ローソン コーヒー ゼリー ラテ。 【ローソン】新商品「MACHIカフェゼリーラテ」を飲んでみた! 甘さ控えめ大人なコーヒーゼリー♪

揃い踏み!コンビニ各社最新コーヒーゼリー総まとめ! カフェラテにエスプレッソ、ぜんざいまで

ローソン コーヒー ゼリー ラテ

2019年6月11日にローソン(マチカフェ)から発売した「カフェゼリーラテ」を飲んできたので、さっそく感想をレビューしていきます! 値段:260円 カロリー:109Kcal マチカフェで使用しているコーヒー豆から作ったコーヒーゼリーに、自慢のミルクを注いで作るゼリーの食感が楽しめるドリンクです。 参考: さっそくお店にて注文。 函館のローソンはおなじみのカリマリ社のマシンで店員さんが作ってくれます。 こないだ東京に行った時はメリタのになっていて、しかも自分で淹れる方式になっていたので、ちょっと戸惑いましたが、今回はスムーズに提供されます。 待つこと1分ほどで、カフェゼリーラテが提供されます。 さっそく一口飲んでみると、コーヒーゼリーのビターな旨味とぷるんとした食感、ミルクのまろやかさが口の中で重なって美味しいです。 甘さ控えめなので非甘党さんにもおすすめ。 甘党さんはガムシロップを後入れすると良いでしょう。 写真ほどコーヒーゼリーが入っていないようにも感じましたが、個人的にはさほど気になりませんでした。 飲みながら思ったのは、スタバのように「エスプレッソ多め」の注文ができれば、よりコーヒー感が強くなって、コーヒー好きに愛される味になるのかなと感じました。 ダブルエスプレッソラテの印象が僕の中で強かったのか、もう少しストロングな口当たりでも美味しく飲めそうだなと感じたのです。 とはいえ、税込260円でなかなかの高クオリティドリンクを生み出したなぁ、というのが僕の正直な感想です。 母もコーヒーが好きで、僕が子供の頃はおいしい純喫茶によく連れて行ってもらいました。 そのおかげか、コーヒーを飲む舌はどんどん肥えてゆき、30,000円のブルーマウンテンを買って飲んだり、自分で焙煎したコーヒーを飲むようになりました。 こんな僕の経験が「あなたのために活かせれば」という想いで、当ブログを開設しました。 ここでは、コーヒー豆の通販サイトで買える「ブルーマウンテンNo. 1」などの高級豆や、「100g 700円以上の少し高級な豆」、ジャコウネコの糞から採取したコーヒーなどのレビューを行なっています。 おいしいコーヒー豆をネット通販で買うときの参考として活用ください。 また、全国のカフェに訪れた感想や、コーヒー関連のニュース、スターバックスやタリーズなどに関する情報も配信しています。

次の

【ローソン】カフェゼリーラテのカロリーは?飲んだ正直な感想と口コミまとめ

ローソン コーヒー ゼリー ラテ

セブンイレブンのコーヒーの量と値段 ホットコーヒー• 8円 アイスコーヒー• 7円 アイスカフェラテ• 6円 セブンイレブンのコーヒーの中では ホットコーヒー(L)が一番お得ですね! アイスカフェラテは多少は高くなるだろうと 予想していましたが、他のコーヒーの約2倍と 予想以上に高額ですね… ファミリーマートのコーヒーの量と値段 ブレンド• 3円 アイスコーヒー• 3円 なんと、ファミリーマートはホットもアイスも MサイズよりSサイズの方がお得なのですね! 計算間違いかと思って 3回計算してしまいました… ファミリーマートのコーヒーの中では、 アイスコーヒー(S)が一番お得という 結果が出ました。 ローソンのコーヒーの量と値段 ホットコーヒー• 0円 カフェラテ• 3円 アイスコーヒー• 8円 アイスカフェラテ 量:310ml・価格:139円 税込150円 100mlあたり48. 4円 ローソンではアイスコーヒー(S)が 一番お買い得という結果が出ました! アイスカフェラテも他のコンビニに比べて けっこうお買い得になっていますね。 スポンサーリンク ミニストップのコーヒーの量と値段 ミニストップのコーヒーの量も調べて みたのですが、店頭や公式の ウェブページでは公表されていません。 ミニストップのお客様サービスコール センターへ電話して聞いてみたのですが、 量については教えられないとのこと。 種類と値段については、以下になります。 ホットコーヒー Sサイズ:93円 税込100円 /レギュラーサイズ:139円 税込150円• アメリカンコーヒー Sサイズ:93円 税込100円 /レギュラーサイズ:139円 税込150円• アイスコーヒー Sサイズ:93円 税込100円 /レギュラーサイズ:139円 税込150円• ソフトアイスコーヒー 213円 税込230円 大手3社で最もお得なコンビニコーヒーはコレ! ホットコーヒー 一番お得なのはファミリーマートの ブレンド(L)でした! サイズ別にみると、どのコンビニも100円で 販売している一番小さいサイズでも 150円で売っている中サイズでも、 量はローソンが一番多いことが分かりました。 アイスコーヒー 一番お得なのはローソンの アイスコーヒー(S)でした! サイズ別でみても、全てのサイズで ローソンのアイスコーヒーがお買い得です。 ホットカフェラテ 一番お得なのはローソンの カフェラテ(L)でした! ホットカフェラテはセブンイレブンでは 販売されていません。 (一部店舗では ホットカフェラテが販売できる機械が 導入され始めているようですが…) そのため、ファミリーマートと ローソンでの比較になります。 アイスカフェラテ こらも一番お得なのはローソンの アイスカフェラテで、量も300mlを 超えているのに150円と、 かなりお買い得です。 まとめ コンビニコーヒーにおいては、 ほぼ全ての商品でローソンが 一番お買い得ということが分かりました。 ホットコーヒーはどのコンビニも あまり変わりませんでしたが、 アイスコーヒーやカフェラテはコンビニによって 値段と量がかなり変わります。

