ゲリュオン。 ドラクエウォーク 6章10話簡単に攻略出来る 導きの欠片集め終了

ゲリュオン

ゲリュオン

なので不利な状態変化耐性をアップできるこころや装備などで耐性を上げておきたい。 持っている場合はセットしておきたい。 シールドオーガがにおうだちを使用した時に全体攻撃をして攻撃を集中させ素早く倒したい。 レンジャーの影縛りで体制を立て直す 開幕はもちろんビッグシールドやまもりのきりを使用し、レンジャーの影縛りが発動したときには体制を立て直すため、回復やビッグシールドやまもりのきりを入れ直すと安定します。 全体呪文攻撃、状態異常攻撃は本当に厄介なので焦らずにじっくりと倒したい。 クリア時の構成 レンジャーの影縛りがゲリュオンに入ったタイミングで全員ビッグシールドを使用。 同じく影縛り時にビッグシールドを更新した。 無理にビッグシールドは更新しない。 バトマスLv50 ロトのつるぎ ギガスラッシュでのメインの削り。 レンジャーLv50 らいじんのやり デュアルカッターで全体の削りと影縛り、後半は雷光さみだれ突き。 魔法の聖水や特薬草での回復や蘇生も。 賢者Lv38 ドラゴンロッド いやしのかぜでの全体回復、余裕がある時はバトマスへバイシオン。 賢者Lv49 ひかりのタクト いやしのかぜでの全体回復.

次の

【DQMSL】琥珀の魔獣(ゲリュオン)攻略!呪われし魔宮!

ゲリュオン

クエスト評価 7. 0点 クエスト: 5. 5点 クエスト: 4. 0点 ゲリュオン 新生転生 の評価 クエストでの評価 バギマータでバギ系ランダム呪文ダメージ 固有特技の「バギマータ」は、敵ランダムに5回ランダムでバギ系呪文ダメージを与える。 さらに 特性「バギ系のコツ」で、消費MP半分&威力15%アップできる。 バギが有効なクエストで重宝する。 ウィンドハートで偶数ラウンドに能力アップ 特性に「ウィンドハート」を持つ。 偶数ラウンドに発動し、素早さと賢さを1段階アップさせる。 攻撃しながら補助も行えるので、クエストでの斬撃パーティで有用。 闘技場での評価 ソニックウェーブで敵全体をマヒ 固有特技の「ソニックウェーブ」は、 敵全体に素早さ依存の無属性体技ダメージを与え、確率でマヒさせる。 素早さが高く、「ウィンドハート」でさらに素早さを上げられる自身とは、非常に相性の良い特技だ。 はげしいおたけびで敵全体を行動停止 引き継ぎ特技で「はげしいおたけび」を習得可能。 敵全体に攻撃力依存の無属性体技ダメージを与え、確率で行動停止にする。 「マインドバリア」などを持たない相手には特に有効。 固有特技の「バギクロス」の使い勝手がアップするので、積極的に打っていきたい。 そのため、「天使の理」がかかったバギ無効の盾役に「におうだち」をされると、ダメージを与える手段が無くなってしまう。 素早さが高いほど威力がアップする 転生前特技.

