センラ漫画。 ゼンラニウム (ぜんらにうむ)とは【ピクシブ百科事典】

浦島坂田船【BL・短編集】

センラ漫画

概要 『』に登場する。 であるクソザコおじさん・を除けば、である。 屈強なの姿をしているが 常に素っ裸に一枚ので、 に大量ののを咲かせている。 その外見通り(?)を自在に操る特性を有しており、で遠くの物をからめとったり、 股間で走行したりできる。 のY談ビームを受けた際には「おしべとめしべが重なり合って…」という人類には理解しがたい性癖を晒していた。 常にハダカであるが故に極端にを覆うことを羞恥しており、を履かされると大泣きして戦意を喪失する。 ドラルク及びに対し 股間から取り出したゼンラニウム一族のを食わせ眷属に引き入れようとするも、により拿捕され送りになる。 その後は(以外は)コレといってに害を及ぼさない性質上、強力被検体()として度々仮出所しており、そのたびにに迷惑の種をばらまいている。 及びY談とは同じ釜の飯を食った中であり、事あるごとに三人で登場してはバカをやっている。 コゼンラ ゼンラニウムの作り出した使い魔。 人間の下半身に大量にゼラニウムが生えているという名状しがたい姿をしている。 普段は手のひら大であるが、一時期サイズになっていたこともあった。 関連項目 関連記事 親記事.

次の

歌い手さんでBL書く!! - フリー小説投稿館

センラ漫画

「神谷浩史」さんの声マネが 人気のセンラさんですが、 2010年2月に声マネをしてアップした 「デュラララ!! 」臨也サーキュレーション歌ってみたは、 歌ってみたカテゴリ 初のランキング入りを果たしていました。 2018年11月には、 5年ぶりとなる ワンマンツアーを開催していました。 センラの素顔がイケメン過ぎww 浦島坂田船メンバー1の長身(175㎝)で知られるセンラさん。 デビューしたのは2008年。 出身地は京都府です。 すでに素顔も公開していたようです。 2019年現在まで 口元を隠しているみたいですが、 写真を見た限り かなりのイケメンだと思いますね。 ジャニーズや人気のK-POPアイドルにいそうですし。 韓国でデビューしたとしても 人気者になっていたでしょう。 メガネも似合うセンラさん。 知的なセンラさんもカッコいい。 いやむしろ 余計にカッコ良く見えますね。 「浦島坂田船」の仲間である「となりの坂田」さんや「志麻」さんは、 いつの間にか口元を出した素顔を 公開していたので、 センラさんにも、 今後、完全な顔出しが 期待できるかも。 センラの胸毛騒動まとめ センラさんといえば、 胸毛というキーワードと一緒に 検索されることが多く そのことが気になっている ファンも多いようです。 胸毛がチャームポイントのセンラさんですが、 2018年10月に、幕張メッセで、 浦島坂田船がライブを行った際に、 「胸毛」を自身のフードとして 販売していたそう。 実際は本物の胸毛ではなく、焼きそばだったみたいですね。 センラさんの胸毛には、 同じ日に幕張でライブを行った 米津玄師さんのファンが驚愕し、 米騒動や胸毛事件などが Yahooトレンド入りしていたようです。 フードブースで可愛い女の子達が「胸毛たべたい」って言ってたのほんとにパワーワードすぎて笑った…ありがとうセンラさん… — 七葉。 今後、有名になるに連れて センラさんの詳細なプロフィールが 明らかになりそうですね。 センラに彼女はいる? センラさんは、これまでに 女性と付き合ったことがないそう。 草食男子なのでしょうか? それとも恋愛に興味がない絶食系? そんなセンラさんには、 理想の彼女を具現化した 創作2次元キャラの セン子ちゃんが・・・・。 いつかは、リアルな恋愛が できると良いですね。

次の

浦島坂田船【BL・短編集】

センラ漫画

志麻くんとセンラさんが付き合っているという設定です。 で、俺には最近気になっていることがある。 俺の方からキスをする事はあるのだが、センラくんの方からキスをしてくれる事がないのだ。 だから、今回のゲーム実況で負けた方に罰ゲームとして何でも言う事を聞いてもらう事にした。 ピンポーン、と訪問者を伝える音が聞こえた。 島「あ、センラくん今鍵開けるから待っといて」 船「はーい、わかりました。 島「お、センラくんやっほー、上がって上がって」 船「ありがとうございます。 お邪魔しまーす。 船「じゃあ、撮りますよ〜」 島「オッケー、どうぞ」 船「3、2、1………こんにちは〜、センラです。 」 島「志麻でーす。 」 船「今回、罰ゲームがあるらしいです。 船「はい、負けた方が勝った方の言うことを何でも聞くという罰ゲームです」 島「本当ですかぁ、でも負ける気はしないよ俺。 」 まぁ、ルールは変わらないし、勝てばいいだけの話だよな。 と、そろそろ始まる………俺が使うキャラは紫の何か細長い悪役キャラのイジワール 笑。 センラくんは、奇声を発するキノコ人間 笑 を選んだ。 島「んじゃあ、やりましょうか。 」 船「そうですね、では皆さん応援お願いします。 」 そんなこんなで結果発表………結果は………、 センラくんの勝利。 うわあ。 マジかどうしよう。 船「では、俺の勝ちなので俺の言うこと聞いてくださいね。 」 島「ヘーイ、わかりました。 センラ様?」 船「じゃあ、今日この後俺を家に泊めてください。 」 島「へ?それだけ?全然良いよー」 島「では、今回はこれで終わりです。 」 島船「またねー」 とりあえず、撮り終えてすぐに編集をして終わらせてYouTubeに載せる。 船「ふぅ、で志麻くん、一つだけ罰ゲーム、言うこと聞いてください。 」 島「良いよ、何をお望みですか?」 船「その………、えっと……志麻くん、引かないでね?」 島「引かないよ〜、さぁどうぞ」 船「志麻くん、俺…………」 やけに言葉を濁すなぁ、などと考えているとセンラくんの顔が近づいてきて、そのままキスをされた。 島「…………?」 意味がわからずにただ何が起こったのか頭の中で考える。 船「センラ、実はキス大好きで………」 島「……………何それ」 船「やっぱり嫌だよね。 島「じゃ、もう我慢する事もないよね。 」 そう言うとニヤッと笑い、センラくんにキスをする。 船「んっ………、志麻くん、好きだよ。 」 島「うん、俺も好きだよ、センラくん」 その日から、俺たちは会うたびにキスをするような感じ。 ゲーム実況、して良かったな……。

次の