ウイイレ2020 リセット。 ウイイレ2021のアップデート方式で配信!?新機能やライセンスを徹底予想!!

ウイイレアプリ2020攻略Wiki|ゲームエイト

ウイイレ2020 リセット

レート(Rating)最新情報 レート(Rating)とは レートとは、オンライン上でのユーザーの強さを表す数値と言えるでしょう。 オンラインマッチ(マッチデイ、オープンチャレンジなど)の戦績により数値は上下し、「ランキング」により順位が公開されています。 また、 レートにより参加するイベントで貰えるアイテムが変わってきます。 より豪華な報酬を受け取りたいという人は最低でも900以上を保っておくのが良いかともいます。 ウイイレアプリ2019以前では、毎月レートはリセットされ、月初めには一律でレートは400に戻りました。 しかし、ウイイレアプリ2020ではこのリセット機能が廃止され、レートは青天井で上がるようになったので、オンライン対戦のモチベーションがかなり上がることになったと言えます。 どうやってレートを上げるの? 各オンラインマッチで試合に勝利することでレートは上がります。 また、引き分けのときは相手のレートが自分のレートよりも大幅に高い場合はレートは上がります。 逆に、自分のレートが相手のレートよりも大幅に高い場合はレートは下がります。 レート(Rating)手順2:「ユーザープロフィール」で確認 「ユーザープロフィール」をタップすると「レーティング」が確認できるほか、「マッチデイクラス」なども確認することができます。 レート(Rating)の注意点 注意点1:チームパワーに気を付けよう カスタムチームを使ったオンラインマッチでは、 スカッドのチームパワーが近いユーザー同士でマッチングしやすいという仕様になっています。 なので、IM選手やFP選手などの総合値の高い選手を好きなだけスカッドに入れると、相手のスカッドにも同じような総合値の高い選手ばかりが揃っているといった状況になってしまいます。 総合値の高い選手をやみくもに入れたスカッドでなかなかレートが上がらないという人は、一度スカッドの作り方を見直してみるのが良いかもしれません。 注意点2:相手とのレート差で試合の流れを考える オンラインマッチでは、 相手と自分のレートの差によってレートの上り幅や下がり幅が異なってきます。 自分のレートが相手のレートよりかなり高い場合、引き分けでもレートが下がってしまうので、この様な試合では勝ちにこだわらなくてはなりません。 逆に、相手のレートが自分のレートよりかなり高い場合、引き分けでもレートは上がるので、 試合の展開次第ではあえて引き分けを狙うといったことも重要になってきます。 なので、中盤と最終ラインを兼任できるような ユーティリティ性の高い選手を何人か入れておくとスカッド編成に余裕ができておススメです。 また、 コンディション安定度の高い選手を入れて、できるだけ同ポジションの控え選手を用意しないですむようにするのもスカッド作りには大切です。 チームパワーを抑えたスカッドを作ってみる チームパワーを考慮しないで総合値の高い選手をどんどんスカッドに入れてしまうと、相手チームも同じような選手ばかりといったことになってしまいます。 なかには、かなりの課金をしてIM選手で固めた相手と当たるといったこともあるかもしれません。 そのような相手との試合を避けるには、やはり チームパワーをそれなりに抑えたスカッドで試合に挑むのが良いかと思います。 かといって、白玉や銅玉の選手ばかりではなかなかマッチングしないといった問題も生じてくるので、理想としては 銀~金玉あたりの選手でスカッドを組むのがおススメです。 プリセットチームを使うオンライン対戦を試してみる まだアプリを始めたばかりで手持ちに有能な選手が余り揃っていないという人も多いかと思います。 そのような人には、 プリセットチーム(アプリ側が用意したチーム)を使ったオンラインマッチでレート上げをしてみるのも良いかもしれません。 相手も同じプリセットチームを使うので、チームパワーに差は生まれませんし、選手の契約更新などもないので、アプリを始めたばかりという人でもレート上げが可能かと思います。 センターフォワードの2人は、 「ラインブレーカー」と「ポストプレイヤー」といった異なるプレースタイルの選手を置いています。 中盤の3選手には 「ワンタッチパス」持ちの選手を起用します。 中盤の底にはプレースタイルが 「アンカー」であり、セントラルミッドフィルダーや右サイドバックに本適性のあるヴァリオス選手を置いています。 最終ラインはケーラー選手やナチョ選手、パヴァール選手のような、 センターバックだけでなくディフェンシブミッドフィルダーやサイドバックにも本適性のある選手を何人か入れておくのが良いかと思います。 ゴールキーパーには コンディション安定度が「8」のシリグ選手を起用しています。 控え選手を含めて、 チームパワーが3000未満になるように調整することをおススメします。 登録ポジションはOMFですが、CF、ST、両ウイング、両センターハーフなど 前線ならすべてのポジションに本適性があります。 プレースタイルも 「2列目からの飛び出し」とどんどん攻撃に関与してくれる選手となっています。 コンディション安定度が「8」と安定度の高いゴールキーパーです。 この選手をGK起用すれば、控えのGKを入れる必要はないかと思います。 GK能力値で言えば、 コラプシングが「99」、GKセンスは「97」になるほか、すべての能力値が90を超えてきます。 本登録はセンターバックですが、 左右どちらのサイドバックにも本適性が付いています。 ディフェンスセンス「92」、ボール奪取とアグレッシブネスは「87」とディフェンス系能力値は金玉選手としてはかなり高くなっているうえ、スキルに 「マンマーク」と「インターセプト」も所持しています。 身長が180cmとCB選手としては小柄ですが、 スピード「87」、瞬発力「85」と俊敏性も兼ねそろえているので、CBではなく左右どちらかのSBでの起用が良いかと思います。 まとめ:スカッド編成の見直しがレート上げへの近道 以上、効率よくレート上げをする方法やおススメスカッドの紹介でした。 今現在、IM選手やFP選手を好きなだけ入れたスカッドでレート上げが上手くいっていないという人は是非参考にしてみてください。 チームパワーを抑えたスカッドを組むときは、 ユーティリティ性やコンディション安定度などを考慮して組むことを大前提にすると良いかと思います。 また、手持ち選手が揃っていないという人は、 プリセットチームを使用するタイプのオンラインマッチイベントに参加してみることをおススメします。

