えづく 原因。 歯磨き中の吐き気・えずきの原因と簡単な対処法

吐き気・嘔吐の原因となる病気一覧【医師が解説】 [胃腸の病気] All About

えづく 原因

小型犬・肥満犬は要注意• ポメラニアン• シーズー• ヨークシャーテリア• 肥満犬 超小型犬や短頭犬種や肥満である犬は要注意です。 私の愛犬はポメラニアンですが、ちょっと興奮してしまった時に咳が出てしまったり、えづいてしまうことがよくあります。 気管がとても弱いんだということを理解しながら興奮し過ぎてしまわないように注意したり、首や喉や気管に大きな負担がかかってしまわないように首輪ではなくハーネスでお散歩をしたり、強く引っ張ってしまわないように急に走らせないなど、たくさんのことに注意を払っています。 気管虚脱によって治療に通っているパグと会ったことがあるのですが、「ゼーハー」と荒々しく苦しそうに呼吸をしていて、元々は太りすぎてしまったことが原因のようでした。 症状が悪化してしまうとチアノーゼという症状が表れるようになったり、呼吸困難によって失神してしまうなどの症状が表れる可能性もあります。 昔飼っていた雑種のわんちゃんが心臓病になって少したった頃、カッカッと吐き気のように、えずくようになったので新しい症状かと思い、獣医さんに診ていただきましたら、肺水腫になっていました。 肺水腫のことを知らなかったので、また手術しなければいけないかと思いましたが、実際は利尿作用のあるお薬を、点滴しておしっこをだすととりあえずは治るらしくて安心しました。 わんちゃんは、苦しそうでしたが、おしっこが出だすと、元気もでてきまして安心しました。 ご飯も、少しずつ食べるようになり、お散歩も行けるようになりました。 走ったりはできませんでしたが、お花の匂いを嗅いだり楽しそうでした。 心臓病になったのは、若い頃だったので可愛そうだったのですが、走れなかったり、えずいて肺水腫になったりは、歳をとってからだったので、まだよかったのでは、と思います。 わんこがえづいたりしんどそうにしていると、とても心配ですよね。 人間のように言葉が話せないだけに、どのように対処すればよいのかとても迷うところだと思います。 わが家にも三匹のわんこがいますが、今のところはまだ健康なので大きな病気の心配は現時点ではありません。 でもそんな健康な状態ではあっても、まれにえづくこともあります。 それほど長く続くものではなく一時的なものなので、様子見のみで特に問題はなさそうです。 しかしえづきから、これだけの病気の可能性があることを知ると、ちょっと心配にもなります。 定期的に健康診断を受けさせなければならないなと思いました。 ちなみにえづきの原因のひとつとして、必ずしも病気というのではなく、空腹時にも吐くことがあるそうです。 食事と食事の間が長すぎて、極端に空腹になると、ちょっと黄色っぽい泡のような液体を吐き出すそうです。 戻してしまうとそれ以上のえづきが続くことはなく、けろっとして遊んだり走り回ったりできます。 空腹が原因の場合は、一日にあげる食事回数を増やすと良いと聞きました。 一日の摂取量が増えすぎてしまわないように、一回ごとの量は減らすようにしないといけないですよね。 自分の愛犬が気持ち悪そうにしていたら、その前後の行動などをよく観察すると良いかもしれませんね。 病気が原因である場合は、その前後の様子もきっとつらそうにしているはずです。 とは言っても素人判断はやはり危険だと思いますので、この記事書かれているような疾患の予備知識を飼い主があらかじめ持っておくことも必要だと思いますし、不安を感じた場合、できるだけ早く専門の獣医師に診てもらうのがいちばん良いでしょうね。

次の

えずく原因として考えられることは?

