共有 フォルダ 削除 復元。 共有フォルダ内のファイルを削除させない方法

削除された共有ドライブやその中のファイルの復元

共有 フォルダ 削除 復元

Windows 10/8/7で間違って大事なファイルを削除、上書きしてしまった場合、どうしますか?この記事では、うっかり削除したファイルを復元・復活する方法をいくつかご紹介します。 ファイル復元が必要になる時 普段、皆さんは職場や自宅で様々なアプリを使い、様々なデータやファイルを扱うでしょう。 操作ミスにより重要なファイルを消してしまったことも多くあるでしょう。 うっかり削除したファイルを取り戻す可能性がありますか?大切なデータが消えた時に焦らなくてもいいですよ。 後は誤って削除したファイルを復元する方法をいくつかご紹介しましょう。 それらのいずれかを使用して削除してしまったファイルは復活できるかもしれません。 HDDに何も書き込まないで! ファイルが削除された時、実際にそれらは完全に消えたわけではありません。 削除したファイルに新しい上書きがされないかぎり、まだHDDに残っているため、安心してください。 しかし、失われたファイルを保存する物理的なスペースは上書きされている場合、データを元に戻す可能性がすごく低いです。 だから、大事なファイルを誤って削除してしまったことに気づいたら、HDDに何も書き込まないでください。 そのほか、パソコンの稼働時間は長ければ長いほど、削除したファイルを復元する可能性が低いため、うっかりファイルを削除した後、すぐにパソコンをシャットダウンしたほうがいいと思います。 削除したファイルを上書きするかもしれないので、削除済みファイルを元の場所に復元しない方がいいです。 もし復元操作が失敗するなら、他の方法を使用して、失われたファイルを復活できるかもしれません。 ゴミ箱からファイルを復元 うっかりファイルを削除したら、最初にそれらはごみ箱にあるかどうかを確認すべきです。 一般的に、安全対策として削除したファイルはごみ箱(容量不足になるまで)に格納されているのです。 まず「 ごみ箱」を開きます。 ごみ箱の中で、復元したい項目を選択し、画面の左上にある「 選択した項目を元に戻す」をクリックすることができます。 或いは、復元する項目を右クリックし、「 元に戻す」というオプションを選択することもできます。 こうすると、削除したファイルを元の位置に復元します。 補足 「ごみ箱」を右クリックし、メニューから「プロパティ」を開くと、ごみ箱の格納容量を設定できるし、ファイルをうっかり削除しないよう、予防策として確認メッセージを表示させるのも可能です。 こういう場合、そこ箱からファイルを復元できない事に注意してください。 復元ポイントでファイルを復元• バックアップは、誤削除だけでなく、パソコンの故障、ランサムウェアの様々なサイバー犯罪などからデータを守るために必要です。 間違えて削除しても、ゴミ箱を空にしても、バックアップさえしてあれば、イメージからファイルを復元し、元に戻すことができます。 そのため、普段使うファイルはバックアップの対象にしておき、バックアップはなるべく頻繁に行っておくと安心です。 まず、Windows 10/8/7には標準のバックアップ機能があるので、それらを適切な設定にしておけばファイルやシステムの復元が可能になります。 最初に紹介されたWindows 10/8/7標準機能は、「 システムの復元」です。 この機能を利用することでパソコン全体を誤操作する前の状態に復元できます。 紛失データが少なくとも1週間前に戻れます。 「 システムの保護」を有効にする限り、Windowsは自動で「 復元ポイント」を作ります。 また、手動で復元ポイントを作成することもできます。 「 システムファイルと設定の復元」が表示されるので、「 次へ」をクリックします。 そして復元ポイントの一覧が表示されるので、戻したい時点の復元ポイントを選択して「 次へ」をクリックします。 