慎重 勇者 11 話。 慎重勇者 11話「その真実は重すぎる」の感想 「聖哉が慎重な理由」

TVアニメ『 慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ 』第11話「その真実は重すぎる」【感想コラム】

慎重 勇者 11 話

TVアニメ『 慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ 』第11話「その真実は重すぎる」あらすじ 画像引用元: C 土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会 リスタリテの休息という提案を受け入れた聖哉。 いつも以上に浮かれるリスタリテ達だった しかし、約束の時間になっても聖哉が帰ってこない…。 心配になり神界を訪ねるのだが 聖哉とリスタルテ、アリアドアに関わる衝撃の真実をイシスターが語り始める。 羽目を外しても罰はあたらない! 画像引用元: C 土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会 リスタリテは、マッシュとエルルを連れて服屋へ。 みんなで男女混浴用の水着を見ていた。 「どれもダサいわね。 統一神界の服屋は流行最先端のさらにその先なのに…」 この発言が店員に聞かれ、リスタリテにおススメした水着は攻めたものばかり 「片乳タイプの水着です。 お似合いですよー」 画像引用元: C 土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会 「片目隠してるやつはいるけど、片乳出してる奴なんか見たことねーわ!」 口論になりながらも最終的には購入し、部屋に帰るが聖哉が帰ってこない… 街中を探しても聖哉はどこにもいなかった。 イシスターが語る聖哉の優しさ 神々の本来の魂が眠る大樹の前でイシスターはこう口を開くのでした。 「竜宮院聖哉はあなた達と別れて、一人で すぐ 魔王城に向かいました」 チェイン・ディストラクションで、リスタリテに死んでほしくなかった。 マッシュやエルルにも死んでほしくないから。 戦闘に参加させない、仲間に冷たく接する。 そのすべてが彼なりの優しさだった。 そして、イシスターは聖哉のステータスを見せるレベルはMAX。 すでに上限に達していた 「駄目、駄目よ。 このステータスじゃ難度Sの魔王には勝てない!」 焦るリスタリテ。 だから聖哉は命と引き換えにヴァルハラゲートを使用するつもりでした 「女神リスタルテ。 真実を知る勇気はありますか?」とイシスターは尋ねる。 時は廻り、偶然は運命に涙がつたう 画像引用元: C 土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会 100年前…アリアドアが担当した救世難度Bの世界・イクスフォリア。 勇者として召喚されたのは竜宮院聖哉でした。 ただ、性格は慎重とは真逆。 「とにかく戦った方が早い、それに戦略だってある。 戦略は頑張る以上!」 彼は相手よりレベルが低くても、天賦の戦闘の才で仲間を引っ張っていた。 しかし… 魔王との戦いで全滅してしまう。 その時の仲間ティアナ姫はリスタリテとして転生した 聖哉もリスタリテも過去の記憶は消えていた。 でも…聖哉の決意だけが残されていた。 「今行くよ聖哉。 私なんか大した役には立てないかもしれないけど仲間だもの」 リスタリテ達は助けに向うのでした。 「Gonna be ok!なんとかなる」も全部意味があったんだ… 聖哉がありえないほど慎重になった経緯も、初対面にも関わらずアリアドアが驚いたのも全部…全部繋がりましたね。 リスタリテがティアナ姫だったとは驚きました。 運命の相手まさしくヒロインでした。 過去を知っていくにつれて、水着のクダリで笑ってたのに…号泣してました。 画像引用元: C 土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会 100年前の聖哉は仲間を振り回してたかもしれない。 でもそれは、仲間を信頼しているから出来たこと、一刻も早く世界を救うため。 彼は「Gonna be ok!なんとかなる」と言った。 この言葉をリスタリテの前で一度だけ言ったことがありましたね。 竜人族の一件が終った時でした。 …もうステータスが上がらないと知ったからでしょう。 二度と同じ失敗を繰り返さない。 慎重に慎重に嫌われても構わない。 それで世界と仲間を失わないのなら…聖哉は最初から勇者でした。 一気にグッとくるものが込み上げてきました。 今、聖哉に必要なのはリスタリテ、マッシュ、エルル。 仲間の助けだ!どうか…この勇者を救ってくれ! 文章:あそしえいつYH 慎重勇者 の各話を振り返りチェック!•

