ウーバーイーツ 登録 無料。 【スタバ無料クーポン】Uber Eats(ウーバーイーツ)でスタバ頼んでみた【体験談あり】

「Uber Eats(ウーバーイーツ)」を店舗が始めるには?手数料やコストを徹底調査

ウーバーイーツ 登録 無料

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外食産業への損失はかつてない状況へと追いやられています。 飲食店のこの苦しい状況を乗り越えるには、テイクアウトやデリバリーといった新たな販路の開拓がカギといえます。 フードデリバリーサービスといえば、2016年に日本で登場して以来、多くのメディアで話題を呼んでいるUber Eats(ウーバーイーツ)。 料理を宅配してほしいユーザーと運びたいユーザーとのマッチングを行うフードデリバリーサービスです。 新型コロナウイルス対策として最近この「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の店舗登録を行う飲食店が急増しています。 本記事では、これからUber Eats(ウーバーイーツ)を始める飲食店に向けて、店舗登録を行う際にかかる手数料やコスト、登録方法について徹底調査します。 また飲食店向けの新型コロナウイルス関連の助成金や救済措置情報なども紹介するのでぜひチェックしてみてください。 この記事の目次• 新型コロナウイルス感染拡大防止による外出自粛ムードで、宅配・フードデリバリー需要がアップ 2020年より全世界に広まりを見せている新型コロナウイルスによる影響で、日本でも外出自粛を余儀なくされている状況です。 小中高の休校だけでなく、企業のテレワークの推進など、外出自粛を要請する動きは高まりを見せており、それに伴い飲食店は来客数・売上の減少というシビアな状況に追い込まれているとも言えるでしょう。 しかしながら、外出自粛に伴い急増しているのが、テイクアウトやフードデリバリーサービスの需要です。 そもそもフードデリバリーサービスの需要は、2019年10月の消費税増税に伴い開始された軽減税率の導入により徐々に増加していましたが、 今回のコロナショックにより、ウーバーイーツをはじめとするフードデリバリーサービスを利用する人が急増しています。 こうしたフードデリバリー対応は、来客数や売上の減少に悩んでいる飲食店であれば、今こそ取り入れておきたい、ピンチをチャンスに変える対策だと言えます。 1事業者あたり最大100万円を助成を予定しており、主に、宅配・テイクアウト時に利用する容器や、店舗の小規模改装にかかる費用などを助成対象に想定されています。 予算総額は4億円規模になる見通しで、およそ400件程度の事業者を助成する見込みとしています。 この助成金は当然ながら東京都のみが対象となりますが、こうした助成金施策が行われるほど、フードデリバリーは推進されている状況だと言えるでしょう。 飲食店で酒類のテイクアウト販売が可能に 期限付酒類小売業免許の付与 国税庁は2020年4月9日、新型コロナウイルスによる営業自粛に伴い、「お酒」による売上が減少した飲食店を救うべく、在庫となる酒類をテイクアウト販売できる「期限付酒類小売業免許」の付与を発表しました。 飲食店が酒類のテイクアウト販売を行うには、「酒類小売業免許」が必要となりますが、期限付酒類小売業免許」を取得することで、最大6ヵ月間在庫となる酒類のテイクアウト販売が可能となります。 通常、「酒類小売業免許」の取得は、公布ま2ヵ月程かかることや複雑な手続きが求められることにより、多くの飲食店では免許の取得を行っていませんでした。 救済措置として設けられた「期限付酒類小売業免許」では、手続きが簡単な上におよそ1週間程度で免許が公布される他、書類の事後提出にも対応しているとのことです。 免許の有効期限:取得日より6ヵ月間 申請方法:店舗の所在地を管轄する税務署へ必要書類を提出 申請期間:2020年6月30日まで 販売できるお酒については、日本酒やビール、焼酎、リキュールなどすべての酒類を販売できる他、開封済みのものも対象となります。 詳細に関して知りたい方は、お近くの税務署に問い合わせてみるといいでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)とは? ウーバーイーツとは、飲食店がウーバーイーツへ店舗登録をすることで、配達員を雇うことなくデリバリーが可能になる画期的なサービスです。 利用者からすれば、店舗に足を運ばなくても注文する料理の代金と、配送料を支払うことで、配達員が指定した場所へスピーディに商品を届けてくれるため、とても便利なサービスといえます。 またウーバーイーツが評判になっている理由の一つに、「自社でデリバリーを行っていない飲食店もサービス対象に含まれているから」ということが挙げられます。 