胸 整形 症例。 豊胸・ボディ形成

豊胸・ボディ形成

胸 整形 症例

できるだけ大きな胸にしたいとのご希望で、最初からコヒーシブシリコンバッグを使っての豊胸術をご案内している患者様です。 当初は300cc前後のmotibaを勧めていたのですが、形や動きよりも大きさを優先したいとの希望で、2回目のカウンセリングにて400ccに決定しました。 手術前のお胸の形は、上腹部付近のあばら骨が出ているせいで、胸が埋まってしまっている形になっています。 正面から見た場合も、胸郭内にバストが収まってしまっていて、いわゆる「横乳」がない状態でした。 術後写真は、手術後4か月の写真になります。 見事に胸の谷間ができドレス映えしそうなお胸になってます。 贅沢を言えば上胸部に丸みが少し出ているのと、ほんの少しバッグの位置が上に上がっているように見えます。 理想を言えば、ラウンドタイプではなく、アナトミカルタイプを使用すれば形状をもっと自然にできるのですが、近年はアナトミカル型の入手が難しいのが現状です。 おそらく、300cc程度にしておけば、上胸部の丸みはほとんどなかったと思います。 ただ本人は、形状についてはあまり気にされておらず、大きくなった胸を喜んでおられました。 交通手段 地下鉄 御堂筋線 心斎橋駅下車し、2番改札を出ます。 クリスタ長堀(地下ショッピング街)の南12番出口の階段で地上にあがり目の前にあるビルの8Fです。 営業時間 10:00~19:00(電話受付)9:00~19:00 休業日 毎週水曜日・第3日曜日 予約 一人ひとりにお時間をかけ、できるだけお待たせせずにご案内できるよう完全予約制とさせて頂いておりますで、ご希望のご来院日時をお電話もしくはメールにてご連絡下さい。 クレジットカード VISA MASTER AMEX JCB DC UFJニコス 銀聯 各種カード可能です。 VISA MASTERカードは2回払いまで可能です。 メディカルローン 医療ローン取り扱いしています。 事前審査を希望の場合、身分証・通帳・銀行印が必要となります。 駐車場 提携駐車場はありませんが、市営長堀駐車場を利用すると便利です。 平日最大1. 100円 土日祝最大 1. 500円 サービス 美容外科・美容皮膚科・形成外科・アンチエイジング 備考 常に新しい美容皮膚科の機器も取り入れつつも、美容外科技術とセンスを磨き、皆様に喜んでいただける美容医療の提供を目指しています。 電話番号 口コミ広場専用ダイヤル (無料通話) 0066-9688-4929 電話でのお問い合わせの場合は、ポイント還元の対象外となります HPのURL ブログ・SNS メディア掲載.

