ワンピース 956 ネタバレ。 ワンピース 957話最新ネタバレ速報 ロックス海賊団にあの白ひげも?破格の懸賞金

ワンピースネタバレ936話937話最新話確定あらすじ考察!弁慶の正体と河松=河童の真相|ワンピース ネタバレ考察

ワンピース 956 ネタバレ

ワンピース956話のネタバレ考察 それではワンピース956話以降の展開を予想していきたいと思います。 955話の扉絵ではベッジがドレスローザに到着していましたが時系列的にレベッカやリク王は世界会議に行っていてドレスローザにはいないはずですが何するのでしょうか。 本当にただ食料補給だけしてさよならって訳ないでしょうし気になりますね。 単純に麦わら海賊団が通って来たルート逆走していく過程でローラに会うって感じでしょうか。 一応麦わらのルフィ、ビッグマム暗殺未遂の新聞では ベッジは部下ってことになっていたので案外歓迎されたりして。 (笑) オロチのスパイは誰?しのぶ?日和?狂四郎? さて955話にてワノ国編第二幕がついに終幕。 思ったより決戦まで巻いたなという印象ですが気になるのはやはりオロチと通話をしていた裏切り者の正体。 これまでもオロチのスパイ予想はされてきましたがわからないまま決戦の日になってしまいました。 大まかにこの四人の誰かでは?と言われています。 日和?• 狂四郎?• しのぶ?• カン十郎? まあ狂四郎は一応オロチ側の人間なのでスパイとかではないですが いまだ登場しないままの傳ジローなのでは?という考察もあります。 20年の間にオロチに寝返って顔を変えてる可能性もありますね。 一応ゾロ(二刀流で手負いだったけど)と渡り合ってましたし。 そんな狂四郎と組んで動いている説の日和も怪しいですね。 「安全な場所にいる」としか河松が言及してませんし結局小紫の件もよくわからないまま。 でもゾロも居場所を知っている筈ですし河松も裏切り者ではないと思うので日和がスパイではないと思っていますが…。 というかオロチが「光月日和生存…北の地か…」って言っているので日和が裏切り者ってのは無いか。 続いて裏切り者説も深いしのぶ。 ローと揉めたのはローを追い出すための作戦だったのでは?と考察されています。 しのぶも20年の間に寝返っていた可能性もありますね。 ただ 逆にいうと「ローと揉めた」しかそれらしい伏線も無いため可能性は低いとされています。 1番スパイ説が濃厚なのはカン十郎? そして現在最も裏切り者説が濃厚だと言われているカン十郎。 引用: ここまで目立った活躍もないカン十郎ですが スパイを疑われる一番の要因は スパイは雷ぞうがゾウにいたことを知っていた人物です。 若干前のことなので忘れかけている方もおられるかもしれませんが結局ジャック達がゾウに雷ぞうを探しに来た理由はちゃんと明かされていませんよね。 実はカン十郎がワノ国を出た後雷ぞうがゾウにいると密告した可能性があるのです。 錦えもんや雷ぞう自身が裏切り者でも無い限りはカン十郎が1番裏切り者の可能性が高いのです。 ジャックはカン十郎のタレコミを聞いて確信があってゾウを襲撃したと言われています。 しかし一つ気になるのはカン十郎は20年前から飛んで来て基本的には錦えもんやモモの助達と一緒にいるので裏切るタイミングがありません。 あるとすれば 20年前からすでにスパイで主君であった光月おでんを裏切っていた可能性すらありますしゾウの惨劇もカン十郎が起こしたことになります。 さすがにそこまでやるとカン十郎が救いようの無いキャラクターになってしまいますがおでんの過去篇で明かされたりしたら面白そうですね。 それとスパイは日和が北の地(鈴後)にいるという事実を知っている筈。 だとすればカン十郎は日和の位置は知らない筈なのでその辺りは辻褄が合いませんね。 それか裏切り者は複数いるとかでしょうか? オロチの兎丼は無事?というセリフもよくわかりませんね。 スパイは兎丼が無事だと思わされている人物なのでしょうか? カン十郎だと辻褄合わない様なシーンも多いですが…。 不安要素が多すぎて決戦は負けイベントになる? 急ぎ足で決戦に入ることになりましたがかなりモヤモヤした状態で放置されている事があまりに多いですよね。 チョッパーやルフィ達はビッグマムを見た筈なのに皆に報告していない• 突如帰還したカイドウも把握していなかったナンバーズの存在• オロチのスパイ• ネコマムシやマルコ• 傳ジローを気に留めてない?• ローがいないことを誰も言わない…などなど。 あまりにも読者側がそこどうなってんの?と言わざるを得ない部分が多すぎて むしろ勝てる要素が無いと思いませんか? そのため今回の決戦は一度大敗してもう一度リベンジになるのでは?と言われているのです。 とはいえ一度負けようものなら余計状況が悪くなりそうな気もします。 都で捕まっている者達やロー、キッド、外からの援軍を率いてのリベンジとかだったらなんとかなるかもしれませんが…。 