配達員については、ウーバーイーツ側で雇用されているため、これまで自社デリバリーが行えなかった飲食店も参入できるようになり、利用者側はデリバリーして楽しむことができるのです。 ウーバーイーツの店舗登録をするメリットは豊富 店舗側はウーバーイーツを登録することでどのようなメリットがもたらされるのでしょうか。 ここでは主に3つのメリットをお伝えします。 新規顧客の増加 ウーバーイーツに店舗登録する一番のメリットは新規顧客が増加するという点です。 顧客がウーバーイーツを注文する際、公式サイトやアプリから注文をします。 そのためこれまで店舗の存在を知らなかったお客様でもウーバーイーツのサイトをきっかけに店舗を知ってくれたり、デリバリーから実店舗への来店につながることも多いです。 また普段は足を運べない遠方に住んでいるお客様も商圏内となるため、新規ユーザーを獲得するアプローチとしても、ウーバーイーツの店舗登録は有効といえるでしょう。 注文数が増加する ウーバーイーツに店舗登録をすると、通常の店舗営業に加えてデリバリーの注文がプラスされるため、日々の注文数の増加が期待できます。 また店舗営業の場合だと、天候に左右されることも多く、雨の日などは客足が減ることも多いでしょうが、ウーバーイーツの加盟店であれば、天候の悪い日であってもデリバリーでカバーすることも可能です。 そのため、ウーバーイーツをきっかけに店舗全体の売上を伸ばすことも可能でしょう。 気軽にデリバリーサービスが導入できる これまでは人手不足やコストがかかるという理由から、デリバリーサービスの導入に踏み切れないという店舗は多いのではないでしょうか。 ウーバーイーツに店舗登録をすれば、どんな店舗のスタイルでも気軽にデリバリーサービスをはじめることが可能です。 配達は店舗のスタッフではなく、ウーバーイーツの配達員によって行われるため新たにスタッフを雇う必要もありません。 タブレット端末さえあればデリバリーサービスをはじめることができるので、飲食店にとって大きな魅力といえるでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録手数料・費用について ウーバーイーツを店舗に導入する際に、気になるのは手数料や費用面についてではないでしょうか。 ここでは、ウーバーイーツをはじめる際にかかる初期費用や手数料、さらに月額費用や解約金などについても紹介します。 料理を入れる容器さえ用意すれば配達をはじめることが可能です。 そのため、費用面に頭を悩ます必要がないことは店舗経営者にとって大きな魅力といえるでしょう。 ただし、注文を確認するためのタブレットが必要になるため、自前のタブレットを持っていない場合は、事前に準備をする必要があります。 ウーバーイーツでは、SoftBankの4G回線付きのタブレットのレンタルも月額1,700円で行っているため、わざわざ購入したくないという人やネット環境が整っていない店舗にはタブレットレンタルがおすすめといえるでしょう。 注文時に発生する手数料 つづいて、ウーバーイーツの加盟店になるときに覚えておかなければいけないのが加盟店手数料です。 ウーバーイーツ経由で注文が入った場合は、総額の売上に対して配送手数料を含む35%手数料が発生します。 支払いは、ウーバーが徴収代行をしたあと、諸経費を引いた金額が指定口座へ振り込まれるという流れになります。 35%の手数料というと大きな金額になるでしょうから、ウーバーイーツに加入することでどれだけ利益が見込めるのか、メリットが大きいのかを事前にしっかりと検討して契約をすることをおすすめします。 次の章では、具体的にウーバーイーツで利益は出るのか、事前に把握しておきたい項目について、ご説明します。 Uber Eats(ウーバーイーツ)で利益は出るの? 前章ではウーバーイーツの費用面について触れましたが、やはり35%の手数料が気になる方も多いでしょう。 果たしてそれだけの手数料を引いても店舗に利益はでるのでしょうか。 ここでは、店舗の利益を上げるための工夫や事前に把握しておくべき点について紹介します。 包装コストも考慮する ウーバーイーツで配送を行うと、料理がこぼれたり、汁が漏れたりといったトラブルが発生することはよくあります。 その場合店舗側は、ウーバーイーツ専用のトレーを使用したり、ドリンクのフタを二重にするといった工夫をする必要が出てきます。 このような包装にコストがかかってしまうというケースも見られるため、その点も考慮した上で価格設定を行いましょう。 価格設定を高めにする ウーバーイーツで提供する料理の価格は、店舗で自由に決めることができます。 そのため多くの店舗では、利益が出るように通常料金よりも高い価格で設定しているところが多いです。 