フローリング シミ 取り。 フローリングの黒ずみ汚れの原因と落とし方・掃除方法5個!道具は?

フローリングに犬の尿シミが!?消すコツや今後汚れない3つの方法

フローリング シミ 取り

A ベストアンサー 弗化水素はすげえ毒なので素人はやめておいた方が良いです。 アサヒペンの白木漂白クリーナー(主成分は過酸化水素=オキシフル)とかあるいは簡単マイペットとかあるいはなんにもつけない固く絞ったきれいなぞうきんで繰り返し拭くだけでも段々落ちます。 ブラシは固いブラシを使うと木目の柔らかい所だけが彫れてしまいますから奨めませんが、使うのなら柔らか~いブラシだけです。 asahipen. php? まあでも当初は白く目立っても段々なじむものです。 ワックスやオイル仕上げでしたら清掃後の白くなった所にワックスやオイルを再塗布するだけでも色は違ってきます。 もし板を合板の表面に貼ってあるものでしたらひどく濡らしてしまうと剥がれたりしますので、びしょびしょにしない事も大事です。 一回で取れなくても乾いては繰り返しで段々薄くなります。 dairinet. washin-paint. アサヒペンの白木漂白クリーナー(主成分は過酸化水素=オキシフル)とかあるいは簡単マイペットとかあるいはなんにもつけない固く絞ったきれいなぞうきんで繰り返し拭くだけでも段々落ちます。 ブラシは固いブラシを使うと木目の柔らかい所だけが彫れてしまいますから奨めませんが、使うのなら柔らか~いブラシだけです。 asahipen. php? A ベストアンサー 今時、違約金を取るような物件は殆ど有りません。 2年契約というのはあくまでも契約期間なので2年経てば 解約又は更新しなければならない訳で、 2年間絶対に住みますという契約ではありません。 1、契約途中で解約する場合は通常1か月分の家賃を払って直ぐ退去。 2、事前に退去日が決まっていれば1ヶ月前までに解約の通知を出せば 違約金など一切有りません。 突然解約しなければならないような場合は上記の1、に該当しますので 住まないのに1か月分余計に家賃を払うので勿体無い気もしますが これは一般的な契約ですので仕方ないと思ってください。 違約金を別途取る部屋や、解約通知は2ヶ月前とかいうおかしな条件の部屋もありますが非常に稀(全体の10%にも満たないと思います) だと思います。 部屋探しの際に最初から、解約通知は1ヶ月前の物件を紹介してくれ ・・と業者に言えば余計な手間も掛かりませんので お勧めです。 Q クッションフロアの上にパソコンを置いていてパソコンの置き場所を別の場所に移動させたときに気付いたのですが、パソコンの裏の四隅にある滑り止めのゴムの跡が付いてしまいました、その滑り止めのゴムが黒色で丸い形をしているのですが、かなりくっきりと褐色色の丸いゴム跡が付いてしまいました。 色々検索してみたのですが残念ながらそのゴム跡を除去するのは無理のようでした、私も洗剤や漂白剤などでやってみたのですがおちませんでした。 クッションフロアが色の付いたゴムで変色するという事を私は知りませんでしたが、それと冷蔵庫や洗濯機など重いものはもちろんですが、軽い空きびんや電気スタンドや小さな鉢の観葉植物さえも数日間同じ場所において置くと重みでへこみの跡が残っていて元に戻りません、クッションフロアは気を付けてないと色跡や凹み跡がすぐ付いてしまうのだなと思い後悔してます。 今住んでいるところは新築のアパートで住んで2年になるのですが、たぶんアパートを出る時に弁償するように言われると思うのですが、この場合だと普通どれくらい私が悪いという事になるのでしょうか、ゴムの黒い跡は私の方が悪いように思うのですがどうおもいますか、軽い物の凹み跡は仕方ないように思えるのですがどうでしょうか。 もちろん私の知識不足が原因の一つですが、私の言い分としては住んでみないと分からない事や、クッションフロアのほうにも問題があるのではないかとか思うのですが、アパートを出る時このような言い分は一般的にはどうなのでしょうか? クッションフロアの上にパソコンを置いていてパソコンの置き場所を別の場所に移動させたときに気付いたのですが、パソコンの裏の四隅にある滑り止めのゴムの跡が付いてしまいました、その滑り止めのゴムが黒色で丸い形をしているのですが、かなりくっきりと褐色色の丸いゴム跡が付いてしまいました。 色々検索してみたのですが残念ながらそのゴム跡を除去するのは無理のようでした、私も洗剤や漂白剤などでやってみたのですがおちませんでした。 クッションフロアが色の付いたゴムで変色するという事を私は知り...