決戦があってやっぱり 光月家の意志は生きていたんだ!となって 奴隷のように働いている人々も仲間になって再決戦とかだったら熱い展開ですけど。 もしくはおでんの過去篇がどこで入るのかによって勝敗も変わってくるかもしれません。 大敗からの過去篇があってリベンジという展開はあるかもしれませんね。 このまま第三幕でおでんの過去篇が入ったらこのまま勝つ可能性も…ないかな。 (笑) やっぱり誰もビッグマムとビッグマム海賊団を視野に入れていないのは浅はかすぎる気もします。 ナンバーズは20年前からいたのかどうかわからないので存在があやふやでもしょうがないですがビッグマムに関しては数多くのメンバーが存在を確認していて鬼ヶ島に連行されたのも知っている筈なのにスルー。 これでは一足先に常影港に向かった錦えもん達が待ち伏せされてやられていても不思議はありません…。 果たして迫り来る決戦は一体どうなってしまうのでしょうか…。 幕間に描かれるのは世界会議?マルコ? ワノ国編第二幕が終わったという事は第一幕が終わった時のように幕間の世界情勢が見えるのではとワクワクしちゃいますよね。 前回はレヴェリーで革命軍と大将が戦っているとか黒ひげ海賊団とモリアが出て来て黒ひげの懸賞金も発覚したりと数ページでかなり盛り上がりました。 ワンピースでは世界情勢が1番面白いと言っても過言じゃ無いくらいワクワクしますが気になるのはやはりレヴェリーの様子。 日程的には全7日間のレヴェリーが終わってからすでに1週間ほど経っている筈なので革命軍やくまがどうなっているのかわかると思います。 革命軍と藤虎、緑牛のぶつかり合いはどうなったんでしょう…。 藤虎とサボは顔見知りですがお互いの立場のために戦ったんですかね。 モリアが黒ひげ傘下に入ったのかや、 七武海撤廃の件も気になりますね。 4日目にして革命軍がレヴェリー襲撃とのことですがまともに世界についての議論はできたのでしょうか。 今回の様なトラブルが起きた場合ってレヴェリーの日程が伸びたりすることってあるのでしょうか。 自分の国のこともあると思うので簡単に1週間伸ばしますとかできない気もしますがね…。 あとはワノ国のビッグマムとカイドウの同盟とかの大事件をどの程度把握しているんでしょう? 四皇二人が組むってかなりの大事件ですが鎖国のワノ国から情報が外に出るのかな…。 ドレークが海軍のスパイで海軍がワノ国に来るのでは?という考察もありましたが果たして。 それともマルコとネコマムシVSウィーブルが描かれる? もしくはレヴェリーとは関係ないマルコとネコマムシですかね。 赤鞘とかルフィ達は マルコとネコマムシ間に合わなかったからしょうがないね。 ってそんな簡単な感じなんでしょうか。 (笑) マルコがいないって事は 元四皇幹部とその仲間がいないって事ですし、ネコマムシがいないって事は ネコマムシ率いる狭客団(ガーディアンズ)もいないという事になるので明らかに戦力ダウンですよね。 マルコの方は「見つけたとしても希望は薄い」とイヌアラシも言っていたのでしょうがないにしてもネコマムシは何が何でも駆けつけなきゃいけませんよね。 主君であるおでんの敵討ちの戦いでもある訳ですし…。 あとマルコがネコマムシに託したルフィへの伝言って何なんだろう? この辺のマルコやネコマムシが来られなかった理由が幕間でわかったりするんでしょうか。 七武海のウィーブルが白ひげの遺産の島に襲いに来てしまって戦っていたとかだったら仕方ないですが。 「マルコ、ウィーブルの圧倒的な強さの前に敗北」みたいな記事が出たら嫌だなー。 マルコ好きなキャラなのでウィーブルはスカッと倒してほしいですがロックス関連にウィーブルの母親のミスバッキンや白ひげが絡んでいそうなのでそれもおでんやロックスの過去篇で明らかになりそうです。 ウィーブルが本当に白ひげの親父だったら嫌ですね。 結局マルコはワノ国に来てくれない? まとめ まず956話は幕間の世界情勢が見られそうです。 レヴェリーや黒ひげ、シャンクスや革命軍など何が見られるか非常に楽しみですね。 955話でゾロが閻魔を手にしましたが決戦までに使いこなせるのでしょうか。 結局スナッチの件やコウシロウの父親?がワノ国出身だったことが明かされたりはしましたが、尾田先生がSBSでも言っていた通り 本編でやるかもしれないけどちょっとした本筋ではない話という感じでサラッといきましたね。 和道一文字がワノ国製というのは驚きましたがこれ以上触れる事でもないかもしれませんね。 ワノ国編に入って刀に関する新事実がたくさん明らかになりますね。 墓参りのシーンとかはカット…? 最後まで読んでいただきありがとうございました。 現在FODではアニメの見逃し配信や劇場版全作が無料で見ることができます。 過去のアニメシリーズやフルカラーのコミックスも読めちゃいます。

