コロナ 海外 旅行 いつから。 コロナ収束後海外旅行はいつ行ける?安い今予約!ビジネスクラス利用ツアー【エミレーツ航空】

(新型コロナウイルス)いつになったら旅行ができるのか? これから旅行をする際に注意すべきこと

コロナ 海外 旅行 いつから

こんにちは。 旅プロJewelです。 今年の春休み、GWと、お休み期間に海外旅行に行こうと思っていた方から、実際に計画されて料金を払っていた方まで沢山いらっしゃると思います。 でもコロナの影響で行けなかった方がほとんどですよね。。。 世界各国でも自粛規制が少しずつ緩和されている様子もちらほらテレビで見る中、 夏休みは海外旅行に行けるかもしれない! という期待や可能性も出てきました。 行ける地域は限定されるかもしれませんが、旅行計画を立てるのであればそろそろお休みを取る時期など検討したいところですよね。 多くの旅行好きの方はいつから海外旅行は可能なの?と思われていると思います。 今回は、人気のハワイにいつから行けるのか、ハワイの知事の宣言や、入国情報などを参考にしながら、もしかしたら遅い夏休みにハワイにいけるかもしれないというお話をしていきたいと思います。 国、もしくは地域の入国制限• 国、もしくは地域の入国後の行動制限措置 各国や地域によって、入国自体を制限している場合と、入国後の行動の制限をしている場合と2パターンありますのでしっかり確認しましょう。 アメリカ・ハワイは入国できる? 現在そもそも「アメリカ」は国として日本からの渡航者、日本人の入国制限や入国後の行動制限をしておらず、州や地域にその判断をゆだねています。 そして、アメリカ国内のどの州も「入国制限」、つまりは入国させないという措置は、日本からの渡航者、日本人に対して取っていません。 つまりは、アメリカ国内へは入国ができても、入国後の行動制限措置の内容を確認する必要があります。 その「入国後の行動制限措置」が決められているのがハワイになります。 実は、ニューヨークやロスには、行けることは行ける状態ではあります。 入国後の行動制限措置もありません。 現にフライトもだいぶ減らされてはいますが、週に1回など、成田ーロサンゼルス便があったりもします。 とはいえ、今お互いの国が感染のリスクや、多くの感染者を抱えている中で渡米するのは賢明ではありませんが。 ハワイの入国後の行動制限措置の内容は? 3月26日から,州外からの全渡航者(ハワイ州居住民を含む。 )に対し14日間の自己検疫を義務づけ,違反者には,5千ドル以下の反則金又は1年以下の禁固のいずれか若しくは両方が科される 引用元:外務省HP 現在、 ハワイに行ったとしても、14日間自己検疫が義務付けられていますね。 このハワイが規定する自己検疫というのは、、、• 州外からハワイの空港に到着した方は、自己申告した自己検疫場所(居住者の場合は自宅、訪問者の場合はホテルの部屋もしくは貸別荘)に直行すること。 14日間もしくは滞在期間がそれ以下の場合はその期間、指定された自己検疫場所にとどまること。 また、緊急に治療を要する場合を除き、指定された自己検疫場所を離れないこと。 プール、ミーティングルーム、フィットネスセンター、レストラン及びその他のいかなる公共スペースにも行かないこと。 医師、看護士、もしくはハワイ緊急管理庁長官により許可された特定の者を除き、如何なる者も指定された自己検疫場所に入れないこと。 当該ホテルもしくは貸別荘が定める自己検疫にかかる規則等を遵守すること。 つまり、 今現段階では、ハワイに到着しても、14日間は自分自身が申告した宿泊ホテルからは出られない、誰かと遊んだり、公共施設で遊ぶこともできない という事になります。 ハワイ知事が発表した今後のプラン 5月18日にハワイのイゲ知事は、ハワイ経済を再開するための4段階プランについての記者会見を行いました。 6月初旬には、社会的距離のガイドラインに従い、教会など宗教施設、ジム、美術館、映画館、レストラン、ヘアサロンを含める、中リスクのビジネスの営業再開を認めると述べています。 そして、その次の段階では社会的距離を保ちながら、50名以内の集会が認められますが、バーやクラブの再開は入っていません。 その一方で旅行者(ハワイの島間も含む)の14日間自己隔離措置は6月末まで延期されています。 ハワイの場合、同じアメリカ合衆国国民に対しても同じ措置をしていますからね。 本土からの旅行者ということですね。 もちろん、ハワイ内の再建が順調に進むことが大前提となると思いますが、観光業の再開の目途も見えてきました。 夏の終わりごろにハワイで観光業が再開し、旅行者に対する14日間の隔離制限が取り下げられれば、自由な旅行は可能になるかもしれません。 シルバーウィークあたりでしょうか。 海外旅行はいつから可能?ハワイの場合 ハワイ地域のコロナの感染者の回復や、コロナの影響を様々な形で受けている方々の日常が戻ることが一番最優先に大切なことです。 それがあっての旅行となるわけですが、遅い夏休みを取ってハワイに行けたらと妄想するだけで十分楽しみですね。

