骨 ひび 完治。 骨にひびが入ったら何日で治るの?

「中足骨骨折」とは?治療期間や全治はどれくらい?

骨 ひび 完治

足の指を骨折した場合(またはひび)の症状 普段の外出時は靴を履いているので、足の指だけ骨折するケースは少ないですが、夏場や屋内ですと、素足のことが多く、強い衝撃を受けると骨折やひびが入ることがあります。 想像するだけでも痛いですが、足の指を骨折、またはひびが入った場合の症状とは、どんなものがあるのでしょうか? とにかく痛い 足の指を骨折した時、誰もが感じるのはとにかく痛いということですよね。 症状を受けた直後はもちろん、 ズキズキとした痛みは時間が経ってもなかなか治りません。 痛すぎて貧血を起こしたり、気分が悪くなる人もいます。 指を動かすと痛い 足の指を骨折(またはひびが入った)直後は、しばらくズキズキとした痛みが続きます。 ただでさえ痛みを感じているのに、動かそうとする気持ちにもなれないとは思いますが、 指を動かそうと試みると、さらに激痛が走ります。 少しでも動かせる時は、骨折ではなく、ひびが入っている程度の可能性が高いです。 変形している 足の指に衝撃を受けた後、足の指の形を確認してください。 普段と違い 変形している場合、骨折している可能性が高いと言えます。 動かした時に音がする 足の指を動かした時に、 軋む音やポキポキと音がしたら、骨折した骨がぶつかっている音かもしれません。 しかし、基本的にはあまり動かすことはよくありませんので、何度も繰り返すことは避けてくださいね。 腫れる 骨折した箇所は、 周りが腫れ上がります。 足の指が倍ほどに腫れ上がっていたら、骨折またはひびが入っている可能性が大です。 色も紫色に内出血することが多く、見ているだけで痛いですね・・・。 体温が上がる 骨折すると、高熱までとはいきませんが、 発熱する場合も多いです。 身体の元々の防御機能による発熱なので、数時間で下がることがほとんどでしょう。 しかし重度の骨折の場合、高熱が出ることもあります。 足の指の骨折(またはひび)の対処法 足の指を強く打ち、骨折または、ひびが入った恐れがある時は、 早めに病院に行くことが1番です。 しかし、その前に 応急処置をしておくだけでも、後々の回復が大分変わってきます。 そこで、足の指を骨折(またはひび)した場合の、正しい対処法をご紹介します。 冷やす 足の指を強く打った場合、たとえ骨折ではなく打撲ですんだ場合も、 患部を冷やすことが大切です。 氷を入れたビニール袋や、保冷剤などでしばらく冷やし続けましょう。 冷やすことで血流をとどめ、腫れがひどくなることを防ぐことができます。 また、痛みの軽減にもつながりますよ。 添え木をしてテーピング 骨折の応急処置と言えば「 添え木」ですが、足の指は小さいので、なかなか添え木をできない場合もあります。 そんな時は、 スポンジなどを小さく切って、患部の大きさに合わせ、隣の指を添え木代わりにしてテーピングしてください。 足の指だからと言って放置しないように 「腕や足の骨が折れたわけじゃあるまいし・・・」などと言って、病院へ行くことを面倒くさがってしまうと、 骨折した足の指が正しい位置でくっつかないことや、 曲がっさたままくっついてしまうことがあります。 またひびが入った場合も、きちんと完治せず、再発しやすくなります。 足の指は小さな箇所でも、歩くにはとても大切な役割を果たしていますので、しっかりケアしてあげましょう。 まとめ ついうっかり強くぶつけてしまうことが多い足の指ですが、屋内でもいつ骨折してしまうか分かりません。 足の指を骨折した(またはひびの)場合、応急処置で動かないようにした後は、早めに病院へ行きましょう。 きちんと処置をしてもらえば、痛みの引きも早いですし、後々のトラブルも少なくてすみますよ。 その他「足の指」に関する様々な情報・症状・対処法は、下記の記事にまとめています。

次の

骨折の種類で骨折が治るまでの期間が違う!すぐ治るのは手足?

