チューバ。 【中古】 チューバの通販 74点(楽器)

魅力的だけど難しい、チューバの低音域の吹き方について

チューバ

スポンサードリンク チューバの吹き方のコツ! チューバの吹き方のコツとして、まず、チューバ初心者の方に伝えたいことがあります。 それは、 チューバという役割を知るということです。 チューバは「縁の下の力持ち」。 みんなをそっと、だけど力強く守ってあげるお父さんみたいなパートです。 例えば、ドミソの和音を「みそ汁」にすると• ソ…お湯• ミ…味噌• ド…お椀 になります。 このとき、 チューバは「お椀」です。 和音のベースになる音は「根音」といいます。 お椀がないと、そもそもみそ汁を入れることができませんよね。 そのくらい、和音の土台となる音を担当していることを意識してみましょう。 具体的な奏法やコツではありませんが、 このイメージを持つことで、自分の意識も音もかなり変わります。 ただ楽譜に書いてある音符を追うだけのときと全然違いますよ! 音が太くなる、安定感が生まれるなどの変化がみられると思います。 それでは、このイメージを常に持ちつつ、具体的な練習をしていきましょう!• 1オクターブ上まできたら、今度は下がる。 これで1セットです。 慣れない方は、片道だけでもOKです。 音の吹き始めから終わりまで 音色が変わらないようにする。 音の途中だけではなく、音の出だし、音の終わりをきれいに吹くのがコツです。 メトロノームのタイミングに合わせて音を出す チューバは管が長いので、息を送ってから音が出るまでに時間の差が生まれます。 そのため、気持ち早めに息を送ってあげましょう。 できるだけリラックス して吹く 体が硬くなると、息を吸う量がだんだん少なくなってしまいます。 2拍休んでアンブシュア(唇の形)を整えてから、2拍かけて、お腹の底から息をたっぷり吸うようなイメージで吹いてください。 たまに知ってる曲で遊ぶ ずーっとロングトーンばかりしてても飽きてしまいますよね。 そんなときは、息抜きも兼ねて、知ってる曲のフレーズを吹いてみましょう! いろいろな音階のロングトーンを練習していれば、指も自然と動きやすくなると思います。 知ってる曲が耳コピできる!という感動ったら。 どれだけ下手でも吹けると楽しい! チューバパートのメンバーや他の楽器と合わせてみてもおもしろいですよ! リップスラー リップスラーとは、同じポジション(指の位置)で異なる音を吹く練習です。 「リップスラーを制する者は金管楽器を制する」くらい大切な練習です。 タンギングしないでなめらかに吹く 舌で音を止めることなく、違う音に移る奏法がリップスラー。 音と音の間をなるべく自然に、なめらかに移動できるように心がけましょう。 息のスピードと量をコントロールする 同じポジションでも 低い音と高い音では、アンブシュアや息の入れ方が違います。 音の高さによって使い分けることが上手くいくコツです。 (このあと、改めてご紹介します。 ) 低音、高音をきれいに出すコツ チューバでも、曲によっては楽譜からはみ出しまくった低音、高音が登場します。 それらの音をきれいに出すにはどうしたら良いのでしょうか? 息の入れ方を意識する まずは、息の入れ方を工夫してみましょう。 低音は喉の奥を開き、温かくて太い息を入れる。 高音はアンブシュアを平らに閉じて、口角を閉め、低音よりもスピードをつける。 イメージですが、あえて差をつけて吹き分けると、違いが分かりやすいと思います。 極限突破する なんのことか意味不明かもしれませんが、 自分が持つ「音域を超える」ということです。 今まで出したことない低い音、高い音を吹いてみましょう。 基準の音を決めて、そこから1音または半音ずつ下がって(または上がって)いきます。 その際、ちゃんとした音にならなくても構いません。 なんとなく「この音だな…」とふんわりつかめるくらいでOKです。 その音に慣れてきたら、音程や音質を極めていきましょう。 低音も高音も「この音が出せた!じゃあ次は半音低い音…!」と、少しずつじわじわと広げていくのです。 音域が広がると、その音域内の音が安定するようになります。 可動域が広がることで、 その音が確実に自分のものになるということです! (これ、カラオケでも使えますよ。 ) Advertisement 関連する記事• サックスを吹いてる中で「アンブシュア、自分って合ってるのかな?」と思うことはありませんか? 今回は、サックスの吹き方コツ!正しいアンブシュアで音色改善[…]• はじめてホルンを手にしたあなたへ。 音は当たらないし、持ってるだけで疲れるし、もうこんな楽器嫌!なんて思っていませんか?! 今回は吹き方や練習方法をご[…]• 楽器のレッスンや吹奏楽の練習などで「譜読み」という言葉をよく耳にします。 「譜読み」とは、初めて目にする楽譜から、調、拍子、テンポ、リズムなどから曲調[…]• アンブシュアとは、クラリネットを演奏する為の「口の形」のこと。 正しいアンブシュアで演奏することはクラリネットを上達する上で最も重要な要素です。 正し[…]• 管楽器を吹く前は、必ずマウスピースでの練習をしてから楽器の練習に入ります。 日々行われるルーチンになっていますが、「なんで最初から楽器吹いちゃダメなの[…].

