バジリスク絆2 陽炎アクション。 【バジリスク絆2】BCストレート800Gハマり→エピボ当選 & 有利区間完走した結果...?!

バジリスク絆2 天井 スペック 解析まとめ

バジリスク絆2 陽炎アクション

信頼度 ストック個数別信頼度 1個 8. ) 4. 3~36. ) 8. ) 8. ) 8. ) 8. ) 26. ) 40. ) 47. 0~57. ) 56. ) 67. ) 86.

次の

絆2 ミニキャラ 朧 弦之介 天膳 陽炎 示唆内容 出現率 |覚えておけば設定判別に使える?! | パチスロ ジゴク耳

バジリスク絆2 陽炎アクション

モードは全16種類のテーブルによって管理され、BCスルー時に滞在テーブルに応じて次回モードへ移行する。 テーブル移行抽選は、有利区間移行時(サブ液晶のゲーム数がリセットされるタイミング)で行われる。 「?」で隠されている箇所のモードは、ユニメモミッション85%以上でフル開放される。 フル開放後はテーブル滞在履歴が全て丸分かりとなり、設定狙いの強力な武器となるので是非活用してみよう。 BT終了画面のセリフ(ボイス) BT終了画面でサブ液晶にタッチすると、次回テーブルを示唆するセリフ(ボイス)が発生する。 セリフとともに 絆ランプが点灯した場合はテーブル15or16確定するので即やめ厳禁だ。 画像引用元: ・奇数設定よりも偶数設定のほうがモード昇格しやすい ハズレ時のモード昇格(設定6のみ) 設定6のみハズレでもモード昇格抽選を行っているため、他設定よりもBT間でハマりづらい。 【裏ストックについて 】 チャンス目成立時にはモード昇格だけでなく、裏ストック抽選も行っている。 高設定ほど裏ストックを獲得しやすく、下記演出でもある程度見抜くことができる。 ・通常時の小役成立時、LEDランプが紫に発光(裏ストック獲得濃厚) ・BT1セット目のストック示唆(BGM変化など) また 天井到達時に裏ストックを所持していた場合は、BT当選が確定する。 ステージチェンジ 画像引用元: 下記パターンのはすべて モードC以上濃厚となる。

