タレント名鑑 有吉。 クイズ☆タレント名鑑とは (クイズタレントメイカンとは) [単語記事]

有吉弘行『CMでしか見ないタレントって…』爆弾発言に「凄く納得」の声! #かりそめ天国 が話題

タレント名鑑 有吉

有吉やFUJIWARA藤本、おぎやはぎらが繰り出すブラックな珍解答が好きだ。 「田代さん」と「健太郎さん」はセットだと思っている。 「ちゃん」と「牧瀬里穂ちゃん」もセットだと思っている。 「アゴ」に派生するケースも。 でも一番最強なコンボは「大桃美代子」「麻木久仁子」「山路徹」だと思う。 もちろんジュニアの「Twitter」までがセット。 忘れちゃいけない「押尾学」。 検索ワード連想クイズで小島やクリスがまともに答えて正解するとちょっと興ざめ。 クイズ番組としては正しいのに。 しかし小島の場合は後述の退場シーンが面白かったので許す。 隠されてしまった解答が一体何だったのか粗探ししたがる。 たいてい犯罪者や何らかの疑惑がある有名人の名前が隠される。 その「何らかの疑惑」の大半はヅラ疑惑。 有名人の不祥事やスキャンダルが報じられると、「あ、こいつ今後タレント名鑑でいじられそうだな」とついつい期待してしまう。 マット・ガファリといえばこの番組のマスコットキャラだ。 なぜマット・ガファリなのかを知っている人は特番時代からのファン。 後継の「テベ・コンヒーロ」のファンも兼ねる。 すぐ、終わってしまった悲劇。 放送されない地域の人はとにかく憤慨。 それもわざわざ放送時期のみに設定される映画枠で潰されるのだから。 もちろんKiss My Fakeも見ている。 も見ている。 芸人キャノンボールも見た。 2回目(2016年夏)は水曜夜(ローカル枠)の放送で、西日本を中心に放送しない地域が続出。 該当する地域のファンはガッカリ。 2016年夏版をリアルタイムに見ていたファンには・・・おめでとう。 よりも、オールスター後夜祭のほうが楽しみだ。 どんなオファーでも受ける松島トモ子には感服。 予想を遥かに上回る回数「気合だ!」と叫び続けたアニマル浜口にも感服した。 ラモス瑠偉への見方が多少変わっている。 織田信成似の人は世の中に多すぎだと思う。 カラオケでやたらテンションが高かった素人女性2人組は下手な芸人よりもよっぽど面白いと思う。 実は2人のうち1人は元芸人だった(当時既に一般人)。 初回は本当に偶然友達と遊びに来ただけで、カラオケでは普段からあんな感じらしい。 ガチ相撲がまた開催される日を心待ちにしている。 正直、トーナメントよりも相撲バトルロワイヤルをまた見てみたい。 「完全プロ仕様の落とし穴」の説明は間違いなくあの落とし穴事故を意識していると思う。 2016年、元日のゴールデンタイムにまさかの復活。 あの展開にはタレント名鑑からのファンとして感動すら覚えた。 ギリギリ有名人が逃走中は登場する有名人よりもあからさまなそっくりさんとか小ネタのほうに目が行く。 中島みゆきの「世情」を聞くと、小島やジュニアの退場シーンを思い出してしまう。 あの退場シーンを音声ありで見てみたいと思う。 打ち切られた 表向きの理由は正確に把握している。 後継番組もあわせて「クソ番組」呼ばわりする。 『悪意とこだわりの演出術』はもちろん購入した。 番組の開始と終了は、ボビーに報告しなければいけないと思っている。 スター名鑑は1クールで打ち切り。 事前告知もなしにしれっと終了。 まさにクソ番組らしい最期だと思う。 その上、事実上のラスト企画(トモ子のライオンに餌やり)のオンエア翌日に、ロケ先のライオンが飼育員に噛み付く事故が発生してしまった。 スター名鑑が打ち切られた 表向きの理由は、関東地方限定で説明された。