そうすることで、包装費や人件費などでかかる手数料やコストを回収することができるため、利益を生みやすくなります。 ウーバーイーツを利用する客層は、価格よりも手軽さを求めている傾向が高いため、やや割高であることも承知の上で注文しています。 とはいえ、格段に値上げしてしまうと注文が入らなくなってしまうので価格設定には注意しましょう。 人件費を踏まえた価格設定をする ウーバーイーツから注文が入った時に、いままで通りのスタッフの人数で問題なく営業ができる場合はいいでしょうが、もともと人手不足の悩みを抱えていた店舗がウーバーイーツを導入する場合は注意が必要です。 ギリギリの人数で稼働していた場合、ウーバーイーツの注文が入ることで人手が足りず営業に支障がでる可能性もあるため、スタッフの増員も視野に入れないといけません。 ウーバーイーツ導入前には、ウーバーイーツによる注文数増加にも対応できる人員体制なのか、スタッフの増員も見据えて検討し、人件費を踏まえた価格設定にするといいでしょう。 ウーバーイーツ店舗登録方法 ここでは、ウーバーイーツの加盟店になるための店舗登録方法をお伝えします。 対応エリアを確認する ウーバーイーツの店舗登録を行う際は、あらかじめ対応エリアをチェックしておきましょう。 対応エリアから遠い位置にある店舗の場合、審査が通りにくい可能性もあります。 その場合は、ウーバーイーツは随時対応エリアを拡大しているので、改めて申請することも視野に入れておくといいでしょう。 現在国内においてウーバーイーツを提供しているサービスエリアは10都市以上、加盟店舗数は約10,000店にて展開されています。 2019年時点で提供エリアは以下のとおりです。 エリア拡大は継続的に行われているので、以下のエリア以外でも加盟店になれるチャンスは十分に期待できるでしょう。 ウーバーイーツの加盟店に適していると判断された場合は、その後ウーバーイーツより提携の連絡が入ります。 その後正式に提携が決まると商品の撮影や販売シュミレーションの準備が行われ営業開始するという流れになります。 レジチョイスでは、 ウーバーイーツへの加盟店申し込み、導入に関するご相談を無料で承っています。 導入面に関する不安や、お申込みに関する詳細など気になることは、ぜひお気軽にご相談ください! アフターコロナに向け、店舗の衛生対策の見直しも 今回はウーバーイーツについて詳しく説明していきましたが、アフターコロナに向けて店舗内の衛生対策も必須となってくるでしょう。 お客様だけでなく従業員も安心して過ごせる環境づくりは重要です。 お店の手洗い場などで、エアータオルやペーパータオルなどを使っている店舗は、特に見直しを検討しておいたほうが良いと言えそうです。 従来のエアータオルなどはかえって菌をまき散らす可能性があるため、使用を控える店舗や飲食店も増えてきているということをご存じでしょうか? 一時的に使用禁止にする措置も有効ではありますが、いつまでも使用禁止のままでは、お客様に不便な思いをさせてしまうことにもなるので、早急な対策が必要です。 そんな中、株式会社セントラルセブンが提供する、乾燥機能を持ちながらもウイルスを99%殺菌させることができる「手指・周辺殺菌装置 NewスーパーM」が今注目されています。 すでに導入実績は35,000社を突破しています。 こうした殺菌力のある装置に切り替えることで、アフターコロナに向けてお客様に安心して来店いただける環境づくりが可能となると言えるでしょう。 なお、「NewスーパーM」についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。 コスト削減対策も同時にしっかりチェックしよう 今回はウーバーイーツについて詳しく説明していきましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、多くの店舗は打撃を受けているのではないでしょうか。 ウーバーイーツ加盟店になることも売上アップの手段の一つですが、そのほかにもコスト削減施策を行ったり、政府や自治体の助成金・補助金を活用することもおすすめです。 たとえばお店を営業していると、切っても切り離せない固定費が、家賃・賃料です。 この賃料が削減できるだけでも、お店としては大きな負担減になるのではないでしょうか。 レジチョイスでは、お店の家賃・賃料の適正金額査定を行う「賃料適正化」も、今できるコスト削減施策としておすすめしています。 賃料適正化について気になるという方は、お気軽に以下のフォームよりお問い合わせください。 ご相談は無料となっております。 また、こちらの記事では補助金や助成金情報、家賃削減に関する詳細をチェックできます!気になる方はぜひご覧ください。 >> >> まとめ 今回は、デリバリーサービス「ウーバーイーツ」の導入を検討している飲食店へ向けて、ウーバーイーツの店舗登録方法や費用面、メリットについて解説しました。 軽減税率の導入に加え、コロナショックによる経済状況の大きな変化により、ますますテイクアウトやデリバリーサービスの需要は加速していくと考えられます。 こうした変化にも柔軟に対応していくことが店舗の存続につながるといえるでしょう。 また国や都などが設ける飲食店向けの支援対策などを活用することで、なかなか導入に踏み切れなかった店舗でもテイクアウトを始めやすくなります。 そのような支援情報もこまめにチェックするようにしましょう。 レジチョイスでは、レジのご相談以外にも「ウーバーイーツ」の店舗登録に関するご相談にも応じています。 相談は完全無料ですので、ぜひお気軽にコンシェルジュまでお問合せくださいね。

次の

ウーバーイーツ(UberEats)とは?最新の副業の仕組みについて紹介

ウーバーイーツ 登録 無料

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、外食産業への損失はかつてない状況へと追いやられています。 飲食店のこの苦しい状況を乗り越えるには、テイクアウトやデリバリーといった新たな販路の開拓がカギといえます。 フードデリバリーサービスといえば、2016年に日本で登場して以来、多くのメディアで話題を呼んでいるUber Eats(ウーバーイーツ)。 料理を宅配してほしいユーザーと運びたいユーザーとのマッチングを行うフードデリバリーサービスです。 新型コロナウイルス対策として最近この「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の店舗登録を行う飲食店が急増しています。 本記事では、これからUber Eats(ウーバーイーツ)を始める飲食店に向けて、店舗登録を行う際にかかる手数料やコスト、登録方法について徹底調査します。 また飲食店向けの新型コロナウイルス関連の助成金や救済措置情報なども紹介するのでぜひチェックしてみてください。 この記事の目次• 新型コロナウイルス感染拡大防止による外出自粛ムードで、宅配・フードデリバリー需要がアップ 2020年より全世界に広まりを見せている新型コロナウイルスによる影響で、日本でも外出自粛を余儀なくされている状況です。 小中高の休校だけでなく、企業のテレワークの推進など、外出自粛を要請する動きは高まりを見せており、それに伴い飲食店は来客数・売上の減少というシビアな状況に追い込まれているとも言えるでしょう。 しかしながら、外出自粛に伴い急増しているのが、テイクアウトやフードデリバリーサービスの需要です。 そもそもフードデリバリーサービスの需要は、2019年10月の消費税増税に伴い開始された軽減税率の導入により徐々に増加していましたが、 今回のコロナショックにより、ウーバーイーツをはじめとするフードデリバリーサービスを利用する人が急増しています。 こうしたフードデリバリー対応は、来客数や売上の減少に悩んでいる飲食店であれば、今こそ取り入れておきたい、ピンチをチャンスに変える対策だと言えます。 1事業者あたり最大100万円を助成を予定しており、主に、宅配・テイクアウト時に利用する容器や、店舗の小規模改装にかかる費用などを助成対象に想定されています。 予算総額は4億円規模になる見通しで、およそ400件程度の事業者を助成する見込みとしています。 この助成金は当然ながら東京都のみが対象となりますが、こうした助成金施策が行われるほど、フードデリバリーは推進されている状況だと言えるでしょう。 飲食店で酒類のテイクアウト販売が可能に 期限付酒類小売業免許の付与 国税庁は2020年4月9日、新型コロナウイルスによる営業自粛に伴い、「お酒」による売上が減少した飲食店を救うべく、在庫となる酒類をテイクアウト販売できる「期限付酒類小売業免許」の付与を発表しました。 飲食店が酒類のテイクアウト販売を行うには、「酒類小売業免許」が必要となりますが、期限付酒類小売業免許」を取得することで、最大6ヵ月間在庫となる酒類のテイクアウト販売が可能となります。 通常、「酒類小売業免許」の取得は、公布ま2ヵ月程かかることや複雑な手続きが求められることにより、多くの飲食店では免許の取得を行っていませんでした。 救済措置として設けられた「期限付酒類小売業免許」では、手続きが簡単な上におよそ1週間程度で免許が公布される他、書類の事後提出にも対応しているとのことです。 免許の有効期限:取得日より6ヵ月間 申請方法:店舗の所在地を管轄する税務署へ必要書類を提出 申請期間:2020年6月30日まで 販売できるお酒については、日本酒やビール、焼酎、リキュールなどすべての酒類を販売できる他、開封済みのものも対象となります。 