次の

公益社団法人 日本整形外科学会

胸 整形 症例

施術方法 マンマリーヒアル(R)(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)• Before• After 左右40ccずつ注入されています。 術前は、ほぼ平らな胸でしたが、ヒアルロン酸注入によって、ふくらみのある胸になりました。 当院の採用しているマンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)は、当院が採用していない豊胸用ヒアルロン酸に比べて、粒子が小さく、触り心地が柔らかく自然で、持続効果が長いのが特徴です。 マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)が、初めてで不安な方は、まず最初は少なめに注入して様子を見て、気に入ったら追加で注入することができます。 リスク・副作用・合併症 マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)• Before• After (1ヶ月後) 20代女性の患者様で、数年前に他院で豊胸手術を受けていました。 見た目、触り心地が不自然なので、プロテーゼを取ってしまいたいというご要望でした。 診察させていただいたところ、大胸筋下に生理食塩水バッグが入っているようであり、乳輪の上のほうが膨らんでいて、不自然な形をしていました。 また、乳輪の下が段になっていて、軽度のダブルバブル変形をきたしていました。 触り心地も生理食塩水バッグ特有の水風船のような不自然な感触をしていました。 プロテーゼを除去すると、バストの張りがなくなり、萎んで垂れた本来の自分のバストになることを話したところ、ある程度の膨らみは欲しいので、マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)もしたいというご要望でした。 全身麻酔下に、生理食塩水バッグを除去し、同時にヒアルロン酸を注入することになりました。 前回の他院での豊胸手術はワキの下から切開して行っていたので、同じ傷を切開し、生理食塩水バッグを除去しました。 生理食塩水バッグには片方150cc程度の生理食塩水が入っていたと思われました。 生理食塩水バッグが入っていたスペースにヒアルロン酸を左右に25ccずつ注入し、乳腺下にも25ccずつ注入しました(左右のバストに50ccずつ注入したことになります)。 術後は、生理食塩水バッグが入っていたときより一回り小さいバストになりましたが、乳輪の位置がピークで膨らんでいる自然な形になりました。 また、触り心地も自然な柔らかさのバストになりました。 リスク・副作用・合併症 胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去) マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)• 施術方法 マンマリーヒアル(R)(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)• Before• After (1ヶ月後) 30代女性の患者様で、萎んで垂れてしまったバストを大きくして張りを出したいというご要望でした。 診察させていただいたところ、元々大きかったバストが小さくなったためか、張りがなく垂れており、特にバストの上のほうのボリュームが少なく、窪んでいました。 バストの大きくする方法は、マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)、シリコンバッグプロテーゼによる豊胸手術、脂肪注入の3つがありますが、患者様は、「まずは手軽にできるヒアルロン酸注射で、少し膨らみがほしい」ということでしたので、マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)をすることになりました。 まずは、バスト上のほうの窪んで張りがない部位を中心に、左右に30ccずつ全体的に注入しました。 注射後は、萎んでいたバストに程よくボリュームが増え、張りのあるバストになりました。 この患者様のように、元々バストが大きい方は、妊娠、出産、授乳や老化などにより、ボリュームがなくなり、萎んで垂れて、特に上のほうが窪んで寂しくなります。 そのような場合、上のほうの窪んでいる部位だけにヒアルロン酸注射をすると、そこだけ膨らんで不自然なバストになってしまうので、今回のように、上のほうの窪んでいる部位を中心に全体的にバランスよく注入することになります。 また、ヒアルロン酸を追加で注入すると、更に膨らんで、張りのある形の良いバストになります。 リスク・副作用・合併症 マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)• 施術方法 マンマリーヒアル(R)(プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)• Before• After (注射後1ヶ月) 20代女性の患者様で、バストを大きくしたいというご要望でした。 診察させていただいたところ、非常に痩せていて、骨格が華奢な女性でしたが、痩せている割にはそこそこ乳腺や乳房の脂肪が発達していて、バストの膨らみがありました。 患者様は、気軽にできるヒアルロン酸注射でバストを大きくしたいというご要望だったので、マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)を行うことになりました。 まずは試しに少し大きくしたいというご要望だったので、左右のバストに30ccずつ注入することになりました。 注入後はバストの膨らみが増し、0. 5カップ程度大きくなりました。 程よく自然に大きくなりました。 マンマリーヒアルは、最初はお試しで少量のみ注入してみて、ご希望であれば後日追加で注入することもできます。 この患者様も、更にバストを大きくしたくなったら、追加で注入し、更にバストアップさせることが可能です。 リスク・副作用・合併症 マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)• Before• After (8ヶ月後) 20代女性の患者様で、バストを大きくしたいというご要望で来院されました。 診察させていただいたところ、バストの大きさはDcupくらいあり、日本人の平均サイズより大きめでした(日本人のバストの平均サイズはBcupとCcupの間くらいだとされています)。 