次の

ウイイレアプリ2020攻略Wiki|ゲームエイト

ウイイレ2020 リセット

搭載されていないリーグ、チーム、選手、大会の追加• リーグ名、監督名、選手名、大会名のリネーム• リーグ、チームのロゴ追加、修正• 監督写真の追加 なぜこんなことができるのかというと、ウイイレのエディットモードにインポートという機能があり、 他の人が作ったデータを取り込むことができるからです。 毎年、「神データ」といわれるエディットデータを作成してくれている神のような存在がいて、それをダウンロードしてインポートすることで、現実のチーム名に直したりできるというわけです。 神の存在に感謝して、さっそく神データを導入していきましょう! ウイイレ2020神データの内容とダウンロード場所 この章では、神データの内容とダウンロード場所を紹介していきます。 下記のサイトから神データをダウンロードしてください。 リーグに属するチームはすべて導入されます。 プレミアリーグ• SkyBetチャンピオンシップ• LaLiga(ラ・リーガ)• LaLiga2(ラ・リーガ2部)• セリエA• セリエB• ブンデスリーガ• その他(ヨーロッパ)• J1リーグ• 全ナショナルチーム• 大会インポートデータ これらがすべて実名で導入されます。 中に入っている「read me」を必ず読んでください。 レジェンド選手の神データはないの? 下記のURLよりダウンロードできます。 海外の方が作成されたデータのため、海外サイトとなってます。 下のほうまでスクロールしていくき、下記のダウンロードページでダウンロードしてください。 一応上記よりレジェンド選手の神データが導入できるのですが、海外版のため 選手名は英語表記となっております。 自分で修正するのが面倒な方は、おとなしく日本語版で配信されるのを待つほうが良いと思います。 僕もリネーム作業がめんどくさいのでいったん様子見してます 一一 【手順を紹介】ウイイレ2020神データの入れ方! では、さっそく神データの入れ方を紹介していきます。 両方とも同じ手順でできます。 通常30分程度ですべてのデータが取り込めると思います。 これで、神データの導入完了となります。 お疲れさまでした。 神データをインポートすると。 「容量いっぱいで画像削除して下さい」と。 出ちゃうんですけど。 解決方法教えてくださいー。 画像容量いっぱいになって失敗するときは、一度現在の画像データを削除してみて再度インポートしなおしてください(めんどくさいですがw) 神データ入れる時、画像容量いっぱいでインポートに失敗する時がある。