詳細に関して知りたい方は、お近くの税務署に問い合わせてみるといいでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)とは? ウーバーイーツとは、飲食店がウーバーイーツへ店舗登録をすることで、配達員を雇うことなくデリバリーが可能になる画期的なサービスです。 利用者からすれば、店舗に足を運ばなくても注文する料理の代金と、配送料を支払うことで、配達員が指定した場所へスピーディに商品を届けてくれるため、とても便利なサービスといえます。 またウーバーイーツが評判になっている理由の一つに、「自社でデリバリーを行っていない飲食店もサービス対象に含まれているから」ということが挙げられます。 配達員については、ウーバーイーツ側で雇用されているため、これまで自社デリバリーが行えなかった飲食店も参入できるようになり、利用者側はデリバリーして楽しむことができるのです。 ウーバーイーツの店舗登録をするメリットは豊富 店舗側はウーバーイーツを登録することでどのようなメリットがもたらされるのでしょうか。 ここでは主に3つのメリットをお伝えします。 新規顧客の増加 ウーバーイーツに店舗登録する一番のメリットは新規顧客が増加するという点です。 顧客がウーバーイーツを注文する際、公式サイトやアプリから注文をします。 そのためこれまで店舗の存在を知らなかったお客様でもウーバーイーツのサイトをきっかけに店舗を知ってくれたり、デリバリーから実店舗への来店につながることも多いです。 また普段は足を運べない遠方に住んでいるお客様も商圏内となるため、新規ユーザーを獲得するアプローチとしても、ウーバーイーツの店舗登録は有効といえるでしょう。 注文数が増加する ウーバーイーツに店舗登録をすると、通常の店舗営業に加えてデリバリーの注文がプラスされるため、日々の注文数の増加が期待できます。 また店舗営業の場合だと、天候に左右されることも多く、雨の日などは客足が減ることも多いでしょうが、ウーバーイーツの加盟店であれば、天候の悪い日であってもデリバリーでカバーすることも可能です。 そのため、ウーバーイーツをきっかけに店舗全体の売上を伸ばすことも可能でしょう。 気軽にデリバリーサービスが導入できる これまでは人手不足やコストがかかるという理由から、デリバリーサービスの導入に踏み切れないという店舗は多いのではないでしょうか。 ウーバーイーツに店舗登録をすれば、どんな店舗のスタイルでも気軽にデリバリーサービスをはじめることが可能です。 配達は店舗のスタッフではなく、ウーバーイーツの配達員によって行われるため新たにスタッフを雇う必要もありません。 タブレット端末さえあればデリバリーサービスをはじめることができるので、飲食店にとって大きな魅力といえるでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)の店舗登録手数料・費用について ウーバーイーツを店舗に導入する際に、気になるのは手数料や費用面についてではないでしょうか。 ここでは、ウーバーイーツをはじめる際にかかる初期費用や手数料、さらに月額費用や解約金などについても紹介します。 料理を入れる容器さえ用意すれば配達をはじめることが可能です。 そのため、費用面に頭を悩ます必要がないことは店舗経営者にとって大きな魅力といえるでしょう。 ただし、注文を確認するためのタブレットが必要になるため、自前のタブレットを持っていない場合は、事前に準備をする必要があります。 ウーバーイーツでは、SoftBankの4G回線付きのタブレットのレンタルも月額1,700円で行っているため、わざわざ購入したくないという人やネット環境が整っていない店舗にはタブレットレンタルがおすすめといえるでしょう。 注文時に発生する手数料 つづいて、ウーバーイーツの加盟店になるときに覚えておかなければいけないのが加盟店手数料です。 ウーバーイーツ経由で注文が入った場合は、総額の売上に対して配送手数料を含む35%手数料が発生します。 支払いは、ウーバーが徴収代行をしたあと、諸経費を引いた金額が指定口座へ振り込まれるという流れになります。 35%の手数料というと大きな金額になるでしょうから、ウーバーイーツに加入することでどれだけ利益が見込めるのか、メリットが大きいのかを事前にしっかりと検討して契約をすることをおすすめします。 次の章では、具体的にウーバーイーツで利益は出るのか、事前に把握しておきたい項目について、ご説明します。 Uber Eats(ウーバーイーツ)で利益は出るの? 前章ではウーバーイーツの費用面について触れましたが、やはり35%の手数料が気になる方も多いでしょう。 果たしてそれだけの手数料を引いても店舗に利益はでるのでしょうか。 