ダム 決壊 すると。 中国・三峡ダム:決壊への懸念が高まる、24の省で大規模な洪水…水利部次官「洪水が、今年のブラックスワン(予想外の出来事)に」★9 [特選八丁味噌石狩鍋★]│エンがちょブログ

三峡ダム決壊。そのとき、中国は? 日本は?

ダム 決壊 すると

Two dams in central Michigan fail ・2つのダムが決壊し、1万人以上の住民が避難 5月19日の夜、2日間続いた豪雨によりアメリカのミシガン州にあるエデンビルとサンフォードダムの2つが決壊し、両ダムが位置するミッドランド郡の住民ら1万人以上が、グレッチェン・ウィットマー州知事の緊急事態宣言を受けて避難を余儀なくされた。 BREAKING: Emergency declaration issued after Edenville Dam fails - residents of Midland, Michigan told to evacuate. — Breaking News Global BreakingNAlerts アメリカでは、新型コロナウイルスによるロックダウンは緩和されているが、現在も社会的距離の維持を続行中のため、避難所でも感染予防に徹しなければならず、マスク着用を促され、PPE(個人用防護具)が提供されるなどして、当局は住民らへの2重の対応に追われている。 20日、米国立気象庁(NWS)は「500年に1度の歴史的大洪水」と述べ、ダム決壊によって氾濫した水で急速に上昇するミッドランド市内のティタバワシー川が最高水位に達すると予測し、約42000人の住民たちの命に危険が及ぶ恐れがあると警告した。 洪水は、市内の川岸にある米総合科学大手のダウ・ケミカル本社にまで達しており、工場の下流の川床には発がん性化学物質ダイオキシンが存在するため、本社では1部の洪水対応要員を除く全ての従業員を避難させ、早急に地元の緊急オペレーションセンターと洪水対策計画を立てているという。 image credit: youtube ・ダム決壊は老朽化と弱い建築構造が原因 ミッドランド郡とグラッドウィン郡の境界に位置するエデンビルダムは、1924年に建設され、サンフォードダムはその1年後に建設された。 2018年の調査では、連邦エネルギー規制委員会が20年以上にわたり大雨に見舞われた場合、老朽化したダムは決壊する可能性があると懸念し、同年9月にはこのダムの発電許可を取り消していた。 一方、サンフォードダムにおいては、エデンビルダムほど評価は悪くない状態だったようだ。 しかし結局、今回の豪雨が2つの古く弱い建築構造のダムを崩壊した。 : Evacuation orders issued for areas in and around the city of Midland, Michigan following the collapse of the Edenville Dam. — UA News UrgentAlertNews ウィットマー知事は、洪水対策のために州兵が派遣されたことを住民らに伝え、このように語った。 世界的なパンデミックの真っ只中に、このような洪水災害を乗り越えなければならないなどとは予想もしていませんでした。 ですが、現実に私たちはそれに直面しており、なんとかして乗り切らなければなりません。 ・地球の温暖化により起こった豪雨 気象学者エリック・ホルサウスさんは、世界の気象の変化とそれが引き起こす自然災害をTwitterでシェアしているが、今回の大洪水については次のようにツイートしている。 This is one of those nightmare scenarios that meteorologists hope never happen. We are in a climate emergency. — Eric Holthaus EricHolthaus 私たち気象学者が絶対に起こらなでほしいと望んでいる悪夢のシナリオのひとつが、ここにも起こってしまいました。 この豪雨は、専門家によるとだということだ。 特にアメリカ中西部では、温暖化の影響で最も激しい雨が降り、1958年から2012年の間で降水量が37%増加したことが報告されている。 今年は、記録的に最も暖かい年のひとつになると予測されており、皮肉にも豪雨がそれを証明する形になってしまった。 Before and after comparison of a dam failure in Michigan. Edenville Dam on Wixom Lake. After image: Facebook from video by Ryan Kaleto. Before image: Google Earth. — Chris Dolce chrisdolcewx しかし、現時点では幸いにも洪水被害による死者の報告は出ていないという。

