虹 プロジェクト まこ。 【虹プロジェクト】山口真子(やまぐちまこ)ちゃんのプロフィール|虹プロジェクト非公式ファンブログ

虹プロジェクト|練習生プロフィールまとめ!出来レース(やらせ)?|おさこ屋

虹 プロジェクト まこ

マコのプロフィール• 名前:山口真子(やまぐちまこ)• 生年月日:2001年4月4日• ニックネーム:マコ、まこちゃん• 出身:福岡県八女市• 所属事務所:JYPエンターテインメント マコが中学2年生の時に、JYP公開採用オーディション12期で日本人が2位をとったことを知り、「次は自分がJYP練習生になるんだ!」と決意し、1年間練習に励みました。 2017年2月に開催された JYP13期オーディションで3,500人の中から見事、総合3位に選ばれ、JYP練習生となりました。 (当時15歳) 努力が実った瞬間ですねw マコ(山口真子)は 「虹プロジェクト」にエントリーし、 1万人以上の応募者の中から26人の候補者メンバーに残っています。 「可愛い」「かっこいい」など自分のコンセプトがないことを不安に思っていましたが、JYパークに「あなたはそのままでいい」と励まされています。 マコの努力家な性格がスゴい! 虹プロジェクトでは、 JYパークがマコの「努力」を褒め称えるシーンが何度もありました。 マコの経歴を調べてみると、 かなりの努力家であることが分かります。 JYパークもマコのパフォーマンスを見て 「(JYP練習生での2年間は)本当に誠実に練習したみたいです」と努力をたたえています。 さらに ダンススクールに通いながら、毎朝学校前に1時間半の自主練をするという…マコは努力のカタマリ…。 日々の反省点などを書き綴ったノートも大量にあるようです。 2017年にJYP13期オーディションに合格した直後に中学卒業しています。 高校には進学せずに、そのまま韓国に渡り、JYP練習生としてレッスンを重ねていました。 絶対にデビューすると 心に決めた芯の強さがあるので、ここまで折れずに頑張れるのかもしれません。 ちなみに… TWICEメンバーのサナとモモ(どちらも日本人)も中学卒業後にJYP練習生になっています。 2人はデビュー後に、高卒認定試験を受けて合格しています。 」と語っています。 マコは一度集中してしまうとやり込んでしまう性格だと考えられますね。 お昼の1時くらいから6時くらいまで練習、ご飯を食べたあとに、また夜の10時まで踊ったりすることもあったそうです。 オーディションでは、 JYパークも「とても一生懸命生きている人」とマコの努力を認める発言をしています。 最初の東京オーディションではJYパークに「話すように歌うことが大事、山口さんは歌う時に完璧に話すように歌っている感じがする」と褒め言葉を貰っています。 普通なら途中で辞めてしまいそうなことでも、マコにとっては 「できるまで終わらない」という考えに変わるのかもしれません。 東京でのグローバル地域予選では、同じJYP練習生のミイヒとリマを常に励ましている様子が映っていましたね。 さらに、オーディションはある意味で他のメンバーとの競争でもありますが、ミイヒがダンス審査で合格した際にはマコ は心から喜んでいるように見えました。 韓国合宿のチームミッションでもリーダーとしてまとめあげました。 マコはレモンを無表情で食べるという特技を持っていますw メンバー内のいざこざにも耐えられる強いハートを持っているとも言えそうですね! ダンスや歌に対する 誠実な一面を持っていて、 周りにも気を使える性格というだけあって 「グループのリーダーに良いのでは?」という声も出ています。 マコの家族は何人? マコの家庭は、 父・母・姉・真子の4人家族だと言われています。 マコ自身の夢であるとはいえ、 中学生だった可愛い娘を韓国に行かせるというのは大きな決断だったと思います。 一般的な家庭なら 「高校までは出ときなさい…」と説得したくなるところだと思います。 虹プロジェクトのボーカルテストでは、両親への感謝の気持ちを込めて歌ったそうです。 幼い頃からマコの努力を見てきたからこそ両親も送り出せたのかもしれないですね。 マコのダンスにJYパークも涙! 虹プロジェクトでのダンスレベルテストでは、マコ のパフォーマンスにJYパークが涙する場面が見られました。 JYパークいわく 「オーディションを見て涙したのは初めてだと思います。 歌手になる準備が全て出来ている」とマコの努力を認めました。 -」 ホント マコのダンスは感動しました。 JYパクさんもオーディションで涙が出たのは初めてって言ってました。 デビューの準備が整ってるって感じです。 — Nizi Project Japan Fan Bace NiziProjectJFB これまでに数々の有名アーティストをプロデュースし、数多くのオーディションを見てきた JYパークを感動させ、初めて泣かせたマコのダンス。 東京合宿の段階で、虹プロジェクトでも デビューは決定的だと話題になりました。 マコは歌も上手い! 虹プロジェクトの東京合宿ではダンスに続いて、ボーカルのテストも行われました。 マコは「雪の華」を歌ったのですが、歌声もまた JYパークに絶賛されました。 JYパークも「歌に心を細かく、上手く込めることが出来ている」と称賛しました。 さらにその後のインタビューで 「(山口真子は)スターになる準備ができている、すべてが備わっている」と語っています。 虹プロジェクトの26人の中でも群を抜いた実力であることが証明された瞬間でした。

