パフェ 語源。 パフェの語源&「パフェの日」はいつ?サンデーとの違いはある?

パフェ・アラモード・サンデー、ひんやり甘~いその歴史とは(ces.massrelevance.comサプリ 2016年07月03日)

パフェ 語源

6月28日はパフェの日 今回は 「パフェの日」について解説していきます! なぜ6月28日が「パフェの日」なのかというと、1950年6月28日に 巨人の藤本英雄投手が日本プロ野球史上初のパーフェクトゲーム 完全試合 を達成したことに由来しています。 「パフェの日」と聞くと誰もがデザートのパフェを想像するかもしれませんが、 実は野球に関する記念日なんです。 一見するとパフェと野球は何も関係ないように見えるかもしれませんが、 パフェの由来となった言葉がフランス語の「パルフェ parfait 」であり、日本語にすると「完璧・完全」といった意味であることから「パフェの日」という名前の記念日になったそうです。 「パフェの日」についてはパフェの愛好家によって制定されたそうで 「美味しさ、美しさ、オリジナリティの豊かさをより多くの人と楽しみたい」という事を目的としているそうです。 ファミレスなどでは食事を済ませてお腹がいっぱいになっていても、色鮮やかで美味しそうな見た目をしているパフェを見るとどうしても食べたくなってしまいますよね。 「パフェの日」には近くの喫茶店やファミレスでパフェを食べてみてはいかがでしょうか? お菓子の雑学 今回は「パフェの日」にちなんで「 マドレーヌの由来」「 フィナンシェの由来」などお菓子にまつわる面白い雑学を紹介します。 パフェの語源がフランス語で「完璧・完全」を意味するものだったように、他にも意外な意味がこめられたお菓子がたくさんあるんです。 マドレーヌの由来 マドレーヌってなんだかオシャレな名前のお菓子ですよね。 マドレーヌはフランス発祥で日本に伝わったフランス菓子ですが、 実はマドレーヌにも名前にも意外な由来があるのです。 マドレーヌは18世紀のころに フランスのロレーヌ地方で誕生したお菓子だとされています。 その当時のロレーヌ地方を治めていたスタニスラス・レクチンスキーがパーティを開いた際の出来事でした。 その日のお菓子作りを担当していた お抱えのパティシエが仲間と揉めたことによってお菓子を作らずに出て行ってしまいました。 困ったレクチンスキーは 雇っていたメイドにお菓子を作るようにお願いし、そのお菓子を来客に振舞ったところ、それがなんと大変好評だったそうです。 そして、その事に喜んだレクチンスキーは メイドの名前であった「マドレーヌ」をそのお菓子の名前として採用したのでした。 フィナンシェの由来 続いては 「フィナンシェ」というお菓子の名前の由来についてです。 フィナンシェはマドレーヌと同じで フランス菓子となりますが、フィナンシェという単語自体に意味があります。 フィナンシェは何とも高級そうなお菓子の名前ですが、日本語にすると 「金融家・お金持ち」という意味の言葉となります。 フィナンシェという名前が採用されたのには諸説あり、19世紀のフランスでパリの金融街で売られたのが始まりだとされていて、いつも忙しい 金融家が背広を汚すことなく食べれるように工夫して作ったためフィナンシェという名前になったという説です。 他にもフィナンシェの形や色が 金の延べ棒に似ていて高級そうだったため、フィナンシェと名付けられたという説もあります。 お菓子の名前には様々な由来が隠されていて面白いですよね。 以上がお菓子の雑学でした、いかがでしたか?.

次の

パフェの日の由来と面白い雑学、6月28日の今日は何の日?