骨 ひび 完治

スポンサーリンク 打撲の際に骨にひびが入っていたり骨折などを起こしているかどうかは重要です。 軽傷ならば自分で適切な処置を行い安静にしていれば時間の経過で治すことができます。 しかし ひびが入っていたり骨折したりしているのに放置して対処が遅れることで後遺症が残ったりする可能性が高くなります。 打撲の際に骨にひびが入っていたり骨折していたりしないかどうか見分け方を知っておくと早めに専門医の診療を受けるなどの対処をすることができます。 見分け方の一つとして痛みの目安があります。 【打撲の場合】 打撲の場合は動かすことができ、動かした際に痛みがほとんどありません。 また患部を動かすことや曲げることは可能でも痛むといった場合には打撲である可能性が高いです。 【骨折の場合】 が入っている場合には患部が動かせない、激痛があるといった場合には骨折やひびが入っている可能性があります。 日数がたっても痛みが引かない場合や痛みがどんどん強くなってきた、腫れがひどく内出血が見られるといった場合には骨折や靭帯の断裂の可能性が高いです。 これらの見分け方はあくまで目安になります。 痛みがひどい場合や不安な場合には無理をせず早めに専門医の診療を受けましょう。 スポンサーリンク 打撲をした際に骨にひびが入っていたり骨折をしていたりすると通常の捻挫や打ち身などとは違う痛みを感じます。 この痛みの質は 打撲の際に骨折や骨にひびが入っていないかを見分ける際の見分け方の目安の一つになります。 感覚的なものなので具体的に説明はできませんが、痛みをよく確かめてみて何かに体をぶつけた時にいつもと違う感覚の痛みがある場合には注意が必要です。 痛みの感じ方は人によって違うので曖昧にしか表現することができませんが見分け方の一つとして知っておくと打撲をした際に早めに対処することが可能になります。 私自身の体験からは打撲がジワーっと痛むのに対して骨折はピキッとした激痛という違いがありました。 さらに骨折は腫れ方がものすごく腫れます。 打撲であそこまで腫れたことはありません。 人により異なります。 【痛み以外では?】 痛み以外の見分け方としては患部をけがをしていない部位と比べてみることも有効です。 比べることでどのくらい腫れているのか比較がしやすく 腫れが強いほど骨折や靭帯損傷などの可能性が高いです。 しかし骨折している場合でもあまり腫れない場合もあります。 【まとめ】 ほかにも打撲の際にあらわれる内出血やあざなどで判断することもできますが安易に自己判断をしてしまい対処が遅れると後遺症が残ってしまう場合があります。 応急処置をした後に症状がひどいようなら早めに専門医の診療を受けましょう。

