美味しい チャーシュー。 豚バラブロックを美味しいチャーシューにする簡単レシピを紹介│食卓辞典

【2020年】【6月の話題店!】東京都のラーメン チャーシューおすすめ30店

美味しい チャーシュー

【材料】• 豚肩ロース肉(チャーシュー用に網がかかっているもの)2個• Aねぎの青い部分3本分• A生姜小1個• Aきざみにんにく生姜と同量• A水4カップ• A醤油200cc• Aみりん100cc• A酒100cc• A砂糖100g• チンゲン菜1株• 白ねぎ適量 【作り方】• 生姜は適当は大きさにスライスします。 豚肉はフォークで刺して全体に穴を開けます。 熱したフライパンに2を入れ、全面に焼き色を付けます。 圧力鍋に3と Aの材料を入れて15分間加圧します。 チンゲン菜は軽く茹でます。 白ねぎは白髪ねぎにします。 4のチャーシューうち1個をサイコロ状に切ります。 軽く油を引いたフライパンに7を入れ、表面がカリッとするまで焼きます。 4の煮汁を適量入れ、とろみがつくまで軽く煮詰めます。 ご飯をよそった丼に8、5、6を盛り、9をまわしかけたらチャーシュー丼の完成です。 【材料】• 豚バラブロック肉400g• A長ねぎ(青い部分)1本分ん• Aにんにく(半分に切る)1片• A生姜(スライス)1片• A水200ml• A酒100ml• Aみりん60ml• A醤油120ml• A砂糖30g• ご飯500g• 万能ねぎ適量• 温泉卵1個 【作り方】• 豚肉はフォークで数か所穴を開けます。 鍋に1、 Aの材料を入れて中火にかけます。 煮立ったら弱火にして落し蓋をし、40分ほど煮ます。 火を止め煮汁につけたまま2時間ほど置きます。 チャーシューを1cmの厚さに切ります。 丼にご飯を盛って5をのせ、煮汁をかけます。 チャーシューをバーナーで焦げ目がつくまで炙ります。 温泉卵と万能ねぎをトッピングしたらチャーシュー丼の完成です。 【材料】• 豚バラ薄切り肉12枚• 塩こしょう少々• 片栗粉適量• ご飯丼ぶり2杯分• 刻みねぎ適量• A酒80cc• Aみりん30cc• A砂糖大さじ1• A醤油50cc• Aねぎ(青い部分)1本分• A生姜(薄切り)1片 【作り方】• 豚肉を広げて塩こしょうを振り、片栗粉をまぶします。 1を2枚一緒に巻き、他の2枚に重ねて巻く作業を4回繰り返します。 フライパンにサラダ油を熱し、2をころがしながら焼きます。 焼き色がつくまで中火で熱し、余分な脂を拭きます。 Aの材料を加えて煮立て、落し蓋をして弱火で10分煮ます。 上下を返して5分煮たら火を止め冷めるまで置き、薄切りにします。 ご飯の上に6をのせ、煮汁をかけて細ねぎを散らしたらチャーシュー丼の完成です。 【材料】• ご飯丼ぶり2杯分• 鶏もも肉1枚(200g)• 卵黄2個分• 塩少々• めんつゆ(3倍濃縮)大さじ3• 刻み海苔適量• 細ねぎ(刻み)適量• A酒大さじ1• A醤油大さじ2• A砂糖大さじ1 【作り方】• ボウルにめんつゆと卵黄を入れ、ラップをして冷蔵庫で3時間ほど漬けます。 鶏肉の皮目をフォークで数か所刺し、裏に返して縦に4か所浅く切り込みを入れます。 両面に塩振り、手前から巻いて巻き終わりを爪楊枝でとめます。 耐熱容器に Aの材料を入れて混ぜ、3を入れてふんわりとラップをします。 600Wの電子レンジで4分加熱し、上下を返して更に4分加熱します。 上下を返しながらタレを絡め、粗熱が取れるまで置きます。 爪楊枝を取り、2cm幅に切ります。 器にご飯を盛り、刻み海苔を散らします。 7をのせてタレをかけ、1をのせ細ねぎを散らしたらチャーシュー丼の完成です。

次の

コンビニ独自「チャーシュー」はレベル高いぞ! セブン・ローソン・ファミマで一番ウマいのは?