次の

無垢フローリングドットコム社長ブログ: 床のシミの取り方

フローリング シミ 取り

フローリングにアルコールをこぼすと白くなるのはなぜ? 化粧品や洗剤など、アルコールの成分を含んだものをフローリングにこぼすと、白く変色し、シミになってしまいます。 なぜこのようなことが起きるのでしょうか。 それにはアルコールの働きが大きく関係しています。 アルコールには、油を分解する働きがあります。 油落とし洗剤として、アルコールを含むものも販売されていますよね。 フローリングの表面には、ワックスが塗布されており、このワックスは油でできています。 そのため、アルコールをフローリングにこぼすと、フローリング表面のワックスをアルコールが分解してしまい、ワックスが溶けることによって白くなってしまうわけです。 また、水性ワックスや樹脂ワックスであっても、同様にアルコールによって表面の皮膜が溶かされ、白化してしまいます。 とはいっても、アルコールを含む薬品を使用することの多い病院などでは、アルコールに耐性があり白化しにくい、特殊なワックスを使用していることが多いです。 アルコールで白くなったフローリングの補修方法 うっかりアルコールをこぼして、白くなってしまったフローリングを元に戻すことはできるのでしょうか。 先にもお話したように、白くなってしまう原因は、アルコールによってフローリング表面のワックスが溶かされてしまったためです。 フローリング素材そのものに異常が起きてしまったためではないので、ワックスの補修を行うことで元に戻すことが可能です。 つまり、ワックスを塗り直せば良いわけです。 基本的には、白くなってしまった部分に残っているワックスを一度剥離し、その後で新たにワックスを塗り直す必要があります。 しかし、アルコールのこぼれた範囲が狭かったり、スプレー状のアルコールが少し飛んだ程度であれば、軽く表面のワックスを剥がすだけで改善する場合もあります。 フローリングの輝きが失われるようであれば、シートタイプの簡易的なワックスを活用するのがおすすめです。 また、「剥離剤を使ってワックスを剥がすのは面倒だ」という方には、メラミンスポンジを使って剥がす方法が良いでしょう。 白くなった部分をこするだけで、簡単に白い部分が取れます。 しかし、この場合もワックスを完全に剥離してしまっているので、ワックスシートなどを使ってワックスを塗り直す必要があります。 意外と多い!フローリングを白くするアルコールを含む製品 フローリングに白くシミを作ってしまうアルコールですが、アルコールはお酒やエタノールだけに含まれているわけではありません。 先にもお話したように、化粧品にもアルコールが含まれているものが多くあります。 うっかりアルコールを含んだ化粧水のボトルを倒してしまうと、フローリングに大きな白いシミを作る原因になります。 また、スプレータイプの化粧品も要注意です。 こぼしたつもりがなくても、周りに飛び散ってしまい、「気が付いたらフローリングに白い点が付いていた」ということになりかねません。 小さなお子さんがいるご家庭では、フローリングの床の除菌をしたいと考える保護者の方もいるでしょう。 しかし、市販されている除菌スプレーや除菌シートには、アルコール濃度の高い商品が多くあります。 そうしたものを使用すると、除菌すると同時に、フローリングのワックスを剥離してしまう恐れがあります。 除菌する際には、フローリング用とされるアルコールが含まれないものを使いましょう。 アルコール以外にもある!