次の

『海外の反応』慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ 第12話「ドラマとコメディの見事な融合」「絶対に2期希望!」

慎重 勇者 11 話

TVアニメ『 慎重勇者 ~この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる~ 』第11話「その真実は重すぎる」あらすじ 画像引用元: C 土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会 リスタリテの休息という提案を受け入れた聖哉。 いつも以上に浮かれるリスタリテ達だった しかし、約束の時間になっても聖哉が帰ってこない…。 心配になり神界を訪ねるのだが 聖哉とリスタルテ、アリアドアに関わる衝撃の真実をイシスターが語り始める。 羽目を外しても罰はあたらない! 画像引用元: C 土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会 リスタリテは、マッシュとエルルを連れて服屋へ。 みんなで男女混浴用の水着を見ていた。 「どれもダサいわね。 統一神界の服屋は流行最先端のさらにその先なのに…」 この発言が店員に聞かれ、リスタリテにおススメした水着は攻めたものばかり 「片乳タイプの水着です。 お似合いですよー」 画像引用元: C 土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会 「片目隠してるやつはいるけど、片乳出してる奴なんか見たことねーわ!」 口論になりながらも最終的には購入し、部屋に帰るが聖哉が帰ってこない… 街中を探しても聖哉はどこにもいなかった。 イシスターが語る聖哉の優しさ 神々の本来の魂が眠る大樹の前でイシスターはこう口を開くのでした。 「竜宮院聖哉はあなた達と別れて、一人で すぐ 魔王城に向かいました」 チェイン・ディストラクションで、リスタリテに死んでほしくなかった。 マッシュやエルルにも死んでほしくないから。 戦闘に参加させない、仲間に冷たく接する。 そのすべてが彼なりの優しさだった。 そして、イシスターは聖哉のステータスを見せるレベルはMAX。 すでに上限に達していた 「駄目、駄目よ。 このステータスじゃ難度Sの魔王には勝てない!」 焦るリスタリテ。 だから聖哉は命と引き換えにヴァルハラゲートを使用するつもりでした 「女神リスタルテ。 真実を知る勇気はありますか?」とイシスターは尋ねる。 時は廻り、偶然は運命に涙がつたう 画像引用元: C 土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会 100年前…アリアドアが担当した救世難度Bの世界・イクスフォリア。 勇者として召喚されたのは竜宮院聖哉でした。 ただ、性格は慎重とは真逆。 「とにかく戦った方が早い、それに戦略だってある。 戦略は頑張る以上!」 彼は相手よりレベルが低くても、天賦の戦闘の才で仲間を引っ張っていた。 しかし… 魔王との戦いで全滅してしまう。 その時の仲間ティアナ姫はリスタリテとして転生した 聖哉もリスタリテも過去の記憶は消えていた。 でも…聖哉の決意だけが残されていた。 「今行くよ聖哉。 私なんか大した役には立てないかもしれないけど仲間だもの」 リスタリテ達は助けに向うのでした。 「Gonna be ok!なんとかなる」も全部意味があったんだ… 聖哉がありえないほど慎重になった経緯も、初対面にも関わらずアリアドアが驚いたのも全部…全部繋がりましたね。 リスタリテがティアナ姫だったとは驚きました。 運命の相手まさしくヒロインでした。 過去を知っていくにつれて、水着のクダリで笑ってたのに…号泣してました。 画像引用元: C 土日月・とよた瑣織/KADOKAWA/慎重勇者製作委員会 100年前の聖哉は仲間を振り回してたかもしれない。 でもそれは、仲間を信頼しているから出来たこと、一刻も早く世界を救うため。 彼は「Gonna be ok!なんとかなる」と言った。 この言葉をリスタリテの前で一度だけ言ったことがありましたね。 竜人族の一件が終った時でした。 …もうステータスが上がらないと知ったからでしょう。 二度と同じ失敗を繰り返さない。 慎重に慎重に嫌われても構わない。 それで世界と仲間を失わないのなら…聖哉は最初から勇者でした。 一気にグッとくるものが込み上げてきました。 今、聖哉に必要なのはリスタリテ、マッシュ、エルル。 仲間の助けだ!どうか…この勇者を救ってくれ! 文章:あそしえいつYH 慎重勇者 の各話を振り返りチェック!•

