子宮 口 開き 方。 子宮口の開き方や開く流れついて知っておきたいこと

子宮口を開くには?運動などで柔らかくする方法や感覚・痛みなど詳しく解説!

子宮 口 開き 方

子宮口が10cm開大したらいよいよ出産ということを母親学級などで耳にした方もいらっしゃるでしょう。 ですが、子宮口がいつ、どのように開大していくか、ご存知でしょうか? 分娩の経過とともに子宮口の変化を知っておくと、赤ちゃんが生まれるまでどのくらいかイメージしやすくなるかもしれません。 そこで今回は、子宮口の開き方や子宮口の開きが悪いときの対処法などについてご説明します。 子宮口とはどの部分? 子宮は、大きく子宮体部と子宮頸部の2つに分けることができます。 子宮体部が子宮頸部に移行する部分を内子宮口、子宮頸部の腟につながっている部分を外子宮口といいます。 分娩経過中、医師や助産師が内診をおこない、子宮口の開き具合を見ていきますが、そのとき見ているのは、外子宮口の部分です。 初産婦さんと経産婦さんとでは、外子宮口の形状が異なります。 また、初産婦さんより経産婦さんのほうが子宮口がやわらかく開大しやすいという特徴があります。 子宮口はどのように開く? 分娩第1期までの子宮口の変化 妊娠37週に入ると、妊婦健診で内診をおこなう産院が多いかと思います。 内診で子宮頸部の変化を観察し、分娩開始の兆候がないか判断しています。 その際、子宮口の開大度・子宮頸管の展退度(長さ・厚さ)・子宮頸部の硬さ・子宮口の位置・赤ちゃんの頭の位置を確認します。 そしてその結果を点数で評価したものを、Bishop Score(ビショップスコア)といい、分娩開始後も分娩進行状況の指標の1つとして用いられます。 出産が間近に迫った妊娠後期には、分娩の予兆とも言えるさまざまな変化が訪れます。 その1つが「前駆陣痛」です。 前駆陣痛は分娩の直前に起こる、不規則で弱いおなかの張りを指します。 時間の経過とともに本格的な陣痛に変わり、分娩となるケースが多いと言われます。 この前駆陣痛が起こっているころ、少しずつ子宮口に変化が見られ始めます。 そして、いよいよ本格的な陣痛が始まります。 規則的なおなかの張りが10分以内、あるいは1時間に6回以上みられるようになったときが陣痛開始となり、そこから分娩所要時間がカウントされていきます。 分娩の経過は、分娩第1期~第3期に分けられており、分娩第1期に子宮口は大きく変化していきます。 分娩第1期は、、子宮口が10cm開大するまでの時期を言います。 分娩第1期は開口期ともいわれます。 開口期は、潜伏期と活動期に分けられ、活動期はさらに加速期・極期・減速期に分けられます。 潜伏期は、子宮口がゆっくり開大し、2. 5cmくらいまでになる時期を言います。 活動期は、子宮口が加速度的に開大する時期をいい、加速期には2. 5〜4cm、極期には急速に子宮口が開大し、減速期に9~10cm(全開大)となります。 また子宮口は開大するだけでなく、徐々に短くうすくなり、鼻翼くらいの硬さがマシュマロくらいに、そして位置も前の方に移動していきます。 分娩第1期に要する時間は、個人差はありますが、初産婦さんの場合は約10~12時間、経産婦さんの場合は約4~6時間ですが、微弱陣痛などにより30時間ほどかかる場合もあります。 子宮口がなかなか開かないときはどうする? 出産する際に欠かせない要素の1つに「産道」があります。 そのなかに子宮口も含まれています。 