ここでは、店舗の利益を上げるための工夫や事前に把握しておくべき点について紹介します。 包装コストも考慮する ウーバーイーツで配送を行うと、料理がこぼれたり、汁が漏れたりといったトラブルが発生することはよくあります。 その場合店舗側は、ウーバーイーツ専用のトレーを使用したり、ドリンクのフタを二重にするといった工夫をする必要が出てきます。 このような包装にコストがかかってしまうというケースも見られるため、その点も考慮した上で価格設定を行いましょう。 価格設定を高めにする ウーバーイーツで提供する料理の価格は、店舗で自由に決めることができます。 そのため多くの店舗では、利益が出るように通常料金よりも高い価格で設定しているところが多いです。 そうすることで、包装費や人件費などでかかる手数料やコストを回収することができるため、利益を生みやすくなります。 ウーバーイーツを利用する客層は、価格よりも手軽さを求めている傾向が高いため、やや割高であることも承知の上で注文しています。 とはいえ、格段に値上げしてしまうと注文が入らなくなってしまうので価格設定には注意しましょう。 人件費を踏まえた価格設定をする ウーバーイーツから注文が入った時に、いままで通りのスタッフの人数で問題なく営業ができる場合はいいでしょうが、もともと人手不足の悩みを抱えていた店舗がウーバーイーツを導入する場合は注意が必要です。 ギリギリの人数で稼働していた場合、ウーバーイーツの注文が入ることで人手が足りず営業に支障がでる可能性もあるため、スタッフの増員も視野に入れないといけません。 ウーバーイーツ導入前には、ウーバーイーツによる注文数増加にも対応できる人員体制なのか、スタッフの増員も見据えて検討し、人件費を踏まえた価格設定にするといいでしょう。 ウーバーイーツ店舗登録方法 ここでは、ウーバーイーツの加盟店になるための店舗登録方法をお伝えします。 対応エリアを確認する ウーバーイーツの店舗登録を行う際は、あらかじめ対応エリアをチェックしておきましょう。 対応エリアから遠い位置にある店舗の場合、審査が通りにくい可能性もあります。 その場合は、ウーバーイーツは随時対応エリアを拡大しているので、改めて申請することも視野に入れておくといいでしょう。 現在国内においてウーバーイーツを提供しているサービスエリアは10都市以上、加盟店舗数は約10,000店にて展開されています。 2019年時点で提供エリアは以下のとおりです。 エリア拡大は継続的に行われているので、以下のエリア以外でも加盟店になれるチャンスは十分に期待できるでしょう。 ウーバーイーツの加盟店に適していると判断された場合は、その後ウーバーイーツより提携の連絡が入ります。 その後正式に提携が決まると商品の撮影や販売シュミレーションの準備が行われ営業開始するという流れになります。 レジチョイスでは、 ウーバーイーツへの加盟店申し込み、導入に関するご相談を無料で承っています。 導入面に関する不安や、お申込みに関する詳細など気になることは、ぜひお気軽にご相談ください! アフターコロナに向け、店舗の衛生対策の見直しも 今回はウーバーイーツについて詳しく説明していきましたが、アフターコロナに向けて店舗内の衛生対策も必須となってくるでしょう。 お客様だけでなく従業員も安心して過ごせる環境づくりは重要です。 お店の手洗い場などで、エアータオルやペーパータオルなどを使っている店舗は、特に見直しを検討しておいたほうが良いと言えそうです。 従来のエアータオルなどはかえって菌をまき散らす可能性があるため、使用を控える店舗や飲食店も増えてきているということをご存じでしょうか? 一時的に使用禁止にする措置も有効ではありますが、いつまでも使用禁止のままでは、お客様に不便な思いをさせてしまうことにもなるので、早急な対策が必要です。 そんな中、株式会社セントラルセブンが提供する、乾燥機能を持ちながらもウイルスを99%殺菌させることができる「手指・周辺殺菌装置 NewスーパーM」が今注目されています。 すでに導入実績は35,000社を突破しています。 こうした殺菌力のある装置に切り替えることで、アフターコロナに向けてお客様に安心して来店いただける環境づくりが可能となると言えるでしょう。 なお、「NewスーパーM」についてはこちらの記事でも詳しく紹介しています。 コスト削減対策も同時にしっかりチェックしよう 今回はウーバーイーツについて詳しく説明していきましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、多くの店舗は打撃を受けているのではないでしょうか。 ウーバーイーツ加盟店になることも売上アップの手段の一つですが、そのほかにもコスト削減施策を行ったり、政府や自治体の助成金・補助金を活用することもおすすめです。 