次の

虹プロ・マコのプロフィールまとめ!努力家な性格にJYPも涙した!

虹 プロジェクト まこ

日本国内8都市、ハワイ、LAを含む全10箇所で開催したグローバル・オーディションの様子と、オーディションに参加した1万人超の応募者の中から総合プロデューサー J. Park パク・ジニョン 氏が直接選び抜いたメンバーによる東京合宿の模様をお届け! 最終メンバーまで残り、韓国JYPトレーニング合宿参加への切符を手にするのは果たして…? 引用:Hulu JY Park (パク・ジニョン) 引用:Twitter JY Park(パクジニョン)とは? 韓国の歌手、音楽プロデューサー、作曲家、ダンサー、実業家、俳優、そして株式会社JYPエンターテイメントの株式16. 43%を保有する最大株主だそうです! あだ名は「餅ゴリ」餅が好きなゴリラだそうですw KPOP界では知らない人はいないほどすごい人です! TWICEの生みの親で、 日本セカンドシングル 「Candy Pop」のミュージックビデオに「プロデューサーJY」というキャラクターで出演しています。 4th 2001 — Japanese Is from Fukuoka. She participated in a Kpop summer camp where she auditioned for JYP. Known for her dancing. JYPの日本人練習生としてすでにアイドル活動を始め、2019年8月に開催されたJYP練習生のお披露目イベント「ショーケースHomecoming:Get Your Glow On」に参加しています。 横井里茉 人気ラッパーZeebraさんの娘・横井里茉さん、日本語・英語・韓国語OKのトライリンガルで、ダンスもラップもめちゃうまい。 何よりゴクミと沢尻エリカを足して2で割ったようなこの美貌。 勝村摩耶 Katsumura Maya To be aired — Mee TwitzyLoondit 地区予選では、ダンスの演技力を褒められて合格。 子供の頃からモデルとしてファッションショー、CM、雑誌などを中心に様々な芸能活動をしてきました。 緊張に弱いユナちゃんですがJ. でアイドルとして活動していたようです。 5年間アイドル活動していたようです。 岸田莉里花 Kishida Ririka Osaka audition. 2002 liner. Wants to be an idol rather than a singer. — Mee TwitzyLoondit 生年月日: 年齢:17歳 出身地: 予選地域:大阪 3歳からクラシックバレエを習っているそうです。 地域予選では、ダンスと歌を油断しているとのことで合格保留。 そのため、アイドル活動をしていたけど辞めて参加した方も大勢いることから、特別扱いのような印象を持たれたのかもしれません。 エントリー開始…2019年5月7日 2. オーディション期間…2019年7月中旬~8月中旬 (デビュー準備組20人を選抜) 3. リアリティー番組の放送…2019年10月~ (20人を選抜するまでのオーディションの模様) 4. 選抜された20人はJYPにて6ヶ月間のトレーニングを受ける 5. 最終メンバー決定までの様子は2020年4月から番組で放送 6.

次の

虹プロ|マコ顔変わった&鼻に整形疑惑?歯列矯正や昔の画像で比較!