次の

魅力的だけど難しい、チューバの低音域の吹き方について

チューバ

チューバは、バルブのシステムによって、ピストン式とロータリー式に分かれ、さらにピストン式には、トップアクション式とフロントアクション式があります。 つまり3種類のスタイルがあるわけです。 そして、それぞれのスタイルは、おもに使われる国が異なるのです。 まず、トップアクション式はイギリス、フランスなどで人気のタイプ。 ピストンが上下に動き、右手で押さえ、構えた時に奏者の右側にベルがきます。 フロントアクション式はアメリカで人気があります。 ピストンが前側に付いていて、右手で押さえ、奏者の左側にベルがきます。 吹込管が短いのも特徴のひとつです。 ロータリー式はおもにドイツやオーストリア、ロシアなどで使われています。 レバーを右手で押さえ、ベルは奏者の左です。 ベルの左右が変わるとオーケストラで吹く席の位置も変わりますし、同じメンバーで左右がそろっていないと、美しく並んで吹けません。 また、スタイルによって調のバリエーションにも違いがあります。

次の

チューバ奏者の知っておきたい奏者やおすすめCD、楽曲(ソロ)の紹介

チューバ

チューバ中古のような低価格!!の新品チューバのご紹介 管楽器専門店の店長ブログページです。 商品情報や日々の店の様子を投稿しています ご覧いただきありがとうございます。 今回のブログは 中古チューバをお考えの方にオススメ!! 安くて大きくて使えるチューバから、低価格で品質音のいいチューバまであります!! 中古チューバのような低価格の新品チューバなど 管楽器専門店Valoir在庫チューバのご案内です。 現在当店にはチューバの在庫が13台ほどございます。 種類も豊富です。 !! テューバ購入ご検討中で 『低予算かも、、、』と思われている方も、選べるんです! チューバは 中古よりも新品の方が安くて音や音程が良い場合がほとんどで、 うちの店の楽器なら複数台一度に購入できるメリットもあります。 (中古で同じもの2台を同じ程度で買うのは無理ですよね) 当店は昔からテューバの取扱台数が多く、現在もよく売れていますので常に在庫があります。 現在は役13台ほどの在庫数でチューバ専門店並みに楽器が並んでおります。 チューバのタイプもBBbチューバなどでは イギリス型・ドイツ型など、選べます!!。 現在は種類も豊富に在庫できていますので、今が購入機種を決めるチャンスです! 当店には実店舗がございます。 ・ 直接チューバを見れますし、 ・ご購入を希望の場合は 試奏もできます。 車でもお越しになりやすい立地でもありますし、(コインパーキングは店舗前に多数あり) 伊丹空港から来やすいことや 新幹線の駅もあり交通の弁が良いことから、 遠方の方でも日本全国からお越しいただいています。 売り切れることもありますので、店頭に来られる前にお問い合わせや、在庫確認されることをお薦めいたします。 同じものであれば日本一安いので日本全国よりお越しいただき、ご購入いただいております。 新幹線代や高速代を足してもまだ安いです。 ぜひご来店くださいませ。 また当店は元管楽器修理専門店で、会社は管楽器メーカーのため、管楽器工場や機械、部材もあり、管楽器をご購入いただいた後も、修理内容は幅広く対応ができ、アフターサービスの充実した店です 管楽器修理センターブランドのチューバのご紹介 当店でも取り扱っております、取扱店の少ない全国ブランドのチューバです。 とても音がよく、何と価格も中古チューバのような低価格でびっくりの品質です。 当店でもこれまでに500台以上販売してきているチューバです。 本来は高価な楽器を企業努力により低価格にて販売されている楽器ですので。 音程、音色共に申し分ない高級品のチューバです。 お世話になっております チューバのプロの演奏家の先生にも、チューバを試奏していただき、 御弟子さんにも薦められるレベルのチューバである ということを、ご確認いただいております。 管楽器ブランド『管楽器修理センター』については 管楽器修理センター、チューバの紹介!! 各チューバの細かな紹介です。 クリックでショッピングサイトの商品詳細情報ページへいけます! 商品詳細ページにはベルサイズ、ボアサイズなど記載がございます。 中古Cチューバのような低価格新品CC どうしてこんなにチューバを安く販売できるのか チューバに限りませんが、 "管楽器修理センター"ブランドのチューバは 決してとても 安いものを安く売っているのではありません。 本来 高額な楽器を様々な努力により、低価格を目指し、 安く販売しています。 低価格で販売できている、要因の一つには、 工場に直接出向いたり、輸入なども1つの会社内でやっており、 貿易会社や卸会社を通さないことにより 中間マージンをカットしていることがあげられます。 その他にも様々、 価格が高くなる要素を取り除き、この価格が実現しています。 なぜそこまで低価格にこだわっているのか 元々のこのブランドのコンセプトといたしまして お金がなく楽器がないという理由で、部活、団体、個人での音楽活動をやめる、ということが無いように、低価格でも使える音楽的な楽器を、 と始まったブランドです。 ですので本来すごく高額なチューバでも 低価格で使える音楽的なチューバを販売しております。

次の