ベトベトン アローラ 対策。 【サンムーン】「アローラベトベトン」とかいうカプ・テテフを倒すために産まれてきたポケモンwwww

ベトベトン&アローラベトベトンGX単のガチデッキ!「タッグ可燃ゴミ」ポケカレシピ!│エンジョイ! ポケカ部

ベトベトン アローラ 対策

お互い、自分の トレーナーズの効果でポケモンを入れかえても、出てきたポケモンがどくを引き継いでしまうという能力。 これで、「ポケモンいれかえ」「グズマ」「あなぬけのヒモ」などを使われても、どく状態が、ダメージ上昇もふくめて引き継がれます! どくカードたち待望の1枚! ワザを見ていこう! バッドポイズン 相手を、 毎ターン 80ダメージのどく状態にします。 どちらも確定ダメージは80。 「きけんなかふん」はやけどシナジーも使えたり、こんらんにより相手の行動を制限できる点が優れています。 対して 「バッドポイズン」は、相手が1ターンで回復できなかった時のダメージに優れます。 この殴りながら100回復というのは非常に大きくて、例えば相手の「サンダー」が繰り出す「アサルトサンダー」ぶんのダメージをすっぽり回復しながら、このサンダーをきぜつさせることができれば、試合の流れは ほぼ勝ちルートになります。 数字だけではわかりにくい強さですが、実際に使ってみると「 これだけ連打してれば勝てるやん!」なんてことも多々あるでしょう! デッキに「 キョウの罠」を入れておけば、いざという時の回復カードに早変わり! どく状態は試合が長引くほどダメージが出る性質があるので、じぶんで回復できるのが素晴らしい! ベトベトミックスGX 相手をどくとマヒにします。 0エネルギーでそれができるだけでもかなり優秀なのですが、本領は4エネルギーから。 ドヒドイデと組み合わせれば、特性「どくびし」で、 相手が「にげる」ときに、新しくどく状態にできます! 「ダストアイランド」でカバーできない、相手の「にげる」にも対応できるようになれば、相手は試合中 ほぼずっとどく状態のはず! 「 コバルオンGX」が相手にいると、状態異常をよせ付けないので、 こちらは手も足も出ません。 「ベトベトミックス」にいたっては、なんと 4エネルギーすべて自由なタイプというタッグチーム異例のワザなんですよね。 つまり、 わざわざ超エネルギーでエネルギー加速をしなくてもOK! いろいろなエネルギー加速が得意なタイプと組み合わせて遊んでみて下さい! エネルギー加速カードはたくさんありますから、きっと あなただけのアイデアデッキも作れるはずですよ! スポンサーリンク 編集後談「キミの好きがナンバーワン」 ここまでありがとうございます! 筆者のインゲンです。 あなたは、好きなこと、人、モノがありますか? ポケモンでもいいし、何かのキャラクターでもいいし、歌手でもいいし、コカコーラでもいいです。 ここでは分かりやすいように音楽を例に挙げます。 僕は音楽が大好きなのですが、生きていると、「 自分より音楽に詳しい人」に出会います。 何万という曲を聴いていて、僕には聞き取れない細かい音が聞こえていて、「このティンパニたまらないな~」なんて言われると、「なんだそのティンカーベルみたいな名前の楽器は」と思ってしまう。 すると僕はこう思うわけです。 「 この人は、僕よりも音楽が好きなんだ」 あなたも、こういう経験があるでしょう。 好きなソシャゲのキャラがいたとして、そのキャラに自分よりも時間もお金もかけている人が必ずいて、その人になんだか「 好き競争で負けた」ような気がしてしまう、とかさ。 どうか忘れないでほしいのは、 「好き」は絶対に比べるべきではないということです。 本来「好き」は比べられないから、そこで他の人を上回りたくて、知識で、お金で、時間で、 比べられる形に変換して、誰かに勝とうとする。 僕は、それはとても悲しいことだと思うのです。 「にわか」という言葉は僕はあまり好きじゃないのですが、それはそういう「自分の好きが上回っていたい」という気持ちから生まれた言葉ですよね。 安心してください。 あなたが心の中で「好き」だと思う気持ちは、あなたがそう思った時点で、もう「好き」なんです。 それを大切にして、自分の中の「好き」に素直になることが、いまのネット世代が失いつつある大切な気持ちだと思っています。 ごめんね、ちょっと長くなりました。 昔から強く感じていて、どこかであなたにお伝えしたかったことでした。 というわけで、今日もエンジョイ! ポケカ部に遊びに来てくださってありがとうございます! 僕はポケモンが好きだし、ポケカが好きだし、どくが好きだし、ベトベトンが好きです。 美少女が好きだし、ビッケさんが好きだし、おっぱいが好きです。 なんじゃこのオチは。