たとえばお店を営業していると、切っても切り離せない固定費が、家賃・賃料です。 この賃料が削減できるだけでも、お店としては大きな負担減になるのではないでしょうか。 レジチョイスでは、お店の家賃・賃料の適正金額査定を行う「賃料適正化」も、今できるコスト削減施策としておすすめしています。 賃料適正化について気になるという方は、お気軽に以下のフォームよりお問い合わせください。 ご相談は無料となっております。 また、こちらの記事では補助金や助成金情報、家賃削減に関する詳細をチェックできます!気になる方はぜひご覧ください。 >> >> まとめ 今回は、デリバリーサービス「ウーバーイーツ」の導入を検討している飲食店へ向けて、ウーバーイーツの店舗登録方法や費用面、メリットについて解説しました。 軽減税率の導入に加え、コロナショックによる経済状況の大きな変化により、ますますテイクアウトやデリバリーサービスの需要は加速していくと考えられます。 こうした変化にも柔軟に対応していくことが店舗の存続につながるといえるでしょう。 また国や都などが設ける飲食店向けの支援対策などを活用することで、なかなか導入に踏み切れなかった店舗でもテイクアウトを始めやすくなります。 そのような支援情報もこまめにチェックするようにしましょう。 レジチョイスでは、レジのご相談以外にも「ウーバーイーツ」の店舗登録に関するご相談にも応じています。 相談は完全無料ですので、ぜひお気軽にコンシェルジュまでお問合せくださいね。

次の

ウーバーイーツ(UberEats)とは?最新の副業の仕組みについて紹介

ウーバーイーツ 登録 無料

Contents• Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店する方法は? Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するには、Webからの登録が必要となります。 まずは、Uber Eats(ウーバーイーツ)に問合せをスタートするところからスタートします。 以下のURLから問合せを開始しましょう。 問合せフォームへの入力 問合せには以下の情報が必要になるので、店舗の基本情報については事前に確認しておきましょう。 ・飲食店名 ・店舗所在地 ・申請者の氏名 ・電話番号 ・メールアドレス ・店舗数 ・料理の種類 ・店舗のスタッフが注文の品を配達するか Uber Eats(ウーバーイーツ)出店の初期費用や手数料 Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店するのに、コストや手数料はどれくらいかかるか気になる方も多いのではないでしょうか?実際に登録にかかる費用や、どれくらいマージンが引かれるのかご説明いたします。 出店に必要な費用 Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店する初期費用はゼロ! Uber Eats ウーバーイーツ 出店のための費用【50,000円】(英語メニュー作成費、写真撮影費、レストランパートナーアプリ連動設定費、タブレットレンタル費)が実際のところかかります。 しかし、30回払いとなっており、出店後5週間目から支払いが発生した売上からの相殺となります。 毎週発生する売上から、【1,667円】が相殺されるため、別途費用がかかるというより、売上が発生した分から引かれるため、売上が低い月や、売上が無い月は費用を支払う必要がありません。 契約は、一年間ごととなっているようですが、途中解約でも返金は必要ないようです。 タブレットとネット環境の費用について補足 レストランパートナーになるためには、注文を確認するためのタブレットとネット回線が必要になります。 SoftBankの4G回線がすでに導入されている、Lenovoのタブレット が届くので、手間も少なくて住みます。 一回あたりの注文で発生する手数料 Uber Eats(ウーバーイーツ)経由で注文が入った場合には、注文総額の35% 配達手数料も含む の手数料が発生します。 この手数料から配達パートナーの報酬とUber Eats(ウーバーイーツ)の機能利用料が支払われます。 例えば以下のような形で、実際の利益が発生します。 注文している人の属性は、タワーマンションなどに住んでいるお金よりも手間を惜しむタイプが多いため、少し金額を高く設定しても問題ないでしょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)出店に必要なもの Uber Eats(ウーバーイーツ)の出店には、いくつか準備しておく必要があるものがあります。 しっかり準備して、注文をいつでも受けれる状態にしておきましょう。 