紀子 さま ドレス。 紀子さまもパレードに参列 「紀子さまのドレスも素敵」「もっと映して欲しかった」の声も

紀子さま、美智子さまから「不思議な衣装」を受け継ぐ “国産ブランド”を活用した「華麗なるイメージ戦略」|菊ノ紋ニュース

紀子 さま ドレス

噂の内容 紀子さまへのバッシングの中で一番大きなものは、 なんといっても二度に亘る堕胎に付いてでしょう。 ハッキリした時期は分かりませんが、 早くも20年程前にはそのような噂を耳にしました。 あくまで私が聞いた噂ですが、 「紀子さまは二度も堕胎を余儀なくされた。 それについて、紀子さまのお父様である川嶋教授が両陛下に(または宮内庁に)苦情を申し上げ、結婚が決定した。 これは目白か高田馬場の近くにいる医師が言っていた」 ということです。 ですから、昭和天皇の喪中にも拘わらず、 1989年黒い服でのご婚約会見になったというのです (ご結婚は喪が明けた1990年です)。 また霊能者が 「紀子さまは五人の子供をお産みになる。 そのうち二人が男の子だ」 と言ったという話があり、 それに真実味を感じた人もいたようです。 噂の背景 皇室の方が堕胎などと言うことは、 一般の私達にはちょっと信じられないことですね。 天皇の血を引く命を殺してしまうことなのですから。 ただ、秋篠宮様が大学時代に創設された「自然文化研究会」が、 夜になるとみんなお酒を飲んで真っ赤な顔で写っている写真が公開されていることから、 友達との気軽な旅行や、 紀子さまと旅行に行くのが 目的だったのではないかと言う意見も聞かれました。 秋篠宮様は、子供の頃からやんちゃで知られていましたし、 大学に入ってからは、あまりに帰りが遅いので美智子様自らが 「もう帰ってらっしゃい」とお店かSPに電話をしたと言う話も伝わっています。 このような点からも妊娠の可能性を勘ぐってしまうのかもしれません。 新興宗教との関係 そんな中、この噂は一部の新興宗教の信者である 医師達が意図的に流している噂だとする説があります。 確かに私が聞いたのも、医師から出た話だと言うことでした。 小和田家は外務省の中にある、 この新興宗教のグループに属していますから、 まんざら嘘でもないのかもしれません。 それを聞いた私の伯母は、 自分によく電話を掛けて来るこの新興宗教の知り合いに直接 「小和田さんはあなたと同じ宗教なの?」と聞いていました。 すると、 「小和田さんは私達の宗教には入っていないけれど、顧問を頼んでいる」 という返事が返って来たそうです。 これはちょっとおかしいなと思いました。 何故なら、あの新興宗教が、 その信者でもない人に、顧問など頼むことがあり得るでしょうか? お二人の仲の良さがすべての原因かも 本当に新興宗教の人達が意図的に流した噂かどうかはわかりません。 そうする意味が判然としないからです。 真実はご本人たち以外わからないでしょうが、 もし、堕胎が本当なら、秋篠宮様はそれまでよりもっと紀子様を大事になさり、 紀子さまはそんな宮様の横でしっかり宮家を支えていくでしょう。 イギリスへ留学に旅立たれる礼宮様に涙を流された紀子さま。 目白のあるお店のマスターは、 「礼宮様が女性をお連れになる時はいつも同じ方でした」と言っていました。 いずれにしても、そんな悪い噂さえ、 お二人の仲が良いからこそ流れるのだと言えないこともないでしょう。 【関連】 【関連】.

次の

ローブデコルテとは?雅子さま&皇室のドレス写真まとめ!値段も気になる!