次の

足の指を骨折した場合(またはひび)の症状6つと対処法2選

骨 ひび 完治

骨挫傷とは? 骨挫傷とは、骨に過度な衝撃が加わって起こる怪我です。 骨の怪我で最も大きなものが骨折です。 ただ、 骨挫傷は骨折には至っていない怪我です。 例えば、スポーツ中であれば相手選手と接触してぶつかった際に骨挫傷が起こります。 転倒してぶつけた際や、野球のデッドボールのように何か強い衝撃が加わった際にも骨挫傷は起こります。 また、接触プレー以外でも骨挫傷は起こります。 肘や膝などを捻った際に、骨と骨がぶつかって損傷すれば骨挫傷となります。 この為、骨挫傷はかなり幅の広い言葉と言えます。 また、ものによっては「骨折の手前の症状」として使われます。 この場合は、 「骨折はしていないものの骨の損傷がある怪我」といった認識でいいと思います。 骨挫傷と骨折の違いとは? 骨挫傷と骨折はよく混同される言葉です。 骨挫傷と骨折で決定的に違うのが、 その名の通り骨が折れているかどうかです。 骨が折れていれば骨折ですが、いわゆるヒビの入った状態も骨折に入ります。 一般的に、骨挫傷はレントゲンで異常のない怪我と言われています。 レントゲンで異常が分かれば骨折、レントゲンで異常はないものの骨折と同じような衝撃が加わった怪我が骨挫傷と現場では使われることが多いようです。 骨折の詳しい解説はこちらから 骨挫傷はレントゲンではなくMRI検査で異常が分かる場合があります。 ただ、MRI検査はレントゲン程簡単に撮れないので、実際にはレントゲンで問題なければ骨挫傷と認識されることが多いようです。 骨挫傷と打撲の違い 骨挫傷と打撲も同じように使われる言葉ですが、これは定義が違います。 打撲は怪我の仕方を表す言葉です。 打撲は外からの強い衝撃によって起こる怪我ですので、痛めた場所が骨でも筋肉でも打撲です。 骨挫傷は外部からの強い衝撃によって骨に損傷が起こる怪我です。 その為、言葉の使い方としては 「打撲によって骨挫傷が起こった」という表現が適切です。 これは、筋挫傷でも同じことが言えます。 骨挫傷が多いスポーツ 骨挫傷が多いスポーツの特徴としては、接触プレーが多いスポーツが挙げられます。 サッカーやラグビーなど、相手選手との強い接触があれば骨挫傷のリスクが上がります。 また、野球のように硬いボールを扱うようなスポーツであればボールによる骨挫傷も多く起こります。 デッドボールが典型的な例です。 その他、柔道のように転倒が多いスポーツ、ラクロスや剣道のように相手から叩かれる可能性があるスポーツでも起こりやすいと言えます。 骨挫傷が多いスポーツをまとめるとこうなります。 ・サッカー ・バスケットボール ・ラグビー ・アメフト ・アイスホッケー ・野球 ・ソフトボール ・ラクロス ・ハンドボール ・空手 ・柔道 ・剣道 etc. 骨挫傷の全治 骨挫傷の全治は、程度によってかなり差があります。 全治とは完治するまでの期間のことです。 骨折の全治がだいたい2~3か月であることが多く、骨挫傷はそれよりも短いです。 骨挫傷の全治の目安としては、 2週間~3週間程度であることが多いと言われています。 ただ、もっと長い場合もあります。 骨挫傷の部位や損傷の程度によって異なりますので、その症状次第です。 また、全治の見通しもはっきりしないことが多く「全治未定」で診断されることもあります。 限りなく骨折に近い骨挫傷であれば、全治はもっと長くなります。 骨挫傷で全治が6週間くらいというケースも見受けられます。 軽症の骨挫傷の場合は、1週間もかからないで治る場合も多いです。 「思ったよりも全治が長かった、思ったよりも全治が短かった」ということがよくあるのが、骨挫傷の特徴とも言えます。 その為か、「骨挫傷は治りにくい」「骨挫傷は完治しにくい」といった印象を受けている方も多いようです。 しかし、 骨挫傷が治りにくいというよりも骨挫傷の全治が分かりにくという方が正確です。 完治まで時間がかかる可能性もありますので、復帰時期の予想という意味では厄介な怪我と言えます。 骨挫傷の治療方法 骨挫傷の治療方法としては、基本的には安静です。 これは骨折でも同じですが、骨に対して外部から働きかけて治すという手法はあまりありません。 骨の原料になるカルシウムやマグネシウム、その摂取を助けるビタミンDなどを摂取することも必要です。 そして睡眠をしっかりとることで、より骨の治癒を促進します。 酸素カプセルで治癒を早めるという話もありますが、真偽のほどはわかりません。 骨挫傷の初期の応急処置としては、RICE処置というものがあります。 これは、処置の順番の頭文字をとった言葉です。 RICE処置の詳しい解説はこちらから 骨挫傷を早く治す方法 骨挫傷を早く治す方法としては、基本的には骨折を早く治す方法と同じです。 まずは基本的なこととしては、安静にします。 安静にして治りかけた骨が再度損傷しないようにする、つまり完治を長引かせないという方法です。 また、カルシウムの摂取、カルシウムの吸収を助けるビタミンDの摂取なども効果的です。 そして、睡眠をしっかりとることでより早い回復を促します。 しかし、最近ではただ休むだけでは効果が薄いと考えるものもあります。 そこで注目されている方法が、 超音波治療や酸素カプセルです。 まだまだ研究結果などは少なく、一般に広まっている訳でもありませんが骨の治りを早めるとしている研究結果もあります。 どうしても骨挫傷を早く治したいという場合は、この超音波治療や酸素カプセルを使う方法も検討してみてはいかがでしょうか? 骨挫傷が疑われる場合は整形外科を受診する 骨挫傷が疑われる場合は、医療機関の受診をお勧めします。 骨挫傷の場合、医療機関は整形外科を受診します。 整形外科でレントゲン検査を受けて、骨折の有無を調べることが大切です。 骨挫傷で最も怖いのは、実は骨折していたというケースです。 骨折の診断はレントゲン検査で行いますが、レントゲン検査による診断は結構難しいものです。 骨挫傷か骨折か微妙な症状の場合、素人が見てもよく分からないだけではなく医者によっても診断が変わるくらいの微妙な差しか見れません。 できればスポーツに強い病院やスポーツ整形外科の方がより正確な診断が期待できます。 近くにそのような病院がなければ、整形外科であればどこでもレントゲン検査は出来ますのでひとまず受診しましょう。 骨挫傷のリハビリ方法 骨挫傷のリハビリ方法としては、まずは骨の損傷が治まることが先決です。 炎症が無くなり、痛み無く動かせるようになってからがリハビリの本格的な開始になります。 これは骨のリハビリというよりも、安静にしている間に落ちた筋力や柔軟性のリハビリと言った方が適切だと思います。 その為、骨挫傷のリハビリでやることは部位によって異なります。 例えば、肘の骨挫傷であれば肘を固定しています。 そうすると、肘の曲げ伸ばしの筋力・柔軟性が低下します。 右腕と左腕の太さが変わっていることもあります。 また、肘が完全に伸びきらない、完全に曲がらないという場合もあります。 その為、まずは日常生活に支障が出ないようにリハビリをしていきます。 スポーツ復帰に向けたリハビリは、その後に行われます。 肘の曲げ伸ばしが出来れば、今度はウェイトトレーニングのように重りをかけて負荷を上げていきます。 その後、競技動作に近づけていきます。 野球選手であればボールを投げる、バスケットボール選手であればシュートを打つなどの競技に特化した動作です。 そして徐々に競技の練習に加わり完全復帰となります。 このように、骨挫傷の為のリハビリがあるというよりも、骨挫傷が治り次第少しずつ元の動作を取り戻していくというリハビリになります。 骨挫傷は放っておけば治ると言えば治ります。 ただ、それでは その間に失った筋力や柔軟性が戻りません。 骨挫傷で失った筋力や柔軟性を取り戻して、初めて骨挫傷が治ったと言えます! リハビリのトレーニングはパーソナルトレーニングでも行えます。 怪我で失った筋力や柔軟性の回復、迅速なスポーツ競技への復帰へのトレーニングにはパーソナルトレーニングがおすすめです。 はこちら.

次の