履歴 書 送付 封筒。 【履歴書の封筒の書き方】宛名の書き方、添え状、封筒選びなどの郵送マナーガイド│#タウンワークマガジン

封筒の締め印の書き方|就活で書類を送る際のマナーを解説

履歴 書 送付 封筒

ポイント 住所• 東京都、北海道など、都道府県名からきちんと書く。 「丁目」や「番地」は省略しない。 宛先の住所や企業名は表面に、自身の住所や氏名は裏面に記載する。 株式会社は(株)ではなく「株式会社」と書く。 送付先となる部署や担当者名は、封筒の中央に記載する。 その他• 「応募書類在中」の文言は封筒の左側に赤字で書く。 テープでの封は不可。 ノリで封をして「〆印」もしくは「割印」をする。 〆印:封をした箇所に〆と書く。 割印:封をした箇所に印鑑を押す。 郵送する日付は左上に記入する。 和封筒・洋封筒の書き方の違いを解説 和封筒・洋封筒について 就職・転職活動に使用する封筒は和封筒が一般的。 洋封筒を使うケースはほとんどありません。 市販されている履歴書の大半がこの和封筒です。 【和封筒】 【洋封筒】 封筒選びの ポイント 封筒選びのポイントは「白色」かつ「履歴書を折らずに封入できるもの」を選ぶこと。 履歴書を三つ折りにしなければならない封筒は、人事担当者がファイリングしたり、コピーを取ったりするときに手間がかかってしまいます。 A4サイズの郵便封筒のように履歴書を折らずに入れられるものがおすすめです。 封筒の色は白色でも茶色でも構いませんが、心配な方は白色を選択するといいでしょう。 和封筒・洋封筒の書き方の違い 和封筒 宛先となる住所は表面の右側に、企業名や部署名、担当者名は中央にくるように書きます。 「応募書類在中」「エントリーシート在中」の記載は左側に赤字で記入しましょう。 また、裏面の左半分には送付する日付や自身の住所、氏名、郵便番号を記載します。 左半分の右側に住所、中央に氏名を書き、住所の上に郵便番号を記します。 日付は左上に記載してください。 洋封筒 洋封筒を使用する場面は基本的にありませんが、企業によっては洋封筒を指定されるケースもあるようです。 和封筒と違って横書きとなることが多いため、ここでは横書きの書き方を取り上げます。 表面の上側に宛先となる住所を書き、中央に企業名や部署名、担当者名を記入します。 「応募書類在中」「エントリーシート在中」は右下に赤字で記載。 切手は右上に貼ります。 ただし、郵便番号を書くときは注意が必要です。 封筒を縦長の方向に直し、そのままの方向で「123-4567」といった風に見えるよう記載します。 裏面では、中央の下側に郵便番号、住所、氏名を、住所の左上に日付を書きます。 宛先に合った書き方を知っておこう 履歴書を郵送するときは、送付先によって最適な敬称を使うのがポイントです。 ポイント• 切手はまっすぐに貼る。 適切な敬称を使う。 履歴書に折り目がつかないようにする。 汚れた応募書類は使わない。 応募期限がある場合は期日までに届くようにする。 特に、応募期限がある場合は「料金不足で応募書類が戻ってきた」なんてことにならないよう、郵便局の窓口から郵送するのがおすすめです。 また、履歴書に折り目がつかないようにするにはクリアファイルを使うのがいいでしょう。 書類をはさんでから封筒に入れるだけでも全然違います。 せっかく記入したものですから、きれいな状態で企業に届くようにしたいものです。 人事担当者の声 「字が汚い」「書き方が雑」といった書類からは、どうしても熱意が感じられません。 それだけで印象はかなり悪くなってしまいますね。 【金融系】 「頭語と結語の使い方が間違っている」「御中を書き忘れている」といった応募書類は決して珍しくありません。 【流通系】 送付状はなくても減点しませんが、あるとやはりプラス評価になりますね。 【通信系】 「明らかに汚れた封筒が使われている」「書類が不足している」といった場合は、「配慮に欠けている」「注意力散漫」といった印象を与えてしまうので、特に気をつけたほうがいいと思います。 【メーカー系】 3. 