次の

ローは裏切りの裏切りをしてくる!?

ワンピース 956 ネタバレ

Contents• ワンピース956話をネタバレ考察! 前回のあらすじはこちら。 一体何がビッグニュースなのか!?七武海完全撤廃! まず、結論からお伝えしますと、 今回のタイトルにあるビッグニュースというのは、 七武海の完全撤廃 です。 これは、レヴェリーの会議で決まった出来事なのです。 アラバスタのコブラ王、ドレスローザのリク王の2から、 提案があり、いかに七武海制度がひどいものか、 提案がなされたのでした。 アラバスタといえば、元七武海のクロコダイルによる支配があり、 国全体を乗っ取られようとしていました。 ドレスローザについても、元七武海のドフラミンゴの手によって、 国が支配されていました。 この事実が明らかになり、ドフラミンゴはルフィに敗北して、 インペルダウンに収監されました。 「鷹の目のミホーク」 「海賊女帝ボアハンコック」 「エドワード・ウィーブル」 「バギー」 この4人がそれぞれ海軍から追われる身となって、 描かれています。 まずは、エドワード・ウィーブルですが、 白ひげの息子と噂されていて、実際のところその真相は不明です。 今回は「とある島」でウィーブルは海軍の兵隊に囲まれて、 命が狙われています。 ミホークはずっと七武海でしたが、 通常の海賊に戻りますが、 「武者震いがする」 という言葉とともに笑っています。 (不敵な笑みですね) 元々、かなりイケイケの海賊で眠っていた牙を 蘇らせるこれ以上無い機会だと思われます。 これを機にいろんな海賊から狙われることは間違いありませんが、 一蹴していくでしょう! そして、 「ボアハンコック」です。 スタンピード見た方はわかると思いますが、 ボアハンコックの懸賞金額 8千万ベリー が霞むくらいの 異常なまでの強さ。 これがあるから、頂上決戦では海軍の兵隊たちを一蹴し、 今回海軍に狙われたとしても全く動じていないのだと思われます。 ルフィの身に何かあったときは、全力で助けてくれるはずです。 (その時の実力はある意味、ルフィ以上だと思われます) 今回の件、ドフラミンゴはインペルダウン内にて、 高みの見物のようですが、そのうち命が狙われる日が来ると思われますね。 それは一体何なのか?政府は何を隠そうとしていたのか? ということが重要です。 死人が出ているのであれば、それが誰なのかが気になるところでしょう。 そもそも、敵対していた革命軍側の人間で死人が出ていることと、 それを政府側が隠そうとしていることと関係しているのであれば、 わざわざ情報を隠す必要はありません。 つまり、今回のように、モルガンズ達を小切手(金)を渡して、 操ろうとする必要は一切無いのです。 少なくとも、 「革命軍で死人が出たこと」と「情報統制すること」に因果関係はない、 ということがわかります。 次に、この死人というのは一体誰なのか?ということですが、 サボである可能性は限りなく低いということが一つ結論として言えます。 サボは間違いなく死亡していない!サボの身に何があったのか? そもそも、尾田先生のミスリードに引っかかる人が多いのが気になります。 これは尾田先生がよくやる、 ミスリード であると管理人は考えてます。 もし、サボが死亡しているのであれば、 間違いなくビッグニュースは「革命軍サボ死亡」ということが 一面に載るはずです。 なぜなら、死人が出ることが新聞の売り上げに繋がるからです。 つまり、死んだのはサボ以外の人間であり、 この人物こそが、新聞に載せたくない人物であるということが、 推測で見えてくるのです。 結論から言うと、それが 天竜人 です。 