アメリカ感染者数。 アメリカで新規感染者数が4月のピークを超える恐れ。

コロナ感染「世界最悪」に至った米国特殊事情 WEDGE Infinity(ウェッジ)

アメリカ感染者数

27日、香港メディアの香港01は、米国が新型コロナウイルス感染者数で世界一になった理由について分析する記事を掲載した。 写真はアメリカのスーパーマーケット。 2020年3月27日、香港メディアの香港01は、米国が感染者数で世界一になった理由について分析する記事を掲載した。 記事は、26日夜に米国の新型コロナウイルス感染者数が少なくとも8万3000人を上回り、中国の感染者数より多く世界一になったと指摘。 これには三つの理由が考えられるとしている。 その一つが、「米国の社会や文化」だ。 記事は、「欧州やオーストラリア、ラテンアメリカの各国と同じく、米国人はマスクをしたがらないが、これは病人だけがマスクをすべきという根深い文化ゆえだ」と主張。 また、「新型コロナウイルスを軽視し、つい最近まで大規模なイベントを開催していたため感染を深刻なものにした」と指摘した。 そして、「これは米国の感染者は若者が多いという事実と符合している」と論じている。 二つ目の理由は、「検査規模を急速に拡大したこと」とした。 ホワイトハウスによると、米国はすでに検査数が37万人に達し、このうち22万人は3月16日からの8日間に行ったという。 これについて記事は「世界保健機関(WHO)の統計では3月16日の時点では感染者数が3503人だったが、その後、急速に増加した」と伝えた。 三つ目の理由は、「米国では感染が長い期間続いていたこと」とした。 記事は「1月21日に米国の保健当局は米国で初めてこの新型コロナウイルスの感染事例を確認していた。 1月下旬から3月下旬までの2カ月間、米国は厳格な社会コントロール措置を取らなかった。 人々もウイルスを軽視する中で、ウイルスが大量に感染する時間があった」と論じた。 その上で、「米国はいまだに感染スピードが非常に速いが、検査速度も速く科学技術力を示した。 また、死亡率が低いことは重症であっても適切な治療を受けられていることを意味しており、この点は欧州やアジアの多くの国に勝る」とした。