美味しい チャーシュー

誰もが絶賛する有名店のチャーシューがあります。 決して自宅では作れないすごく美味しいチャーシュー。 そんな、一生に一度は食べたい有名店3つのチャーシューをご紹介。 焼き豚の名店その1「肉のたかさご」 沖縄の「あぐー豚」や、北海道の室蘭名物として有名な、豚なのに「やきとり」、横浜中華街、神戸中華街など日本全国に焼き豚の有名な場所や店があります。 各店、各地域、豚肉の素材や味付け方法に思考を凝らしていますが、一生に一度は食べておきたいと人気の、東京はもちろん関東を代表するといっても過言ではない「肉のたかさご」の焼き豚は外せません。 地下鉄大江戸線の月島駅すぐにある佃島で創業60年の老舗精肉店として有名な「肉のたかさご」。 ショーケースにズラリと並ぶ精肉のとなりには唐揚げやコロッケ、メンチカツなどの揚げ物からローストビーフまで多彩に並びます。 肉の仕入れに自信のある店だけに、もちろんどのメニューも美味しさは格別で全国から買いに来るファンもいますが、とくに評判なのが焼豚。 毎朝10時にできたてのアツアツが店頭に並びます。 毎朝10時にできあがる焼豚は、数量限定で真空パックをしていないのでできるだけ早めに味わうもの。 できたての美味しさはまた格別で、この焼豚を求めて、毎朝行列ができるほどです。 「肉のたかさご」には、日持ちのする真空パックに入った焼豚もあります。 こちらは冷蔵した場合は常温に戻してスライスしたり、真空パックごと湯にくぐらせて少し温めていただくといいでしょう。 アルミホイルに包んで、オーブントースターで10~15分焼いてもできたての味に蘇ります。 ただし、絶対にしてはいけないのが電子レンジでの加温。 風味が損なわれ、肉質も固くなってしまいます。 電子レンジを使うのであれば、必ずオーブンモードに切り替えることが必要です。 コクと深みがあり、味付けもしっかりとしている「肉のたかさご」のチャーシューは万能食材として、さまざまなアレンジメニューが楽しめます。 おすすめの美味しい味わい方としては、急な来客でも切るだけで簡単ゴージャスな一皿になるオードブルや、おつまみの定番「ネギチャーシュー」。 スライスして、茹で卵や付け合わせ野菜などと一緒に彩りよくお皿に盛るだけで、お洒落で本格的なおつまみになるでしょう。 食パンやバンズにチャーシューと一緒にトマトやレタス、キュウリなどを挟んでサンドイッチやハンバーガーに。 カレーやシチュー、オムライス、野菜サラダなどに入れて洋風料理として使っても、意外と相性はバツグンです。 もちろん、ラーメンやチャーハンにもなくてはならない存在。 「肉のたかさご」のチャーシューが入っているだけで、インスタントラーメンだって格別なものとなるでしょう。 焼き豚の名店その2「肉の御嵩屋」 全国各地に焼豚の有名店がありますが、東海地区を代表するチャーシューといっても過言ではないほどの人気店が、岐阜県八百津町にあります。 テレビや雑誌でもよく取り上げられる「肉の御嵩屋」は、創業昭和元年。 70年以上の歴史を持つ店で、御年70歳を超える女将が焼き場に立ち、昔ながらの秘伝の製法と味付けにこだわります。 ネット通販でも人気の炭火焼豚も創業当時からの定番メニューで、有名ネットサイトでも上位にランクインしています。 「肉の御嵩屋」の自慢の焼き豚は、素材から一つひとつ吟味し、ていねいに作り上げています。 地産地消にこだわり炭火焼豚に使用する肉は、岐阜県の食肉組合で選ばれた岐阜県産の豚肩ロースのみ、調理過程に必要な野菜などもできるだけ地元のものを使用します。 コクと深みのある味付けが美味しいと評判のチャーシューで、その味付けには、創業明治24年の「味噌平醸造」の本樽仕込みの醤油を使います。 またチャーシューを焼き上げるのに使用する炭まで岐阜県産に徹底。 