川越 キングス ガーデン。 川越キングスガーデン、救助活動!動画アリ!220人が ボートで救助活動 埼玉、川越!

【ホームメイト・シニア】川越キングス・ガーデン(埼玉県川越市の特別養護老人ホーム)

川越 キングス ガーデン

10月の台風19号で浸水し、入所者ら約120人が一時孤立した埼玉県川越市の特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」は、施設復旧の見通しが立たず、移転の方針を決めた。 避難先で体調を崩す入所者も多く、一時的に福祉仮設住宅で暮らしてもらうことも模索している。 「怖い思いをもう二度とさせたくない」。 施設の責任者、渡辺圭司さん(58)の言葉に決意がにじむ。 台風19号では近くの越辺(おっぺ)川の堤防が決壊。 押し寄せた水は床上約1・5メートルに達した。 入所者全員が高台にある棟の2階に避難し救助されたが、危険な状況だった。 平屋2棟は約20年前の台風でも浸水しており、同じ場所で再開すれば「3度目」の可能性も。 目標だった1カ月での復旧ができず、移転判断を後押しした。 ただ、市が県と調整して用地を探しているものの、移転先のめどは立っていない。

次の

川越キングスガーデン、救助活動!動画アリ!220人が ボートで救助活動 埼玉、川越!

川越 キングス ガーデン

10月13日、午前8時ごろ、埼玉県川越市の下小坂地区にある特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」が浸水し施設にいた高齢者や職員あわせて220人あまりは2階建ての建物に避難しました。 近くを流れる川が氾濫した埼玉県川越市の下小坂地区にある特別養護老人ホーム「川越キングス・ガーデン」では周囲が水につかっているため、警察や消防がボートを使って施設に取り残されている人たちを救助しています。 川越市によりますと、避難をした人たちはいずれも命に別状はないそうです。 特別養護老人ホーム「川越キングスガーデン」では取り残された入居者など200人以上の救助活動が続いています。 市内で床上・床下あわせて500世帯が浸水しています。 — TBS NEWS 防災 TBSNEWS6 良かった 救助きているみたい。 — ヒデ坊🌈10月13日東北みやぎ復興マラソン参加 mitsuhonhide 越辺川氾濫!川越キングスガーデン付近 — びーたろう btaro0515 【埼玉・川越】 — MSR smile project MSRsmileproject 【埼玉・川越】 — MSR smile project MSRsmileproject ニュースでやっていてビックリしました!救助活動が行われている川越キングスガーデン。 どうか、みなさん無事救助されますように。 — ポテぴーす potepiece 川越キングスガーデン、救助活動!川越市とは 川越市(かわごえし) 埼玉県南西部に位置する人口約35万人の市で、埼玉県内ではさいたま市、川口市に次ぐ第3位の人口を擁し、中核市と業務核都市、保健所政令市に指定されています。 仁村徹の実兄) :仁村徹(元プロ野球選手。 仁村薫の実弟) :矢口哲朗(元プロ野球選手) :加賀繁 プロ野球選手 :高梨雄平(プロ野球選手) :太田賢吾 プロ野球選手 :片山瑛一(プロサッカー選手) :千島徹(元プロサッカー選手) :荻原拓也(プロサッカー選手) :國吉貴博(プロサッカー選手) :関根永悟(プロサッカー選手) :田中淳(プロサッカー選手) :清成龍一(男子ロードレースライダー) :田中姿子(女子ビーチバレー選手、元バレーボール選手) :齋藤巧(プロビーチサッカー選手).

次の

川越 浸水 孤立特別養護老人ホーム「川越キングスガーデン」場所はどこ?

川越 キングス ガーデン

台風19号による浸水直後から、埼玉県川越市にある特別養護老人ホーム、川越キングス・ガーデンを取材しました。 この施設は、建物が浸水し認知症や寝たきりなど、介護度の高い高齢者100人が救助されました。 2か月を過ぎた今も、土砂などは撤去されましたが、電気設備などは壊れたまま。 復旧のめどは立っていません。 入居者は、他の場所での生活を余儀なくされています。 川越キングス・ガーデンから車で1時間ほどかかる介護施設を訪ねました。 本田正直さんは、「川越キングス・ガーデン」が復旧するまでの間、この場所で仮住まいしています。 顔なじみの介護スタッフがいない生活で、体調に変化が出ています。 以前は歩行器を使えば歩けていましたが、車いすが必要になってしまいました。 川越キングス・ガーデンの入居者 本田正直さん 「どうしようもないね。 自分としてはつらいんですよね。 これはまずいなと思っています。 動かなきゃならないんだけど。 」 50人ほどの高齢者が、もともと住んでいた施設が復旧するまでのあいだ、仮住まいをしています。 町内にあった特別養護老人ホームは、地震で全壊し、入居者は、一時9か所の施設に分散しました。 しかし地震から3か月後、北海道が「福祉仮設住宅」を建設。 もとの施設が再開するまで、顔見知りの職員から、被災前に近い介護サービスを受けられるようになったのです。 北海道厚真福祉会 三浦康弘総合施設長 「こういう施設がなければ、いまだに私どもは避難生活をしていると思います。 」 埼玉県でも、川越キングス・ガーデンからの要望を受けて、福祉仮設住宅の建設を検討しています。 しかし、建設場所や費用の確保など、課題は多いと言います。 埼玉県住宅課 関根昌己課長 「北海道の一例があるといっても、整理がついていないところが多々あるように伺っていますので、国と県と市の協議をとにかく早く進めたいということで進めています。 厚真町では、安全で広い町有地が、たまたまあったので、被災から1か月後には建設を始めることができました。 そもそも介護施設自体が広い土地を必要とするため、市街地から離れた浸水や土砂災害の危険性があるエリアに建てられることも少なくありません。 今回の災害で、介護施設がいったん被災すると、元の生活を取り戻すのが難しい現状が見えてきました。 今後は、命を守る対策はもちろん、被災した後の生活をどう守っていくのかも考えていかなければなりません。 緊迫の避難ドキュメントは.

次の