パフェ 語源

6月28日はパフェの日 今回は 「パフェの日」について解説していきます! なぜ6月28日が「パフェの日」なのかというと、1950年6月28日に 巨人の藤本英雄投手が日本プロ野球史上初のパーフェクトゲーム 完全試合 を達成したことに由来しています。 「パフェの日」と聞くと誰もがデザートのパフェを想像するかもしれませんが、 実は野球に関する記念日なんです。 一見するとパフェと野球は何も関係ないように見えるかもしれませんが、 パフェの由来となった言葉がフランス語の「パルフェ parfait 」であり、日本語にすると「完璧・完全」といった意味であることから「パフェの日」という名前の記念日になったそうです。 「パフェの日」についてはパフェの愛好家によって制定されたそうで 「美味しさ、美しさ、オリジナリティの豊かさをより多くの人と楽しみたい」という事を目的としているそうです。 ファミレスなどでは食事を済ませてお腹がいっぱいになっていても、色鮮やかで美味しそうな見た目をしているパフェを見るとどうしても食べたくなってしまいますよね。 「パフェの日」には近くの喫茶店やファミレスでパフェを食べてみてはいかがでしょうか? お菓子の雑学 今回は「パフェの日」にちなんで「 マドレーヌの由来」「 フィナンシェの由来」などお菓子にまつわる面白い雑学を紹介します。 パフェの語源がフランス語で「完璧・完全」を意味するものだったように、他にも意外な意味がこめられたお菓子がたくさんあるんです。 マドレーヌの由来 マドレーヌってなんだかオシャレな名前のお菓子ですよね。 マドレーヌはフランス発祥で日本に伝わったフランス菓子ですが、 実はマドレーヌにも名前にも意外な由来があるのです。 マドレーヌは18世紀のころに フランスのロレーヌ地方で誕生したお菓子だとされています。 その当時のロレーヌ地方を治めていたスタニスラス・レクチンスキーがパーティを開いた際の出来事でした。 その日のお菓子作りを担当していた お抱えのパティシエが仲間と揉めたことによってお菓子を作らずに出て行ってしまいました。 困ったレクチンスキーは 雇っていたメイドにお菓子を作るようにお願いし、そのお菓子を来客に振舞ったところ、それがなんと大変好評だったそうです。 そして、その事に喜んだレクチンスキーは メイドの名前であった「マドレーヌ」をそのお菓子の名前として採用したのでした。 フィナンシェの由来 続いては 「フィナンシェ」というお菓子の名前の由来についてです。 フィナンシェはマドレーヌと同じで フランス菓子となりますが、フィナンシェという単語自体に意味があります。 フィナンシェは何とも高級そうなお菓子の名前ですが、日本語にすると 「金融家・お金持ち」という意味の言葉となります。 フィナンシェという名前が採用されたのには諸説あり、19世紀のフランスでパリの金融街で売られたのが始まりだとされていて、いつも忙しい 金融家が背広を汚すことなく食べれるように工夫して作ったためフィナンシェという名前になったという説です。 他にもフィナンシェの形や色が 金の延べ棒に似ていて高級そうだったため、フィナンシェと名付けられたという説もあります。 お菓子の名前には様々な由来が隠されていて面白いですよね。 以上がお菓子の雑学でした、いかがでしたか?.

次の

パフェの語源は「完全な(parfait)」を意味するフランス語という説(´∀`)

パフェ 語源

ファミレスや喫茶店にある人気のメニュー、パフェやサンデー。 この2つのデザートの語源と違いについて解説します。 パフェ:フランス語で「完全な」を意味する parfait (パルフェ)が由来。 フランスでのパルフェは、卵黄、砂糖、ホイップを混ぜ氷菓子にソースや果物を入れたもの。 サンデー:1890年頃にアメリカで日曜限定で販売されていた、チョコーレートをかけたアイス「サンデー(日曜日)」が起源。 レストランや喫茶店での「使い分け」を見てみると、パフェはフランス生まれなので上品に、サンデーはアメリカ生まれなので、カジュアルな雰囲気にしているという所。 また、単純に「言葉の響き(イメージ)」から、パフェはコーンフレーク等も使って層にして、サンデーはアイスの上に色々のせただけ…のように区別している所もあるようです。 ガストでサンデー食べてるけど、パフェとの違いがイマイチわからにゃい。 — うまたく taku10000 パフェかと思ったかい?サンデーなんだぜ。 違いは器。 この違いは、 サンデーはアメリカの あるお店でチョコをかけたアイスクリームを日曜日限定で販売したところ評判になったという英語が語源。 パフェは、完璧なデザートという意味のフランス語のparfait パルフェ が語源。

次の