天竜人の人間(又はそれに親しい人間)が死亡したとなれば、 レヴェリーの開催自体が危ぶまれ、政府の信用問題にもなる出来事です。 だから、政府は世経新聞に圧力をかけてきたのではないか? というのが当サイトの考察です。 では、サボの身には一体何があったのかということですが、 サボは間違いなく生きています。 断言できます。 (でなければ、あんな回りくどい描き方はされません) ここからは推測になりますが、 サボは政府側の人間と取引をしたのではないかと考えてます。 まず、今回、サボがどうしてレヴェリーに潜入したのかということが重要になってきます。 サボのレヴェリー潜入の目的はくまの奪還? 一つが、元革命軍の幹部くまの奪還です。 くまを奪い取るために、潜入していたので、そのための取引です。 くまは何年もの間、ドクターベガパンクとの取引を経て、 人造兵器を作る協力をしていました。 そのため、研究が終わった後は天竜人の奴隷として、 仕えていたのです。 そんなくまの姿を見て、泣いていたのが、 超新星のジュエリー・ボニーです。 ボニーは少なくともくまと何かしらの関係があったと見て間違いなく、 くまも元ソルベ王国の国王であり、現「王下七武海」としてレヴェリー前には登場していました。 今回の七武海撤廃によって、 くまは解放されるはずです。 ただ、ベガパンクとの契約が残っているのだとすれば、 政府とそこがネックになってくるはずです。 そこで、サボがした取引が、「自分自身の身を売った」という選択肢です。 つまり、七武海制度撤廃で、くまを解放するには、 政府としては代わりが必要になりますね。 タダで返すわけがありません。 なので、サボが今回取った行動としては、 くまの代わりに身代わりになって、ベガパンクの人体実験に協力する、 ということです。 ちなみに黒ひげが、 「海軍に取られるぐらいなら俺たちがもらっちまう」 と言ってるのも、他の七武海の人間を手に入れようとしていると思った方も多いようですが、 (もちろんそれもあるかもしれませんが)そもそも黒ひげは今の段階でも狙えたはずです。 わざわざ、このタイミングで七武海の狙うのではなく、 「革命軍にいたサボが海軍に捕まり、奴隷として捕まっている」 という状況の中で、狙ってしまおうと考えているのではないでしょうか? 閑話休題。 サボが無敵奴隷くまの代わりに、 天竜人の奴隷として無様な形で扱われているのだとすれば、 みんなが泣いていたり、困惑しているのが納得できます。 マキノさんが泣き崩れていて、 ダダン達が泣き叫んでいて、 ドラゴン達が困惑して、 モルガンズが喜んでいる、 のも全てつながってきそうです。 肝心の死人ですが、こうなってくると、 ・くま本人 ・天竜人 ・ソルベ王国の人間 など、見えてきそうですが、 レヴェリー出席者が関係してきそうです。 くま解放に伴い、何かしらの取引か、 もしくは戦いの最中で事故があったものと思われます。 さてさて、この辺りの真相はまたお伝えしていきます。 レヴェリーでのサボ死亡フラグの真相まとめ 今回お伝えしたかったのが、サボは死亡してはいないものの、 奴隷のような扱いになり、「むしろ死んでくれていた方がこんな無様なサボを見ずに済んだのに…」という読者の感情を逆なでするような、 天竜人のゲスさに怒りを覚える展開が待ち受けているものと思われます。 天竜人や世界政府との全面戦争を控えて、 海賊同盟がより一致団結するような展開が繰り広げられていきます。 この辺りについても今後もっともっと詳しくお伝えしていきます。 ビッグマム海賊団の全メンバー一覧はこちら。 黒ひげが22億ベリーになった真相とその実力について!.