次の

TVアニメ「慎重勇者」公式サイト

慎重 勇者 11 話

『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜』第11話の感想・考察 11話は気になっていた部分がついに明かされました! どうでしょうか?あなたの予想は当たっていたでしょうか? 僕は『』でも語っていた通り、半々ぐらいでしたね。 今回もそういった部分も含めて、考察を交えながら感想を語っていきましょう。 ちなみに、わたくしは原作ラノベは読んでないので、先の展開は分からない状態で考察しております。 >> >> 水着選びはいつも通り 最初の水着選びのリスタは顔芸もギャグもフルスロットル! あと、展開を考えるとこことのギャップは激しいですよねw 水着選びで思考や表情が欲望丸出し。 女神というか、女の子というか、 リアクションがどエロな男やがな!? という感じでございます。 店員も乗ってきて色々とありえない水着をすすめてくるくだりは笑いましたね。 眼帯片乳の女神ってどんなだよっ!? という感じでございましたが。 この時は今回もまだまだ笑いで飛ばしてくれるのかなと思っておりました。 そして、 夜はカジノであのバニーさんに会えるものと信じておりました。 聖哉のレベルはすでにカンスト 前半のギャグパートが嘘のように、こっからはシリアスパート。 仲間を守るために一人魔王を討ちに旅立った聖哉とリスタの秘密がイシスターとアリアの口から明かされる。 伏線一気に回収ですね。 一つずつ整理していきましょう。 まずは 聖哉のレベルは竜の里で戦ったときにすでにレベルMAXになっていた。 なので、9話でヴァルキュレはそれを指摘しようとして聖哉に止められた。 仲間を守ろうという熱意に負けて、破壊術式を教えた。 でも、 レベルカンスト早くね!? そして、 1億人に一人のチート勇者がレベルMAXになっても敵わないって、難度Sの魔王強過ぎじゃね!? 1億人に一人のチート勇者でも勝てないんだったら、そもそも難度Sの世界の救済って無理ゲーじゃないのかな?と。 そして、ヴァルキュレが破壊術式を教えるのになぜ騎乗位じゃないといけないのかなの理由は迷宮入りのままですがw シリアスの中にもツッコミどころを残す、これが慎重勇者の魅力でございます。 聖哉は異世界2周目、リスタは転生女神 聖哉は異世界2周目、リスタは転生女神。 ここは予想通りでしたね。 聖哉の強さとありえないくらいの慎重さなどの様々な伏線、リスタの女神にしては若すぎるところ。 神界と人間界の時間の流れの違いと、アリアの聖哉に対する反応や一つだけ救えなかった心残りがある世界があるという意味深なセリフから予想できました。 ただ、 二人の関係性と聖哉の性格が思っていたのと違いましたね。 仲間だったのは予想していましたが、まさか赤ちゃんができるほどの仲とは!? てっきりリスタのゾッコンラブないつもの行動から、前世のリスタが一方的に惚れているだけの関係かと思っていたのですがw 聖哉とは恋人同士で、しかも前世のリスタは王女ティアナで今よりもかなりまともなヒロイン。 過去回想では聖哉がいつもより感情的なのもありましたが、王女ティアナがちゃんとヒロインしていたので、悲劇シーンもグッとくるものがありましたね。 この11話を熱い感動回と言っていた人が多かったのも分かります。 そして、前の世界での聖哉の性格。 いや、まるで別人やないかーい!? 顔はそのまんまなのに、直情型の熱血漢で性格がまるで違う。 口調や声のトーンすら違うしね。 