ポケモン ロズレイド 育成論。 【ポケモン剣盾】ロズレイド育成論 これが草タイプの最大火力だ!

【ポケモン剣盾】アシレーヌの育成論と対策

ポケモン ロズレイド 育成論

対戦環境ではややマイナー気味の存在となっており、同じ草・毒タイプのメガフシギバナが環境トップとして君臨しているのとロズレイドの特徴である 厳選難易度の高さもマイナーとされている理由でしょうか。 特殊耐久は高めでH調整すれば意外と耐えられ、 マリルリやフェアリー、スイクン、ウォッシュロトム等の対策必須なポケモンに強く出られるのが魅力であり、特性テクニシャンによってめざめるパワーを活かせるのも充分な採用理由となれます。 メガフシギバナと比較され耐久面でも劣ってしまいがちですが、ロズレイドにもSがやや速い、メガシンカではないので好きな道具を持たせられメガ枠を他にできるメリットもあるのでそれらを説明していきたいと思います。 育て方が非常に工夫が必要なポケモンでありますが、努力値等の配分次第で、持ち物無しでも大抵は抜群で1発で持っていけるの で耐久に振ったり、スカーフで上から 全抜きも狙える面白いポケモンだと思います。 耐久に振らなくても先制技に耐えられるので是非草枠に迷ったらメガフシギバナにもタイマンで勝てるロズレイドを使ってみてはいかかでしょうか。 ロズレイド:ブーケポケモン 努力値について 努力値は、Cに252全振り、Sにも252全振りし、残りをHに与えます、それかHCSそれぞれ好みに合わせての調整でも良いと思います。 今回の技構成 タイプ 技名 威力 命中率 くさ リーフストーム 130 90 どく ヘドロばくだん 90 100 エスパー めざめるパワー 60 100 くさ ねむりごな ー ー リーフストーム 草タイプトップクラスのC125から放たれる草最強の技。 打ち逃げで負荷をかけていくロズレイドとの相性は良くダメージレースで有利になっていけます。 但しはがねを呼びやすいので容易に打つのはやや危険。 ヘドロばくだん 6世代から登場のフェアリータイプの登場によって需要が一気に高まりました、どくメインウエポン。 これでフェアリーにも強く出ていけ、タイマン性能が高まるため必須技。 めざめるパワー テクニシャンロズレイドを使うのにシナジー抜群であり範囲が広くなれる役割破壊として超必須技。 厳選難易度は高いですが、それでも絶対欲しいくらいです。 ほのお・いわ・じめんがメインでありお好みで採用してください、どれも強いです。 はがねを呼びやすいのでほのおでもいいですし、ヒードランが嫌ならじめん、ファイアローがいればまず出てくるので処理が楽になるいわなど採用理由はどれも貴重です。 ねむりごな 安心して出ていけるポケモンには滅法強いが、ファイアロー等にはどうしようも出来ないのでそういった場面でかなり重宝する催眠技。 命中不安ですが使いたい場面がかなり多いです。 その他の技 じんつうりき 威力的には高くはないですが、ゲンガーやフシギバナへの高打点。 メガフシギバナは対戦でもよく見られ、対策が難しいのでじんつうりきがあるのとないのとで戦況が大きく変わってきます。 あるならまずタイマンで勝てるようになるのでおすすめです。