次の

【ワンピース956話ネタバレ注意】サボ死んでなかった!? 黒ひげはメラメラの実を奪うわけではない!黒ひげが奪う物の正体&行き先がヤバすぎた【ONE PIECE考察】

ワンピース 956 ネタバレ

ワンピースの四皇の懸賞金が判明! それでは早速、ワンピース957話を見ていきましょう! タイトルは「Unlimited(アンリミテッド)」。 無制限、という意味です。 なにが無制限なのか・・・。 しかも、四皇の懸賞金額が判明しているのです。。 ワンピース957話:藤虎とサカズキの思い 新世界の海軍本部。 藤虎の念願だった王下七武海の撤廃。 一方の サカズキは、全くもって王下七武海の撤廃に反対だった様子。 しかしそれでも藤虎は、王下七武海の維持のためにどれだけの犠牲があったのかを説く。 これからはSSG(海軍の特殊部隊)を信頼して任せることでいいと。 そうすれば、世界の均衡は保たれるはずだと言う。 そして藤虎に、もう一つの事実をサカズキが伝える。 それは、ビッグマムとカイドウの同盟。 この情報に関しては、流石に藤虎も驚きを隠せない。 ビッグマムとカイドウの同盟に、藤虎は伝説のロックス海賊団を思い起こした。 王下七武海の撤廃は藤虎の悲願でしたし、それ自体は藤虎にとって喜ばしいことでしたね。 しかし、それ以上にビッグマムとカイドウの同盟は予想できなかった様子。 これにより世界の均衡はどうなってしまうのか。。 そんなビッグマムとカイドウはワンピース954話で同盟を組むことになりました。 >> >>ワンピース954話!カイドウとビッグマムが同盟を組む! そして、ロックス海賊団の他のメンバーも次々に判明。 金獅子• キャプテン・ジョン• 王直 これらの海賊も、かつてはロックス海賊団のメンバーだったよう。 そんな黄金メンバーともいえるロックス海賊団が、なぜ歴史の陰に葬られたのか。 その理由は二つ。 誰も語り継がないほど、みんな仲が悪かった• テロ組織のように世界政府に牙を剥き、政府によってもみ消された事件が多かった 白ひげ・カイドウ・ビッグマムの関係を考えてみても、仲が悪かったことは想像できますね。。 そして、そんな世界最強とも言えるロックス海賊団は、38年前の「ゴッドバレー」という島で起きた事件で壊滅。 その時にロックス海賊団を止めたのが、 海軍中将のガープ。 このことにより、 ガープは「海軍の英雄」と呼ばれるようになったということです。 ワンピース957話:ガープの過去 しかしガープは、このことを積極的に話そうとしない。 その理由は、ガープ1人だけでロックス海賊団を倒せたわけではないから。 ガープは、ある海賊団と同盟を組むことでロックス海賊団を倒した。 その海賊団が、 ロジャー海賊団だった。 これにはどよめく海兵たち。 さらには、天竜人までもが味方していたという事実も。 それにより、天竜人とその奴隷を守ってしまったのだった。 天竜人が奴隷を持つことを良しとしないガープ。 ガープが大将の座を拒否し続けるのは、大将になると天竜人の直属の部下になってしまうから。 しかし、ロックス海賊団を倒すために、一時的にとはいえ自分の信念を曲げてしまった。 それを未だに許せないのではないでしょうか。 >> ようやく、 ガープが中将で居続ける理由がわかりましたね。 