紀子 さま ドレス

雅子さま 受け継がれるティアラとは?皇太子ティアラと皇后ティアラ 雅子さまが「朝見の儀」で身につけておられたティアラは、皇后で代々受け継がれているティアラです。 このティアラには種類があり、種類ごとに使用される行事ごとに使い分けもされていますよ。 ティアラの種類は、皇后ティアラと皇太子ティアラの2種類。 どちらにも第一ティアラと第二ティアラが存在します。 第一ティアラは格式の高い情事の時に使用されるもので、普段はなかなかお目にかかることができないティアラとなっていますよ。 雅子さま 「朝見の儀」でつけていたティアラは? 雅子さまが「朝見の儀」で付けていたティアラは皇后第一ティアラです。 これは今回のように格式の高い行事の時にのみ付けられるティアラで、代々少しずつデザインを変えて使用されます。 時代別に追った写真がこちらです。 画像:朝日新聞映像報道部Twitter 雅子さま 第一ティアラ紛失事件 雅子さまが所有しているはずの「第一ティアラ」がヤフオクで出品されているという事件が2003年1月にありました。 この時出品されていたのはティアラだけではなく「像牙御紋付金蒔絵御扇子」と「アフガニスタン王国最高勲章大綬章」の2点も出品されていました。 後々にはよく品物を見てみるとデマだったことが明白なのですが、当時は噂が広まって「雅子さまがティアラを紛失された」と大炎上だったのです。 雅子さま 雅子さまが受け継いだ第一ティアラの行方は?紀子さまが所有している 雅子さまが紛失したと騒がれた第一ティアラですが、紀子さまが所有されていたようです。 今回の朝見の儀では紀子さまがティアラをされていましたね。 無事に付けられている様子を見ると、紛失したというのはやっぱりデマだったのは確かです。 雅子さま 紀子さまのティアラに対しての世間の反応!大炎上 雅子さまがかつて所有していた第一ティアラは、皇太子妃がつけられるティアラです。 そのため、今回の朝見の儀で紀子さまが付けられているのを見てネットでは大炎上となりました。 いや、皇嗣妃という身位があるなら、まだ皇太子妃の第一ティアラをおつけになるのも仕方ないね、と思うのよ。 でも、皇嗣妃という身位は皇室典範にも皇室典範特例法にもない。 紀子さまは一宮家の親王妃のまま。 宮内庁が勝手にそう言ってるだけ。 だから、おかしいと言ってるのよ。 — AB型 AB36738602 雅子さまが第一ティアラを付けている所をもっと見たかったなぁ、と思ってしまった。 でもしれっと紀子さまが付けてるのはモヤっとしたw これのせいで雅子さまにゲスな記事とか批判とかあったからなぁ…可哀想だ — 咲 xsrrr1996 本当、似合わない… レプリカ? 旦那がまだ皇嗣になってないのに、皇太子妃気取りで、皇太子妃の第一ティアラつけて恥ずかしくないのかね。 — 柿も好きな見習い工作員 asukayuri 雅子さまが皇太子妃になられた際には、第一ティアラを着用されませんでした。 これは美智子様に配慮されたためだと思われています。 こうした面でも比べられてしまったのかもしれませんね。 雅子さま 紀子さまに厳しい意見が向く理由! 皇太子妃というのは、皇太子の配偶者のことを言います。 今回、皇后家のお子さんには男の子がいないため、現段階では皇太子は不在となっていますよね。 また、もちろんまだ孫の代もいらっしゃいません。 そのため紀子さまは皇太子妃ではないのに第一ティアラを付けていたことになります。 画像:Twitter 二連のネックレスとの相性も良くとっても素敵な衣装なので、雅子さまの雰囲気にも良く似合われていましたね! 雅子さま 紀子さまのドレスは雅子さまへの配慮も? 雅子さまの衣装に合わせて、紀子さまの衣装も半袖でしたね。 肌の露出を抑えることで、統一感を持たせる配慮が感じられます。 ティアラの件を除けば、ドレスはバランスよく配慮してお召しになられているので、批判の声はあまりありませんでした。 イエローがとてもよく映え、首元には上品な刺繍が入っているものでした。 しかし、ここでも紀子さまのドレスについて注目が集まりました!一般参賀の際のみなさんの衣装を確認してみましょう。 朝日新聞映像報道部Twitter 雅子さまにとって今回の黄色のドレスは「勝負カラーのドレス」でもあります。 しかし隣に並んだ紀子さまの衣装を見てみると、写真ではベジューのような色味ではありますが、少し黄色がかったドレスをお召しになっています。 「紀子さまが雅子さまより目立とうとしている」と思われ、世間ではこれに関しても紀子さまには厳しい意見が寄せられていました。 しかし、一部の色の捉え方のような気もするので「同系ではない!」という意見もSNSでは多く見受けられました。 一般参賀での紀子さまのドレス「雅子さまと同系色」に驚き どこが同系色なんよ パロットクリソベリルの色が好きで探してると伝えたのに薄灰色のムーンストーン出されてよく似た色ですよ?と言われるようなもんだよ カナリートルマリンやアパタイトなら仕方ない気もするけど — さとる satoru224f 雅子さま 美智子様から受け継がれた指輪には7カラットのルビーが 雅子さまは以前美智子様から指輪を受け継がれていますが、今回の朝見の儀や一般参賀の際には指輪については確認できませんでした。 何か情報があれば今後追記していきます! 「雅子さま 紀子さまはライバル関係?ドレス、ティアラ、指輪を比較してみた!衣装かぶりも」まとめ 雅子さまは朝見の儀で皇后第一ティアラを身につけられており、とっても素敵だったという声が多くありましたね。 しかし一方で紀子さまは、皇太子妃でもないのに皇太子第一ティアラを身につけられており、ネットでは批判の声も多く上がることとなりました。 後日行われた一般参賀でも、雅子さまの黄色の勝負カラードレスと被るような色味のドレスを紀子さまが身につけていた件で、また紀子さまに批判の声が上がりました。 しかしこの時のドレスは見方によっては同色だが、同色のうちに入らないという声もあり紀子さまを守る声もあがっていましたよ。 ライバルかどうかは分かりませんが、少し紀子さまが雅子さまを敵対視しているのかもしれませんね。