「タブレット」と「インターネット接続環境」 レストランパートナーになるためには、注文を確認するためのタブレットとネット回線が必要になります。 わざわざ購入したりネット回線を繋ぐ必要はありません。 「使い捨て食器」や「包材」 昔ながらの出前のように食器を回収するサービスではないので、使い捨てのお皿やカップ、カトラリーなどを準備する必要があります。 また、倒れないように工夫したり、液漏れしないような気密性の高い容器を準備しておきましょう。 Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のメリット そもそも、Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店して、レストランパートナーになるメリットはどんなところにあるのでしょうか?5つのメリットをご紹介いたします。 デリバリーサービスが始められる いままでは、自社にバイクや専属のドライバーを雇わなければ、デリバリーサービスをはじめる事は出来ませんでした。 出店のコストがかからずに、デリバリーサービスをスタートすることができるのは、最大のメリットです。 デリバリーによる売上アップに繋がる シンプルに今まで、0だったデリバリーサービスの売上が増えるので、店舗の売上のアップに繋がります。 シンプルにデリバリーサービスで副業をしているような感覚なので、ローコストで売上を上げる事が出来ます。 より多くの人に認知してもらえる Uber Eats(ウーバーイーツ)は、自転車やバイクで配達可能なエリアの注文者に対して、配達可能な店舗の情報を提示します。 そのため、いままで近くを通ったりSNSでたまたま見てもらう事でしか、認知してもらえなかったものが自然と認知され、広告を掲載しているような効果を得る事が出来ます。 認知度アップにより、来店に繋がり来店数も上がる 認知度が上がる事によって、また食べたい、アツアツを食べてみたいなどというきっかけを生む事になり、来店に繋がる事も見込めます。 ショップカードや、店舗の案内などを同梱することによって、ファンを逃さず、来店に繋げる事ができます。 データやフィードバックを提供してくれる Uber Eats(ウーバーイーツ)では、独自の注文のシステムを使うため、注文者の傾向の分析や、商品や料理に対するフィードバックを得る事ができます。 売上のアップに繋がるヒントや、商品開発に活かせる情報などを得る事が出来ます。 Uber Eats(ウーバーイーツ)出店のデメリット では、逆にUber Eats(ウーバーイーツ)出店のデメリットは何でしょうか? 考えられる3つのデメリットをご紹介いたします。 店舗のオペレーションが煩雑になる 来店しているお客様プラスアルファーで、注文が入ってくるため、オペレーションが煩雑になる可能性があります。 日によって、注文の数やタイミングの傾向が読みづらいため、在庫の管理やアルバイトの管理も煩雑になってしまい、うまくコントロール出来ない可能性もあります。 包装代や包材が店舗の場所を取る 包材を追加で購入したり、その購入した包材を保管しておく場所を確保する必要があります。 広い倉庫や店舗であればよいですが、お店自体や厨房が狭い場合は場所を取ってしまう可能性もあります。 やり取りの工数がかかる 配達パートナーとの受け渡しや、やり取りが発生する可能性があります。 通常の接客や調理を行っている合間にやってくるため、タイミングが悪いとピークタイムで対応に追われる可能性もあります。 Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店後にやるべき事 Uber Eats(ウーバーイーツ)に出店した後に、効率よくUber Eats(ウーバーイーツ)を活用していくやめにやっておくべきことを2つご紹介いたします。 サポートセンターの連絡先を確認しておく 何かわからない事や、困った事があった時に質問をできるサポートセンターがUber Eats(ウーバーイーツ)にはあります。 その連絡先をしっかり登録後には確認しておくことをお勧めいたします。 自店のスタッフも配達パートナーに登録してもらう 自店のスタッフをUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーに登録しておくことです。 通常、注文が入った時に配達パートナーが周りに居ない場合注文がキャンセルになります。 ランチタイムなど忙しい時間帯のキャンセルはやむ無しかと思いますが、閑散としている中途半端な時間帯で売り逃がしを防ぐ事が売上げアップのためには重要になってきます。 自店のスタッフがUber Eats(ウーバーイーツ)の 配達パートナー として活動できる状態になっていれば、売り逃しを防ぐ事が可能になります。

次の