長門 湯本 温泉 星野 リゾート。 長門湯本温泉に「星野リゾート界 長門」がオープン(3/12)

「星野リゾート 界 長門」2020年開業へ、露天風呂付客室や川床テラスも整備

長門 湯本 温泉 星野 リゾート

水辺活用の可能性を追究する官民協働プロジェクト「ミズベリング」のフォーラムで、関係省庁や関連企業が多数のピッチ(短い講演)を行った。 フォーラムは2020年2月20日、東京都内で開催された。 この記事では、多数のセッションの中から星野リゾート(本社・長野県軽井沢町)による長門湯本温泉(山口県長門市)の温泉街再生の取り組みについての発表を紹介する。 星野リゾートの企画開発部プロジェクトマネージャーである石井芳明氏は、山口県長門市で同社が市や地元と連携して手掛けた温泉街再生プロジェクトについて語った。 長門湯本温泉は600年の歴史を持つ温泉地で、昭和50年代には年間40万人が訪れたという。 2016年に安倍首相がロシアのプーチン大統領と会談したことでも知られる。 [画像のクリックで拡大表示] ただし、山口宇部空港から車で90分ほどと、もともとアクセスに難のある立地だったのに加えて「地元の有名ホテルが倒産し、温泉街の中心地が廃墟のようになってしまった」(石井氏)ことをきっかけに、集客が落ち込んだ。 そこで、大西倉雄市長(当時)が土地を買って建物を解体し、その跡地活用を星野リゾートに打診した。 前市長は、同社の温泉旅館「界」ブランドの新施設を誘致したいと考えていた。 石井氏によると、採算の見通しが厳しいことから一度は市からの打診を断ったものの、首長のオファーは非常に熱心なものであり、星野リゾートとしては、「旅館の進出だけでなく、マスタープランをつくり温泉街全体を魅力的にすること」を提案し、これを進出検討の条件とした。 長門市で検討が重ねられた結果、星野リゾートは2016年4月、山口県知事立会いのもと、長門市と進出協定を締結した。 星野リゾートはマスタープランを策定。 その特徴は、一帯を面的に整備していくことだった。 「エリアに東京ドーム1個分の市有地があったが、その枠を超えて提案した。 中間発表会に集まった地元の皆さんの中には、自分の土地がなぜか計画に組み込まれているということで、非常に驚かれる方もいた。 かなり思い切った提案だった」(石井氏)。

次の

星野リゾートが温泉街再生、山口・長門市と協力 :日本経済新聞

長門 湯本 温泉 星野 リゾート

星野リゾート(長野県軽井沢町)と山口県長門市は市内の長門湯本温泉の再生に乗り出す。 25日、同社の高級旅館「界」の進出と、温泉街再生のマスタープランについて協力する合意書を交わした。 廃業旅館の再生で実績のある同社の力を借りて、にぎわいを取り戻そうという試み。 同社が地域再生に全面的にかかわるのは初めてとなる。 長門市内で星野佳路社長と大西倉雄市長が協定書を交わした。 村岡嗣政県知事も立ち会った。 2014年に経営破綻した「白木屋グランドホテル」の跡地に界を建設する。 市が保有する跡地を借り、19年中の開業をめざす。 従来の界と同様に50室以下、客単価3万円台、建物は低層の2~3階建てとする計画。 界の事業費は1室あたり3千万~5千万円が基準。 今回もそれに準ずる。 従業員も原則地元から雇用し、トレーニング後に配置する。 星野リゾートは長門市から温泉街の再生計画「長門湯本温泉マスタープラン」の策定も受託。 6月までに計画をまとめる。 市が保有する廃業旅館跡地の利活用や、回遊性を高めるオープンスペースの建設も予定している。 星野社長は記者会見で「首都圏からの旅行客や訪日客を積極的に取り込みたい。 そのために山口全体や近辺の観光地の魅力も掘り起こしていきたい」と意欲を述べた。

次の

星野リゾート 界 長門 がオープン!料金は?いつから泊まれるの?積水ハウスが施工?|美人でいたい元美容部員の美容と暮らしの口コミブログ

長門 湯本 温泉 星野 リゾート

そりゃ高いよね!でも泊まりたいなぁ 星野リゾート 界 長門 住所は?アクセスは? 住所は 山口県長門市深川湯本字平町2229-1。 長門湯本温泉の中心を流れる 「音信川(おとずれがわ)」に掛かる、曙橋のたもとです。 詳しいアクセスについてはコチラの記事を参考にしてください。 星野リゾート 界 長門 温泉の泉質や効能は? 星野リゾート 界 長門がオープンする長門湯本温泉の泉質は アルカリ性単純温泉。 無色透明でアルカリ度はPH9. 67と非常に高く、 化粧水成分に近い「美肌の湯」ともよばれています。 温泉に配湯される湯温は約52度とぬるめですが、肌あたりがやわらかく身体の芯から温もり、冬でも湯冷めをしにくいのが特徴。 神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、健康増進などの効能があるといわれています。 星野リゾート 界 長門の温泉施設も楽しみ! 星野リゾート 界 長門 は積水ハウスが施工 星野リゾート 界 長門とその関連施設は積水ハウスが施工を受注。 現在着々と工事が進んでいます。 「長門湯本未来プロジェクト」内の記事にはその現場写真が丁寧にアップされています。 積水ハウスはマリオットの建設に携わったこともあるんですよね。 完成が楽しみです。 星野リゾート 界 長門を長門湯本温泉街再興のきっかけに 山口県の日本海側、北側に位置する長門湯本温泉は 山口県で最も古い歴史を持つ名湯。 江戸時代は藩主もたびたび湯治に訪れていたとされ、趣があって泉質も良く、中心を流れる音信川がとても風情のある温泉街。 私も大好きです。 ですが近年は客足の減少に歯止めがかからない状況が続き、 大手老舗旅館が廃業するなど暗いニュースが多くなっていました。 そこで危機感を持った長門市が長門湯本温泉街の再生に向けて 「長門湯本温泉マスタープラン」の策定と宿泊施設の誘致に取り組むなかで、 2016年4月に星野リゾートが温泉旅館ブランド「界」を進出することが決定。 このニュースが流れた時は周りですごく話題になったのを覚えてる! 星野リゾートの星野代表は、 長門湯本温泉が温泉地人気ランキングで10位以内になることを目標に、食べ歩きや文化体験、絵になる場所などの拠点整備を行い回遊性を高めていく計画を発表しました。 今後は川沿いのテラスや、水面近くに配置される川床、さらに温泉街の顔でもある外湯の「恩湯(おんとう)」の建て替え等の計画が進められるとのこと。 長門湯本の温泉街に賑わいを取り戻そうとしているこの計画、今後も目が離せません。 追記:山口県下関市にも星野リゾートが開業することが決定しました! 最後までお読みいただきありがとうございました! 画像提供:星野リゾート.

次の