分娩の進行とともに陣痛が強く、短くなると同時に子宮口も開大し、赤ちゃんが下りてくるですが、なんらかの理由で子宮口が開かずなかなか分娩がすすまないということも起こりえます。 子宮口がなかなか開かない原因は以下のようなものがあげられます。 ・難産道強靭(なんざんどうきょうじん) ・微弱陣痛 ・疲労、ストレス、など 子宮口がなかなか開かないときは、何が原因かによっても対応が異なります。 基本的には、母子の状態に問題がなければ、経過観察しながら子宮口が全開大するのを待ちます。 その際、あぐらをかいたり四つん這いになったりして、自分自身がラクな体勢で過ごすことが大切です。 そして、いきみ逃しも忘れずにおこないましょう。 子宮口が全開大になる前にいきんでしまうと、おなかの中の赤ちゃんにストレスがかかるだけでなく、さらに子宮口が開きにくくなってしまいます。 なるべく、息を吐くことに意識を置いて、陣痛を乗り越えましょう。 また、水分補給や可能であれば食べられるものを食べたり、休めるときには休むなどして体力温存にも心がけましょう。 ずっと安静にしているのも逆効果のこともあります。 破水していないようであれば、歩いたり、入浴や足湯などでリラックスしながら体を温めたりするのも効果的です。 そのほか、微弱陣痛と判断された場合は、陣痛促進剤を使用することもあります。 このような対処をしながら子宮口が全開大するまで経過を見ていきますが、途中でおなかの中の赤ちゃんの心拍数が低下したり、ママの体力の消耗が激しいなどで、このままでは母子に危険が及ぶと判断された場合には、帝王切開に切り替わるケースもあります。 妊娠中にできることはある? 自分の出産がどのような経過をたどるのかは、やはり始まってみないとわかりません。 ですが、少しでもスムーズな出産となるよう、妊娠中から準備しておくことも大切です。 妊娠中に体重が増えすぎたり、もともと肥満体型であったりすると、微弱陣痛などさまざまな合併症を引き起こす危険性があります。 妊娠中は脂っこい食べ物などを控える、無理のない範囲で体を動かすと同時に、不足しがちな鉄分やカルシウムを積極的に摂り入れるようにましょう。 妊娠中に激しい運動は禁物ですが、適度な運動は体力維持やストレス解消にも効果的だと言われています。 臨月になったらウォーキングなどの有酸素運動やストレッチなどに取り組んでみましょう。 そして、特に初産の場合、分娩中の痛みや恐怖から、過緊張に陥ってしまう場合があります。 妊娠中に分娩の進み方をよく理解しておき、日頃からイメージトレーニングをおこないましょう。 また、緊張したときにはゆっくり息を吸って吐く、いわゆる呼吸法の練習もしておくとよいでしょう。 呼吸法にはさまざまな手法がありますが、陣痛のタイミングに合わせてしっかり息を吐くことを意識しましょう。 まとめ 分娩の進み方、子宮口が開くタイミングや所要時間には個人差があります。 妊娠中から体と気持ちのメンテナンスに取り組むとよいでしょう。 陣痛中は痛みも伴い、長時間となることもあるため、ゆっくり深呼吸し、なるべくリラックスして過ごしましょう。 大学附属病院で助産師をしながら、私立大学大学院医療看護学研究科修士課程修了。 その後、私立大学看護学部母性看護学助教を経て、現在ベビーカレンダーで医療系の記事執筆・監修に携わる。 「ベビーカレンダー」は、医師・専門家監修の妊娠・出産・育児の情報メディアです。