次の

バジリスク~甲賀忍法帖~絆

バジリスク絆2 陽炎アクション

【設定変更時はバジリスクチャンス(BC)天井を再抽選】 設定変更時に専用の抽選でモードが決定。 また、設定変更後は内部状態も再抽選され約3. 4分の1(約29. 当選時の前兆は5〜12Gで、当選契機のメインは巻物となる。 内部状態が上がるほどBC当選率と当選時のAT期待度がアップする。 本前兆の最大は通常・高確中が8G、超高確中のみ12Gとなる。 [超高確/AT当選時] 超高確中は最大前兆が12G! 状況によって異なるが、基本的に前兆は2〜5Gがメインとなる。 【ボイスによってAT期待度が変化】 BC(バジリスクチャンス)テンパイ時のボイスの基本パターンは絵柄に対応しており、赤BAR(弦之介表示)は弦之介、青BAR(朧表示)は朧のボイスが発生する。 テンパイ絵柄不問で、無音、豹馬や天膳のボイスはAT確定。 弦之介の「我が忍法、とくと味わえ!」は真瞳術チャンスが確定する。 それ以外のボイスはすべてAT確定! [AT当選時] 弦之介の「我が忍法、とくと味わえ!」(ボイスI)は真瞳術チャンス確定! 【バジリスクチャンス(BC)当選時にATを抽選】 通常時は内部状態とモードをアップさせつつBCからのAT当選を目指すという流れがメインとなる。 AT抽選はBC当選時がメインだが、BC消化中も成立役ごとにおこなわれる。 Eは高継続のAT選択率が優遇される。 92〜79. 37〜39. 80〜1. 【モードアップはおもにチャンス目で抽選】 BC当選時のAT期待度に大きな影響を与えるモードのアップは、おもにチャンス目で抽選。 バジリスクチャンス(BC)に当選するまで転落しないため、BC間でいかにチャンス目を引きモードをアップさせるかがポイントとなる。 「モードアップは高設定ほど優遇」 高設定はモードアップしやすいため、BCに当選しやすくなる。 チャンス目時のモードアップ率は33. 33〜50. 5〜38. 当選契機のメインは通常時と同じく巻物だが、絆高確中は対象役でも大チャンス。 また、内部状態も重要で、高確中はリプレイと共通ベル、弱チェリーの期待度が大幅にアップし、全役共通でBC当選=同色確定となる。 「絆高確は超重要」 絆高確の種類によって高期待度となる小役の種類が異なり、対象となった小役のBC当選率がアップ。 さらに、BC当選後はいずれかの絆高確に突入するため、いかに絆高確を維持させるかが重要となる。 基本的にループ率で振り分けが異なるのは『10人状態を除くAT継続時かつ絆高確なしor単体時』のみで、その他のケースにおけるゲーム数振り分けは均等となる。 祝言モードは必ずしも複合高確扱いとなるわけではなく、内部的な絆高確の数に応じて抽選される。 追想の刻開始時は絆テーブルを参照して絆高確の種類を抽選。 抽選値は通常継続時(初回突入時含む)とAT中のバジリスクチャンス(BC)当選時で変化する。 「追想or争忍の刻によって恩恵が変化」 BC当選タイミングは『追想の刻』or『争忍の刻』によって抽選値が異なり、前者の場合はゲーム数の上乗せだけでなく、前回が絆高確であった場合は、最低でも前回の絆高確以上に昇格。 後者は絆高確中だった場合、いずれかの絆高確へ移行する。 追想の刻中は5G、争忍の刻中は8Gとなる。 争忍の刻中の背景でも継続率を示唆しており、残りストック数や絆モードor祝言モードかによっても振り分けが変化する。 さらに、絆モード中は発生しないという特徴があるため、城背景で絆ランプが点灯していれば祝言モードが確定する。 [AT開始画面] 弦之介 朧 天膳 [争忍の刻の背景] 昼 夕 夜 城 【BGMが流れるタイミングで示唆内容も変化】 BGMが変化した時点でセット継続以上が確定。 基本的に変化するBGMは3種類あり、『WILD EYES』の恩恵がもっとも大きい。 【ループ率ストックの有無を問わず抽選値は一定】 通常時の上乗せ初回ではループ率ストックを、AT中(通常時のストック確定後を含む)はセット数のストックを抽選。 どちらの状態でも各役の当選率は共通となる。 70)。 「昇格率の設定差について」 基本的にBCの昇格率は設定2・4・6、設定3・5が共通(無想一閃中を除く)で、前者は赤頭、後者は青頭のBCが優遇。 設定1は赤・青頭の割合が均等となる。 小役ごとの期待度は、通常時とAT中(通常時のAT確定後も含む)でほぼ同じだが、設定4以上のみ、強レア役以外の数値が若干変化する(当選のメインは強レア役)。 AT中は一撃で最大5セットまで獲得する可能性があり、祝言モードゲットにも期待できる。 00)のみで、瞳術揃いフェイクなどでは抽選がおこなわれない。 消化中はAT中の同色BCと同じ抽選値でセット数をストックする。 開始時の人数は1000人がデフォルトだ。 多数の確定パターンがある。 [対応キャラ一覧(甲賀/伊賀)] 相思相殺…将監/夜叉丸 胡蝶乱舞…左衛門/蛍火 仁慈流々…陽炎/朱絹 無明払暁…豹馬/小四郎 ユーザー口コミ・評価詳細 バジリスク~甲賀忍法帖~絆• ラスト打ちプラって終了。 やぱ、5号機ベスト3には入るかな.

次の