次の

コロナ収束後海外旅行はいつ行ける?安い今予約!ビジネスクラス利用ツアー【エミレーツ航空】

コロナ 海外 旅行 いつから

ハワイ旅行再開の見通し この記事では新型コロナウイルス感染症の影響で、現在は実質的に難しくなっているハワイ旅行が、今後いつ再開されるかについて、これまでの経緯や最新情報から考えていきます。 新型コロナウイルスについての専門的な情報はこの記事では扱いませんので、感染予防や症状、相談窓口については公的機関のウェブサイトでご確認ください。 この記事ではあくまでもハワイの旅行についての考察となります。 新型コロナウイルスの経緯 ではまず新型コロナウイルスが世界的に感染拡大した流れを、ハワイ州の出来事を中心に確認してみましょう。 中国湖北省の武漢が都市封鎖された衝撃のニュースが世界に伝わった1月下旬からの主な出来事がこちらです。 時期 出来事 2020年1月23日 中国・武漢が都市封鎖 2020年1月28日 ANAの武漢チャーター第1便が出発 2020年1月30日 WHOが「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言 2020年2月14日 ハワイ旅行からの帰国した日本人が陽性反応、ハワイでも大きなニュースに 2020年2月28日 北海道知事が「緊急事態宣言」を発表 2020年3月5日 ハワイ州知事が緊急事態宣言を発表 2020年3月7日 ハワイ州で初の新型コロナウイルス陽性者を確認 2020年3月11日 WHOが「パンデミック」との認識示す 2020年3月13日 アメリカ政府が国家非常事態宣言 2020年3月16日 ハワイ州ではじめて渡航歴のない住民の感染確認 2020年3月17日 ハワイ州知事がハワイ旅行を延期するよう強く呼びかけ 2020年3月21日 2020年3月25日 日本外務省が全世界に渡航危険レベル2「不要不急の渡航は止めてください」発出 2020年3月26日 ハワイ州で到着者への14日間の自己隔離措置が開始、実質的にハワイ旅行が不可能に 2020年3月31日 日本外務省が米国など49カ国・地域に渡航危険レベル3「渡航中止勧告」発出 2020年4月7日 日本政府が緊急事態宣言を発令 2020年5月5日 ハワイ州が自宅待機令を "Stay-at-Home" から "Safer-at-Home" に若干緩和 2020年5月15日 2020年6月5日 2020年6月16日 2月下旬 ハワイ旅行から帰国した日本人が検査の結果、陽性となり入院したことが日本やハワイでニュースになりました。 ハワイ州内ではまだ新型コロナウイルスの感染が広がっていなかった時期で、ハワイ側では旅行者が滞在した島や宿泊施設、利用した飛行機の便名が公表されました。 3月上旬 ハワイ州で緊急事態宣言が出たのは3月5日。 はじめてハワイ州民の感染者が確認されたのがその直後の3月6日でした。 日本では2月下旬に北海道でクラスターが発生して緊急事態宣言が出ていましたが、まだ全国的な危機感はそれほど高くなく、会社への出社などもほぼ通常通りだった時期です。 3月中旬 3月中旬なるとハワイでも市中感染が報告されました。 当初の感染者は、州外への渡航歴がある住民や旅行者のみとなっていましたが、3月16日にはじめて渡航歴のない住民の感染が確認されニュースとなりました。 日本からのハワイ旅行については、雲行きが怪しくなっていましたが、まだ旅行会社や航空会社ではゴールデンウィークの予約を受け付けていた時期です。 衝撃が走ったのが日本時間の3月17日です。 ハワイ州知事が、以後30日間のハワイ旅行は延期するよう強く呼びかけました。 州内で市中感染が確認されたことから、旅行者からの感染拡大に強い危機感が出たようです。 ハワイ旅行を予約していた方、旅行会社、航空会社、観光業などハワイ旅行・観光に関わる人に大きな衝撃となりました。 しかしまだ一部の旅行会社は直近のハワイ旅行についても販売を続けていました。 3月下旬 そして決定的となったのが日本時間の3月21日です。 ハワイ州知事が、3月26日からハワイを訪れる渡航者、州に戻る住民を対象に14日間の自己隔離義務を実施することを発表します。 違反者には罰金・禁固刑を課す厳しい措置です。 この時点で実質的にハワイ旅行が不可能となることが決定的となり、旅行会社はツアーの催行中止、航空会社は運休といった本格的な対応をすることになりました。 ただしまだ2020年のゴールデンウィークまでには再開される期待感が残っていたとも言えます。 ここまでが日本からのハワイ旅行が取り止めとなるまでの大まかな流れです。 