封筒の中に入れる書類 封筒に入れるのは、次の3枚の書類です。 送付状(添え状・カバーレター)• 履歴書• 職務経歴書 書類が汚れたり、濡れたりするといけませんので、必ず新品のクリアファイルに入れましょう。 また、書類の裏表と上下の位置にも気をつけてください。 送付状は必ずしも必須の書類ではありませんが、だからこそ添付することで「気配りができる」「礼儀正しい」といった印象を与えることができます。 「カバーレター」「送り状」「添え状」と呼ばれることもありますが、意味は一緒です。 送付状を作成する際には、次の7点をおさえておきましょう。 送付した年月日 書類を送付した日時を記載します。 右上に書くのがビジネスでは基本です。 宛先 書類の宛先を記載します。 個人宛は「〇〇様」、企業や部署宛は「〇〇御中」ときちんと使い分けましょう。 書類作成者の氏名・連絡先 あなたのお名前と連絡先を記載します。 電話番号は携帯電話で問題ありません。 頭語と時候の挨拶 いきなり要件を伝えるのではなく、冒頭に必ず頭語と時候の挨拶を記しましょう。 結語 頭語で始まった文章は必ず、結語で終わります。 様々なルールはありますが、基本的には「拝啓・敬具」のセットを用いていれば、問題ありません。 同封した書類と枚数の記載 どのような書類を何枚同封したのか、明記します。 「以上」の記載 文章の最後には必ず、「以上」と記載しましょう。 関連記事 履歴書を郵送で送付する際に迷いがちな送付状(添え状)について解説します。 また、紹介状などの書類がある場合は職務経歴書の下に入れて必ず同封しましょう。 関連記事 書き上げた履歴書をどのように封筒に入れたらいいのか、解説します。 郵送時にかかる料金の目安 切手の料金は大きさ・重量で決まる 郵便物に貼る切手の額は、郵送料金に対して過不足がないようにしましょう。 尚、郵送料金は「郵便物の大きさ」と「郵便物の重さ」で決まります。 ここでは、履歴書を郵送するシーンで参考になる例をいくつかご紹介しましょう。 A4サイズの履歴書を折らずに郵送 A4サイズの履歴書をそのまま入れるのに丁度良い封筒は「角形2号」です。 この封筒のサイズは「定形外郵便物」の扱いとなり、重さが50g増えるごとに郵送料金がアップします。 たとえば、50g以内なら120円切手、50g以上100g以内なら140円切手を貼りましょう。 B5サイズの履歴書を折らずに郵送 B5サイズであれば「角形3号」の封筒がピッタリです。 こちらも、角型2号と同じく「定形外郵便物」の扱いになりますので、重さにあわせて120円切手または140円切手をご用意ください。 基本的に、履歴書は折らずに封筒に入れることが良いとされています。 ただ、履歴書を3つ折り・4つ折りにして入れる封筒を企業側から指定されることもあるでしょう。 その際は下記を参考にしてください。 最後にチェック!郵送前に確認すること きちんと見直して不備のない応募書類を送付しよう 封筒を書き終えたら、郵便で送る前に最終チェック。 以下のポイントを参考に、応募書類を見直してみましょう。 ポイント• 記載した文言に誤字や脱字はないか。 適切な箇所に住所や宛先が書かれているか。 「応募書類在中」「エントリーシート在中」は赤字で記載されているか。 履歴書の必須項目が空欄になっていないか。 指定のサイズの写真が貼られているか。 丁寧に記入した履歴書や封筒も、不備があっては台無しです。 就活、転職活動を成功させるためにも、ミスのない応募書類・封筒を作成するようにしましょう。 関連記事 締切日の関係で速達を利用する時の注意点について解説します。 企業に履歴書を郵送する際、気をつけておきたい切手や封筒のルールについて解説します。 履歴書を郵送する際、封筒にどう書けばよいのかイチから解説していきます。 手渡し、持参する場合の参考記事 面接で企業を訪れる際、どのように履歴書を持参すればよいのか解説します。 企業から「メールで履歴書を送ってほしい」と言われた時のメールのマナーについて解説します。