えづく 原因

スポンサーリンク 動物病院を受診する際にも、 状況が分かっていると獣医師も 診断がしやすくなります。 また、おウチでも 見極め方を 知っておくと、慌てず対処できますよ! ぜひ、勉強して覚えておきましょう! まずは、吐いたときの状況のチェックです。 吐いたときに観察すること <吐いたときの状況> ・食後に吐いた ・食前に吐いた ・寝起きなどの朝方に吐いた ・食後何分くらいで吐いた・・など <吐いたあとの様子> ・変わらず元気 ・また食事を食べる 要求する ・おとなしくグッタリしている・・など <吐く回数> ・一回だけか? ・複数回吐いたか?・・など <吐いたものは何か> ・黄色や茶色っぽい胃液 ・白い泡状のもの ・未消化のフード ・毛玉 ・血が混ざってないか ・異物はないか・・など <吐き気以外の症状はないか> ・下痢はないか ・食欲はあるか ・水を良く飲むなどないか ・元気はあるか・・など <異物や中毒物質の摂取の可能性はないか> ・遊んでいたオモチャがなくなっている ・ヒモやゴムで遊んでいたが見当たらない ・洗剤を舐めていた・・など 様子見でも大丈夫な「吐く」 <食欲も旺盛で食後すぐに吐く場合> 特にドライフードの場合は、 食べて胃の中で膨張するため、 吐き出すこともあります。 ガツガツと早く食べ過ぎてしまい、 吐き戻す子もいます。 この場合は、吐き戻したものを また食べたり、すぐにまたご飯 を要求することもあります。 対処法としては、 食事を小分けにして、一度の 食事量を減らすのがいいですね。 また、猫は自分で食事の量など、 カロリー調整する本能もあるため、食 べ過ぎたなと思うと吐き出すこともあります。 <黄色っぽい液体や白い泡状のものを吐く> これは主に、明け方や寝起きなど の食前に見られる吐き気で、空腹 が原因によることが多いです。 その後、食事を与えて普通に 食べて吐かないようなら問題ないです。 対処法としては、夕飯の時間を 遅らせるか、 寝る前に少しだけ ご飯をあげるなどして、 極端な 空腹の時間を作らないようにすると いいですね。 <毛玉を吐く> 吐いたものを観察してみると、 毛の塊が胃液に混ざって出てくる ことがあります。 これはグルーミングによって、 胃の中に入ってしまった毛が 溜まってしまったのを吐き出して いるので、 猫にとっては自然なことです。 定期的に吐き出す子もいます。 また、一度で出ずに複数回繰り 返してやっと毛玉が出る場合もあります。 それ以外に元気・食欲があるの であれば問題はないです。 ただし、あまりに毛が溜まって しまい、 上手に吐き出せない子は 毛球症になってしまい、 頻繁な 吐き気や食欲不振など繰り返すこと もあります。 こまめにブラッシングをして あげて、抜け毛を とってあげる のが大事ですね。 特に長毛の猫さんは注意が必要です。 <猫草を食べて吐く> これも大丈夫ですね。 猫が草を食べるのは、吐くためです。 胃の状態が優れないときなど、 草を食べてその刺激で、胃の中 に滞る食べ物や余分な胃酸を吐き出そうとします。 頻繁にその行為が続かなければ 問題ないです。 ただし、猫が食べても大丈夫な 草を与えましょう。 観葉植物の中には、猫が中毒を 起こす種類の ものもありますので、 注意してください。 スポンサー リンク 問題のある「吐く」 猫は、さまざまな要因で吐く動物 ですが、 「吐く」原因が、 病気の 初期症状であったり、 命の危険を 伴うもの・緊急の処置を要する もの なども多くあります。 以下のような吐き気や状態が 見られたら、 早急に動物病院を 受診しましょう。 <嘔吐以外の症状を伴う場合> ・元気消失 ・食欲不振 ・動かない ・苦しそう ・うずくまっている などがあれば、 腹痛や発熱など、 その他の症状も出ている場合が多いです。 また、 下痢なども要注意です。 <嘔吐を繰り返す> 1~2度吐いただけで、その後 元気もあれば問題ないですが、 1日に複数回、または短時間に 複数回吐く場合は、 消化器や 炎症性の病気、中毒 や異物などの 誤飲の可能性があります。 <出血を伴う吐き気> 血が混ざっていたり、濃い茶色 の嘔吐物の場合は 潰瘍や腫瘍、 腸閉塞などの可能性があります。 <痙攣などの症状を伴う吐き気> 痙攣やショック症状、水下痢など、 嘔吐以外にも 激しい症状を伴う場合 は、 中毒やウイルス 疾患などの 可能性があり、緊急性も高い状態です。 <異物が混ざった嘔吐物> 猫では異物の誤飲が非常に多いです。 特に 糸やヒモ状のもの、ビニール など、 遊んでいてそのまま飲み込ん でしまうケースが多くあります。 この場合、 腸閉塞などの症状を 起こす可能性があります。 <嘔吐物から便臭がする> 上記のような 異物の誤飲により、 腸閉塞を起こしてしまい、 消化中の食べ物が大腸方向へ 流れなくなっている状態になると、 嘔吐物から 便の匂いがすることが多くあります。 その他、吐き気を伴う主な病気 ワクチンを接種していれば心配ありません 多飲多尿・食欲不振・体重減少などアリ 多飲多尿・食欲不振・体重減少・黄疸などアリ ウンチが2日以上出ない・食欲不振などアリ 食欲不振・血尿・オシッコ出ないなどアリ 下痢、食欲不振・ノミの寄生などアリ 食欲旺盛なのに痩せてくる・多飲多尿などアリ これらは吐き気と共に何らかの 他の症状が出ることがほとんど ですが、いずれも 早期治療 が重要な カギとなってくる病気です。 大丈夫じゃない 「吐く」が 見られたら、早めに 動物病院を 受診するようにしてくださいね!.

