キューピー よいとき。 よいとき

キューピーのよいときを飲んでみました。飲むタイミングや効果は?販売店、コンビニ扱い店はどこ?主要成分の酢酸菌酵素とは?|Mikilog

キューピー よいとき

マヨネーズでおなじみのキユーピー。 ドレッシングをはじめ、様々な調味料を手掛けているメーカーです。 そんなキユーピーがこの度、まったく新しいヘルスケア食品を発売しました。 それが飲む人のためのサプリメント「よ・い・と・き」。 7月27日から同社のオンラインショップで先行発売され、10月7日からは全国に出荷されますが、聞けば「世界初」を実現した商品とのこと。 本記事では製品概要と開発秘話を紹介していきます。 マヨネーズづくりのノウハウで酢酸菌の量産を世界で初めて実現 ところで、「なぜキユーピーが飲む人のためのサプリメントを?」と思いませんか? これには大きくふたつの要因がありました。 ひとつは「キユーピーグループのユニークさと魅力を高める」を目的とする、社内公募制度によって生まれた画期的なアイデアだったからです。 同社の研究開発本部で日夜実務にあたっています 「よ・い・と・き」は、社内公募制度「Try! Kewpie」の第1回最優秀賞に選出されたビジネス案。 第1回は2012年に実施されたもので、120もの社内応募があったそうです。 サプリメントとは確かにユニークですが、発想の良さだけではダメで、実現を裏付けできるロジックも重要なのです。 そこでキーとなったのが、ふたつめの要因。 同社がマヨネーズづくりで培ってきた「酢」の研究成果です。 「隋息居飲食譜(ずいそくきょいんしょくふ)」という江戸時代の文献のなかに、「酢はお酒の酔い覚ましによい」という記述があったことを発見し、この知恵の活用を模索。 やがて、製品のにごりの原因となることから、現代のお酢造りでは捨ててしまっている酢酸菌にアルコールを分解する特徴があることを発見したのです。 ただ、既存の生産ラインで出てくる酢酸菌は市販できる量ではありませんでした。 そこで、酢酸菌の合有量を増やすプロジェクトチームを奥山さんが中心になって編成。 培養方法の研究や酵素の安定化を進め、3年かけて工場での大量生産を実現したのです。 これは世界初の快挙でした。 酢酸菌が酢酸を生成する際には、「アルコール脱水素酵素」と「アルデヒド脱水素酵素」というふたつの酵素が関わっており、アルコールはアルデヒドに、さらにアルデヒドは酢酸に変換。 つまり、酢酸菌はアルコールを酢の成分である酢酸に変える働きを持っているということですね。 こうして、様々な苦難を乗り越えて誕生した「よ・い・と・き」。 また、ターゲットは「飲む人すべて」ですが、特に30歳前後の女性を意識したブランディングを行っているそうです。 価格は249円です 確かに、パッケージはウコン系商品のような力強いデザインではなく、かなりやさしい印象。 アイボリー系のしとやかなベースカラーに、ひらがなの和やかな商品名が相まって、女性が手に取りやすそうです。 これが1袋に2粒入っています また、粒がソフトカプセルになっているのもポイント。 持ち運びや摂取場所に気を遣わないので、カバンやポケットに忍ばせやすく、気軽に飲みやすいのが嬉しいですね。 現在は自社の「キユーピー・アヲハタネットショップ」にて、10袋が2376円で先行発売中。 そして10月7日からはコンビニ、ドラッグストア、スーパーなどにも並ぶ予定です。 実店舗では1袋単位で発売されるうえ、5袋入りの箱型のパッケージも1188円で同時発売。 飲み会前後に自ら試すのはもちろん、パーティなどに女性を誘うとき、さりげなくプレゼントすると男の株が上がるかもしれませんよ! 【URL】 「よ・い・と・き」製品ページ.