次の

【ポケモンGO】ベトベトンのレイド対策と弱点!1人ソロにおすすめポケモン、個体値100のCP

ベトベトン アローラ 対策

アローラ・ベトベトンの強さ タイプ耐性超優秀 「アローラ・ベトベトン」の大きな魅力の一つは、 弱点タイプが「じめん」のみという点です。 「じめん」技に注意すれば一度の攻撃で大ダメージを受ける場面は少なく、耐久力もそこそこ高いため 多くのポケモンに対応できる耐久汎用型として立ち回ることができます。 「あく」タイプ・技が耐久型のポケモンに刺さる 「アローラ・ベトベトン」は ハイパーリーグでは数少ない 「あく」タイプ技の使い手です。 (他に「あく」技使いはハガネール・ギャラドスがいる) 「あく」タイプの攻撃をタイプ一致で撃つことができ、 ハイパーリーグで耐久が非常に高い 「ギラティナ」「クレセリア」「アーマードミュウツー」の弱点を突くことができます。 これらのポケモンに苦戦している場合は、育成する価値があります! 「どく」技がフェアリータイプに刺さる 攻撃面ではタイプ一致で放つことができる 「どく」タイプ技が、ハイパーリーグを無双している「フェアリー」タイプの 「トゲキッス/ピクシー」に効果抜群です。 このように、ハイパーリーグでは 環境トップのギラティナやトゲキッスに有効技を持ち、 耐久力と耐性の高さでレジスチルにも互角近いバトルができる数少ない優秀なポケモンです!• 威力・ゲージ増加バランス良く優秀• トゲキッス /ピクシーに効果抜群 ノーマルアタックをゲージ増加が速い 「バークアウト」とすることで、 強力な「あく/どく」技を高回転で放つことができます。 耐久力も活かした一番おすすめのノーマルアタックです。 特定の相手を意識した特化型とするのであれば、「かみつく」または「どくづき」も有効です。 ゲージ増加は遅くなりますが、ノーマルアタックだけで相手のHPを削っていくことができます。 汎用型であれば「あくのはどう/ヘドロウェーブ」 ゲージ増加が速い「バークアウト」と相性が良いスペシャルアタックは、 タイプ一致で高威力の 「あくのはどう」と「ヘドロウェーブ」です。 必要エネルギー(ゲージ)が少ない「あくのはどう」を主力技とし、どく技が有効な「フェアリー」や「くさ」タイプには「ヘドロウェーブ」が有効です。 特化型は「アシッドボム」もアリ 「かみつく/どくづき」としてノーマルアタックで攻めていく場合は、 スペシャルアタックに「アシッドボム」を覚えさせるのもアリです。 「アシッドボム」は 確定(確率100%)で相手の攻撃を2段階下げることができるため、中長期戦や「アシッドボム」を撃って別のポケモンにすぐ交代という戦略的バトルもできます。 ただし、ダウン効果を受けた相手ポケモンが交代すると、効果がリセットされる点に要注意です。 「じしん」が効果抜群• 高回転 「ハイドロカノン」も有効 ニョロボン・フェアリータイプポケモンが優秀 「アローラ・ベトベトン」の 「あく」にタイプ耐性がある 「ニョロボン」は対策ポケモンとして優秀です。 「ニョロボン」は「かくとう」タイプの攻撃でレジスチルなど「はがね」タイプにも強く出てるため、ハイパーリーグ育成おすすめポケモンです。 また、 「フェアリー」タイプポケモンも「あく」タイプの攻撃に耐性があり有利にバトルができます。 ラグラージで一気に決める ハイパーリーグで大人気の 「ラグラージ」も互角以上のバトルができます。 ただし「アローラ・ベトベトン」の攻撃にタイプ耐性があるわけではないため、 特化型だったりまともにスペシャルアタックを受けるとそれなりのダメージになります。 弱点を突くことができる「じしん」にこだわらず、 高回転で撃てる強力な「ハイドロカノン」でも攻めて長期戦にならないようにするのがおすすめです! GOバトルリーグ情報 以下にGOバトルリーグ開催スケジュール・報酬・各リーグ情報などのページをまとめています。