虹 プロジェクト まこ

Part1最終順位• 山口真子(MAKO)• 鈴野未光(MIIHI)• 勝村摩耶(MAYA)• 横井里茉(RIMA)• 大江梨久(RIKU)• アン・ユナ(YUNA)• ヒルマン・ニナ(NINA)• 尾崎すず(SUZU)【辞退】• 平井桃伽(MOMOKA)• 井上あかり(AKARI)• 池松里梨愛(RIRRIA)• 小合麻由佳(MAYUKA)• 新井彩花(AYAKA) Part2が始まる時はこんな感じの順位でした。 が!!スランプに陥るメンバーやいきなり伸びてくるメンバーがいて、 Part2の個人レベルテストやチームミッションテストでは、かな~り順位もJYParkの評価も変わってきたのです。 これがめちゃくちゃ面白い。 虹プロ最新順位は? 虹プロジェクトは、Huluで放送されている「レベルテスト結果」の順位と、虹プロジェクトの公式HPから推しに投票できる「虹かけ」順位の2つがあります。 Part2個人レベルテスト順位 ではまず最新(2020年5月27日時点)のレベルテスト順位です。 Part2では「個人レベルテスト順位」と「チームミッション個人順位」の2つがあります。 個人レベルテストでは、参加メンバーが一人ずつ歌とダンスを披露するもの。 特に話題になったのが、1位と2位を独占しつつあるミイヒちゃんとマコちゃんのパフォーマンスです。 一言でいうと「もうプロでしょ!」というレベル。 Sonmiの24時間をカバーしたマコちゃん。 「強いダンス」から「女性らしいダンス」も踊れることを証明しました。 Part2個人レベルテスト順位• 鈴野未光(MIIHI)• 山口真子(MAKO)• 大江梨久(RIKU)• 勝村摩耶(MAYA)• 横井里茉(RIMA)• ヒルマン・ニナ(NINA)• 小合麻由佳(MAYUKA)• 新井彩花(AYAKA)• アン・ユナ(YUNA)• 池松里梨愛(RIRRIA)• 平井桃伽(MOMOKA)• 勝った方のチームが全員キューブを獲得できるというルールで、最終的には個人順位も発表されました。 ポイントは「3人(OR4人)で1人に見えるほど、ダンスや歌がそろっているかどうか」で、以下の2チームが勝利。 まず、 マコ・リオ・マヤチーム。 めちゃくちゃ練習したんだろうなー感が最初の5秒でわかるパフォーマンスで、ほんとに鳥肌ものです。 これ何回見たやら・・・。 三人のプロポーションが似ているのもすごく良かったですね。 Part2チームミッション個人順位• 勝村摩耶(MAYA)• 横井里茉(RIMA)• 山口真子(MAKO)• 大江梨久(RIKU)• 井上あかり(AKARI)• 鈴野未光(MIIHI)• 新井彩花(AYAKA)• 花橋梨緒(RIO)• ヒルマン・ニナ(NINA)• 池松里梨愛(RIRRIA)• 小合麻由佳(MAYUKA)• アン・ユナ(YUNA)• 平井桃伽(MOMOKA) JYPart氏、トレーナーの満場一致で1位を獲得したのが 女優・マヤちゃん(すいません・・・勝手に命名)。 今回のミュージカル風のパフォーマンスは彼女の演技力がとことん光っていました。 4位のリクちゃんは、チームとしては負けてしまい、同じチームメンバだったユナ・モモカちゃんは下2位を独占してしまうという結果でしたが、JYPark氏からは「歌、ダンス、高音、全部ひとりでやりました」と高評価。 キュートなダンスと歌で新しい一面を見せて、 「リクさんにどんどんハマっていく・・」と言わしめました。 3チームに分かれて対戦し、1位のチームメンバー全員にキューブが進呈されるというもの。 1位になったのは、マヤチーム(マヤ・ミイヒ・ユナ・アカリ) Part2チームミッション個人順位• 山口真子(MAKO)• 花橋梨緒(RIO)• 小合麻由佳(MAYUKA)• 井上あかり(AKARI)• 勝村摩耶(MAYA)• 横井里茉(RIMA)• アン・ユナ(YUNA)• ヒルマン・ニナ(NINA)• 池松里梨愛(RIRRIA)• 大江梨久(RIKU)• 鈴野未光(MIIHI)• 新井彩花(AYAKA)• 平井桃伽(MOMOKA) マコちゃん1位!つよい!マコチームはもはやマコちゃんのステージかってくらい、めちゃくちゃ目立ってましたし、JYPark氏の評価も「評価するところがありません」っていう。。。 評価を投げた笑、ほど完成度が高いということ。 そして、残念ながら脱落になってしまった、モモカちゃん。 その後SNSでは「ビジュアル1位だけど落とすの?」「JYPもでかい魚逃したな・・・」「モモカちゃんお疲れ様!」などなどいろ~んな意見が投稿されていましたね。 それにしても、 ミッションごとに、個人順位が結構動く!!っていうのがすごい見どころ・はらはらするところ。 