次の

キューピーのよいときを飲んでみました。飲むタイミングや効果は?販売店、コンビニ扱い店はどこ?主要成分の酢酸菌酵素とは?|Mikilog

キューピー よいとき

普通の二日酔い対策商品 肝臓のアルコール代謝促進成分を配合 よいとき 直接アルコール分解する成分を配合 分かりましたかね? ウコンの力、ヘパリーゼなどの商品には、肝臓のアルコール分解を促す成分しか入っていません。 対して、よいときには、アルコールをダイレクトに分解する 酢酸菌酵素という成分が含まれており、肝臓の力を借りずにアルコール分解してくれるんです。 でた!ついに究極の二日酔い対策薬登場か!? と期待してしまいますが、 アルコール分解成分とは一体どういうものなんでしょうか? 詳しく見ていきましょう。 キューピーが二日酔い対策?のワケ そもそもですが、 なぜ、マヨネーズ屋さんが二日酔い対策サプリ? 一見、畑違いのように思いますが、よいときの誕生には 看板商品のマヨネーズが大〜きく関与してるんです。 酢酸菌には、• アルコール脱水素酵素• アルデヒド脱水素酵素 という酵素が存在します。 肝臓には、• アルコール脱水素酵素• アルデヒド脱水素酵素 という酵素が存在します。 アルコールは、アルコール脱水素酵素と混ざると、アセトアルデヒドという物質に変化します。 アセトアルデヒドは、アルデヒド脱水素酵素と混ぜると、酢酸に変化します。 この酢酸ってのは、酢です。 つまり、お酢作りと肝臓のアルコール分解は、まるっきり工程が一緒! ということなんです。 サブ肝臓の役割 よいときに関する専門家の評価も抜粋してみました。 出典: 飲酒運転チェックで息をフーっとさせられますが、アルコールは血液だけでなく呼気にも巡るためなんですね。 グラフで見ても明らかに効果があるようです。 実際に使った人の声も気になりますよね、続けてみていきましょう! 口コミ を参考にしてみました。

次の

キューピーコーワゴールドαプラスの副作用は?寝る前にのんでも?

キューピー よいとき

効きすぎで酔いが冷める薬「よいとき」 二日酔いにおすすめのサプリはこれ一択! 「よいとき」 社会人になると外せないのが、 飲み会や会食。 「明日に残したくないな〜…」 「ウコンとかって効いてる実感が無いんだよね?」 「年のせいか二日酔いがキツい…」 そんなことは知ったこっちゃない! と言わんばかりに、上司に付き合わされ 永遠と上司をよいしょする… 酒を勧められたら飲まなければならない状況… これ以上飲んだらやばいって… とは言えず、 結果、翌日に絶望的な起床 そして死んだ顔で会社に向かう いわゆる 「 ゾンビ出社 」 多々ありますよね!? このブログの名前を見ればわかると思いますが、 普段からお酒をよく呑むんです! 「 ゾンビ出社 」をよくやります。 そんなゾンビ化対策(二日酔い対策)のために、 様々なサプリを飲んでいたのですが、 「よいとき」が一番二日酔い対策として効果があったので、 紹介していきます! 目次• 「よいとき」の効力 「よいとき」はキューピーが販売するサプリ。 酢酸菌の「アルコール脱水素酵素」「アルデヒド脱水素酵素」の働きにより、 ・肝機能の悪化を低減 ・アルコール濃度を低減 以上の効果があるようです。 詳しい説明はキューピーの から! 「よいとき」の実際の効果 「よいとき」の成分表は以下。 「よいとき」 私の場合は、 「よいとき」を服用して2つの効果が感じられました。 1つは、 酔いが冷めやすくなったこと もう1つは、 二日酔いがかなり軽減されたこと 酔いが冷めやすくなったこと 私は「よいとき」2〜3時間経過した頃に 早くも効果を実感し始めることができました。 それはお店をかえようと、 1件目のお店をでて新しいお店を探している時。 1件目で楽しくなってしまい、 それなりに酔い始めていたのですが、 歩いている間に酔いが冷めてしまったんです!笑 まさかこんなにアルコールを分解し始めるのがは良いなんて… もはやチートかな? 二日酔いがかなり軽減されたこと 普段、飲みすぎた日の翌日は 頭がグアングアン揺れて、 夕方まで吐き気が続きます。 しかし、「よいとき」を服用した次の日は、 この二日酔いがほぼなくなりました。 「ほぼ」というのは、 飲み会で水分を全く摂らず、 お酒しか飲まなかった場合に関しては、 水分補給で、軽い頭痛になってしまいます。 水分不足だけが原因で二日酔いなら 水を飲めばすぐ治るので、大した二日酔いにはありません。 吉祥寺在住の大学生バンドマン ラウドメタルコア大好き 趣味のガジェット、音楽、お酒、料理とライフハックについて発信していこうと思います! 関連する記事• 2018. 23 Webメディア系を考えている学生にオススメするadobeの学割の話。 2018. 2018.

次の