次の

朝の歯磨きでえづく原因は?吐き気を抑える方法は?

えづく 原因

スポンサーリンク 動物病院を受診する際にも、 状況が分かっていると獣医師も 診断がしやすくなります。 また、おウチでも 見極め方を 知っておくと、慌てず対処できますよ! ぜひ、勉強して覚えておきましょう! まずは、吐いたときの状況のチェックです。 吐いたときに観察すること <吐いたときの状況> ・食後に吐いた ・食前に吐いた ・寝起きなどの朝方に吐いた ・食後何分くらいで吐いた・・など <吐いたあとの様子> ・変わらず元気 ・また食事を食べる 要求する ・おとなしくグッタリしている・・など <吐く回数> ・一回だけか? ・複数回吐いたか?・・など <吐いたものは何か> ・黄色や茶色っぽい胃液 ・白い泡状のもの ・未消化のフード ・毛玉 ・血が混ざってないか ・異物はないか・・など <吐き気以外の症状はないか> ・下痢はないか ・食欲はあるか ・水を良く飲むなどないか ・元気はあるか・・など <異物や中毒物質の摂取の可能性はないか> ・遊んでいたオモチャがなくなっている ・ヒモやゴムで遊んでいたが見当たらない ・洗剤を舐めていた・・など 様子見でも大丈夫な「吐く」 <食欲も旺盛で食後すぐに吐く場合> 特にドライフードの場合は、 食べて胃の中で膨張するため、 吐き出すこともあります。 ガツガツと早く食べ過ぎてしまい、 吐き戻す子もいます。 この場合は、吐き戻したものを また食べたり、すぐにまたご飯 を要求することもあります。 対処法としては、 食事を小分けにして、一度の 食事量を減らすのがいいですね。 また、猫は自分で食事の量など、 カロリー調整する本能もあるため、食 べ過ぎたなと思うと吐き出すこともあります。 <黄色っぽい液体や白い泡状のものを吐く> これは主に、明け方や寝起きなど の食前に見られる吐き気で、空腹 が原因によることが多いです。 その後、食事を与えて普通に 食べて吐かないようなら問題ないです。 対処法としては、夕飯の時間を 遅らせるか、 寝る前に少しだけ ご飯をあげるなどして、 極端な 空腹の時間を作らないようにすると いいですね。 <毛玉を吐く> 吐いたものを観察してみると、 毛の塊が胃液に混ざって出てくる ことがあります。 これはグルーミングによって、 胃の中に入ってしまった毛が 溜まってしまったのを吐き出して いるので、 猫にとっては自然なことです。 定期的に吐き出す子もいます。 また、一度で出ずに複数回繰り 返してやっと毛玉が出る場合もあります。 それ以外に元気・食欲があるの であれば問題はないです。 ただし、あまりに毛が溜まって しまい、 上手に吐き出せない子は 毛球症になってしまい、 頻繁な 吐き気や食欲不振など繰り返すこと もあります。 