岐阜県の山奥で営むベテラン炭職人に依頼して「肉の御嵩屋」の焼豚に合うように作ってもらいます。 この炭が、あの香ばしい焙りの香りを出しているのです。 「肉の御嵩屋」の焼豚の特徴は、冷たい状態でも柔らかいこと。 真空パックに入っており、冷蔵庫で保存して食べる時に切りますが、冷たくても包丁の入りがよく、その柔らかさには驚くほど。 よく中華街などで人気の中国人の作る焼豚は、もちろん本格的で美味しいのですが、冷蔵庫で冷やすと固くなるのが難点。 オーブンやお湯で温め直さなければなりません。 炭焼焼豚は、切ってそのままおつまみとして味わうのもよし、相性のいいネギチャーシューにするのもよし、チャーハンやラーメンのお供にするのもよし、オムレツやシチュー、スープなどに入れて洋風料理で味わうのもよし。 しっかりとした味付けなので、万能食材としてさまざまな用途で使用できるのが魅力です。 レンジで30秒ほど温めるとさらに柔らかくなるので煮込み料理など、しっかり火を通す調理をしてもいいでしょう。 製造日より1か月半ほどは日持ちがするので、常備食としておいて、忙しい日の夕食や食材のストックがないときに、焼き豚を細かく切ってネギを散らして、温めたタレをかけて、お手軽チャーシュー丼などもいいでしょう。 こだわり醤油の香ばしいタレがよくご飯に絡みついて、極上のチャーシュー丼になるはずです。 焼き豚の名店その3「もりせん」 横浜中華街や神戸元町中華街、沖縄のあぐー豚、北海道室蘭の豚のやきとりなど全国各地に焼豚の名店があります。 今やその場所に行かなくてもネット通販で簡単に買える時代ですが、現地へ行ったならせっかくなので自分用に購入したり、お土産にも喜ばれます。 備後地域に行く機会があれば、ぜひおすすめしたいのがあまりにも有名な広島県福山の「もりせん」。 全国の百貨店やスーパーの物産展でもよく見かける、全国的な有名店です。 「もりせん」は炭焼焼豚と肉味噌の専門店で、炭焼焼豚は、厳選した国産の生の豚肉のみを使用し、秘伝のタレに漬け込み、炭火でしっくりと焼き上げてあります。 余分な脂を落とし、旨みをギュッと凝縮させた焼豚は、チャーシュー特有の脂が濃厚なタイプではなく、脂身が少なめであっさりとした味わい。 豚肉本来の味を楽しめる逸品です。 早めに食べなければなりませんが、保存料や防腐剤などを使用していない安心安全なのも魅力です。 「もりせん」の炭火焼豚は、冷蔵庫から出して常温に戻し、真空パックから出してそのまま薄くスライスして、おつまみやオードブルとしても焼豚本来の味を楽しめます。 真空パックのまま、80度くらいのお湯で5分ほど温めても柔らかな食感が堪能できます。 ネギとからしを添えて、ネギチャーシューもお酒の肴にぴったりの一品です。 細かく千切りや角切りにして、サラダや素麺の具材に、チャーハンに入れるのが定番の楽しみ方。 「もりせん」の焼き豚は肉の旨みを存分に味わえながら、意外とあっさり。 その味わいは洋風の料理にも合います。 例えばレタスやトマトなどと一緒に挟んでサンドイッチにしたり、ボルシチやポトフ、シチュー、カレーライス、オムライスなどにもおすすめです。 もちろん、ラーメンにはたっぷりと並べて、本格チャーシューメンに。 インスタントラーメンも「もりせん」のチャーシューを入れると特別なものになるでしょう。 しっかりと味付けがされているので、そのほかには薬味などの万能食材として使っても便利でしょう。 焼豚の食べ方として「もりせん」でも一番人気なのが、焼豚丼。 付属のタレに焼豚を絡めながらフライパンでこんがり温めて、熱々をご飯の上にたっぷり。 豚バラのとろける脂身と極上のタレがよくご飯と絡みつく絶品の味わいが楽しめます。 お好みで白髪ねぎや海苔を添えて、また半熟卵や目玉焼きをのせても美味しく味わえます。 忙しい日の一品に便利な焼豚は冷蔵庫に常備しておくといいでしょう。