復元ポイントを確認して問題がなければ「 完了」をクリックします。 「 いったんシステムの復元を開始したら、中断することはできません。 続行しますか?」というメッセージが表示されたら、「 はい」をクリックします。 システムの復元が完了したあと、パソコンが再起動します。 「 システムの復元が正常に完了しました」と表示されるので、「 閉じる」をクリックします。 この方法は全部復元に結構時間がかかっています。 一部のファイルだけを復元したい方は次の方法を試してみることができます。 以前のバージョンでファイルを復元 「システムの保護」がデフォルトで有効になっているため、特定の状況でシャドウコピーは自動的に作成されます。 これらのシャドウコピーを利用して完全に削除したファイルを「以前のバージョン」に戻すことができます。 ファイル名とか削除日時とかが分からない場合、「以前のバージョン」を使ってファイルの復元を実行できます。 消えたデータの保存先を参照します。 「 以前のバージョン」タブにすべての利用可能なバージョンが一覧表示されます。 復元したいバージョンを選び、「 復元」というボタンを押します。 「復元」を選択すると、復元先は元の場所です。 補足 削除したファイルの保存場所を忘れてしまった場合、ソフト「(シャドウ・エクスプローラー)」を無料でダウンロードできます。 これはシャドウコピーによりバックアップされたすべてのファイルを一覧表示できます。 ここから、削除したファイルを簡単に選び、復元することができます。 もし、このフリーソフトをHDDにインストールするなら、復元する必要があるファイルが上書きされる可能性が高いです。 「以前のバージョン」では、パソコンから消えたデータを時間で選択して復元できるので、初心者の方でも楽に完成できます。 ファイルの履歴でファイルを復元 次は、ファイルの履歴を利用してファイルを復元する方法についてご紹介します。 Windows 10である場合、以下の流れでファイルを復元することができます:• 「 コントロールパネル」から「 ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存」をクリックします。 左メニューにある「 ドライブの選択」をクリックし、利用可能なドライブ(保存先)を一つ選び、「 OK」をクリックします。 再びファイル履歴の設定画面になり、先ほど選択したドライブが表示されています。 ここで右下にある「 オンにする」をクリックしたら設定完了です。 そしてファイル履歴を使って削除したファイルを復元するには、左メニューにある「 個人用ファイルの復元」をクリックします。 すると保存されているバックアップファイルの一覧が表示されます。 復元したいファイルを選んで中央にある緑色のボタンをクリックしてファイル復元操作に進みます。 「 ファイルを置き換える」をクリックするとファイルが同じ場所に復元されます。 ヒント:なお、復元ボタンを右クリックすると表示される「復元場所の選択」というメニュー項目が表示されます。 これを使うと任意の場所に復元したファイルを保存できます。 バックアップと復元機能でファイルを復元 最後はデータを誤って削除したら、「 バックアップと復元」機能を使用してバックアップしたデータを復元できます。 Windows 7である場合、以下の操作手順に従ってください:• 「 復元」欄から「 ファイルの復元」をクリックします。 「 ファイルの参照」または「 フォルダーの参照」をクリックします。 一覧から、復元したいファイルまたはフォルダーを選択して「 ファイルの追加」または「 フォルダーの追加」をクリックします。 複数のデータを復元するときは、この操作を繰り返します。 そして、復元するファイルまたはフォルダーの名前、更新日時を確認した上、「 次へ」をクリックします。 ファイルを復元する場所(復元先)を選択します。 以上で操作完了です。 