次の

【ポケモンUSUM】チョッキロズレイドの育成論【特殊アタッカー】

ポケモン ロズレイド 育成論

ポケモン剣盾 Twitter 最新情報• レイドピックアップ• 大会・ランクバトル• DLC「鎧の孤島」 注目記事• 攻略お役立ち• 入手方法・効率集め• トレーナー• 注目のピックアップ記事• 対戦・育成 対戦お役立ち• パーティ構築• 育成全般• 育成お役立ち• ストーリー攻略 攻略チャート• ジム攻略• ストーリーお役立ち• どうぐの入手場所• 注目ポケモン• クリア後• ワイルドエリア攻略• マックスレイドバトル• 特別なポケモン• ゲームシステム キャラ• バトル• 各種機能• シリーズ通しての要素• 外部コンテンツ ポケモンホーム• お楽しみコンテンツ ポケモンクイズ• 製品情報• 掲示板• 7月からのシーズンのレギュレーションが発表! 鎧の孤島の情報をチェック! ポケモン剣盾 ポケモンソードシールド におけるロズレイドの育成論と対策について掲載しています。 ロズレイドのおすすめ技や性格、もちものについてなども記載しているので参考にしてください。 対戦お役立ち関連記事 関連リンク 育成論 目次• 5倍に上がる ロズレイドの特徴 特性「しぜんかいふく」で状態異常攻撃に強い ロズレイドは特性「しぜんかいふく」により、 他のポケモンに交代した時に自身の状態異常を回復することができます。 この特性により、相手のおにびやでんじは、あくびといった状態異常攻撃に強くなることができます。 相手にあくびをされた場合であっても一度攻撃をしてから交代することができるようになるため、あくびループを回避することができ、相手のあくび展開を無力化することができます。 耐久を活かし特殊受けとしても活躍 ロズレイドは高い特防を持っていることから特殊受けとして育成することができます。 やどりぎのタネやどくどくを使うことができるため 、 多くの相手に耐久戦をしかけることができ、攻撃を受けながら相手のHPを削り切ることができます。 くさタイプの攻撃をタイプ一致で使うことで、環境に多くいるカバルドンや水ロトム、ラプラスなどに対して上から弱点を突くことができます。 特性「しぜんかいふく」により、交代時に状態異常を回復することができるため、相手の でんじはおにび、あくびを気にすること無く立ち回ることができます。 ブイズやカビゴン、カバルドンなどのあくび展開に特に強く、一度居座って攻撃をしてからでも交代をすることで眠り状態を回復することができるため、引き先のポケモンにあくびを入れられてしまっても再度ロズレイドを出すことであくびループを無力化することができます。 高く特殊耐久を持っていることから受けられるポケモンが多く、まもるを使うことで相手のダイマックスターンを受けるダメージを抑えながら消費させることができます。 より受け性能を重視する場合にはこうごうせいを採用でき、やどりぎのタネのダメージに頼らずとも自分から回復することが可能となります。 高い特防を持っていることから等倍の特殊アタッカーでの突破は困難となるため選出の際は注意が必要です。 やどりぎのタネやどくどくとを組み合わせた耐久型も存在し、対策ができない耐久ポケモンや低火力のポケモンはそのまま倒されてしまうため注意が必要となります。 対策方法 安定して受けられる物理アタッカー はがねタイプのポケモンであればどく技やどくどくが脅威ではありません。 めざ炎がないので打点がなく安定して受け出しが可能です。 中でも物理アタッカーはロズレイドを削りやすく突破しやすいです。 型によって厳選する性格や特性が異なる場合がありますので、上記の育成論の型ごとの表を目安の一つにしてください。 個体値に関して、理想は攻撃を除く5V。 複数ステータスがVの個体は比較的入手しやすく、厳選のハードルは以前と比較してもかなり低めとなりますので、理想個体を目指して孵化厳選を進めましょう。