次の

【ポケモンサンムーン】ポリゴン2の対策方法とおすすめのポケモンまとめ!【シングルレート】|ゲームエイト

ベトベトン アローラ 対策

ジラーチだけでは手札消費が心もとないためリーリエを増やした。 シロナでも良いが、最初のターンにリーリエがサイド落ちする可能性を考慮して2枚に。 テテフでサーチしなくてもリーリエを手札に持てる可能性が上がった。 は強力なポケモンであるが、アタッカーとしての適正は微妙かつ1枚で十分であると感じたため採用枚数を削減。 リーリエ2でも良いが、に依存せず初手リーリエをする確率をできる限り上げたいため3枚の採用。 枠を作って4枚にしてもいいかもしれない。 ポケモンセンターのお姉さんは単純に ベトベトンミラー想定。 ベトベトミックスGXによるマヒを受けた後、アセロラを使うと超エネルギーを手札に引き込むことになる。 そうなるとカラマネロで再利用するためには再び超エネルギーを手札コストにしないといけない。 しかしの場合はマヒや毒を解除しつつベトベトンを場に残してエネルギーを残しつつ殴れるようになる。 また、といったメタにも引っかからない。 また、炎タイプメタとしての水ポケモンとして使われることになるかもしれないを対策できるカードでもある。 ギラティナは2枚でも十分戦略として機能すると判断した。 蘇生するタイミングが自分のターンなのでに除外されることもない。 はじめに~これでいいのか!?~ 言わんとしてることはわかります。 ただ、 私が試したベトベトンタッグの使い方ではこれが一番強かったので紹介します。 ベトベトンギラティナサカキデッキの使い方 基本的にはデッキをベースにしている。 ウルトラネクロズマとベトベトンタッグチームの違い• HPが高い(ベトンタッグがワンパンされにくいのでアセロラで逃げやすい)• ベトンタッグは超弱点。 ウルネクはフェアリー弱点。 ダブルブレイズ環境ではベトンタッグのほうが弱点をつかれる機会が多くなる。 ウルネクに比べて最大打点が低い(最大打点がベトベトミックスGXの150ダメージ)• 基本超エネルギーのみでデッキを構築するためトキワの森が不要、を採用できる。 を感覚で回復目的で使用することができる。 ベトベトンタッグチームはめつぼうのひかりGXのような全体バーンワザを所持していない。 ベトベトミックスGXのマヒ効果は刺さるデッキには非常に刺さる。 ベトベトン&アローラベトベトンGXの強み ベトベトン&アローラベトベトンGXの 安定した打点と 圧倒的HPと回復能力はアサルトサンダーを主軸にしたジラーチサンダーを詰ませる性能を持つ。 ギラティナカラマネロが通じにくいデッキに対してベトベトン&アローラベトベトンが刺さるケースが多い。 また、超弱点なためウルトラネクロズマGXデッキのギラティナに抜群で殴られるが、ウルトラネクロズマGXデッキにはそもそも ベトベトン&アローラベトベトンGXをバトル場に出さないことで対応可能。 ウルトラネクロズマGXデッキは鋼エネルギーとを採用しており、こちら側も相手のトキワの森を利用してエネルギーをトラッシュしつつエネルギーをサーチできる。 鋼エネルギーを使わず、を採用している分、純粋なギラティナカラマネロミラーの場合は地力はベトベトン&アローラベトベトンGXのほうが上。 ウルネクと違い派手さはないですが、等を採用することにより、より緻密な戦略で相手を追い詰める毒タイプらしい超デッキです。 ベトンギラティナサカキデッキの使い方 序盤の盤面構築 基本的にはでトラッシュに超エネルギーを落としていき、マーイーカを立てていく。 初手はできるのであればをつかってリーリエを使えるのが理想。 ただしこのデッキは枠の関係でテテフ-リーリエラインを1-1で採用しているので、あらかじめサイドにどちらかが落ちていないかは確認する必要がある。 不安であればテテフ2-リーリエ2にしてもいいだろう。 ジラーチも序盤の盤面構築に大いに役に立つ。 主に、リーリエ、サカキの追放、やなど必要なカードをサーチする。 