マンション 騒音 警察。 マンションの騒音トラブル5つの解決方法|騒音トラブル裁判事例|あなたの弁護士

マンションの騒音で警察を呼んでもいい? 苦情が言えない時の対処法

マンション 騒音 警察

Contents• マンションの騒音問題で警察を呼んでもいいの? マンションの騒音問題で困っているならば、 警察を呼んでも構いません。 騒音を発生させている人には問題のない音でも、聞かされている人の中には不快に感じることもあります。 人によって、音の種類や性質によって不快と感じることがあります。 騒音の発生源は次のように分けられると考えられます。 1.電化製品 エアコン、室外機、洗濯機、掃除機など。 こちらは時間帯と音量が問題になります。 近年は共働きの家庭が多いので、夜間に洗濯したり、掃除をするしかないこともあるでしょう。 だいたい 夜10時までに終了させることを目安にすると良いでしょう。 また、古いタイプの電化製品は音を抑える機能が低いですし、故障していると異常な音が発生することもあります。 新製品でもマンションの壁や床を伝わって、音や振動が響くことがありますので、せめて使用時間だけでも気を付けたいところです。 2.音響設備 テレビ、ラジオ、ステレオ、ピアノなどの楽器、風鈴など。 こちらで問題になるのは音量です。 音楽のジャンルに関係なく、大きすぎる音量は時間帯に関係なく問題になります。 誰でも騒音の発生源になりうるので、玄関の外まで音が漏れていないか確認しましょう。 ピアノなどの楽器はヘッドフォンを使っても、音が漏れたり、振動が伝わることがあります。 消音機能がない楽器の練習は極力明るい時間に行い、 夜9時頃までに終了させるようにしましょう。 また、風鈴の音色は好みがわかれます。 1つなら良くても大量になると問題ですし、1つでも風が強い日は出さない、普段でも暗くなったら家の中に入れるなどの心遣いが必要です。 3.生活音 キッチンやバスルームの給排水、ドアの開閉音、足音、イスやテーブルを動かす音など。 これは音を完全に消せませんし、悪意がないことがほとんどなので、厄介です。 キッチンやバスルームを使うのは 夜中の0時を目安とし、多すぎる給排水は騒音が出やすいので、注意します。 玄関ドアだけでなく、部屋の間仕切りのドア、クローゼットのドアも常に丁寧に扱い、自分の手で閉める習慣を付けましょう。 足音やイスをテーブルを動かす音も意外と下の階に響きます。 カーペットを敷いたり、イスやテーブルの脚用のクッションを使うことで、音も響きませんし、床にキズが付きにくくなります。 4.話し声、笑い声、泣き声、子供の騒ぐ声 こちらもゼロには出来ない上、当人たちに騒音の意識がないことが多いので、厄介です。 夜遅くに窓を開けたままだと、思いのほか声が遠くまで聞こえます。 暗くなったら窓を閉める、声の大きさにも注意します。 子供の騒ぐ声や音は日頃から交流があると不快に感じにくいです。 日頃から、隣や下の階の人に 「 子供がおります。 ご迷惑おかけしていませんか?」 と声を掛け、子供には、 「 騒ぐなら公園で、暗くなったら静かに過ごす」 ということを教えましょう。 5.車の音 必要以上のアイドリングや空ぶかし、クラクションの音などです。 言うまでもなく、夜間の住宅街では短時間の駐停車であっても、車のエンジンは切るようにしましょう。 以上のことを考えると、警察を呼んで構わない騒音問題とは下記2点に限られるでしょう。 1.事件性が疑われる 怒鳴り声や悲鳴などは、ケンカや虐待などの事件性が疑われますので、110番通報します。 2.常識を激しく超えている 騒音の音量がテレビが聞こえないほど、会話が成り立たない程の大きさである場合や、騒音が深夜や早朝などの場合も110番通報して構いません。 110番通報すると必ず警察官が出動します。 事件性がなければ、警察は民事不介入ですが、警察が来て注意を促すことで、騒音の発生源の人に対して抑制力はあります。 また、警察出動の記録が残りますので、度重なれば、マンションの管理会社も対応を考慮することになるでしょう。 「生活音が気になるから」といった、軽い気持ちで警察を呼んではいけませんが、あまりに常識を超えた迷惑行為の場合や、事件性が疑われる時は警察への通報を検討しましょう。 スポンサードリンク マンションの騒音の苦情は直接言いに行かないこと! マンションの騒音の苦情は 直接言いに行かないことが鉄則です。 騒音の発生源の人はその自覚がないので、逆恨みされてしまうこともあります。 被害にあっている人も長期間騒音にさらされることで、精神の安定を保つことが難しくなり、「あの人が私に嫌がらせをしている」「わざとやっている」などと思い込みがちです。 騒音問題をきっかけに傷害事件に発展したケースがたくさんありますので、苦情を直接言いに行ってはいけません。 加害者が逆恨みすることも、被害者が冷静さを失うこともあります。 苦情を口頭で言うのも、メモを置くのも、壁ドンや天井を叩くのもNGです。 事件性が疑われる場合や、常識から激しく外れている場合以外は管理人や管理会社などから言ってもらいましょう。 それでも騒音が収まらない場合は、繰り返し管理人や管理会社に連絡して構いません。 今すぐできるマンションの騒音対処法 マンションの騒音問題は、 誰もが加害者にも被害者にもなりうるところが厄介なところです。 騒音問題の加害者にも被害者にもならないために、すぐできる対処法をご紹介しましょう。 1.カーペットを敷く フローリングは人気がありますが、足音が響きやすいです。 スリッパではよけいに足音が響いてしまうので、カーペットを敷きます。 子供部屋の場合はコルクマットでもいいですね。 楽天で購入 私は騒音が気になる時は、よくクラシックをイヤホンで聞きながら寝ます。 話し声がボソボソ聞こえる程度でしたら、割と気にならなくなりますよ。 まとめ マンションの騒音問題は、加害者側にその自覚がないことが多いので、苦情を言うと思わぬトラブルになってしまうことがあるため、直接クレームを言いに行かないのが鉄則です。 事件性が疑われる場合と、常識から激しく外れている場合は110番通報します。 それ以外の生活音などは、管理人や管理会社に言って、注意喚起してもらうと良いでしょう。 騒音問題は誰もが加害者にも被害者にもなりうるので、十分に注意が必要です。 基本的には「暗くなったら静かにする」を心掛けると良いでしょう。

