化が無い為使っていません。 いかがですか.

次の

デスバーン|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

デスバーン 育成論

デスバーン 種族値 HP 58 攻撃 95 防御 145 特攻 50 特防 105 素早 30 ゴースト じめん 合計種族値 483 特性 さまようたましい 直接攻撃の技でダメージを受けると、お互いのポケモンの特性を入れ替える。 デスバーンの特徴 デスバーンの長所 相手の特性を奪い取れる 特性「さまようたましい」は、デスバーンが直接攻撃でダメージを受けたとき、デスバーンと相手ポケモンの特性を入れ替えます。 つまり、相手にデスバーンの特性を押しつけ、デスバーンは相手の特性を奪い取り利用することができてしまいます。 防御がとてつもなく硬い デスバーンのB種族値は145と高く、とてつもなく物理防御力が高いです。 D種族値も高いので、物理・特殊の両方で耐久力が高いポケモンになっています。 攻撃がそこそこ高め A種族値95と攻撃力がそこそこ高いです。 耐久力があるうえに、攻撃力まで持ち合わせているので、バトルで活躍しやすい種族値配分といえます。 デスバーンの短所 弱点タイプが多い デスバーンの弱点タイプは5種類 みず・くさ・あく・ゴースト・こおり あり、弱点が多くせっかくの耐久を発揮しづらくなっています。 デスバーンが弱点とするタイプは、対戦でよく使用されるタイプばかりなので、広い範囲のポケモンに突破されやすいです。 素早さが極端に遅い デスバーンのS種族値は30しかありません。 素早さでほかのポケモンに勝つことが難しいので、デスバーンの行動が後攻になりやすことを意識してバトルする必要があります。 耐久力はあるがHPが少ない H種族値58と少なめです。 いくらBとDが高く耐久力があるとはいえ、HPが少ないため耐久を過信しすぎると痛い目をみるでしょう。 進化に手間がかかる デスマスからデスバーンに進化させるには、下記の条件を満たす必要があり、育成に少し手間がかかります。 49以上のダメージを受けた状態• ワイルドエリア「砂塵の窪地」の岩のアーチをくぐる デスバーンの育成論一覧 起点作り後続サポート型.

次の