バストを大きくする方法は、シリコンバッグプロテーゼ豊胸手術、余分な贅肉を脂肪吸引してバストに注入する脂肪注入豊胸、マンマリーヒアル R (プチ豊胸術・ヒアルロン酸豊胸術)の3つがありますが、患者様は、「余分な贅肉がたくさんついているので、脂肪吸引して、おっぱいに注入したい」とおっしゃっていました。 脂肪吸引は、1部位から脂肪を根こそぎ取り過ぎてしまうと、吸引した部位の表面の皮膚が凸凹になったり、段差ができたり、硬い感触になってしまうので、程よく皮下脂肪を残し、女性特有の滑らかな皮膚の表面で柔らかい感触を残すようにしました。 全身から余分な脂肪を取れるだけ取って、余分な水分やトリグリセライドなどの不純物を取り除いたところ、注入用の濃縮(コンデンス)脂肪を400cc作成することができたので、左右のバストに200ccずつ脂肪注入しました。 注入した脂肪は約7割程度が生着(定着)し、術後8カ月の検診時には、バストは2cup近く大きくなって、Fcupになっていました。 この患者様のように、元々のバストがそこそこ大きくボリュームがあり、皮膚のゆとり、キャパシティがあると、たくさんの脂肪が注入できる上に、生着率も高くなります。 皮肉な話ですが、元のバストが小さい人よりも、元のバストが大きい人のほうが、脂肪注入豊胸の結果がいいことが多いです。 元のバストが大きい人は、比較的皮下脂肪がたくさんあることが多いため、脂肪吸引で多くの脂肪を取ることができるメリットもあります。 ただし、元のバストが小さい人でも、余分な皮下脂肪がたくさんあれば、ある程度バストを大きくすることはできるので、諦める必要はありません。 手術することが可能であれば、その人の身体に合わせて脂肪吸引脂肪注入させていただきます。 詳しくは診察時にご確認ください。 リスク・副作用・合併症 脂肪吸引 ピュアコンデンス脂肪注入豊胸• Before• After (6ヶ月後) 40代女性の患者様で、バスト脂肪注入豊胸を希望されていました。 脂肪吸引は、背中、ウエスト、腰から希望されていました。 診察させていただいたところ、バストはある程度のボリュームはあるのですが、加齢によるものか、皮膚が余っているわりにはボリュームが減ってきており、やや萎んで垂れていました。 脂肪吸引を希望されていた背中、腰、ウエストは、皮下脂肪がある程度たくさんついていて、脂肪吸引の適応は十分にありました。 吸引できる皮下脂肪がある程度あって、脂肪注入するためのキャパシティ(容量)もバストにあり、脂肪注入豊胸の適応としてはある程度あるため、患者様のご要望通り、背中、ウエスト、腰から脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。 脂肪吸引は、吸引し過ぎると皮膚の表面が凸凹になったり、吸引した部位と吸引していない部位の境目に段差ができることがあるので、そうならない範囲内で、程よく一層皮下脂肪を残すように行いました。 吸引した脂肪を濾過器でフィルトレーションし、余分な水分やトリグリセライドなどの不純物を除去して、濃縮注入用脂肪を約280cc作成することができました。 濃縮注入用脂肪を左右のバストに140ccずつ、マルチプルインジェクションテクニックを用いて、しこりができないように、丁寧に細かく注入しました。 手術後6ヶ月には、ほぼ腫れは引き、バストは約1カップ程度大きくなり、張りがでました。 脂肪吸引した部位は、一回り細くなり、ウエストにくびれができました。 詳しくは診察時にご確認ください。 リスク・副作用・合併症 ピュアコンデンス脂肪注入豊胸 脂肪吸引• Before• After (6ヶ月後) 40代女性の患者様で、22年前に入れた生理食塩水豊胸バッグを取りたいというご要望で来院されました。 診察させていただいたところ、生理食塩水バッグは大胸筋下に入っており、特別破損していたり、内容が漏れていることはありませんでしたが、やや下方にプロテーゼが入っているためか、バストが下の方についているように見え、見た目が少し不自然でした。 また、コヒーシブシリコンジェルバッグではなく、生理食塩水バッグであるため、さわり心地が水風船のようにちゃぷちゃぷした感じで、少し不自然でした。 元々、ほとんど胸がなく、ぺちゃんこだったということだったので、豊胸バッグを取り除くと、またぺちゃんこの胸に戻ってしまうことが予想されました。 豊胸バッグを除去した後でもある程度の胸の膨らみが欲しいということでしたので、全身麻酔下に、元々あったワキの傷跡から生理食塩水バッグを除去し、同時にお腹回りと太もも全体から脂肪吸引し、バストに脂肪注入することになりました。 除去した生理食塩水バッグは左右それぞれ約200ccくらいのものでした。 脂肪注入は、左右の胸に約100ccずつ注入することができました。 術後6ヶ月には、生理食塩水バッグが入っていたときよりはだいぶ胸が小さくなりましたが、程よい膨らみのある胸にすることはできました。 また、お腹回りと太もも回りは、脂肪吸引をしたことにより、一回り細くなってすっきりしました。 豊胸バッグを取り除いて、胸が小さくなってしまうのが嫌な場合、脂肪吸引をする皮下脂肪がある程度たくさんある場合は、バッグを取るのと同時に脂肪注入をすることができます。 その場合、豊胸バッグが入っていたときの胸より小さくなってしまうことが多いですが、本来の自分の胸よりは大きくなります。 詳しくは診察時にご確認ください。 リスク・副作用・合併症 胸のシリコンプロテーゼ抜き(除去) 脂肪吸引 ピュアコンデンス脂肪注入豊胸 豊胸シリコンバッグプロテーゼを除去と同時に脂肪注入豊胸• 施術方法 陥没乳頭• Before• After (1ヶ月後) 20代女性の患者様で、陥没乳頭を治したいというご要望でした。 診察させていただいたところ、左側は比較的重度の陥没乳頭であり、指で刺激しても乳頭は全く出てこない状態でした。 感染や炎症などの兆候、症状は認められませんでした。 手術で陥没乳頭を修正することになりました。 局所麻酔下に、乳頭の真ん中の括れている部分にメスで割を入れ、乳管を温存しながら結合組織を解除し、引っ込んでいる乳頭を引っ張り出しました。 後戻りしないようゆ基部を真皮縫合し、切開部分の乳頭の皮膚も縫合しました。 手術後は綺麗に乳頭が出て、陥没乳頭は完治しました。 また、乳管を温存したため、授乳機能もちゃんと残っています。 将来、妊娠、出産した場合、赤ちゃんにおっぱいをあげることができます。 リスク・副作用・合併症 陥没乳頭• 担当医 高須幹弥 医師.