フローリングにシミを作る原因 そして、フローリングにできるシミは、アルコールによって白くなってしまうものだけではありません。 フローリングにできる黒ずみにお困りの方も、多いのではないでしょうか。 木材によって作られたフローリングは、水分に弱く、サッシの結露によりフローリングが水分を含んでしまうと、黒ずみの原因になってしまいます。 また、キッチンにおける黒ずみの原因は、料理の際に飛び散った油汚れによるものが多いです。 そして生活する上で逃れられない足の裏の皮脂汚れも、フローリングの黒ずみの原因の一つになっています。 様々な原因により、フローリングの黒ずみは引き起こされますが、実はワックスが黒ずみの原因になる場合もあります。 ワックスの効果が薄れる度にワックスを塗り重ねていくと、段々古いワックスが劣化していき、フローリングが黒ずんできてしまうのです。 こうしたワックスの劣化による黒ずみは、古いワックスを剥離することでしか改善することはできません。 フローリングに最適なお掃除方法とは フローリングを長く綺麗に使うために、アルコールをこぼして白くしてしまったりすることのないよう気を付けるのはもちろんですが、日頃のお掃除方法も大切です。 間違った方法でお掃除を続けていれば、それが原因でフローリングにシミを作ってしまったり、劣化させてしまうことにもなりかねません。 先にもお話したように、フローリングに水分は大敵です。 そのため、一番最適なお掃除方法は、乾拭きをすることです。 ホウキや掃除機を使ってフローリングのホコリを取り除いた後、乾いた雑巾やモップで乾拭きを行なってください。 それでも落ちない汚れがある場合は、固く絞った雑巾で優しく拭きましょう。 また、フローリングが施されたワックスは、表面を守り、汚れが付きにくくなる効果があります。 ワックスが剥がれてしまえば、それだけ、落ちない汚れがフローリングに付着する可能性が高くなってしまいます。 数年に一回はワックスの重ね塗りをし、5年に一回はワックスの塗り直しを行うと、更にフローリングを長持ちさせることができます。 賃貸物件におけるフローリングの原状回復 フローリングのある賃貸物件を退去する際、気になるのは原状回復がどの程度求められるのかという点かと思います。 家具の設置によるフローリングの凹みや、構造的な欠陥によるフローリングの変色は、大家負担となり、補修費用を請求されることはありません。 しかし、フローリングにアルコールをこぼして白くシミにしてしまったり、飲みこぼしの始末がきちんとされすにできた黒ずみなど、借主の過失によるシミや汚れには、原状回復のための費用が請求されます。 フローリングにトラブルが起きたときには、その場その場できちんと対処をしておくことが大切です。 ただし、DIYで大がかりにワックスを剥離し、塗り直しを行なっていると、剥離が十分でないこともあります。 また、塗り直す際にムラができていれば、再度やり直さなければいけないため、補修費用を支払わなければいけない場合もあります。 賃貸物件でフローリングのトラブルを対処する場合は、市販のワックスシートやワックススプレーを使用する程度にし、あまり大がかりなことは行わないほうが賢明です。 フローリングのシミに慌てない!適切な対処で問題なし! フローリングにアルコールをこぼして白くなってしまうと、慌ててしまいますよね。 賃貸物件に住んでいれば尚更です。 しかし、塗布されているワックスが変異しただけであり、対処すれば元に戻せることを知っていれば、何の問題もありません。 汚さないに越したことはありませんが、もしもの時には適切な対処で乗り切りましょう。