もっと詳しく知りたいなら、下の記事を参考にできます。 後は復元したファイルなどを開きデータが復元されたことを確認してください。 データ復旧ソフトでファイルを復元• しかし、標準の機能だけでは完璧と言えない部分もあるため、Windows 10/8/7をより安全に利用するためにサードパーティ製ソフトウェアの利用も提案したいと思います。 残念ながら、以前のバージョンとかバックアップファイルなどがない場合、や標準機能を使用しても一部のファイルが復元できない場合、「Recuva」というシンプルで使いやすいファイル復元ソフトを試してみることができます。 内蔵ハードディスクはもちろん、リムーバブルディスクなどの外部メディアから削除してしまったファイルの復元も可能です。 をリムーバブルドライブ(USBメモリまたはCD)にダウンロードします。 ダウンロードしたセットアップファイルからインストールします。 インストールが終わると本ソフトが起動します。 削除してしまったファイルが存在していたドライブを左上にあるプルダウンメニューから選択し、すぐ右側にある「 スキャン」ボタンをクリックします。 スキャンが終了すると、画面中央に削除済みのファイルがすべてリスト表示されます。 そこから、復元したい項目を確認し、チェックを入れて画面右下の「 復元」ボタンをクリックし、復元先のフォルダを指定します。 ファイルの復元処理が実行されます。 また、ファイル一覧を任意のキーワードで絞り込む機能や、発見されたファイルを米国国防総省や米国国家安全保障局(NSA)が定めた方式で完全に削除する機能も備えます。 ファイル消失を未然に防ぐ 不注意による削除のほか、データ消失の原因は多くあります。 たとえば、HDD故障、ランサムウェア感染、システム障害、自然災害などです。 すべては予期せぬことでしょう。 そのため、日頃からバックアップを定期的に取っておくことでさらなる保護層を加えるのがいい習慣です。 必要に応じて増分バックアップを作成できるし、バックアップスケジュールを設定できます。 Windows 10、8. 1/8、7、XP、Vistaのデータをちゃんと守ることができます。 しかし、システムクローン、差分バックアップ、ユニバーサル復元など、もっと高度な機能を使用したい場合、割引でする必要があります。 また、Windows Server 2012/2016/2019に対応したい場合、を使用してください。 を選ぶことができます。 また、ポータブル版を作成するためにインストールディレクトリをコピーできます。 を選ぶことができます。 ここではディスクバックアップを例としましょう。 「 バックアップ」タブをクリックし、「 ディスクバックアップ」を選択します。 バックアップしたいソースディスクを選択します。 イメージバックアップを保存する場所を選択します。 バックアップの「 スケジュール」を設定します。 バックアップを「 開始」します。 補足:毎日、毎週、毎月の特定の時刻にバックアップを自動実行できる他に、特定のイベントでスケジュールされたバックアップを実行することもできます。 増分バックアップと差分バックアップは新しく追加、変更された項目だけをバックアップするため、多くの時間とディスク容量を節約します。 このようなバックアップがあれば、うっかりファイルを削除、うっかり上書き保存するような人為的なミスからもデータを簡単に守ることができます。 重要なデータを失ってしまった場合、システムに問題が発生した場合、バックアップイメージを復元し、パソコンを正常な状態に戻すことができます。 最後の手段 上述のすべての方法を試してもファイルを復元できない場合、普段からデータのバックアップを取っていない場合、または失われたデータはあなたにとって大事なものである場合、専門のデータ復旧サービスに依頼することができます。 これは、データ喪失の原因に合わせて様々なデータ復旧技術を駆使して、お客様の大切なデータを取り戻すことができます。