次の

クイズ☆タレント名鑑ファン

タレント名鑑 有吉

カットされたのは、有吉弘行、矢作兼、小木博明の3人の芸人だという。 「番組では次々と表示される顔イラストを見て、2回以上離婚している芸能人かどうかを判断する『芸能人!してる?してない?クイズ』というコーナーが行われました。 通常ならば、顔イラストと共に出演者が相談しているトークが流れるのですが、この日は有吉チームの3人のみ、映像だけが表示され、音声がまったく流れないという事態が起こりました」(テレビ誌記者) 番組では「こちら訳あって有吉チームの音声はカット。 クイズの音だけでお楽しみください」とのナレーションが流れ、音声がカットされた。 しかし「スター名鑑」といえば、有吉らによる毒舌芸人のトークが番組を盛り上げ、バラエティファンから好評を得ている。 そのためこの処置には、「一部をピー音でかぶせるならまだしも全カットとか何も楽しめない」「有吉やおぎやはぎの言いたい放題がウリの番組なのに、ガッカリ」「もしこれが演出だとしてもまったく面白くない」と視聴者から批判が殺到した。 現在、TBSのバラエティは無茶が出来ない状況にあるという。 「出題された問題内容からみて、おそらく芸人たちからは、離婚経験者に対するネガティブな発言が飛び交ったのでしょう。 最近、TBSのゴールデンタイムといえば、『ピラミッド・ダービー』が、出演者に無断で企画から脱落させるという悪質な編集が発覚し、BPO審議入り。 そして『スター名鑑』も、ネタにされた若槻千夏や上杉隆が、放送内容に関する抗議をしたばかりです。 ですから今、新たに問題を起こすと、視聴率が高いわけでもない同番組は、打ち切りになりかねない。 そこで今回はやむなく音声カットに踏み切った可能性があります」(前出・テレビ誌記者) 今年10月に放送が開始されたばかりの「スター名鑑」。 これらの様々な問題を受け、番組は今後、ますますおとなしくなってしまうのだろうか。 (森嶋時生).

次の

クイズ☆タレント名鑑ファン

タレント名鑑 有吉

大勢の中からスポットライトが当たるというテーマから、話題は「今の時代に売れる芸能人」の話へとシフト。 有吉さんは「女の子のグループのタレントさんもそうだもんね。 内部の競争が激しいから、結局前に出るキャラでいくんだけど、いざ来てみると『あれ……? 』っていうね」と、厳しい競争に晒される女性アイドルについてコメント。 続けて「難しいよね。 あれはかわいそうだなと思う」と前に出ようとしても結局は空転してしまう彼女達を思いやる言葉が有吉さんの口から出ます。 有吉弘行、指原莉乃を「トラブルが生んだ奇跡」と解説 すると、マツコさんが「指原ってあれ、何だったんだろう」と、厳しい競争の中で勝ち組になった指原莉乃さんの成功の秘訣について番組でも共演する有吉さんに質問。 この言葉に有吉さんは「指原はやっぱりトラブル」と返答。 指原さんにとって、ターニングポイントになったのが、スキャンダルなのではと推察します。 これは、スキャンダルが原因で、プロデューサーの秋元康さんから「じゃあ1回、HKTで修行だ」と伝えられ、HKT48に移籍したこと。 有吉さんは移籍によって、一皮向けた指原さんを「トラブルが生んだ奇跡。 あのトラブルで処世術を学んだ。 頭も下げられるし、自虐もできるし」と飛躍するためのスキルを学んだのではないかと解説。 マツコさんも有吉さんの言葉に「痛い思いをしないと、かわいい女の子は自分からそんな自虐しないわよね」となるほどと納得することになります。 「CMでしか見ないタレントって…」有吉弘行の爆弾発言が話題 指原さんのことが話題になったところで、唐突に有吉さんから「CMでしか見ないタレントってヤバい時多いよね」と爆弾発言が飛び出します。 続けて、「CMでしか見ないタレント」について、「『めちゃくちゃつまんないやつ』とか『めちゃくちゃ何もないやつ』多くない?」と毒を吐く有吉さん。 この言葉に「(CMでしか見ないタレント)政治力だけは凄いのよね」とマツコさんが相づちを打つと、有吉さんは「CMでしか見ないから好感度も良い」とボロが出ないので羨ましい面もあるのだそう。 有吉さんが攻めた言葉を発したこともあり、マツコさんも「若手の俳優さんも最近そういう人が多い。 ドラマとか1回しか出たことなくて、後は最後チューするだけの映画出て。 それでバンバンCM出て…」と、個人名は出さないものの、より具体性のある内容で呼応。 最後、有吉さんは「いいよなー、俺ら便器舐める話しなきゃ…」と自虐を交え笑いを誘いこのコーナーは終了しました。 有吉弘行の切れ味に「凄く納得」と反響 ネットでは、放送を見た人からは有吉さんのコメントに、「CMでしか見ないやつがヤバイってちょーわかる笑笑 やっぱ有吉ってすごい」「ドラマでもバラエティーでも見ねぇしなぁ〜」「有吉さん、よく見てらっしゃる。 凄く納得する」「有吉さん今日は切れ味鋭いな。 『トラブルが生んだ奇跡』『CMでしか見ないタレントってヤバイよね』」などの声があがっていました。 指原さん成功の秘訣を「トラブルが生んだ奇跡」とこれしかないようなワードで表現しながら、次は「CMでしか見ないタレントってヤバイよね」と鋭く切り込むなど、今回も有吉さんの切れ味は流石だったのではないでしょうか。 番組は見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。 (文:かんだがわのぞみ).

次の