中盤の盤面構築 等で手札コストにしたギラティナを蘇生していき、相手のベンチポケモンをベトベトン&アローラベトベトンGXの攻撃の確定圏内まで追い詰めていく。 その際に出しておきたいカードは である。 相手のアセロラを封じつつ、サカキの追放による処理もできないため相手のカプ・テテフGXやデデンネGXを逃さない。 こちらがカプ・テテフGXを使ったあとにを使用。 このデッキの弱点はやや動きが遅いことだが、で デデンネGXやカプ・テテフGXを封じることで相手の動きも遅らせることができる。 を消すためには、スタジアムが手札にない場合はピカゼク側はデンジでをサーチせざるを得なくなる。 ゲーム終盤 とサカキの追放のコンボを使って打点をひたすら刻む。 ベンチ管理が難しいが、不要なカードをサカキの追放でトラッシュに送ることができるので少しはラクになるだろう。 ミュウはサカキの追放との相性がよく、ベンチポケモンがワザのダメージを受けなくなる。 安心してギラティナをサカキでトラッシュすることができる。 また、ついでのようにのタッグボルトGXのベンチ170を防げるようになっている。 この状態まで持ち込むと、ベトンタッグによるバッドポイズンもしくはどくしゃぶりのダメージでGXポケモンおよび非GXポケモンの確定圏内まで持ち込めている。 カラマネロと手張りの超エネルギーで無双態勢が整うのでひたすら無双しよう。 ゲーム終盤はミュウツーが非常に強力。 エスケープボードを持ったジラーチによるミュウツー確定コンボが戦略の幅を広げる。 状況に応じてやアセロラ、サカキの追放等をトラッシュからデッキトップに置いて、ジラーチでサーチすることができる。 アローラベトベトンが消耗すると、アセロラで手札に戻すか +どくしゃぶりでHPを回復しアロベトンを城塞化するか、デッキによって戦略を使い分けよう。 ベトベトン&アローラベトベトンGXを使ったほうがいいデッキ ピカチュウ&ゼクロムGX フルドライブで一撃で倒されるギラティナだけでは圧倒的にパワー不足なためバトル場に出したほうがいい。 ベトベトン&アローラベトベトンGXはエレキパワーをフルに使うと一匹目は突破できるが、HP270があまりにも高すぎてピカチュウ&ゼクロムGX側は突破がかなり難しい。 ギラティナサカキのコンボを連打することでベンチで準備しているピカチュウ&ゼクロムGXを削るのもいいが、主にカプ・コケコGXやデデンネGXにギラティナでダメカンを乗せてアローラベトベトンGXで仕留めるのがメインの勝ち筋となる。 ジラーチサンダー ベトベトン&アローラベトベトンのHPが高すぎて突破手段に乏しい。 削られた場合はで回復をするかアセロラで回収すれば死角がない。 ベトベトン&アローラベトベトンGXを使わないほうがいいデッキ ウルトラネクロズマ 前述の通り。 単純にウルネクに採用されているギラティナにベトベトン&アローラベトベトンGXが弱点をつかれて殴られるのが負け筋になるためバトル場に出さない。 ズガドーンGX ダブルブレイズ環境でベトベトン&アローラベトベトンGXを使う最大の理由。 バーストGXのあとムウマージ+ビーストリングでタッグチームを一気に殲滅して来る驚異的なデッキだが、特化している構築はギラティナカラマネロのような非GX相手にはあまりにもズガドーンGXは燃費が悪い。 そのため負け筋に繋がるベトベトン&アローラベトベトンGXはバトル場に出さない。 対各デッキの対策(随時更新) 探索型ズガドーン 非常に強力なデッキで、GXデッキには無類の強さを誇るが非GXビートに非常に弱い。 そのためベトベトン&アローラベトベトンGXをあえてバトル場に出さず、ギラティナサカキビートで攻める。 ピカチュウ&ゼクロムGX 無人発電所が非常に刺さるため、できれば出し渋ることなくはやめに出していきたい。 発電所を維持できればカプ・コケコGXやデデンネGXといった相手のデッキのエンジンをすべて無効化できる。 基本的にピカチュウ&ゼクロムGXを倒すことは諦め、デデンネGXやゼラオラGX、カプ・コケコGXなどをギラティナサカキでダメカンを乗せダメージを与えてベトベトンタッグチームで倒していくことになる。

次の