次の

警察が10分で現着!マンション騒音の通報手順

マンション 騒音 警察

どんな音か どこから聞こえるか 時間帯 何日前からするか 詳細を伝えることで、原因を特定したり、騒音元の住民に改善案を提案してもらえる可能性があります。 不動産屋が積極的に動いてくれない時 不動産屋が積極的に動いてくれない時は、こちらから対処法を提案しましょう。 音の原因によって対処法は変わってきます。 もし、それでも解決されなかったり、不動産屋が動いてくれない場合ば、大家さんに直接連絡を取って相談しましましょう。 基本的には、大家さんのほうが、不動産屋より立場が上なので、大家さんの依頼なら動いてくれるかもしれません。 木造アパートに住んでいる場合は? 騒音問題で対応が難しいのは、木造アパートに住んでいるケースです。 木造は基本的に音が響きやすい造りなので、対処しようが無い場合が多いです。 もちろん、騒音の度が過ぎている場合は、注意して改善される場合もあります。 ただ、普通の生活音であれば、どうしても響いてしまうため、変わらない場合も多いです。 騒音が原因で引越す場合の費用負担は? どしても音に我慢できず、もう引越したいと相談を受ける事があります。 ただ、残念ながら、 引越費用は不動産屋も大家さんも負担してくれません。 理由は、騒音の原因は、不動産屋でも大家さんでもなく、騒音を出してる住民だからです。 では、騒音を出している住民に請求すればいいわけですが、それには 弁護士をつけたり、証拠を集める必要があり、かなり苦労します。 なお、不動産屋や大家さんが全く動いてくれない等の場合は、費用負担を請求できる可能性があります。 ただ、この場合でも弁護士をつけないとかなり難しいと思われます。 まとめ 以上が、騒音トラブルの対処法でした。 騒音問題は基本的には不動産屋がメインに対処てくれる場合が多いと思います。 なので、 不動産屋には冷静に正直に話すことをオススメします。 あまり、ケンカ腰に話したり、物事をオーバーに話したりすると、不動産屋から信用してもらえず、逆にクレーマーとして扱われてしまう可能性があります。 そうなると騒音問題の対処も不十分になりかねません。 音の原因となっているところには、腹が立つかもしれませんが、不動産屋さんが音を出しているわけではありません。 冷静になって連絡し、不動産屋に対処を促すことをオススメします。