ハワイと日本の現状は? ここからは2020年の夏休みや年末年始の旅行可否を想定していく内容です。 その時点での最新の状況により、可能性に変化が出ますので、随時更新することがあります。 この記事のこの箇所は、2020年5月18日時点での内容となります。 ハワイの新規感染者数はごく僅か 4月下旬以降、ハワイ州での新規感染者数は毎日1桁の日が続いています。 となりました。 以降も1桁またはゼロの日が続いています。 公園やビーチの再開、小売店やショッピングモールも営業を再開し、屋外活動や経済活動が段階的に再開されている状況です。 日本の新規感染者数も減少 日本ではゴールデンウィーク明けの新規感染者数は減少傾向にあります。 2020年5月14日には39の県を対象に緊急事態宣言が解除されました。 東京都の5月17日発表分はわずか5人で、感染経路不明もゼロとなり、感染拡大が抑えられている状況です。 ハワイ州では米本土からの渡航者に懸念 日本からの直行便はすべて運休となっていますが、アメリカ本土からはハワイへの旅客便が引き続き運航されています。 14日間の自己隔離義務は実施されているのも関わらず旅行者がおり、規則に違反して逮捕されたり、罰金刑や本土へ送り返される事例も報告されています。 住民からの通報に加えて、ビーチなどに出かけて写真をソーシャルメディアに投稿することで発覚する例もあります。 違反者が続いていることで、ハワイ側では旅行者への悪い印象が出てしまっている部分が少しばかりあります。 2020年のゴールデンウィーク 2020年のゴールデンウィーク期間は、日本からハワイへの直行便(旅客便)は1便も運航されていません。 運航計画のあったJAL、ANA、ハワイアン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空、大韓航空、エアアジアXは、日本=ハワイ間で全便運休となりました。 2020年の夏休みはハワイ旅行は行ける? ここからが本題です。 最新の状況などからハワイ旅行に行ける可能性を考えていますが、状況に応じて変わっていく内容を含みます。 予約はできる、でも行ける保証はない 5月18日現在、2020年夏休み期間のハワイ旅行を予約することは可能です。 ただしそれは 実際に旅行に行けるかどうかとは完全に別の話でもあります。 大手旅行会社のJTBでは6月30日までのツアー催行中止を決めていますが、7月以降の予約は可能という段階です。 またHISでは6月のツアー予約も可能となっています。 しかしを見込んでいます。 そしてハワイ旅行には日本からの直行便が欠かせません。 航空会社についてもハワイ州の14日間隔離義務が続く限り運休を続けるはずです。 また規制緩和されたとしても需要がすぐに戻るとは考えられず、限られた一部の便数で運航を再開すると想定されます。 ハワイ旅行は旅客便の運航がなければ成り立ちませんので、旅行会社のツアーは航空会社の運航状況次第とも言えます。 航空会社の運休予定 5月18日現在、2020年夏休み期間中に日本=ハワイ間の運休を発表している航空会社はありません。 ANAでは5月12日発表分で6月15日までハワイ路線の全便運休、JALでは5月14日発表分で6月30日までハワイ路線を全便運休、ハワイアン航空では5月14日発表分で6月14日まで運休としてます。 また以前よりハワイアン航空では、札幌=ホノルル線を7月19日まで運休することを決めています。 3月31日からアメリカを対象とした危険情報は「レベル3:渡航は止めてください(渡航中止勧告)」が継続されています。 この危険情報レベルが引き下がらない段階で、日本からのハワイ旅行、とくにツアーが再開されることはありません。 CDCの旅行健康情報レベル 3月21日にアメリカの疾病予防管理センター(CDC)は、新型コロナウイルスに関する日本の旅行健康情報をレベル3「不要な渡航延期勧告」に引き上げました。 これにより日本からハワイを含む米国に入国する場合、14日間は自宅等で待機の上で健康状態を観察し、他者と距離を置くソーシャルディスタンスが求められています。 ハワイ州の14日間自己隔離義務が解除されるかどうかも、このCDCの判断がひとつの目安となってきます。 ワクチンは間に合わない いま世界ではCOVID-19のワクチン開発が進められています。 しかし新型コロナウイルスに限らず、安全なワクチンを開発するためには通常、18ヵ月以上かかると言われています。 武漢での感染拡大が大きく問題化したのは2020年1月ですから、通常のワクチン開発にかかる長い期間を踏まえると、安全なワクチンが供給されるのは2021年以降となる可能性があります。 