次の

Windows 10 で削除してしまったデータを復元する 3 つの方法

共有 フォルダ 削除 復元

しかし、うっかり間違って重要なフォルダを削除してしまったことがあるでしょう。 また、強制的に電源を切ってからパソコンを再起動した時、何らかのフォルダが消えたこともあるでしょう。 誤操作のほか、パソコンの故障、ハードウェアの不調、ウイルスの感染などの原因で、重要なフォルダが削除されることもあるでしょう。 せっかく作ったフォルダをまた一から作り直さなければならないと思うとショックで立ち直れないでしょう。 しかし、安心してください。 実際に、削除したばかりのフォルダがパソコンから完全に消えるわけではありません。 ただ使用可能な領域としてマークされ、新しいデータに上書きされることを待っています。 そのため、重要なフォルダが削除されたことに気づくと、上書きを防止するために、すぐにほかのPC作業を一時停止して、フォルダの復元を行うべきです。 さて、Windows 10で削除したフォルダを復元する方法は何ですか?フォルダの復元方法を知っておくことが大事です。 Windows 10でフォルダを復元する方法 まずは、消したフォルダはゴミ箱の中に残るかをチェックすべきですが、「Shift」+「Delete」キーでフォルダを消してしまった場合やコマンドからフォルダを消してしまった場合、ゴミ箱から復元できないため、次に説明するフォルダ復元方法を試す必要があります。 ファイル履歴をオンにするか、システムの保護を有効にすることにより、ディスク上に履歴が残っている限り、消したフォルダを以前のバージョンに復元することができます。 D以降のデータ用ドライブに対しては無効になっているので、これらのドライブでもこのファイル復旧機能を利用したいなら、手動でシステムの保護を有効にする必要があります。 手順 1. 手順 2. こういうとき、データ復元ソフトを使用して消したフォルダを復元することができます。 【補足】ファイル履歴またはシステムの保護が有効になっている場合、ファイル履歴からフォルダを復元したり、復元ポイントを使用してパソコンの全体を復元することで削除されたフォルダを復元したりすることもできます。 バックアップデータを保存していない場合には、 復元ソフトを使うしか方法はありません。 ここでは、安全かつ強力なデータ復元ソフト「」をお勧めします。 これは、Win10に対応し、PCのHDD、SDカード、ゴミ箱、やUSBメモリから削除してしまった写真、音楽、動画、ドキュメント、電子メールなどの全種類のデータを簡単かつ高速に復元することができます。 次は、このソフトを使って削除したフォルダを復元する方法について詳しく紹介させていただきます。 手順 1. Recoveritをダウンロードし、インストールし、起動して「削除したファイルの復元」を選択します。 手順 2. 削除したフォルダの保存先を選択して「開始」をクリックします。 手順 3. スキャン中です…しばらくお待ちください。 手順 4. スキャン結果はデフォルトでツリー表示され、左ペインで選択したフォルダの内容は右ペインで確認できます。 復元したいフォルダにチェックを入れて「復元」をクリックします。 手順 5. 復元先を指定して「復元」をクリックします。 指定した場所にフォルダが復元されます。 Windows 10でフォルダをバックアップする簡単な方法 バックアップを作成しなくても、削除したフォルダの復元もできますが、少し複雑で時間がかかります。 バックアップがあれば、どんなトラブルが発生しても、システム、パーティション、フォルダなどを速やかに元の状態に戻すことができます。 もし、バックアップ&復元のフリーソフトを探しているなら、は最善の選択だと思います。 これは、Windows10、Windows8. 1/8、Windows7、XP、Vistaに対応し、万が一に備えて日頃からバックアップを取ったり、必要なときにバックアップから復元を実行したりすることができます。 システム/ディスク/パーティション/ファイルやフォルダのバックアップ&復元ができます。 バックアップスケジュールを設定して、毎日、毎週、毎月バックアップを自動作成することができます。 次は、AOMEI Backupper StandardをWindows 10 PCにダウンロードしてフォルダバックアップを実行する方法について説明して行きましょう。 手順 1. 手順 2. ここではタスク名を編集できます。 「フォルダを追加」をクリックしてバックアップしたいフォルダを選択します。 手順 3. イメージファイルを保存する場所(バックアップ先)を選択します。 「スケジュール」をクリックして自動バックアップを設定します。 最後は「開始」をクリックします。 すると、スキームを有効にすることができます。 これは、ディスク領域を解放するために古いバックアップイメージを自動削除する機能です。 Windows Server 2012/2016/2019に対応したい場合、もあります。 企業で台数無制限のPC&サーバーを守りたい場合、を選ぶことができます。 結論 以上は、Windows10で削除したフォルダを復元する方法です。 ニーズに応じて、「以前のバージョン」機能またはデータ復元ソフトを選んでください。 データを常に安全に保つためにAOMEI Backupperを使用して定期的にバックアップを取ることを忘れないでください。