次の

日本のコロナ感染者数が「少なすぎる」と疑念を持たれる本当の理由

アメリカ感染者数

純粋に疑問なんですが、市場はいつからアメリカでの新型コロナウイルスの感染拡大第2波の悪影響を織り込むのでしょうか。 個人的にはアメリカでの新規感染者数は20年4月のピークを超えるのは、ほぼ既定路線だと思っています。 全米ではなくとも、いくつかの州ではおそらく都市封鎖もまた必要になってくるはずです。 それほど毎日感染者数は拡大し始めています。 残念ながら、今の株価にはどんな懸念事項が織り込まれているのかを知るすべはありません。 ひょっとすると既に感染の再拡大だけでなく、今後のさらなる景気刺激策や、いつか完成するはずのワクチン開発の好影響までもが織り込まれているのかも知れません。 ただ、おそらく次の感染再拡大は4月のピークを超えると思われるだけに、連日上昇してついには最高値を更新したナスダックを見ていると不安が募ります。 この記事のポイント• アメリカの新型コロナウイルスの新規感染者の拡大が急増している。 個人的には、再拡大は不可避で、4月の新規感染者数のピークをも超えると可能性が高いと考えている。 4月のピークを超える根拠は、都市封鎖を実施しても、新規感染者数の拡大は今後約2週間続くため。 アメリカでは6月22日時点で毎日約3万人の新規感染者が報告されており、今から都市封鎖をしても2週間以内に4月のピーク時の3. 9万人を超える可能性は高い。 再拡大を続けるアメリカの新規感染者数 残念ながら、既にアメリカでの新型コロナウイルスの再拡大が既定路線になったと思います。 この数日間、ずっと新規感染者数の推移を見てきましたが、グラフを見れば何の疑いもなく、再拡大していることがわかるようになりました。 出典: 今から都市封鎖をしても、4月がつのピークを超える可能性大 わたし個人の予想では、今からアメリカで都市封鎖を実施したとしても4月の感染拡大のピークを超えるとも思っています。 前回の3月下旬にアメリカでは各州で都市封鎖が行われましたが、最も感染者数が多かったニューヨーク州が封鎖されてから、感染者の拡大が緩やかになるまでには約2週間の時間がかかりました。 3月23日:ニューヨーク州が都市封鎖。 (全米新規感染者:10,374人)• 4月4日:全米で新規感染者数の増加傾向が緩やかになる。 (全米新規感染者:34,642人) 下図は全米の新規感染者数のグラフですが、都市封鎖実施された後も2週間は新規感染者は毎日増加しています。 6月現在は3月時点よりも人々の衛生意識も高いので新規感染者の増加傾向は緩やかですが、6月22日に3. 1万人だった新規感染者が、4月のピーク時の3. 9万人を超えるのは造作もないと思います。 おそらく今から都市封鎖をしても、2週間以内には3. 9万人を超えるはずです。 最後に あくまでも個人の見解ですが、おそらくアメリカの新規感染者数は第1波のピークを超えるという予想をお話してきました。 まだアメリカでは大規模な都市封鎖が行われていないにも関わらず、既に新規感染者数が3万人を超えていること。 今から都市封鎖をしても、2週間は感染者が拡大する恐れがあるので、4月のピーク時の3. 9万人を超える可能性が高いことが予想の根拠です。 秋以降に、アメリカで感染拡大第2波が来るという予想をたくさん耳にするのですが、秋をまたずに感染は拡大しているように見えます。 予想以上に早くて大きな規模の感染拡大だったとしても、株は感染拡大による経済への悪影響を下落を織り込まないのか、気になっています。

次の

アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況

アメリカ感染者数

27日、香港メディアの香港01は、米国が新型コロナウイルス感染者数で世界一になった理由について分析する記事を掲載した。 写真はアメリカのスーパーマーケット。 2020年3月27日、香港メディアの香港01は、米国が感染者数で世界一になった理由について分析する記事を掲載した。 記事は、26日夜に米国の新型コロナウイルス感染者数が少なくとも8万3000人を上回り、中国の感染者数より多く世界一になったと指摘。 これには三つの理由が考えられるとしている。 その一つが、「米国の社会や文化」だ。 記事は、「欧州やオーストラリア、ラテンアメリカの各国と同じく、米国人はマスクをしたがらないが、これは病人だけがマスクをすべきという根深い文化ゆえだ」と主張。 また、「新型コロナウイルスを軽視し、つい最近まで大規模なイベントを開催していたため感染を深刻なものにした」と指摘した。 そして、「これは米国の感染者は若者が多いという事実と符合している」と論じている。 二つ目の理由は、「検査規模を急速に拡大したこと」とした。 ホワイトハウスによると、米国はすでに検査数が37万人に達し、このうち22万人は3月16日からの8日間に行ったという。 これについて記事は「世界保健機関(WHO)の統計では3月16日の時点では感染者数が3503人だったが、その後、急速に増加した」と伝えた。 三つ目の理由は、「米国では感染が長い期間続いていたこと」とした。 記事は「1月21日に米国の保健当局は米国で初めてこの新型コロナウイルスの感染事例を確認していた。 1月下旬から3月下旬までの2カ月間、米国は厳格な社会コントロール措置を取らなかった。 人々もウイルスを軽視する中で、ウイルスが大量に感染する時間があった」と論じた。 その上で、「米国はいまだに感染スピードが非常に速いが、検査速度も速く科学技術力を示した。 また、死亡率が低いことは重症であっても適切な治療を受けられていることを意味しており、この点は欧州やアジアの多くの国に勝る」とした。

次の