次の

警察に注意してもらったのに隣人の騒音がおさまりません

マンション 騒音 警察

マンション騒音の苦情について。 警察に通報するのはやりすぎ? マンションの近隣住民の騒音に悩まされる日々。 足音、叫び声、掃除機の音にステレオの大音量。 管理会社に相談しても、全然動いてくれない。 直接、騒音主に手紙を書いて送っても反応なし。 それどころか、日に日に騒音の酷さがヒートアップ・・・。 「こうなったら、もう警察に通報してやる!」 「でも、通報はやりすぎ?騒音ごときで警察は動いてくれるの?」 騒音により、警察に通報しようかと思うほどの事態に陥っているあなたへ。 マンションの騒音問題を警察に通報するのは本当にアリなのでしょうか?事態が大きくなりそうで、なんだか怖いですよね。 ここでは、通報する前に知っておくべき情報をまとめてみました。 よほど大きな問題ではない限り、警察は取り合ってくれない 結論から言うと、騒音問題で警察に通報するべきかどうかは、ケースバイケースです。 その騒音の程度の大きさや状況によって、警察が対応してくれるかどうかは変わってきます。 警察は民事不介入の立場であるため、よほど大きな問題に発展する騒音ではない限り、取り合ってくれることはないのが一般的です。 では、どれぐらいの騒音なら警察に通報するべきなのでしょうか?どれぐらいの騒音なら警察が動いてくれるのでしょうか? まずは、警察が取り合ってくれないケースから見ていきましょう。 警察が取り合ってくれないケース 普通の生活音程度の騒音 「テレビの音が大きい」や「子供が走り回ってうるさい」といった程度の普通の生活音である場合は、「当事者同士で解決してください」と言われて終わりです。 そのような軽度のマンション騒音は集合住宅に住む上で当然起こるものであり、警察としてもいちいち対処していられないというのが本音のようです。 ですが、中には通報することによって動いてくれる警官もいます。 該当の住居を巡回し、直接注意をしてくれる場合もあるようです。 このあたりは、交番や警官個人の違いがあります。 運良く行動してくれる警官と出会えれば、即行動に移してくれるでしょう。 では、次はどのような騒音であれば警察が動いてくれるのかを見ていきましょう。 警察が取り合ってくれるケース 事件性が高い騒音 「子供が虐待にあって泣き叫んでいる」「毎日夜中に窓を開けて騒ぎ散らし、多くの住民が眠れない」などのように事件性が強い場合は、警察が動いてくれる可能性があります。 傷害事件に発展する可能性がある場合 また、騒音そのものではなく、騒音を注意したことによって起きたトラブルによって、傷害事件に発展する可能性がある場合も対応してくれます。 たとえば、「苦情を言われたことによる逆恨みで、殺すぞと脅された」「苦情を言われたことによる逆恨みで、ストーカー行為をされている」などの場合です。 日常生活や健康面に支障が出る騒音 上記のような事件性がなくても、日常生活や健康面に大きな支障をきたすようなひどい騒音の場合も、動いてくれる可能性が高いです。 被害を受けている住人の数の多さもポイントのひとつになります。 警察とのやり取り 110番通報したときの流れは以下の通りです。 「事故か事件か」を聞かれる マンションの住民の騒音である旨を伝えましょう。 「どのような騒音か」を聞かれる 騒音の種類(足音、話し声、ドアを閉める音など) どのように聞こえるのか どのぐらいの長さか 騒音が聞こえる時間帯 など、騒音の状況を伝えましょう。 住所を聞かれる マンションの住所と、騒音元と思われる部屋番号を伝えましょう。 名前を聞かれる 任意です。 匿名でも可能です。 「警察官と会うか」を聞かれる 具体的に伝えたいことがあるなら会って話すのが良いでしょう。 また、会うか会わないかに限らず、結果を電話で伝えてもらうようにお願いしておきましょう。 これで、警察官を派遣してもらえます。 警察に通報する際に注意するべきこと 通報したことを特定された際の危険 警察から直接注意してもらうと、かなりの確率で騒音が収まるケースが多いようです。 警察が家にやってくるなんて、怖くてビビってしまいますよね。 つまり、即効性は高いと言えます。 ところが、強力な方法であるからこそ、注意しなければいけないこともあります。 相手によっては「騒音を注意された」ということよりも、「警察に通報された」ことによる屈辱を感じ、逆恨みされてしまう可能性があります。 警察には匿名で通報できますが、それでも状況によっては「おそらく下の住人だろう」と特定される恐れもあります。 通報するまでに、騒音主に苦情を伝えたなどの絡みがあった場合などは、より特定されやすい状況だといえるので注意が必要です。 罪のない人を傷つける恐れがある また、普通に注意すれば聞き入れてくれるような聞き分けのある善良な人を通報することにより、精神的ダメージを与えてしまう場合もあるでしょう。 何より、その住人が騒音源じゃない可能性だってあるわけです。 マンションの音の伝わり方は複雑なので、真上から音が聞こえたとしても斜め上の住人が原因だった、ということは珍しくありません。 警察から注意されるのは、管理会社や大家さんに注意されるのに比べてショックは大きいものです。 騒音主が見事的中すれば効果は大きいですが、外れた場合は罪のない人を傷つけてしまう恐れがあるということを覚えておきましょう。 交番に行くのではなく電話で110番通報する 通報する時は直接交番に赴くのではなく、電話で110番通報をしましょう。 警察には、110番通報に対して出動命令を出す義務があるからです。 交番に行って話をした場合、対した問題じゃないと判断されて相手にされない可能性があります。 なので、確実に動いてもらうには電話で110番通報をするほうが良いです。 まとめ• よほど大きな問題ではない限り、警察は取り合ってくれない• 事件性が高い騒音や、健康面に支障が出るような騒音ならOK• 通報したことを特定される可能性がある• 罪のない人を傷つける恐れがある• 交番に行くのではなく電話で110番通報する 警察に通報することによって得られるメリットは、「威力の大きさ」と「即効性」です。 しかし、それだけ背負うリスクも大きいので、通報する際には状況を見極める必要があります。 どうしても今すぐ解決しないといけない時や、他の手段で全く騒音が収まらなかった時などの切り札として実行しましょう。

次の