次の

子宮口を開くには?運動などの方法や処置、感覚・痛みについて

子宮 口 開き 方

子宮口がなかなか開かないときはどうする? 出産する際に欠かせない要素の1つに「産道」があります。 そのなかに子宮口も含まれています。 分娩の進行とともに陣痛が強く、短くなると同時に子宮口も開大し、赤ちゃんが下りてくるですが、なんらかの理由で子宮口が開かずなかなか分娩がすすまないということも起こりえます。 子宮口がなかなか開かない原因は以下のようなものがあげられます。 ・難産道強靭(なんざんどうきょうじん) ・微弱陣痛 ・疲労、ストレス など 子宮口がなかなか開かないときは、何が原因かによっても対応が異なります。 基本的には、母子の状態に問題がなければ、経過観察しながら子宮口が全開大するのを待ちます。 その際、あぐらをかいたり四つん這いになったりして、自分自身がラクな体勢で過ごすことが大切です。 そして、いきみ逃しも忘れずにおこないましょう。 子宮口が全開大になる前にいきんでしまうと、おなかの中の赤ちゃんにストレスがかかるだけでなく、さらに子宮口が開きにくくなってしまいます。 なるべく、息を吐くことに意識を置いて、陣痛を乗り越えましょう。 また、水分補給や可能であれば食べられるものを食べたり、休めるときには休むなどして体力温存にも心がけましょう。 ずっと安静にしているのも逆効果のこともあります。 破水していないようであれば、歩いたり、入浴や足湯などでリラックスしながら体を温めたりするのも効果的です。 そのほか、微弱陣痛と判断された場合は、陣痛促進剤を使用することもあります。 このような対処をしながら子宮口が全開大するまで経過を見ていきますが、途中でおなかの中の赤ちゃんの心拍数が低下したり、ママの体力の消耗が激しいなどで、このままでは母子に危険が及ぶと判断された場合には、帝王切開に切り替わるケースもあります。 妊娠中にできることはある? 自分の出産がどのような経過をたどるのかは、やはり始まってみないとわかりません。 ですが、少しでもスムーズな出産となるよう、妊娠中から準備しておくことも大切です。 妊娠中に体重が増えすぎたり、もともと肥満体型であったりすると、微弱陣痛などさまざまな合併症を引き起こす危険性があります。 妊娠中は脂っこい食べ物などを控える、無理のない範囲で体を動かすと同時に、不足しがちな鉄分やカルシウムを積極的に摂り入れるようにましょう。 妊娠中に激しい運動は禁物ですが、適度な運動は体力維持やストレス解消にも効果的だと言われています。 臨月になったらウォーキングなどの有酸素運動やストレッチなどに取り組んでみましょう。 そして、特に初産の場合、分娩中の痛みや恐怖から、過緊張に陥ってしまう場合があります。 妊娠中に分娩の進み方をよく理解しておき、日頃からイメージトレーニングをおこないましょう。 また、緊張したときにはゆっくり息を吸って吐く、いわゆる呼吸法の練習もしておくとよいでしょう。 呼吸法にはさまざまな手法がありますが、陣痛のタイミングに合わせてしっかり息を吐くことを意識しましょう。

次の

出産時、子宮口はどう開く?なかなか開かないことも?妊娠中にできること(2020年5月25日)|ウーマンエキサイト(1/3)