次の

雅子さま 紀子さまはライバル関係?ドレス、ティアラ、指輪を比較してみた!衣装かぶりも

紀子 さま ドレス

5月4日、皇居・宮殿で天皇陛下のご即位を祝う一般参賀が行われた。 天皇皇后両陛下、秋篠宮ご夫妻をはじめ皇族方が宮殿・長和殿のベランダに立たれ、眼下の東庭を埋め尽くす参賀者の祝意に笑顔で応えられた。 最終6回目のお出ましは午後3時からの予定だったが、その前から冷たい風が吹き始め、天候を考慮してか10分前倒しになった。 そして、皇族方が退出されるタイミングを見計らったように、パラパラと小雨が降り始めた。 その日の参賀者は14万人超。 昭和から平成への御代がわりの時より3万人上回った。 元宮内庁職員で、皇室ジャーナリストの山下晋司さんはこう振り返る。 「ご退位に伴う御代がわりだったため、社会全体が明るい雰囲気で、皇室への関心が高まった印象を受けました。 多くの人が一般参賀に足を運んだのも、新しい両陛下に親しみを感じている人がそれだけ多いということでしょう」 広場にはピンクの文字で《佳子さま》と書かれたうちわを持った参賀者も見られ、「皇室と国民の関係がよりフラットになった新時代の到来を期待させられた」(皇室記者)という。 新皇后になられた雅子さまは、鮮やかなイエローのドレスに身を包まれた。 「雅子さまのドレスは首元に趣向を凝らした刺繍が施されたもので、おそらく新調されたのでしょう。 ところで、どうしても気になったのは、お隣に立たれた秋篠宮妃、紀子さまのアイボリーのドレスでした。 肉眼で見ると薄いイエローがかっていて、雅子さまのドレスと同系色に見えた。 通例では、皇后さまのドレスの色とかぶらないように各妃殿下が調整されることになっているので、これには心底驚きました。

次の