次の

チームリセット 攻略情報

ウイイレ2020 リセット

目次 もくじ• 重要度A:ウイイレアプリ2019に引き継げないもの 大型アップデートの中には、 ウイイレアプリ2019に引き継げず消滅してしまうものもあります。 こちらを重要度Aとしてまとめました。 エナジー回復アイテム ウイイレアプリ2019ではエナジーという概念がなくなります。 好きな時に好きなだけ試合を楽しめるようになりますが。 ウイイレアプリ2018で持っていたエナジー回復アイテムは無くなるため注意。 どうせなら使い切ってしまうのがおすすめです。 選手の保有枠は500、スカウトの保有枠は150に ウイイレアプリ2018での現在の保有枠に関係なく、ウイイレアプリ2019のアップデートで 全員が一律選手の保有枠は500、スカウトの保有枠は150になります。 例え選手の枠が600や30だったとしても、強制的に500に。 損する人と得する人が出てきますが、これはユーザー側では対処のしようがないので、一応頭の入れておくと後で「は?」とはならないと思います。 非搭載の選手・レジェンド・監督・スカウト・トレーナー コナミのライセンスの関係で、ウイイレアプリ2018で出てきた選手や監督が2019では搭載されないこともあります。 自分の持っている非搭載の非搭載選手・レジェンド・監督・スカウト・トレーナーを調べたい場合はコナミ公式から確認可能です。 konami. 非搭載の交換について こちらはかなりややこしいので、を1度確認しておくのがおすすめです。 ウイイレアプリ2019で 非搭載になる監督を持っていた場合は、好きな監督と交換可能になります。 監督に関してはメリットが大きいのが特徴ですね。 しかし、非搭載選手は ランダムで同レアリティのレベルマックスの選手と交換に。 元々持っていた選手よりも能力値が低い選手に変わってしまう可能性もあります。 非搭載選手は運要素も大きいので、無理に銀玉や金のレアリティの非搭載選手を集める必要はないと思います。 ましてや、ウイイレアプリ2019ではFP選手のガチャが大切なので、無理にマイクラブコインやGPを消耗するのはもったいないかと。 非搭載のレジェンド選手も通常の現役選手へと交換される可能性があるので注意。 重要度B:選手や監督の契約数について ウイイレアプリ2019のアップデートにて、 選手の残り契約数は10・監督の残り契約数は25になります。 これはマイナス要素の方が大きいですね。 特に選手の契約数をMAXにしている方にとっては悲報に。 逆にいうと、残り契約数0の選手でもとりあえず保存しておけば、ウイイレアプリ2019のアップデート時に契約数が10まで増加します。 なので、契約切れまで使いこなしておくとGPの節約になります。 また、ウイイレアプリ2018で契約数を99にしていても、アップデートで残り契約数が10に減ってしまうので、 選手の契約延長はアップデート後がおすすめです。 また、これらのエージェントで獲得できる選手はエージェントを使用するタイミングで異なるようです。 例えば、今すぐにブラックボールエージェントを使用すると、ウイイレ2018の黒玉選手が獲得可能に。 ウイイレアプリ2019にアップデートされてからブラックボールエージェントを使用すると、ウイイレ2019の黒玉選手が獲得可能というような感じになります。 ウイイレ2018とウイイレ2019では能力値が結構変わりますので、能力値の変化に興味のある方はPESDBで確認するのが便利です。

次の