次の

一生で一度は食べてみたい!有名店の焼き豚3選

美味しい チャーシュー

チャーシューのレシピを検索すると、星の数ほど作り方があるんじゃないかと思うほど、さまざまなレシピがヒットします。 チャーシュ作りたい。 でもどのレシピで作ればいいのやら。。。 ここはやはり、料理に対する情熱や腕前や装備(調理道具)がきわめて「並」なレベルに合ったレシピにすべきでしょう。 条件としてはこの3つ。 オーブン・圧力鍋は使わない(誰もが持っているわけじゃない)• 肉をタコ糸でしばらない(めんどくさい)• 作業工程がシンプル この3つを絶対条件としてあれこれ調べ、最終的にいろんなレシピのおいしいトコどりをして作ってみました。 いいとこどりすると凡庸なものができそうな不安はなきにしもあらずですが、チャーシュー初挑戦なもので、そもそも最初からハイリスクですから。 まずはチャーシューの材料 肉は国産とアメリカ産の両方を用意しました。 柔らかさにどれくらい差が出るか確かめたかったのです。 写真手前の細長い方が国産豚バラ肉約350g、奥の台形っぽいのがアメリカ産肩ロース肉約300g。 アメリカ産は国産の約半額でした。 バラ肉、肩ロース、どちらのレシピもありましたが、どちらかといえば脂身の少ない肩ロースを使うレシピのほうが多かったです。 また、チャーシュー・焼豚だけに「焼く」のは当たり前ですが、オーブンを使わないとなると、焼くだけでは完成させられません。 生焼け、ダメ、絶対。 巷にはこれまたさまざまな手段がありましたが、その中でも最も多数派の「焼く+煮る」コースを選択します。 材料(2〜3人分)• 豚肉 合わせて650g• 長ねぎの青い部分 あったら適量 (なかったら不要)• 水 400cc• しょうゆ 100cc• めんつゆ 100cc (濃い味が好みの人はめんつゆなしで「しょうゆ 200cc」)• 日本酒 100cc• そしてフライパンで表面に焼き色を付けます。 油がじゃばじゃば出るので、ふき取りながら焼きましょう。 こんな感じに焼けたら取り出します。 次に鍋に肉以外の材料を入れ、沸騰したら弱火にして肉を入れます。 この日はたまたま家に長ねぎが豊富にあったので、たっぷり入れてます。 ふたをして弱火で45分~1時間くらい煮込むと、こんな色に。 さあ、取り出します! どきどきしてきました。 いよいよチャーシューが完成! チャーシューの完成です。 冷ました方が薄く切れますが、待てません! 肝心の味のほうは……、 うんまっ! やわらかっっ! 不特定多数レシピのミックス、やってくれました! これ、左側の脂身少なめがアメリカ産、右側が国産です。 同じ鍋で同じ時間調理した肉に、差はあるでしょうか。 ない!! 衝撃です。 ローストビーフのときは国産と外国産で肉のうま味に明らかな差があったのに(火を通し過ぎたという大きな原因はありますが)、豚肉だと驚くほど差が感じられません。 チャーシューは安い肉でもおいしくやわらかく作れることが証明されました! やるね外国産豚肉! そして作ってわかったこと。 バラ肉よりも肩ロースのレシピの方が多いのは、 肩ロースのほうがチャーシューに適しているからなんですね。 チャーシューって常にアツアツで食べるとは限りません。 中華では冷菜として出されるし、チャーシューつまみに一杯、なんてときのチャーシューも冷えています。 だから脂身が固まってしまうバラ肉よりは肩ロースのほうがシーンを選ばず食べられるのです。 しかもバラ肉は、このまま煮詰めたら「豚の角煮」という別メニューになってしまうことが判明! それからタコ糸で形を整える点ですが、ちゃんとやればでき上がりのビジュアルがきれいなうえ、火が均等に入るという利点もあるのでしょう。 今回は煮たので火が均等というのは該当しませんが、見た目は間違いなくタコ糸を使ったほうがよかったはずです。 でも考えただけでも面倒ですよ……この一手間をしなければならないと考えると、急にチャーシューづくりのハードルが高くなってしまいます。 なので、今回は「 タコ糸はしなくてもOK、味に影響なし」という結論にいたりました。 ちなみに「焼き豚用」と称してタコ糸でしばった状態の豚肉を売っているところもあります。 そういうのを利用するのはありですね! 肩ロースにしてもタコ糸にしても、こうやって実際に作ってみると納得できました。 なるほどそうだったのか。 今回うれしいのは、味が本当においしいこと。 ゆで汁は煮る時に肉がひたひたになる程度の分量で調節してください。 お約束はこれですね、やっぱり。 チャーシュー丼! 丼といっても、これはお茶碗サイズの器に盛ってみました。 ご飯が見えなくなってしまうほどチャーシューを乗せて、温泉卵も添えて。 写真ではわかりませんがゆで汁もご飯にかかっているのです。 うまいのなんの。 ラーメンに入れるもよし、角切りにしてチャーハンの具にするのもよし。 チャーシュー、「自分にも作れる料理」にぜひ追加してください。

次の