盾の勇者の成り上がり サディナ。 ラフタリア (らふたりあ)とは【ピクシブ百科事典】

ラフタリア (らふたりあ)とは【ピクシブ百科事典】

盾の勇者の成り上がり サディナ

【内容情報】(出版社より) ラフタリアを狙う現天命を倒すべく、クテンロウの革命派と手を組んだ尚文。 国の悪政による事件を解決し、着々と政府を追い詰めていくのだった。 更に勢いをつけるべく、旧都への侵攻を決めた尚文は、クテンロウを裏から操る者の存在を知ることに……。 「まあ良い。 俺達は進むしかないんだ。 やるしかない」進軍を続ける一行に、政府が送り込んできたのはなんと、サディナの妹!? 血縁者達が相見えるクテンロウでの騒動に、盾の勇者はどう立ち向かって行くのか! 民衆を率いて革命を起こせ! 異世界成り上がりファンタジー第十四弾、ここに登場!! 【内容情報】(「BOOK」データベースより) ラフタリアを狙う現天命を倒すべく、クテンロウの革命派と手を組んだ尚文。 国の悪政による事件を解決し、着々と政府を追い詰めていくのだった。 更に勢いをつけるべく、旧都への侵攻を決めた尚文は、クテンロウを裏から操る者の存在を知ることに…。 「まあ良い。 俺達は進むしかないんだ。 やるしかない」進軍を続ける一行に、政府が送り込んできたのはなんと、サディナの妹!?血縁者達が相見えるクテンロウでの騒動に、盾の勇者はどう立ち向かって行くのか!民衆を率いて革命を起こせ!異世界成り上がりファンタジー第十四弾、ここに登場!! 【著者情報】(「BOOK」データベースより) アネコユサギ 神奈川県出身。 『盾の勇者の成り上がり』を執筆し、ネット上に作品を公開。 2013年8月MFブックスから商業デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

サディナ (さでぃな)とは【ピクシブ百科事典】

盾の勇者の成り上がり サディナ

【内容情報】(出版社より) ラフタリアを狙う現天命を倒すべく、クテンロウの革命派と手を組んだ尚文。 国の悪政による事件を解決し、着々と政府を追い詰めていくのだった。 更に勢いをつけるべく、旧都への侵攻を決めた尚文は、クテンロウを裏から操る者の存在を知ることに……。 「まあ良い。 俺達は進むしかないんだ。 やるしかない」進軍を続ける一行に、政府が送り込んできたのはなんと、サディナの妹!? 血縁者達が相見えるクテンロウでの騒動に、盾の勇者はどう立ち向かって行くのか! 民衆を率いて革命を起こせ! 異世界成り上がりファンタジー第十四弾、ここに登場!! 【内容情報】(「BOOK」データベースより) ラフタリアを狙う現天命を倒すべく、クテンロウの革命派と手を組んだ尚文。 国の悪政による事件を解決し、着々と政府を追い詰めていくのだった。 更に勢いをつけるべく、旧都への侵攻を決めた尚文は、クテンロウを裏から操る者の存在を知ることに…。 「まあ良い。 俺達は進むしかないんだ。 やるしかない」進軍を続ける一行に、政府が送り込んできたのはなんと、サディナの妹!?血縁者達が相見えるクテンロウでの騒動に、盾の勇者はどう立ち向かって行くのか!民衆を率いて革命を起こせ!異世界成り上がりファンタジー第十四弾、ここに登場!! 【著者情報】(「BOOK」データベースより) アネコユサギ 神奈川県出身。 『盾の勇者の成り上がり』を執筆し、ネット上に作品を公開。 2013年8月MFブックスから商業デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです).

次の

【盾の勇者の成り上がり】波の向こう側の世界から来た人物

盾の勇者の成り上がり サディナ

ラフタリアの父の正体 ラフタリアがルロロナ村で暮らしていたのは、 彼女の父による影響です。 クテンロウの次期天命候補であったラフタリアの父は、権力争いに巻き込まれるのを嫌がり、妻とともに国外に脱出しました。 この際には 元水竜の巫女・殺戮の巫女であるサディナも護衛として彼に付き従っています。 その後、メルロマルクに流れつき、ルロロナ村で獣人として暮らしていたのです。 酒豪のサディナに付き合えるほど酒が強く、彼自身も責任感が強く求心力の高い人物だったとのこと。 サディナの生きる意味が「ラフタリア一家」であることからも、サディナにも大きな影響を与えた人物であるとも考えられます。 彼はラフタリアが語ったように、メルロマルクの最初の波でラフタリアを庇って死亡しているため、本編開始時には故人となっています。 刀と巫女服 そんなラフタリアの出生の秘密が明かされていくのが、絆の異世界です。 絆の異世界では、刀・巫女服というラフタリアの故郷に関するキーワードが登場しています。 刀・巫女という和風の要素も彼女が東方を出自とすることが由来でしょう。 絆の異世界に渡った際に、 ラフタリアは刀の眷属器に見出されて刀の勇者となっています。 ちなみに、この際に 勇者になったことで奴隷紋も消滅しています。 当初は刀を剣と同じように扱っていたものの、サディナにそれを指摘されたことに加え クテンロウの天命と争った際には、革命派のラルヴァから指導を受け、新たなスキルを身に着けてます。 サディナからはレプワダツミ流、ラルヴァからはクテンオウカ流の2つの流派を学びました。 また、 ラフタリアは巫女服が非常に似合っており、絆の異世界で着用した際には尚文が非常に気に入っています。 巫女服はクテンロウの天命にのみ許された正装であり、彼女が巫女服を着こなしているのもこのため。 上記の「天命にのみ許された服装」という点が問題となり、クテンロウでは革命の意思があるとみなされてしまい、一悶着あります。 なお、 彼女が巫女服を着用するのは、尚文が気に入っているからであり、クテンロウにおいて巫女服が持つ重要性については困惑している様子です。 まとめ• ラフタリアは東方クテンロウの王族• ラフタリアの父は権力争いを嫌い、ルロロナ村に逃亡した•

次の