こまめにブラッシングをして あげて、抜け毛を とってあげる のが大事ですね。 特に長毛の猫さんは注意が必要です。 <猫草を食べて吐く> これも大丈夫ですね。 猫が草を食べるのは、吐くためです。 胃の状態が優れないときなど、 草を食べてその刺激で、胃の中 に滞る食べ物や余分な胃酸を吐き出そうとします。 頻繁にその行為が続かなければ 問題ないです。 ただし、猫が食べても大丈夫な 草を与えましょう。 観葉植物の中には、猫が中毒を 起こす種類の ものもありますので、 注意してください。 スポンサー リンク 問題のある「吐く」 猫は、さまざまな要因で吐く動物 ですが、 「吐く」原因が、 病気の 初期症状であったり、 命の危険を 伴うもの・緊急の処置を要する もの なども多くあります。 以下のような吐き気や状態が 見られたら、 早急に動物病院を 受診しましょう。 <嘔吐以外の症状を伴う場合> ・元気消失 ・食欲不振 ・動かない ・苦しそう ・うずくまっている などがあれば、 腹痛や発熱など、 その他の症状も出ている場合が多いです。 また、 下痢なども要注意です。 <嘔吐を繰り返す> 1~2度吐いただけで、その後 元気もあれば問題ないですが、 1日に複数回、または短時間に 複数回吐く場合は、 消化器や 炎症性の病気、中毒 や異物などの 誤飲の可能性があります。 <出血を伴う吐き気> 血が混ざっていたり、濃い茶色 の嘔吐物の場合は 潰瘍や腫瘍、 腸閉塞などの可能性があります。 <痙攣などの症状を伴う吐き気> 痙攣やショック症状、水下痢など、 嘔吐以外にも 激しい症状を伴う場合 は、 中毒やウイルス 疾患などの 可能性があり、緊急性も高い状態です。 <異物が混ざった嘔吐物> 猫では異物の誤飲が非常に多いです。 特に 糸やヒモ状のもの、ビニール など、 遊んでいてそのまま飲み込ん でしまうケースが多くあります。 この場合、 腸閉塞などの症状を 起こす可能性があります。 <嘔吐物から便臭がする> 上記のような 異物の誤飲により、 腸閉塞を起こしてしまい、 消化中の食べ物が大腸方向へ 流れなくなっている状態になると、 嘔吐物から 便の匂いがすることが多くあります。 その他、吐き気を伴う主な病気 ワクチンを接種していれば心配ありません 多飲多尿・食欲不振・体重減少などアリ 多飲多尿・食欲不振・体重減少・黄疸などアリ ウンチが2日以上出ない・食欲不振などアリ 食欲不振・血尿・オシッコ出ないなどアリ 下痢、食欲不振・ノミの寄生などアリ 食欲旺盛なのに痩せてくる・多飲多尿などアリ これらは吐き気と共に何らかの 他の症状が出ることがほとんど ですが、いずれも 早期治療 が重要な カギとなってくる病気です。 大丈夫じゃない 「吐く」が 見られたら、早めに 動物病院を 受診するようにしてくださいね!.

次の