つまりワクチンを前提としたハワイ旅行の再開は、2020年中には考えづらいと言えます。 夏休みにハワイ旅行が再開できる可能性は低い 先にも触れた通り、ハワイでは4月下旬から新規感染者数が減少しておりゼロの日もあります。 また5月中旬からは経済活動の段階的な再開も始まっていますが、詳細なガイドラインを適用した限定的な再開にとどまっています。 引き続き、ハワイ諸島内での移動にも14日間の自己隔離義務が実施されており、まずはこの島間での移動制限緩和が実施されることが期待されます。 ワクチンが間に合わず、いつ第2波が発生するか想定できない7月~8月に、全面的に旅行者を受け入れるとは考えづらいのが現状です。 ちなみに5月27日にしましたが、日本帰国時の外出制限が要請されているほか、直行便の運航便数も少ないため、日本からのツアーが再開されるかは不明です。 予約するには時期尚早、おすすめはできない ハワイ州が14日間の自己隔離義務を延長していない期間を目安に、一部の旅行会社や航空会社では、航空券やホテル、パッケージツアーを販売してます。 しかし2020年5月18日現在、2020年夏休みのハワイ旅行を予約するには時期尚早と言えます。 もしかしたら行けるかもしれませんが、行けない可能性も高く、結局はキャンセルすることになってしまうかもしれません。 毎日状況が変わっていく現状、この先の7月・8月に世界や日本、ハワイがどのようなになっているのかを予想していくのは難しく、不確定要素が多い中での予約はおすすめできません。 2020年~2021年の年末年始はハワイ旅行は行ける? 次にさらに先の2020年の年末、2021年の年始にかけての年末年始についても考えてみましょう。 現時点では不確定要素が多いが再開できない可能性も 5月に入り日本国内でもハワイ州内でも新規感染者数は落ち着いており、感染拡大のピークは過ぎた印象があります。 しかしまたいつ感染拡大の段階に入るか予想できない部分があります。 またアメリカ疾病対策センター(CDD では、冬に感染が再拡大する可能性について警告しており、 半年後や1年後なら大丈夫ということは誰も断言できない状況です。 予約は急がないほうが良い 年末年始は会社・学校の休みを確定しやすいため、例年早くからハワイ旅行を予約する方が少なくありません。 いま航空券もツアーも予約は可能ですが、このタイミングで急いで予約する必要があるとも思えません。 夏休みの状況が確定してきたタイミングで、再度検討してみてはいかがでしょうか。 ハワイ州は旅行の早期再開が求められる 北米やアジア、オセアニアから多くの旅行者が訪れるハワイは、ご存知の通り旅行・観光業が主要産業。 いま実質的にハワイ旅行はできない状態であり、多くのビジネス活動が中止に追い込まれています。 ホテルや飲食店、観光施設、現地アクティビティ、レンタカー、美容など影響は広範囲に渡っており、いち早く旅行者の受け入れを再開する必要があることも事実。 しかし旅行者からの感染拡大を防ぎ、以前のように受け入れるには、まだ準備に長い期間を要すると想定されます。 どのような形で旅行者を受け入れていけるのか、まだ世界中が同様の問題を検討している段階です。 ハワイが成功事例となる可能性もありますが、一気に再開されるのではなく、感染拡大の状況に応じて徐々に規制が緩和されていくと想定されます。 まとめ 最後にハワイ旅行再開までのハードルをまとめておきます。 ハワイと日本で新規感染を抑制• 米国疾病予防管理センター(CDC)旅行健康情報の引き下げ• 日本外務省の米国を対象とした感染症危険レベルの引き下げ• ハワイ州の到着者に対する自己隔離義務の終了または免除• 航空会社が直行便再開 まずはアメリカが日本からの渡航者に適用する行動制限が解除されること、さらに日本の外務省がアメリカまたはハワイ州への渡航について危険レベルを引き下げることも目安や条件となってきます。 さらに重要なのが、ハワイ州が実施している到着者を対象とする14日間の自己隔離義務が廃止または免除されるかどうかです。 この14日間という期間は健康観察に必要な日数が目安となっており、短縮されることはまずないでしょう。 そして航空会社が直行便の再開を決めた段階で、旅行会社もツアー再開を検討。 段階的にハワイ旅行が可能になる時期が見えてくるものと想定できます。 経済活動の再開や行政による規制緩和の最新ニュースは「」で更新しています。 COVID-19についての正確な知識を深めるためにご利用ください。