子宮 口 開き 方

「子宮口」ってどこのこと?読み方は? 臨月の検診になると、よく先生から「子宮口〇〇センチ開いてるよ」「子宮口柔らかいね」など声かけされると思います。 では、その子宮口ってなんのことでしょうか? 子宮口とは子宮の出口となり、 赤ちゃんが出産のときに通るゲートのようなものです。 出産前には閉じていますが、出産の準備ができたら自然と開いてきます。 ですがその開き方には個人差があり、臨月になると子宮口を確認して、お産が早いかどうかを判断するのです。 ちなみに、 子宮口の全開は10cm。 この段階になると赤ちゃんが産まれています。 ちなみに「子宮口」の読み方はしきゅうぐち、ではなく 「しきゅうこう」ですよ。 子宮口の開き方は3段階 経膣分娩の流れは、おおまかに分けて3段階です。 第一分娩期(開口期) 私は解放感にひたっていて、胎盤を見れなかったのですが、付き添いの旦那さんには「レバーっぽかった」と言われました。 笑 胎盤を出す時には痛みはありませんでした。 ぬるん!とした感覚だけがある感じです。 出産の進め方!ママの状態と病院の対応 なんとなく出産の進め方はわかりましたかね? では、もう少し詳しく表で説明しますね! 子宮口 ママの状態 病院の対応 第一分娩期 ・子宮口は0~3cm ・陣痛は5~10分間隔 お腹が規則的に痛くなります。 生理痛のような痛み。 まだまだ携帯を見たり、寝転びながらTVを見る余裕があります。 まずは病院に電話しましょう。 「今から来て」と言われる場合もありますが、陣痛の具合によっては「まだまだ自宅で大丈夫」と言われる場合も。 実際病室にいてもTVも見れないので暇なんですよね…。 ・子宮口が3~7cm ・陣痛は2~5分間隔 痛みがだいぶ強まってきます。 いきみ逃しして頑張って! 個人差はありますがこの期間が一番長いかも。 一般的には、病室や陣痛室で過ごします。 病院によっては、陣痛室と分娩室が一緒のところも。 数時間おきに、血圧や体温をはかったり、内診で子宮口の開き具合と赤ちゃんの下がり具合をチェック。 ・子宮口が7~10cm ・陣痛は1~2分間隔 子宮口が全開になるまであと少し! 叫んだり、何かにつかまっていきみ逃しする人が多いです。 なるべく深い呼吸でリラックスしましょう! このころ破水が起こることが多いようです。 数時間おきに、血圧や体温をはかったり、内診で子宮口の開き具合と赤ちゃんの下がり具合をチェック。 第二分娩期 子宮口全開! 助産師さんのOKが出たら、いきんでください。 声を出さないほうが上手くいきめますよ。 目をしっかり開けて、あごを引いて、タイミングよくいきみましょう。 方法やタイミングなどは助産師さんがしっかりアドバイスしてくれるので大丈夫です! 陣痛室から分娩室に移動します。 病院によっては、陣痛室と分娩室が一緒のところも。 分娩監視装置で赤ちゃんの心音と収縮具合を確認します。 第三分娩期 胎盤が出るときに、もう一度弱い陣痛がきます。 今までの痛みが強すぎて、ほとんど分からないくらいかも。 会陰切開した場合は縫合。 麻酔なしで縫いますが、今までの痛みが強すぎるので、チクッとする程度の痛みにしか感じられません。 出血などを確認しながら、2時間はそのまま分娩室で安静にします。 子宮口が開くのってわかるもの? 子宮口が開く感覚、というものは妊婦さん本人は分からないもの。 経産婦でも「あ!今6cmだな」というのは分からないと思います。 子宮口が開くことによる痛みというよりも、陣痛による痛みの方が強く感じていることが多いようです。 子宮口が開いてから出産までの時間 出産には 初産婦で10~18時間。 経産婦でも4時間はかかると言われています。 実際に私が体験した出産の体験談をご紹介しますね! 妊娠中の生活 私は出産予定日の1か月前まで事務系の仕事をしていました。 通勤時間に1時間ほどかけていたというのもあり、仕事で外にでかけることもあり、平均1日8000歩は歩いていたと思います。 産休に入ってからも、歩くことを意識して散歩に2時間出かけたり、友達と遊びに出かけたりしていました。 なかなかおきない陣痛 予定日を1週間過ぎてもなかなか陣痛はおきません。 「はじめての出産だから、まぁ多少は遅れるか…」 と思っていても、周りから「まだ?」「まだ産まれてなかったんだ!」と言われるたびに焦る気持ちが出てきます。 さらに先生から「予定日を2週間過ぎると、羊水が減って赤ちゃんが危険なので、陣痛促進剤を打ちましょう」と言われてしまいます。 なんとかしてそれまでに赤ちゃんを産みたい!と思った私は、周りのママに聞いて「焼肉を食べたら産まれた」とか「リポD飲んだら産まれた」とかいう話をとりあえず実践! 効果のほどはわかりませんが、焼肉食べに行ってリポD飲んだその夜に陣痛がおきました!笑 次の日に陣痛促進剤打たれる!という前日の晩でした。 やっと陣痛が! 陣痛が10分間隔くらいのときは、まだ携帯の陣痛感覚アプリで時間を計ったり、横になってTVを見たりできるくらいの余裕でした。 