リスタと違って聖哉は転生してないから同じ人間のはずですけれど、 元々はこういう性格で今は演技しているのか? もしくはこの失敗で大きく性格が変わってしまったのか? ここも最終話で明らかにして欲しいですね。 アリアのツッコミどころ とはいえ、そんな 感動の話にもツッコミどころを残すのが慎重勇者。 そして、そこが慎重勇者の魅力でございます。 まずはアリアドアでございますよ。 アリアは前々から言っておりましたが、なかなかにズルい女でございますからw 聖哉やティアナと旅をしていた100年前のアリア、 役立ってなくね!? 普通に戦闘で隠れているシーンもありましたからね。 アリアは封印の女神ってことで、リスタみたいに回復も出来ないし、パーティに参加している意味なくない?って思うんですけども。 戦わないし回復もしないんだったら、神界にいて能力を引き上げるときだけ人間界に行けばいいんじゃないのかなと。 そして、ティアナはアリアの強い願いもあって、女神リスタルテと転生しましたが、 いや、コルトは!? 同じパーティメンバーだったのに、こっちは放置プレイとは扱いひど過ぎじゃない? リスタのツッコミどころ そして、リスタについても一つだけ。 あんなにメインヒロインだったティアナがなぜこうなった?とw ツッコミ要素はティアナの時もあったけど、顔芸と煩悩まみれの部分はなかったじゃない。 王女から女神になったら、神々しさはなんで逆に下がってんだよとw 聖哉ラブの煩悩まみれの部分は、100年間会えなかったことで無意識におかしな方向にいったのかもしれませんが、まあそれは苦しい理由だとは思いますけども(笑) 顔芸とギャグの要素は一体どこで身に付けた!? リスタもこれまでに5つの世界を救っているみたいですし、その時に組んだ勇者の影響とかなんですかね。 聖哉の株はだだ上がり 今回一番株を上げたのは竜宮院聖哉であることは間違いない。 最後に出てきたプロパティの内容 慎重に、慎重にも慎重に。 疎まれようが嫌われようが、それを貫こう。 そして、世界と仲間と大切な人を必ず救ってみせる。 今度こそ- 最後のこの部分でホロリと来た人も続出。 聖哉の慎重だった理由は前の世界での失敗が原因だった。 そして、それを貫くために口も悪く、性格も傍若無人になったのか?演技なのか? 序盤に村人を見殺しにしたことでネット上はざわついておりましたが、たしかに イシスターが言うように、聖哉は仲間は見捨ててませんでしたからね。 それどころかマッシュやエルルを助けるときは身体張ってましたし、聖剣イグザシオンもあきらめていました。 それを踏まえて、再度聖哉の行動を振り返ると、 惚れてまうやろーー!! リスタじゃなくてもそうなっちゃうよとw 最終12話はハッピーエンドか?バッドエンドか? さて、そんな真意を知って聖哉を追いかけるリスタとマッシュとエルル。 流れ的にはハッピーエンドで終わりそう。 けれど、戦帝との戦いで神殺しの剣(ゴッドイーター)が出てくるなど、相手側にも神が関っている可能性が高い。 となれば、 バッドエンドで2期に続くなんていうパターンもあるかも。 特に最近は2期に続く作品が多いですし、慎重勇者もその流れに乗ってくるかもしれない。 1期で終わるならハッピーエンド、バッドエンドで終わるなら2期に続けて欲しいですね。 『慎重勇者〜この勇者が俺TUEEEくせに慎重すぎる〜』11話の感想・考察まとめ 第11話は聖哉とリスタの秘密が明かされて、前半の笑いをひっくり返すようなシリアス展開。 半分予想どおりで半分サプライズな回でした。 あと、最終回はいつもと違ってすぐ放送されるのでご注意を。 >> >>.

次の