次の

フローリングのカビの正しい取り方の手順!生える原因から予防法まで

フローリング シミ 取り

フローリングについた犬の尿シミを消すには ペットの尿の臭い対策や、 トイレ周りや粗相のお掃除として、 重曹やお酢などを使用するお掃除方法が たくさん紹介されていますよね。 なるべくアンモニアの嫌な臭いが 残らないようにと意識して お掃除をする飼い主さんも 多いことでしょう。 しかし、 フローリングに染み付いた頑固なシミは 普通の汚れとは違い やはり簡単なお掃除では 消すことは出来ません…が、 もちろん対策はあります! では、続いて 尿のシミを消す方法をご紹介しましょう。 こうなったら、潔くプロにお任せ!! と言うことで、フローリングを 全体的に張り替えることをおすすめします。 張り方の方法によっては、もともとの フローリングの上に施工する上張りや、 部分張り替えなどもあります。 しかし、 全体的に張り替える施工であれば 下地の傷みも合わせて直せる、 そして、段差もなくキレイに仕上がる という観点から尿シミのようなケースでは、 全体的に張り替える方が良いのでしょう。 ペットの尿によるシミによって、 下地は傷んでいることでしょう。 なので、下地の補修ができるといのも 大きなメリットですね! 費用として、フローリング材の種類や 修繕の有無によっても変動しますが、 6畳工事費込みで およそ10万~22万が 相場と言われています。 ちなみに、 張り替えの目安としては 10年~15年ほどなので、 築年数が古い場合は この機会に張り替えても 良い頃かもしれませんね。 確かに、ほんの少しのダメージであれば リフォームは大袈裟… その部分の補修という形だけで 済ませたいのが本音でしょう。 その方が費用も格段に抑えられますし、 是非、フローリングの状態に合わせた対応を していきましょう。 尿によるシミも、ダメージが浅ければ ワックスやコーティング剤の塗装などで、 見た目の美しさを取り戻すことも可能です。 また、フローリングの補修グッズは ホームセンターなどでも 手に入りますので、 DIYでは 費用も安く収まります。 しかし、 フローリングのシミ消しについては、 素人にコーティング剤を扱うのは 難易度が高いことや ムラが出てしまうなどの問題を踏まえると、 業者に依頼するのが間違いないでしょう。 再び美しい綺麗なフローリングを 取り戻したいのであれば、 これもプロにお任せが無難です^^ 補修などにかかる費用は だいたい2万~5万が相場です。 いくつかの業者と見積もりなどを比較して 検討するのが良いでしょう。 フローリングを犬の尿シミで汚さないための3つの方法 フローリングの尿シミもすっかり消えたら、 また同じようなことにならないよう フローリングを汚さずに 綺麗に保つ努力も必要ですね。 フローリングは傷みやすいので、 ちょっとした油断も禁物です。 さて、それでは続いて、 汚さないための方法を解説していきましょう。 1.粗相したらすぐに拭き取る まず、粗相をしたら すぐに拭き取ることです! これは当然ですよね^^ フローリングにとってどんな水分よりも おしっこは大敵です! フローリングの継ぎ目から 尿が染みてしまえば劣化の原因にもなります。 粗相をしたら雑巾や トイレットペーパーなどで 素早く尿を拭き取ります。 余談🐶 個人的な意見ですが、尿の拭き取りで 何度も使用した雑巾では 雑巾そのものの臭いや雑菌の繁殖なども 気になっちゃいます。 とは言え、粗相する度に 使い捨ててもいられないので、 少し消耗が嵩みますが ペーパー類のもので 拭き取ると良さそうですね。 尿を拭き取れたら 仕上げに、フローリングにも使用OKの ペット用消臭剤をスプレーして、 スプレーの水分を 雑巾などで しっかりと拭き取りましょう。 2.こまめにワックスを塗布する ワックスを塗布することで、 フローリングが薄い膜に保護され、 ツヤを演出できる上に 傷や汚れがつきにくくなります。 そして、お掃除もしやすくなりますよ。 ワックスの効果を維持するためには、 1年に3~4回 4ヶ月に1回 くらいの 頻度でワックスを塗布しましょう。 3.フロアコーティングを施す フロアコーティングを施すことで、 粗相による尿シミや臭いまでも 防止することができますよ。 フロアコーティングだからと言って、 お掃除にも特別手間はかかりませんし、 むしろ、汚れが落ちやすいので 基本はサッと拭くだけで清潔を保てます。 ワックスとは違い、 効果は10年~20年と長持ちで 耐水性、耐久性ともに優れています。 まとめ 今回は、フローリングにできてしまった 尿シミの消し方や 今後、シミで汚さない方法について 解説してきました。 シミの程度にもよりますが、 ダメージが大きかったり 自力では落とせない場合は• フローリングの張り替え• シミ部分の塗装 で対策するのがおすすめです。 費用はかかりますが、 プロにお任せすると仕上がりは綺麗です。 しかし、 長い時間粗相に気付かなかった時は ショックが大きそうですよね… 保険として、 こまめなワックス塗布、 または、思いきって フロアコーティングを施すことも 検討してみて下さいね^^ 犬のおしっこの匂い対策に フローリングも効果的って知っていますか? 下記の記事では匂い消しについて 詳しく解説しています。

次の