次の

MACHIカフェゼリーラテ|ローソン公式サイト

ローソン コーヒー ゼリー ラテ

エスプレッソコーヒーラテ(ローソン) ローソンオリジナルのコーヒーゼリーは「ウチカフェ」シリーズの「エスプレッソコーヒーラテ」。 税込245円です。 上にはカフェオレホイップクリームとコーヒームースが乗った豪華な構成。 上品なコーヒーの香りが漂ってきます。 クリームとムースの層をさらに掘り進めるとコーヒーゼリーの層が登場。 大きなひと固まりのコーヒーゼリーの中にカフェオレゼリーが入っているのをスプーンですくって食べることで、複雑な味わいが楽しめます。 下段のゼリー層は甘さ控えめでスッキリ。 236kcal。 エスプレッソエキスには、マチカフェ監修の豆を使用とのことでしっかりコーヒーらしい苦みがあるのも特徴。 これぞコーヒーゼリーという安心感と、食感や味わいの異なる多層構造による目新しさの両方が満喫できますよ! 珈琲ぜんざい(サークルKサンクス) サークルKサンクスのオリジナルコーヒーゼリーは 「珈琲ぜんざい」という変わり種。 税込250円。 コーヒーゼリーと白玉、小倉あんを同時に食べる機会もなかなかないはず。 コーヒーゼリーは下段に配置されているので、そこにたどり着くまでは白玉と小倉あんの普通のぜんざい風です。 ぜんざい層を抜けるとクリームとコーヒーゼリーが登場。 コーヒーゼリーはひと固まりではなく、適度な大きさにはじめから砕かれバラバラになっています。 コーヒーゼリー部分は甘さは控えめ、コーヒーの風味の中に苦みはそれほど感じられません。 珍しい組み合わせではありますが、ぜんざい部分とコーヒーゼリーは意外にも合うのは新発見。 やや固めのコーヒーゼリーのほどよい歯ごたえと、あんこのしっかりとした甘味、クリームのまろやかさが混然とした味わいは他にはないものです。 261kcal。 コーヒーゼリーミルクプリン添え(スリーエフ) スリーエフのオリジナルコーヒーゼリーが、「コーヒーゼリーミルクプリン添え」。 クリームとの組み合わせが多い中、ミルクプリンを組み合わせているのは新鮮です。 税込220円。 上には温泉卵のようで存在感のあるミルクプリン、細かく砕かれた透明のゼリーが配置。 甘さ控えめのミルクプリンと、プチプチとした歯ごたえのゼリーの食感が楽しいです。 下段に登場するコーヒーゼリーは大きな一つの塊になっているのをスプーンで崩しつつ食べるタイプで、ミルクプリンや透明のゼリーを一緒に食べることで食感や味わいの変化が楽しめます。 透明ゼリーはやや固めで、コーヒーゼリーは柔らかめ。 コーヒーゼリー部分には、甘味や苦みのほか酸味がしっかりあるのが特徴。

次の