次の

誤って [連絡先] フォルダーを削除してしまった。復旧する方法を知りたい。

共有 フォルダ 削除 復元

LANやWANといったネットワークを通して複数のパソコンなどのコンピューターで 同じデータを必要とする人々、または複数のマシンで共有して ストレージを使用できるファイルサーバー( file server)を使っている際に、 誤って必要なデータを共有フォルダーから削除してしまった場合は、 後から復元することはできる?という疑問について。 [ファイルサーバの製品一覧] ・ロジテック:WSS2008R2搭載Cube型RAID5 NAS 4ドライブ 2TB ・QNAP:TVS-871T Thunderbolt2. 0対応 10GbEインターフェース搭載 ・NETGEAR Inc. 0T ・Thecus:3ベイ エントリーNASキット N3200PRO まず、対象のファイルサーバーにWindowsやMac OS Xで言う「ゴミ箱」に当たる 予備の機能が備わってるかどうかを確かめます。 サービスで導入されているサーバのシステムの設定と仕様次第となるのですが、 例えばLinux系のマシンにある「. recycle」(リサイクル)といったフォルダーがあれば、 そちらを開くと削除したファイルが移動されています。 「元に戻す」といった操作をするか、コピー&ペーストで復元します。 一定期間が過ぎると自動的にゴミ箱(trash box)から消去される設定になっている、 または管理側の運営で消去されていく可能性もあるため、 早めにデータを戻されることをおすすめします。 サーバやNASは、パソコンとファイルシステムが違うなどの理由もあり、 個人で内部のデータを復旧するのが難しくなるコンピューター装置でもあるため、 重度の問題が発生した時は、基本的に専門業者のデータ復旧センターに出して、 検査とサルベージの作業を行ってもらわれることが一番確実です。 以前のバージョンから復元 ファイルサーバーの設定によっては、例えばWindowsパソコンの場合、 共有フォルダーを「以前のバージョン」に戻すことで削除したファイルを復元できる場合もあります。 パソコンに配置されている専用の共有フォルダーを右クリックします。 「以前のバージョンの復元」を押して、次に「以前のバージョン」タブを選ぶと、 コンピューターの復元ポイントやファイル履歴が表示されます。 ファイルサーバーから削除する前の復元ポイントがありましたら、そちらを選択して 「開く」や「復元」を押して以前の状態に戻して、「OK」を押します。 「利用可能な以前のバージョンはありません。 」と出たら、「キャンセル」を押します。 もし管理者の方でもバックアップが取られていなければ、また難しくなります。 外部の企業で管理されているファイルサーバの場合も、特殊な事例でもなければ バックアップからの復旧の措置は受け付けられていない場合が多いです。 一台のみハードディスクを使われているNASなどの場合は、HDDを取り出して パソコンに接続し、そのネットワークドライブでフォーマットする ファイルシステムに 対応された特殊なデータ復元ソフトでスキャンして復旧を試みる、という方法もあります。 ですが、Windowsで読み込みできないファイルシステムでのHDDは外付け用ケースや増設で 読み込もうとしても、それ専用でないデータ復元ソフトでは開けないため、ご注意ください。 またRAIDシステムで使われているHDDは一台だけ抜き出して読み込もうとしても 同じく開けなかったり、またデータ復元ソフトでスキャンができても確実に元に戻せるとは限りません。 自宅または自社で所有されているファイルサーバからどうしても復活させたいファイルがある、 という場合は、それ以上の使用は控えて、プロのデータ復旧サービスセンターに出して 状態を診断してもらわれることをおすすめします。 パソコン本体や外付けハードディスクドライブ、サーバーやNAS、RAIDといった電子機器内から喪失した拡張子ファイルを復旧させる方法を解説しています。 また、システムエラーやフォーマットなどの操作ミスによる消失のアクシデント事例とその対処方法や復旧の手段・故障の修理手順など、コンピューター分野のお役立ち知識、データ修復サービスの業者を紹介しています。 「データ復旧」とは、PCの内部のファイルの復元や、ハードディスクの回復、外付けHDDの復活、USBメモリからの回収、サーバーの復帰、ノートパソコンからの救出、RAIDからのコンピューターへの抽出、Windowsのリカバリー、NASのサルベージ、LANDISKからの取り出し、LinkStationの回復、TeraStationの故障時のレスキュー、といった対処方法を指します。 ファイルを保存したストレージに書き込みしていた拡張子やフォルダを誤って消してしまったり、中身の部品や周辺機器が故障してデバイスドライバから読み込みができず開けない時に、復元システムなどを使い修復を実行、または専用機器を分解してから取り出して別の記憶装置に移し変えて救出をしてもらうサービスやその作業にあたります。 ハードディスクドライブなどの部品や損壊したボリュームからデータファイルを抽出する際には、先にハードウェア機材・他コンピューター周辺機器の初期の検査による分析で見てもらえます。 HDDやUSBフラッシュメモリなどの記憶装置内で消失したデータの救出サービスの業者様の方では、様々な故障からのサルベージに対応されています。

次の