マユカちゃん、アカリちゃん、リリアちゃんはここへきてめちゃくちゃ伸びてきてますからね・・・ スポンサーリンク デビューするのは何人? デビューは誰?を予想する前に、デビューグループは 何人か?という問題があります。 今回の虹プロジェクトを開催するJYPark氏の芸能事務所「JYPエンターテインメント」は、過去にも 現在の事務所の稼ぎ頭であるTWICEを「SIXTEEN」というオーディション番組で選んでいました。 で、最終的に選ばれたのが9人。 約半数以上がデビューしていますね。 これを置き換えると 虹プロジェクトの場合も13人中の半数よりちょい多めの・・・7人~8人くらいかな?なんて予想ができます。 が、TWICEを選んだ「SIXTEEN」と「虹プロ」では 参加者メンバーに違いがあり、考慮する必要はありそう。 虹プロのメンバー特徴• メンバーの国籍は日本12人(ニナはハーフだけど仙台出身)、韓国1人(ユナ)• JYP練習生はマコ・リマ・ミイヒ・ユナの 4人だけ SIXTEENの場合は、 すでに参加者がある一定の練習を積んだ実力者が多かったため、半数以上という多めのデビュー人数になった可能性が高いのかな・・・?と。 (個人的予想です) ずっと虹プロを追っかけていると、JYPark氏は、見た目の可愛さや成長速度、練習態度なども考慮はしていますが、やはりなんだかんだ言って 最後は「実力」で選抜するだろうな・・という感じをひしひしと受けます。 なぜなら、TWICE以外のガールズメンバーって、結構少ないんですよ。 kstyle. ksn? そこから考えると、虹プロの場合JYPark氏の認める、 「ある一定基準の実力をクリアした人数=デビューする人数」と考えるのが妥当そうです。 実際、JYPark氏はインタビューで• 「デビューする人数は本当に決まっていないです」• 「 世界に通じるレベル・実力になっていれば13人デビューもあり得る」• 「実力だけではなく、 心(人柄)も見る」 と発言していますね。 虹プロはHuluで配信! 虹プロジェクトは毎週金曜日22時~Huluで最新話が配信中!登録するだけで2週間は無料で見れますのでおすすめ。 個人的にはPart2見てからPart1にさかのぼってみてます笑 公式Youtube動画やスッキリ!では放送されていないのはこの辺ですかね~• 練習生が日ごろどんな風に練習しているか• 練習生同士の会話、宿舎の「撮影用テント(本音を話す場所)」での映像• JYPark氏が、パフォーマンス前後にもらしていた一言• 歌やダンスのJYPトレーナーたちの練習生へのコメントや評価 デビューメンバー予想【確実に選抜されそうなメンバー】 そんなわけで、筆者の予想はこちら!まずは、確実に選抜されるでしょうというメンバーを選びます。 空手で鍛えた体幹力から歌唱とダンスの基礎があるゆえ、伸びしろがすごい。 アヤカちゃんがいるだけで場が和み、 JYPark氏ならずとも皆がメロメロ。 すでに 虹かけランキングでいっつも1位の様子ですし、デビューしたら爆発的に人気出そうと予想します。 韓国本社のJYP練習生歴も長く、Part1ではJYPark氏からも「 エース候補だな・・」と言われていました。 Part2ではプレッシャーから本番で力が出せず、ちょっと厳しい評価をもらってスランプの時もあり、 「持って生まれた才能があるんだから、もう一度それを見せて」とJYPark氏に言われていたほど。 しかーし!第7話のチームミッションで見事にスランプを破って、本人もJYPark氏も涙。 私も涙。 ファンみんなが涙。 泣かない人いないでしょう。 ユナちゃんの結果見てトレンドも入ってて朝から号泣してる ああ〜〜思い通りに自分の実力発揮出来なくて餅ごりにも最後のチャンスとか言われて相当なプレッシャーだったと思うのに本当によく頑張ったし今までの自分に打ち勝ったユナちゃんは強いよ😭絶対デビューしようアンユナファイティン😭 — 盲目ちゃん xo1116x Twitterでもトレンド入りしました。 それまでは、他メンバーの個性に押されて、公式インスタでの紹介順やVTRの優先度もなんだか低い気がしていたけど、やはり ダンスと歌の安定感がほんと~に抜群なんです(EXILE級のステージで場数踏んでるからだと予想) 一部では桐谷美玲さんに似てる?とも言われる顔面力もあり、グループにいてくれると安心の存在になるだろうな~なんて思います。 自分のパートの時はもっと目立とうとして! 最高の私を見せてあげるという欲」とアドバイスをもらって、大変身したと思います。 まとめ 虹プロ毎日見て、毎日ほろほろ泣いてるただの虹プロマニアが勝手にデビューメンバーを予想しました。 Part2韓国合宿も残り少なくなってきて、、毎週金曜日が待ち遠しい。 これのために1週間頑張っているようなもんです。

次の