「あたたた…」くらいの痛みです。 ただ、初めての出産だったこともあり、不安になったので病院に電話することに。 助産師さんからは「まだまだ電話できる痛みなら病院に来なくても大丈夫。 来ても暇だよ」と言われました。 なので、入院準備をしてお風呂に入っておくことに。 この時も陣痛の間隔は7分程度。 夜の9時くらいだったこともあり、体力温存するためにちょっとは寝れるかな…?と思いましたが、さすがに寝れませんでした。 痛みもありますが、これから出産!と思うと緊張で寝れる感じじゃなかったです。 とりあえず、親や友達に「陣痛なう!!」とだけメールしておきました。 笑 はじめて感じる痛み 陣痛が5分間隔になり、痛みが増してきたので病院に電話して行くことに。 このときは、陣痛がきたら携帯も触れなかったです。 ただ、旦那さんにつかまって立ってはいられる程度。 「あぁ、これが陣痛の痛みか…」 と、その時は思いましたが、あとになって思うと、まだまだ甘い。 本格的な痛みはそんなもんじゃありませんでした。 このとき、 子宮口は3cmほど。 病院のベットに寝て、しばらくしてから 子宮口が4cmほどに。 ここから 本格的な陣痛がはじまります。 私は水以外なにも受け付けれなくなり、途中で運ばれてくるご飯は全く食べれませんでした。 20時間たっても「6cmくらいかな?」と言われた時には「もう切ってください!」と半泣きに。 痛みの感じ方は人それぞれですが、私はお腹より 腰が痛かったです。 横向きに寝るのも痛かったので、トイレに行く以外、40時間ずっとあおむけでベットに寝ていました。 付き添ってくれている旦那さんが、腰をさすろうとすると「痛いからやめて!!」と叫んでしまいました。 笑 弱まる陣痛と促進剤 33時間経過したところで、陣痛が弱まってしまったので、 陣痛促進剤をうたれることに。 促進剤は、薬のちからチカラで子宮を収縮させて赤ちゃんを産まれやすくするためのもの。 促進剤打ったあとの陣痛は、今までよりもず~っと痛かった! しかし、そのおかげか陣痛の痛みがどんどん増していき、間隔も短くなっていきました。 もぅ「早く産まれて!」と願うばかり。 陣痛と陣痛の間に気絶したように寝ているので、そろそろ体力も限界に。 いよいよ分娩 私が行っていた病院は、陣痛室と分娩室が一緒になっているところなので、移動もなしにそのまま分娩へ。 「いきんでいいよ!」と言われても、体力が限界になっている私は上手く呼吸ができずに、 過呼吸のようになってしまいました。 しかし、助産師さんに口に布をあてられ、励まされながらなんとか立て直すことに成功。 「しっかり呼吸して!」「叫ばない!」「目は開いて、下のほうを向いて!」と助産師さんに強めのアドバイスをもらいながら、いきみ続けます。 「今、挟まってる!!!」って間隔。 会陰切開もされましたが、チクッとするだけでした。 痛みはほとんど感じず。 赤ちゃんが産まれたときは、なんというか… すごい解放感でした。 さっきまで感じていた痛みが一気になくなったのです! 赤ちゃんも元気に泣いていて「あぁ、ちゃんと産めたんだな」と安心感でいっぱいでした。 会陰切開されたところを麻酔なしで縫われましたが、これも痛みはほとんど感じませんでした。 出産をおえて 私の体験したことを赤裸々に話したので、これから出産されるかたは不安に感じるかもしれません。 出産は、間違いなく私の人生で一番痛い経験でしたが、二人目妊娠中の今でも、はじめて赤ちゃんに会えたあのときの出産を思い出すと感動で胸がいっぱいになります。 そして、また産みたいと思えるステキな体験でした。 不安も恐怖も感じて当然ですが、それ以上にお腹にいる赤ちゃんと初めて会えることは感動しますよ! 子宮口が開きにくい人って? 子宮口が開きやすい・開きにくいというのはあるようです。 子宮口が柔らかいほうが陣痛がきたときに、お産が進みやすくなります。 では、子宮口をスムーズに開かせるためにはどんな方法が効果的なのか!? 私も、二人目では実践しようと思います! 四つん這いの姿勢は、股関節を柔軟にして子宮口を柔らかくしてくれることがあります。 また、陣痛が始まった後で、四つん這いの姿勢を取ると腰痛が緩和されたというママもいますよ。 実際やってみると、腰の痛さが四つん這いの姿勢の時はましなんですよね。 四つん這いの脚の開き方は、赤ちゃんが下りてくるのを手助けするともいわれています。 ただ、長時間四つん這いでいると、膝が痛くなるので注意しましょう。 冷えを改善する 身体の冷え性は血行を悪くし、筋肉や身体を強張らせてしまいます。 冷えは万病のもと! 手先や足などの末端から温めて、硬くなった身体の筋肉をほぐすようにしましょう。 まとめ いかがでしたか? 子宮口は全開の10cmになるまでが長くツライ戦いですが、終わりは必ずくるので、赤ちゃんに会うために頑張ってくださいね! イメージトレーニングも大切ですが、落ち着いて焦らないことも重要ですよ。 私のように過呼吸になったら、お産もなかなか進まないですからね…。

次の