次の

整形ブログ・画像・値段

胸 整形 症例

胸(バスト)• 40才代 230ccのモティバ豊胸バッグを使用しました。 20才代 モティバ豊胸バッグ左右230ccを使用しました。 20才代 モティバ豊胸バッグ左右185ccを使用しました。 50才代 他院豊胸手術後の変形修正を目的とした入れ替え手術です。 30才代 豊胸バッグの入れ替えと乳頭縮小治療を一緒に行いました。 40才代 当院患者様からのご紹介で豊胸手術を受けられました。 40才代 左右205ccの豊胸バッグを使用しました。 30才代 太もも脂肪吸引後の脂肪をバストに注入しました。 50才代 左右205ccの豊胸バッグを使用しました。 40才代 左右245ccの豊胸バッグを使用しました。 30才代 120ccから200ccの豊胸バッグに入れ替えました。 30才代 豊胸手術と乳頭縮小治療を一緒に行いました。 20才代 左右225ccの豊胸バッグを使用しました。 30才代 左右差を修正し均等にバランスが整いました。 20才代 知人から聞いて治療を受けられたダンサーの方です。 30才代 授乳後の下垂としぼみでお悩みでしたバストアップです。 最後は10年前の豊胸バッグ入れ替え手術だったそうです。 術前はカプセル拘縮及び瘢痕拘縮の為、バストの変形を生じていました。 このような変形を来たしている場合、バストのアンダーラインを切開しても修正が困難なことがありますが、今回はワキの傷跡(こちらも修正)のみからのアプローチで、満足のいく変形の修正ができて良かったと思っています。 一定の安定目安であります術後6ヶ月検診でも良い状態が維持されていました。 結果、見た目に加え感触の改善と、自然な動きのあるバストに生まれ変わり、乳頭も小さくすることでバストのマミーメイクオーバーが完成しました。 患者さんにも大変ご満足戴きました。 ヒアルロン酸の製品名は不明ですが5年以上減らないと言われたそうです。 インプラントを使った豊胸手術に対するイメージは「痛い」「不自然」「危険」と悪い為、ヒアルロン酸の追加注入を検討されていたそうです。 たまたま知人が当院でインプラントによる豊胸手術を受け、その経過を見てイメージが良くなりインプラントによる豊胸手術を受ける決断をされました。 今ではすっかり気に入っておられます。 診察によりピンホールが出来て生理食塩水が漏れていることがわかり、大きさを揃えるために左胸のバッグも抜去する処置を事前に行い、その後、両胸共にモティバ(コヒーシブシリコン)エルゴノミクスのバッグに入れ替える手術を受けられました。 患者さんはバッグが破損したとわかったときはショックを受けられていましたが、現在では以前にも増してナチュラルな仕上がりになったことに、とても満足されています。 知人が以前当院で豊胸手術を受けていたことを知り、仕上がりの良さと「豊胸するなら絶対加藤先生にしてもらいなさい。 」という推薦もあり当院で手術を受けられました。 手術は2時間で終了。 ご主人が迎えにいらして帰宅。 翌日、固定とドレーン抜去に来院されました状態です。 手術当日の夜はトイレに起き上がるのも娘さんの介助が必要だったようですが、翌日はだいぶ楽になったそうです。 鏡を見て「想像していたより腫れや内出血も少なく形も綺麗。 」と喜んでくれました。 同じ仕事をされている知人の方が、以前に当院で豊胸手術を受けられ、結果が良かったと聞き、ご来院いただきました。 斜めからの術前写真で見ますと、鎖骨の下方より胸郭の凸状の盛り上がりがあり、その下に少し凹みがあり、バストトップへとつながる凸凹したバストラインを、患者様が気にされていたことや、仕事柄、大胸筋にも力が入る機会が多いことを踏まえて、乳腺下筋膜下へバッグを挿入しました。 跳躍するとバストは上下に揺れて、寄せると綺麗に谷間ができる自然な仕上がりとなりました。

次の