自分の信念を貫き通すガープ。 そして、 なぜロジャーが自分の子供であるエースをガープに預けたのか、その理由もわかりました。 その理由は、 ゴッドバレーという島が跡形もなく消えてしまったためだった。 おそらくバスターコールによって消えたゴッドバレー。 そして、ロックスの本名も判明。 ワンピース957話:四皇のシャンクス・ビッグマム・カイドウの懸賞金が判明!! そしてまたしても、衝撃の事実が判明! それは、 四皇の懸賞金が判明したことです! 今まで、四皇の中で懸賞金が判明していたのは黒ひげ海賊団のマーシャル・D・ティーチだけでした。 ティーチの懸賞金は、 22億4760万ベリー。 >> 現在判明している海賊たちの懸賞金を考えると、ティーチの懸賞金は破格です。 他の四皇に関しては、黒ひげの懸賞金を基にして様々な考察がなされてきました。 >> なんと、シャンクス・カイドウ・ビッグマムの懸賞金は桁違いでした。。 シャンクスの懸賞金:40億4890万ベリー! ビッグマムの懸賞金:43億8800万ベリー! カイドウの懸賞金:46億1110万ベリー! もう、やばすぎです。。 どんな悪事を働かせたらこんな金額になるんでしょうか。。 ルフィは今15億ベリーなので、四皇に対する強さの評価としてはまだまだヒヨっ子でしょうか。 シャンクスは天竜人なのではないか!?という噂もありますが、天竜人ならこんなに高額な懸賞金はかからない気もしますし、どうなのでしょうか!? >> >> ワンピース957話:白ひげとロジャーの懸賞金額も判明! そして、今回は四皇の懸賞金だけでなく、伝説の男の懸賞金額も判明しました! 白ひげの懸賞金:50億4600万ベリー! ロジャーの懸賞金:55億6480万ベリー! もう、言葉が出ない・・・。 やはり、白ひげは懸賞金を見ても海賊王に一番近かったんですね。 部下に慕われて、すごく人間的にも尊敬できる存在のようだったので、かなり残念ですね。。 >> >> >> ワンピース957話:光月おでんの正体が! センゴクが海兵たちに知識を伝えているところに、赤犬が登場。 赤犬は、ワノ国に向ける勢力がないという理由で、関与する気は無いときっぱり。 そしてセンゴクは、思い出したように光月おでんの話題に。 おでんは、白ひげ・ロジャー・シャンクスにも好かれた海賊だったと。 そして、白ひげ海賊団として隊長をやっていたと・・・。 これも新事実ですね! 光月おでんは元白ひげ海賊団の隊長と判明しました!! >> ワンピース957最新話ネタバレ:白ひげ・カイドウ・ロジャーの懸賞金額がヤバすぎる。。 ワンピース957話で判明した情報量はかなりヤバめです! とにかく白ひげ・カイドウ・ロジャーの懸賞金額が高額すぎません??笑 カイドウの懸賞金:46億1110万ベリー! 白ひげの懸賞金:50億4600万ベリー! ロジャーの懸賞金:55億6480万ベリー! と言われていますが、それでもまだ白ひげとロジャーの方が懸賞金が上なんですね。 また、ロックス海賊団のメンバー、今から考えるとオールスターですよね。 白ひげ、カイドウ、ビッグマムと、かつての四皇の3人がいたわけですから。 そんなロックス海賊団を壊滅させたガープ。 一時的にでさえ自分の信念を曲げたことに、自分自身で怒っているのだとわかりました。

次の