次の

【基本を総まとめ】履歴書用封筒のサイズ・書き方・入れ方・送り方を詳しく解説!

履歴 書 送付 封筒

履歴書を郵送する封筒を書くペンの種類はボールペン、サインペン、マジックのどれがおすすめ? 2018年02月21日更新 履歴書、エントリーシート、職務経歴書などの応募書類を送付する封筒を書くときに、ペンの種類にか悩んだことはありませんか?A4サイズがそのまま入る「角形2号」の封筒を使うので、封筒と文字の大きさのバランス調整が難しいですよね。 では、履歴書を送付する封筒を書くペンの種類はボールペン、サインペン、マジックなどのどれがおすすめなのでしょうか? シャーペン・鉛筆はNG まず、大前提としてシャーペン・鉛筆は利用してはいけません。 また、消せるボールペンもNGです。 常識知らずと判定され、落とされる可能性が高いです。 水性はNG 次に、水性ペンを利用してはいけません。 雨や水に濡れたら、宛先がにじんでしまう可能性があります。 最悪履歴書が届かない可能性もあります。 油性ペンで書くようにしましょう。 マジックは避ける サインペンはまだしも、マジックはさすがに太すぎます。 また、封筒内にインクがにじむ可能性もあります。 封筒にマジックを使う人はほとんどいないので、やめましょう。 細すぎるペンは避ける 細すぎるペンだと、封筒の大きさに対して文字の小ささがアンバランスです。 細すぎるペンは避けましょう。 標準的なボールペンの太さである0. 5mmでも細いと感じやすいです。 ただ、細いボールペンで書いたからといって、落とされることはないでしょう。 太めのボールペンがおすすめ 太さ0. 7~1. 0mm以上の油性ボールペンがおすすめです。 7mmでも標準的なボールペンの太さである0. 5mmより太いです。 ただ、普通のボールペンよりはちょっと書きにくいので、事前に練習しておきましょう。 サインペンは本当におすすめ? 黒のサインペンがおすすめというサイトも多いです。 でも、本当に黒のサインペンはおすすめなのでしょうか? ちょうどよい太さとのサインペンであれば問題ありません。 ですが、あまりに太すぎるサインペンであればむしろ悪印象となります。 マジックのような印象を受け、違和感が生じます。 サインペンを使うのであれば、適正な太さも考えるようにしてください。 履歴書在中は赤ボールペン? 「履歴書在中」「応募書類在中」は赤色で書くのがマナーです。 この部分は他の書類とは違うことを示す役割があるため、赤のサインペンがおすすめです。 もちろん太めの赤ボールペンでも大丈夫です。 「」も参考にしてください。 読みやすければOK ここまでくどくど書いてきましたが、最終的には読みやすければボールペンでもサインペンでもいいのです。 受け手が見やすいことを最優先させてください。 まとめ 履歴書の封筒を書くときはペン選びに注意しましょう。 履歴書を書くときもペン選びが重要です。 「」も参考にしてください。 関連ページ• 転職サービスランキング1位 4. 9 32歳までにおすすめの転職サービス! 転職サービスランキング2位 4. 8 NO1転職サイト!転職者の8割が利用! 転職サービスランキング3位 4. 7 年収600万円以上なら登録必須!.

次の

履歴書だそうとしたけど封筒なくてくっそムカついた話!!

