化膿 性 肉芽 腫。 毛細血管拡張性肉芽腫

化膿性肉芽腫

化膿 性 肉芽 腫

, Inc. , Kenilworth, N. , U. Aは、米国とカナダ以外の国と地域ではMSDとして知られる、すこやかな世界の実現を目指して努力を続ける、グローバルヘルスケアリーダーです。 病気の新たな治療法や予防法の開発から、助けの必要な人々の支援まで、世界中の人々の健康や福祉の向上に取り組んでいます。 このマニュアルは社会へのサービスとして1899年に創刊されました。 古くからのこの重要な資産は米国、カナダではMerck Manual、その他の国と地域ではMSD Manualとして引き継がれています。 私たちのコミットメントの詳細は、をご覧ください。 必ずお読みください:本マニュアルの執筆者、レビュアー、編集者は、記載されている治療法、薬剤、診療に関する考察が正確であること、また公開時に一般的とされる基準に準拠していることを入念に確認する作業を実施しています。 しかしながら、その後の研究や臨床経験の蓄積による日々の情報変化、専門家の間の一定の見解の相違、個々の臨床における状況の違い、または膨大な文章の作成時における人為的ミスの可能性等により、他の情報源による医学情報と本マニュアルの情報が異なることがあります。 本マニュアルの情報は専門家としての助言を意図したものではなく、医師、薬剤師、その他の医療従事者への相談に代わるものではありません。 ご利用の皆様は、本マニュアルの情報を理由に専門家の医学的な助言を軽視したり、助言の入手を遅らせたりすることがないようご注意ください。 本マニュアルの内容は米国の医療行為や情報を反映しています。 米国以外の国では、臨床ガイドライン、診療基準、専門家の意見が異なる場合もありますので、ご利用の際にはご自身の国の医療情報源も併せて参照されるようお願い致します。 また、英語で提供されているすべての情報が、すべての言語で提供されているとは限りませんので、ご注意ください。

次の

「舌縁部の表面不整な腫瘤」 2018−1月号2Ans.: 診断力てすと : Dental Diamond[デンタルダイヤモンド]

化膿 性 肉芽 腫

2018年1月号 「舌縁部の表面不整な腫瘤」 A 1.舌化膿性肉芽腫 化膿性肉芽腫 Pyogenic granuloma は、皮膚や口腔粘膜に発生する隆起性の病変で、膿原性肉芽腫や毛細血管拡張性肉芽腫、あるいは、しばしば妊娠女性に見られることから、妊娠性肉芽腫とも呼ばれる。 口腔領域では歯肉、頬粘膜、口唇および舌が好発部位とされ、有茎性のものが大多数で、軟らかい肉芽腫状を呈することが多い。 易出血性のものや、表面にびらんや潰瘍を伴うもの、また、乳頭状の発育をするものもある。 過去の報告では、口腔の化膿性肉芽腫の初診時の臨床診断率は20%程度で、血管腫や乳頭腫、線維腫の臨床診断名がつけられる傾向や臨床診断不能とされる症例もあるとされている 1)。 さらに、腫瘤は急速に拡大・発育 することが多く、骨形成を伴った症例もあり、悪性腫瘍との鑑別が必要なこともある。 成因はあきらかになっていないが、誤咬の既往や妊娠時の発生が報告されており、外傷による感染や、性ホルモンの関係が指摘されている。 病理組織学的にも一定の見解は得られていない。 疣贅型黄色腫(Verruciform xanthoma は、口腔粘膜と生殖器皮膚に好発する。 臨床診断形状は多彩で、潰瘍を生じた場合、臨床的にも病理的にも初期がんと診断されることがあると指摘されている 2)。 また、静脈性血管奇形(Venous malformation)も舌腫瘤として認められることがあり、誤咬での出血などの症状や静脈石が存在することがある。 腫瘤の生検前には止血困難などを避けるためにも、慎重な鑑別が必要である。 舌の腫瘤に対しては、常に舌がんを念頭において診療に当たらなければならないが、とくに妊婦おいては、適切な検査、診断、治療、管理のために慎重な臨床診断が必要である。 本症例は妊婦であり、臨床的に化膿性肉芽腫を疑うことから、腫瘤の基部で切除した(図2)。 病理検査では、一部が重層扁平上皮に覆われた、広い潰瘍を伴う毛細血管の集合からなる病変がみられた。 悪性所見は認められず、化膿性肉芽腫との確定診断を得た。 術後2年経過するが再発はなく、経過は良好である。 【参考文献】 1)稲木勝英:口腔内化膿性肉芽腫の検討.日耳鼻,94: 1857-1864,1991. 2)田中陽一:口腔病理のpitfallと診断クルー(総説).診断病理,30:8-18,2013. (謝辞) 診察・執筆にあたり、ご協力・ご助言をいただきました、熊本大学非常勤歯科医 児玉 彩先生に深謝いたします。

次の

な行 : 日本皮膚病理組織学会

化膿 性 肉芽 腫

肉芽腫(にくげしゅ、granuloma)とは、刺激物質に対して系細胞が反応して形成される慢性炎症反応である。 「腫」と付いているが、腫瘍性病変ではなく、免疫学的炎症反応の一過程である。 「にくがしゅ」と呼ばれるが、医学では習慣的に「にくげしゅ」と呼ぶことが多い。 肉芽腫はマクロファージ、、、形質細胞などから構成される。 しばしば大型化したマクロファージである類上皮細胞や多核巨細胞の出現を伴う。 【病理組織学的分類】 肉芽腫は病理組織学的にサルコイド型、異物型、類型、柵状、化膿性の5つに分類される。 類上皮細胞およびラングハンス巨細胞からなるサルコイド型肉芽腫は、などがこれにあたる。 肉芽腫内に異物を伴う異物型肉芽腫は、異物に対する肉芽腫である。 乾酪性壊死を伴う類結核型肉芽腫は、結核、などにみられる。 中心部に変性した線維成分が見られる柵状肉芽腫はリウマチ結節などが代表疾患である。 肉芽腫内に浸潤が見られる化膿性肉芽腫は、深在性症や非結核性抗酸菌症でみられる。 【誘引物質による分類】 誘因物質による分類は感染性肉芽腫と非感染性肉芽腫に分けられる。 感染性肉芽腫はその感染した微生物によって細分化される。 非感染性肉芽腫は特発性・性疾患に伴うもの、変性した線維成分に対するもの、やなどの自己免疫性疾患に伴うもの、異物に対するものに細分化される。 【診断】 肉芽腫の診断は、病変部位のによるによる。 組織学的分類を行い、感染性か非感染性かを判断し、感染性であれば各に対する治療を行う。 非感染性の場合にはサルコイドーシス、血管炎であるか、それ以外かを判断し、サルコイドーシス、血管炎であれば他臓器病変がないか全身検索を行う。 サルコイドーシス、血管炎以外であれば各疾患に関与が推測されている原因の精査を行う。

次の