次の

アメリカ・ミシガン州で豪雨。2つのダムが決壊し1万人以上が避難する大規模災害に(2020年5月24日)|BIGLOBEニュース

ダム 決壊 すると

ダムの決壊で村が水没、家の屋上に避難した住民たち。 (写真/時事通信社) 今年7月、東南アジアのラオスで起きたダム決壊事故。 メコン河の支流セコン川水系に建設中のセピアン・セナムノイ・ダムの貯水池に設置した補助ダムが崩壊し、あふれ出た膨大な水が下流の6 の村を直撃。 のべ13の村が浸水する大惨事となった。 現地報道によれば、数十人が死亡、約100人以上が行方不明、約6000人が家を失ったとされるが、調査も困難であるため詳しい状況は確認されていない。 このセピアン・セナムノイ・ダム事業を実施している合弁会社にはSK建設などの韓国企業が加わっていたため、日本でも保守系メディアが大きく取り上げ、韓国企業を批判した。 だが問題のダムには、日本の公的機関や民間企業も資金面で関与しているのだという。 日本の資金がどのようにセピアン・セナムノイ・ダム事業に関わっているのか。 東南アジアでの開発と人権について政策提言を行うNPO「メコン・ウォッチ」の木口由香事務局長がこう解説する。 「同事業を実施しているのは、タイと韓国の民間企業、ラオスの国営企業による合弁会社です。 この合弁会社に協調融資するタイ銀行団のうち、クルンシィ・アユタヤ銀行は現在、2017年末の時点で株式の76. 88%を三菱UFJ銀行が保有し、三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にあります。 融資決定は統合前となりますが、現経営陣には最高経営責任者(CEO)をはじめ多数の日本人が加わっています」 GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)もセピアン・セナムノイ・ダム事業に関わっている。 「GPIFは、クルンタイ銀行の株を時価総額で約14億8265万円の株を保有しています。 また、GPIFは、合弁会社を構成するラオス国営企業に融資をしている韓国輸出入銀行の債権も時価総額で約62億6814万円を保有しています。 つまり、私たちの年金が金融機関などを通しこのような企業活動を支えているのです」(木口さん).

次の

ブルマジーニョ尾鉱ダム決壊事故

ダム 決壊 すると

湖北省の問題 画像引用:ユーチューブ:かずてんこもりチャンネル 湖北省には、武漢風邪で世界に新型コロナウイルスを広めた武漢市があります。 ここには世界最高基準のP4病毒研究所があります。 噂では、生物兵器を製造していたとも言われていました。 事故で漏れ出したのか、恋に撒き散らしたのかわかりません。 証拠隠滅のために、その研究所を爆破したという噂もあります。 このウイルスで死者の数が、1290 人と報告されています。 あまりにも低い数字の報告ではないかと疑われています。 1800万人が亡くなったとか、骨壺が5000個用意されているとか、様々な情報が飛び交っています。 中国政府の本当の情報が届いていません。 湖北省には、武漢風邪以外に大きな問題を抱えています。 それは、世界最大の三峡ダムです。 このダムが崩壊寸前だというのです。 三峡ダム 湖北省には、世界最大の三峡ダムがあります。 このダムは中国政府が100年の体系として、鳴り物入りで建設したものです。 とてつもなく巨大で、世界最大のアダムです。 ダム湖の長さは、約570キロにも及びます。 東京、大阪間の距離が直線で約400キロぐらいです。 それ以上の長さになります。 三峡ダム2009年に完成しました。 実は、数年前からダムの基礎部分が変形してきているということが言われ始めていました。 三峡ダムは2009年の完成前の段階の調査において、ダムの構造物、防水壁に、なんと約1万カ所の亀裂が発見されたのです。 また、5200カ所以上で、地盤の変形が発見されています。 ダムは、人造地震を起こします。 これだけの負荷がかけられているのですから、当然、周囲では、人工地震が頻発しているに違いありません。 これだけ巨大な人間の構造物ですから、水圧に耐えかねて、いずれ、破壊されてしまうことは誰にでもわかることだと思います。 このダムに関して、中国政府は、一大国家プロジェクトでした。 三峡ダムは、1000年保つと言われていました。 ところが、その後、1000年保つと言われていたのが、100年保つと発言が非常に弱気になってきています。 三峡ダムの危険性 この三峡ダムの危険性について、警鐘を鳴らしていた方がいます。 精華大学の黄万里教授です。 この黄万里教授は、「水利事業の良心」とも呼ばれる有名な方でした。 既にお亡くなりになっています。 生前、黄万里教授は、ダム建設計画が出た当初、中国政府に対して6度も建設反対の上申書を提出していました。 しかし、これらの上申書は全て無視されて結局、ダムは建設されてしまいました。 その後も、黄万里教授はもし、ダムを建設した場合には10年保たないだろうと警告しています。 黄万里教授が、亡くなられる直前に、病床から家族に対して、「三峡ダムを見守り続けるように、もし立ち行かなくなったら、破壊するより方法はない」と遺言を残されております。 いつ決壊してもおかしくない 昨年2019年でこのダム建設から丸10年が経ちました。 この黄万里教授の訴えが正しかったとしたら、世界最大のダム、三峡ダムは、いつ決壊してもおかしくない状況です。 では、もし実際にこの三峡ダムが決壊した場合、どのような事が起こるでしょうか。 長江流域一帯が洪水になります。 この洪水によって数千万人の方が、犠牲になるだろうと試算されているのです。 さらには、上海の都市機能も麻痺するか、または、年全体がのみ込まれてしまうだろうとも言われています。 そしてさらに、このダムに貯められている水には、三峡ダムのさらに上流にある都市の工業廃水、そして生活排水が多く流れ込んでいるとに言われています。 ダムが決壊した場合には非常に衛生環境も、悪化するだろうと言われています。 この衛生環境の悪化によって、下手すれば、新たな病気の蔓延が起こるかもしれません。 参考文献:ユーチューブ:暴動発生!世界最大のダム崩壊!?今湖北省がヤバイ。 まとめ 中国政府が100年の体系として、鳴り物入りで建設した 三峡ダムの危険性について、警鐘を鳴らしていた 世界最大のダム、三峡ダムは、いつ決壊してもおかしくない状況 Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の