履歴 書 送付 封筒

書く前にこれだけは知っておこう! 履歴書で人事が見るポイント まずは、履歴書を郵送するための準備を行います。 今後、履歴書は何枚も送る可能性がありますので、必要なものはあらかじめ複数準備しておきましょう。 <履歴書郵送で使うもの> ・履歴書 ・履歴書に同封指示があった書類(エントリーシートなど) ・白色でA4サイズの封筒 ・新品のクリアファイル ・履歴書用写真 ・書類送付状 ・スティックのり ・黒サインペンと赤ボールペン 封筒やクリアファイル、スティックのり、黒サインペン、赤ボールペンなどは、100円ショップにも売っています。 就活期間中に不足がでないよう、まとめて購入しておきましょう。 写真は写真館などで撮影すると、とても印象よく撮れます。 データでももらえるので、一度撮っておくのがおすすめです。 なお、履歴書自体は自分のアピールポイントが十分に書けるもの、大学で推奨されているもの、あるいは企業が指定したものなどを準備しておきましょう。 「履歴書だけ送ればいい」と思ってしまう人もいるかもしれません。 しかし、企業に書類を郵送する際は送付状が必須ですので、就職前に覚えておきましょう。 パソコンで作成する場合は横書き、手書きで作成する場合は縦書きでも構いません。 Wordで書類送付状のテンプレートなどを使うと書きやすいでしょう。 また、用紙サイズは同封する履歴書や応募書類の大きさに揃えてください。 例文を見ながら、各項目の注意点を順にご説明していきます。 【履歴書郵送の際の添え状の文例】 <宛名の書き方> 左上に左詰めで、「会社名」「部・課の名称」「お名前(様)」を書きます。 部署名が短い場合は、改行せずにお名前を書いても大丈夫です。 もし担当名がない場合は、部署の後に「御中」と記載。 採用担当宛という指示があれば、お名前の部分を「採用ご担当者様」に変えて書きましょう。 宛は相手がへりくだる表現ですので、送る方が使うと失礼にあたります。 様に書き換えるように注意しましょう。 <日付の書き方> 日付は右上に右詰めで記入します。 履歴書送付の日付を入れてください。 <署名の書き方> 送付状の中にも自分の情報を書きます。 必要な情報は「住所」「電話番号」「E-mail」などの連絡先と名前です。 <頭語結語の書き方> 「拝啓・敬具」、「拝呈・拝具」、「謹啓・敬白」などの種類があります。 それぞれの組み合わせを変えることはできませんので、拝啓と書いたら結びが必ず敬具になるよう注意してください。 <あいさつの書き方> 拝啓の後にはあいさつ文を入れます。 例文以外では「時下(あるいは貴社におかれましては)、ますますご清栄(ご盛栄)のこととお慶び申し上げます」などの文章を使うケースが一般的。 1種類覚えておけば問題ありません。 なお、「ご清祥」は個人向けの意味合いが強いので、「ご清栄」もしくは「ご盛栄」を選ぶようにしましょう。 時候のあいさつは4月:春暖の候、5月:新緑の候、6月は初夏の候など、月ごとに決まったものがあります。 入れる場合は下記をご参照ください。 1月:初春の候 2月:晩冬の候 3月:早春の候 4月:春暖の候 5月:新緑の候 6月:初夏の候 7月:盛夏の候 8月:残暑の候 9月:初秋の候 10月:秋涼の候 11月:晩秋の候 12月:初冬の候 結びのあいさつは、例文以外ですと「ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。 」などの文章が一般的。 そして、添付書類の内容について書く前に中央に「記」と書き、その下に今回添付している書類の内訳と枚数を記入します。 最後に右揃えで「以上」と記入すれば、送付状は完成です。 書類が折れないよう大きい封筒になりますから、書くのは黒のサインペンを使い、バランスよく書けるように意識しましょう。 ここでは、基本となる縦書きの書き方をご紹介します。 <郵便番号の書き方> まずは郵便番号を書きます。 枠がなにもない場合でもそのまま記入して大丈夫です。 <住所の書き方> 封筒右側に送付先住所を記入します。 なにも省略せず、建物名もしっかり記入しましょう。 建物名などが長くなりそうであれば、2行に分けて記入します。 前株と後株を間違えないように注意しましょう。 それだけで別の企業の登録がある場合もあり、お名前を間違えるに等しい失礼に当たりますので注意が必要です。 その次の行に、一段下げて部・課の名前を。 さらにその次の行にお名前を書きます。 4文字までの役職名であればお名前の上に、それより長い場合はお名前の右に会社名と同じ高さで小さめに記入してください。 そしてお名前を1番大きく記載し、「様」をつけます。 部や課に送付する場合は会社名の横に一段下げ、お名前と同じ大きめの文字で「人事部総務人事課 御中」などのように記載しましょう。 <履歴書在中、応募書類在中の書き方> 履歴書などを送付する際には、必ず赤ボールペンで「履歴書在中」もしくは「応募書類在中」と書きます。 履歴書だけ送る場合は「履歴書在中」、他応募書類も含んでいる場合は「応募書類在中」と書き、直線の枠で囲いましょう。 なお、裏はほぼ通常の書き方と変わらず、左下に郵便番号・住所・氏名を書きます。 そして左上に送付する日付を入力しておけば、送った日を把握してもらえるでしょう。 封筒に入れる順番・郵送方法 それぞれの書類の向きと、入れる順番も重要です。 クリアファイルから見える順番に送付状、履歴書、その他応募書類(エントリーシートなど)の順番に入れていきます。 あらかじめ折られている履歴書以外は、シワや折り目のつかないように準備しましょう。 そしてキレイに揃えた後、クリアファイルに入れていきます。 これで、郵送途中の雨で紙がしおれたり、折り曲がったりすることも防げます。 その上で、書類の表面が封筒の正面を向くように入れていきましょう。 また、一部の書類がさかさまになることのないよう、上下もしっかりチェックして入れることが大切です。 最後にスティックのりを使い、しっかり封をします。 その後、〆マークをフラップとの境目に書けば準備は完璧です。 しかし、万が一料金が不足していると応募先の企業に請求が行ってしまったり、自分の元に返送されてきたりします。 どちらにしても、合格の可能性が大きく低下してしまうでしょう。 そこで手間はかかりますが、重要な書類を送付するわけですから、不備なく届くように窓口で行うのが確実です。 また配達証明で送り、確実に送ったという証拠を手元に残しておくと安心です。 履歴書の郵送マナーまとめ あらかじめおさえておきたい、履歴書郵送に関するマナーをご紹介しました。 封筒の書き方や送付状、入れる順番など。 社会人には共通のマナーですから、新卒の今から覚えておき、いざというとき慌てずに対応できるようにしておきましょう。

次の