次の

海外旅行いつから行ける?【予測】新型コロナで各国の入国状況など

コロナ 海外 旅行 いつから

海外旅行はいつから行ける?各国の入国制限の状況は 新型コロナウイルス 各国の入国制限に関する一覧 (2020年5月4日18:00時点) — TAMA qO5USDVGRFulgon 5月 4日時点の各国の状況です。 新型コロナウイルスがまだ収束していない国は、出国も難しい状況です。 日本もそうですね。 飛行機もほとんど国際線は飛んでおらず、帰国できても空港で PCR検査を受け、陰性でもその後 14日間の自宅隔離を要請されています。 このまま感染に収束するまで、海外には行けないのではないかという意見もあります。 安全性など考えると納得できますが、収束まで待てない事情も色々とあります。 海外旅行はいつから行ける?入国制限解除の事情 航空会社の経営難、資金繰りの悪化など 危機に弱いことで知られる航空業界。 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大が各地の航空会社を直撃しています。 — 毎日新聞 mainichi 航空会社は国内線も飛ばしていますが、 国際線を収益のメインにしているところも多いです。 国の支援がないような航空会社は破綻していく可能性があります。 すでにヴァージンオーストラリアが破綻して話題となりました。 日本でも ANA・ JALが大幅な減益となり、資金繰りが厳しくなってきています。 観光客(インバウンド事業)需要の消失 観光収入が大きな収入源となっている国も多いです。 このままずっと入国制限をかけていると、リゾート地やインバウンド事業が破綻してしまいます。 感染者が収束してきた中国や韓国は、入国制限を解除して国際線の飛行機乗り入れを許可するよう、各国に打診をしているようです。 海外旅行はいつから行ける?入国制限解除が早そうな国、遅そうな国 現状ではあくまで予想となってしまいます。 入国制限解除が早そうな国 自国でも新規感染者が収束していて、インバウンド収入、中国からの打診許可など考えると 6月や 7月頃から入国できる可能性があるかもしれません。 ・タイ ・ラオス ・カンボジア ・ミャンマー ・ネパール ・中国 ・韓国 但し、日本は収束していなければ対象外や、 14日間の隔離などあるかもしれませんね。 入国制限解除に慎重な国 ・自国で完全に感染者の封じ込めに成功している国。 入国解除して経済を回したいでしょうが、海外からの新型コロナウイルスが入ってきてしまう可能性があるので、時間がかかりそうです。 ・ベトナム ・台湾 ・早く入国制限を解除し、経済を回したいでしょうが、自国の感染者が収まっていないので、まだ時間がかかりそうな国。 ・インドネシア ・シンガポール ・マレーシア ・アメリカ ・欧米諸国 入国制限解除が遅くなりそうな国 海外からの入国に対し、かなり厳しい対応を取っている国。 ・フィリピン ・オーストラリア フィリピンでは自国民にも、 1年間海外旅行を禁止するなど措置も検討されているようです。

次の