次の

グレン領東

ゲリュオン

199 基本データ ステータス LV HP 種族 経験値 ギル 99 200000 - 800000 99999 力 体力 素早 知性 精神 攻撃 命中 防御 回避 魔防 魔回 89 89 89 89 89 160 130 150 30 99 20 属性・状態異常の有効率 攻撃属性• 闇 状態異常• こびと• カエル• 徐々に石化• バーサク• ストップ• スロウ• スリップ• 吸収 行動• たたかう• (なし) 戦える場所• (2周目以降)• (2周目以降、バブイルの巨人クリア後)• 四天王の怨念。 2周目以降、バブイルの巨人で四天王が現れた場所を調べるか、脱出後に試練の山の石板を調べると出現します。 どちらで戦っても強さ・報酬等は同じなので、通常はラスボス直前まで進めた後に試練の山で戦うのがおすすめです。 1回倒しても何度でも戦えます。 四天王それぞれの攻撃方法や吸収属性をすべて併せ持ち、ステータスもゼロムスをはるかに上回る強敵です。 弱点はありません。 使ってくる全体攻撃は強烈な威力ですが、いずれにも属性が付いているので、装備次第でダメージを減らすことは可能です。 とにかく早く倒したいなら… まずはチート的な戦法を紹介しましょう。 単調な作業になり、貴重なアイテムも消費しますが、スマホ版で手っ取り早くアチーブメントを埋めて、直後にリセットするような場合には便利です。 チート戦法の事前準備 「ふうましゅりけん」をなるべく多く買い込んでおく。 エッジの「なげる」をメインの攻撃方法とする。 「」を2人にセットする。 上記3人以外のキャラ1人に「」をセットし、石化を防ぐ装備を外す。 以下、「フェニックス」をカインとローザに、「せいしんは」をセシルにセットした場合を例に戦法を述べていきます。 まずセシルが「せいしんは」を使い、次にリディアが「ブレイク」を使ってセシルを石化させます。 これで半永久的に全体のMPが回復するようになり、全員倒れても必ず「フェニックス」が発動するので、全滅することはなくなります。 もちろん、この状態を作るまでにゲリュオンの攻撃を受けて全滅する可能性はありますが、そこは運で突破して下さい。 その後は「スロウ」でゲリュオンの速度を低下させ、エッジが「ふうましゅりけん」を投げてダメージを与えます。 「」を付けていれば、「ほうちょう」で30000以上のダメージを与えることも可能です。 また、カインは「ホーリーランス」をアイテムとして使う、リディアは「れんぞくま」で「メテオ」+「フレア」、ローザは「れんぞくま」で「ホーリー」を2回使えば、かなりのダメージを与えられます。 これらの魔法で攻撃する場合は、あらかじめ「うそなき」を使って魔法防御を下げておきましょう。 なお、「なげる」以外の物理攻撃は、「のろいのうた」で反撃される可能性があるので使わないこと。 ゲリュオンは「かえんりゅう」で自分のHPを4500程度回復させますが、それを上回るダメージを与えられれば、時間はかかっても勝利できます。 正攻法で倒す 「フェニックス」による永久復活や「ほうちょう」などを使わずに倒したい場合は、レベルを十分に上げ、「アダマンアーマー」などのレアアイテムも入手してから挑みましょう。 ただし、その場合も「しゅりけん」は最大限まで持っておくべきです。 正攻法の基本戦略 リディアとエッジを攻撃役とする。 ローザを回復役とし、絶対に倒されないようにする。 セシルとカインは臨機応変に回復と補助をこなす。 「なげる」以外の物理攻撃は使わない。 即死・状態異常を防ぐ まず防ぎたいのが「つなみ」による全体即死です。 全員レベル99まで上げておくか装備品で即死耐性を付けておきましょう。 セシルは「」や「」を装備できますが、他のキャラは「」「」「」などが必要です。 レアアイテムをまだ入手していない場合は、リディアとローザが「リボン」を装備し、エッジは「かくれる」で状態異常を回避しましょう。 ただ、ローザは重要な回復役なので、やはり「アダマンアーマー」を装備して受けるダメージを極力減らしたいところです。 そうすれば「リボン」をカインに譲って、全体の耐性も大きく高められます。 また、「アダマンアーマー」とともに「」もセットで装備すれば、全属性を吸収して安全に戦えます。 補助効果を行き届ける 戦闘が始まったら、ローザは「れんぞくま」で「スロウ」と「ブリンク」を使います。 「ブリンク」はもちろん「まほうぜんたいか」で全体化して使うこと。 その間にゲリュオンの全体攻撃や「ミールストーム」を受けてしまったら、カインあたりが「」で「」を使って全体回復するとよいでしょう。 「エリクサー」がもったいない場合は、ローザが「スロウ」を後回しにして「ケアルガ」を使う手もありますが、早めにゲリュオンの速度を低下させたいところです。 「スロウ」と「ブリンク」が行き届いたら、セシルは「シェル」、2ターン目のローザは「ヘイスト」を使って、さらに味方全体を強化します。 また、セシルが「」を使っておけば、MP回復の手間を省くことができます。 そして、リディアは魔法で攻撃する前に「うそなき」を使い、ゲリュオンの魔法防御を半減させておけば、その後のダメージが通りやすくなります。 エッジは「ヘイスト」の効果を得た後に「かくれる」を使えば、ダメージを受けずに一方的に攻撃することができます。 エッジに「フェニックス」をセットしておけば、「かくれる」状態が解けた隙にダメージを受けて倒されてしまっても、全員を復活させることができます。 回復は絶え間なく行う ローザは補助魔法を使い終わった後は、いつでも「ケアルガ」を全体に使えるように待機していましょう。 戦闘不能者が出てしまっても、「アレイズ」を全体に使うことで復帰できます。 もちろん、「ブリンク」や「ヘイスト」の魔法も再び使って補助する必要があります。 ローザとリディアのMPが切れないように、セシルやカインは「エーテルドライ」や「エリクサー」を早めに使って回復させましょう。 これらのアイテムは貴重ですが、を狩れば大量に入手できます。 「なげる」と「れんぞくま」だけで攻撃 ゲリュオンは「なげる」以外の物理攻撃には、反撃で「のろいのうた」を使ってくることがあるため、「たたかう」などでは絶対に攻撃しないこと。 カインやローザも手が空いていれば、「ホーリーランス」のアイテム魔法や、「れんぞくま」の片方を「ホーリー」にすることで加勢できます。 ゲリュオンの残りHPを計算し、もう少しで倒せそうになったら、カインが「」+「ジャンプ」で攻撃して一気にとどめを刺すとよいでしょう。

次の