次の

【ポケモン剣盾】アシレーヌの育成論と対策

ポケモン ロズレイド 育成論

こんにちは。 今回はロズレイドを採り上げます。 美しさだけでなく、強さも持ち合わせた頼れる姉さん。 これは毒タイプの中ではゲンガーに次いで第2位。 草タイプの中ではナッシーと並んで同率の1位の高さを誇ります。 この数字から放たれる「リーフストーム」は 強烈な一撃。 素早さも90あるのでアタッカーとしての素質は十二分に持っています。 スカーフ奇襲も面白い。 耐久は、 物理方面は壊滅的に低く、マンムーの「こおりのつぶて」で一発で落ちかねないくらいですが、第6世代に入ると 防御種族値が55から65へ上方修正され、そういうことは少なくなりました。 特殊方面は、多くの水タイプがサブウェポンとして持っている「めざめるパワー 氷 」や「れいとうビーム」はもちろん、サザンドラの「だいもんじ」まで耐えうるほどの高さです。 また、HPが低いので、フシギバナ以上に「やどみが」戦法が使いやすいでしょうか。 草ポケモンならではの天候を活かした戦法も、ロズレイドも例に漏れず用いることが可能です。 「ウェザーボール」を習得します。 特性について。 まず、通常特性ですが、「 どくのトゲ」は 基本的には採用されません。 他の2つが優秀だからというのが大きな理由ですが、到底物理技を受け切ることはできないので発動のチャンスが極めて低いです。 「 しぜんかいふく」は引っ込めると状態異常が治るという 超便利特性。 機能停止しにくく、 アタッカーとしては眠りや麻痺から回復できるのは非常にありがたいです。 「あくび」持ちポケモンに対しても堂々と居座ることもできます。 夢特性は「 テクニシャン」。 威力60以下の技の威力が1. 5倍になるというもの。 恩恵を最大限得られる技は、 現状では「めざめるパワー」 のみ。 特攻に割く努力値を節約してハッサムなどの鋼やあらゆるドラゴンに攻撃ができるので、余った分を耐久に回すこともできます。 もちろん極振りしてもOK。 これについては、既に「 (XY非対応。 近日中に更新します。 )」という記事を書いていますので詳しくはそちらをご覧ください。 第6世代から「めざめるパワー」の仕様が変更され、 威力が60固定になりました。 70から60に下がって確定数がズレてしまうという憂き目を見るポケモンが多数いる一方、実質的にテクニシャンロズレイドだけが相変わらず高威力でこの技を打ち放すことができます。 「テクニシャンロズレイド考察」で述べたとおり、第5世代で威力60を粘ろうとすると最速を諦める必要がありましたが、今回はそんなことはありません。 例えば氷タイプならば「31- 偶数 -30-31-30-31」を粘りさえすればよいのです。 「しぜんかいふく」と「テクニシャン」はどちらにも甲乙付けがたい利点があるので、私が「コレがいい」と決めることはできません。 お好みで選択してくださいとしか言いようがありませんね…。 超火力主力技。 6thで威力低下。 ソーラービーム 草 120 一致180 100 技マシン 1ターン目でためて、2ターン目で攻撃。 晴れ時はためなし。 他の天候時では威力半減。 晴れパで使う際の主力技。 ギガドレイン 草 75 一致112 100 ロゼリアLv技 与えたダメージの半分を回復する 耐久型における安定一致技。 マジカルリーフ 草 60 一致90 テクニ135 必中 ロゼリア・ロズレイドLv技。 必ず命中する。 テクニシャンにおける安定技。 草版「はどうだん」といったところ。 ただし、テクニシャンだからといって無理に採用する必要はなく、「リーフストーム」に差し替えても何ら問題はないです(むしろそのほうがおススメ)。 くさむすび 草 20~120 一致30~180 テクニ一致45~180 100 技マシン 相手の重さによって威力が変わる。 テクニシャンの場合、敵によっては大ダメージを与えられることもあるし、大したダメージを与えることができないこともあります。 テクニシャン考察記事でも説明した通り、「マジカルリーフ」との選択を考えているのであればその方が安定します。 草技との相性補完がなかなか良い技。 追加効果も高確率で優秀。 ウェザーボール ノーマル 50 天候時100 100 遺伝技 天候が変わると威力が倍になり、タイプが変わる。 天候パで使う際に欲しいサブウェポン。 天候時は「威力が倍になる」という条件補正が優先されるためテクニシャン対象にはなりません。 毒タイプピンポイント。 スボミー限定という点に注意。 ちなみにスボミーのタマゴを作るには「おはなのおこう」を両親のいずれかに持たせる必要があり、それと引き換えに「パワー系」や「かわらずのいし」のいずれかを諦めなければならず、厳選難易度は高いです。 特に6thでは「あかいいと」厳選が捗るため、厳しさが増しました。 厳選難易度の割に範囲が狭いので、選択肢の優先順位は低めと言えるでしょう。 ゲンガーとシャンデラといったゴーストタイプのほか、ラティオスなどのエスパーも攻撃対象。 マジカルシャイン フェアリー 80 100 技マシン 通常攻撃。 6th新技。 悪・格闘・ドラゴンに打点を持ちたいなら採用。 特に格闘タイプとの対面を想定するなら、厳選プロセスの観点から採用が難しくなった「じんつうりき」の代わりになります。 また、ドラゴンにも通るので「めざめるパワー」を炎で粘った際に入れておくとよいでしょう。 めざめるパワー - 60 テクニ90 100 技マシン 使用するポケモンによってタイプが変わる。 タイプは炎・氷・地・岩なんでもOK。 テクニシャン補正のお陰でヒードランやウルガモスに対しても確1がとれます。 タイプを選ぶのは非常に悩ましいですが、他のメンバーとの兼ね合いをみて。 耐久草ポケモン御用達の技。 草タイプには効きません。 「やどみが」として。 ねむりごな 75 遺伝技 相手を眠り状態にする。 命中に難ありだが苦手なポケモンとの対面で有効。 草タイプには効きません。 どくびし - ロゼリアLv技 相手がポケモンを出すと毒状態にする。 2回使えば猛毒状態。 速いので撒きやすいです。 耐久型に入れておくとフシギバナとの技の面での差別化になります。 浮いている相手は毒状態にならず、また、クロバット・マタドガス・ゲンガーを除く毒タイプが場に出ると「どくびし」が回収・無効化されてしまう点に注意。 こうごうせい - ロゼリアLv技 自分のHPが回復する。 晴れパ型または耐久型の回復手段。 ねむる - 技マシン HPと状態異常を全て回復し、2ターンの間眠り状態になる。 「しぜんかいふく」であれば「ラムのみ」などを持たせる必要がなく、素眠りが可能です。 特性「しぜんかいふく」のおかげで万一まひを負っても引っ込めれば治るので、素早さ低下を取り消すことができるので大変ありがたいです(この特性の存在を知ってか知らずか「でんじは」などを打ってくる人が後を絶たない)。 もちろん眠りからの回復も可能なので、催眠技持ちの前に堂々と出していけます。 技構成は鋼タイプ以外には等倍以上を取れるようになっています。 「めざめるパワー」は氷70。 打つ相手は大体サザンドラ及び4倍弱点。 【ダメージ計算例 ロズレイド攻撃側】 ・ めざめるパワー 氷70 vsサザンドラ(HP4振り) 51. 「では威力59のほうがより望ましいと書いてあったのになぜ!?」と思われる方も多いかと思います。 考察する前に頂いたので仕方ないですね。 個体値1~3の差くらい、運でカバーしますよ 笑 私にとってテクニシャンでめざパ 氷 の火力をアップさせる利点は主に2つ。 一つは耐久に努力値が振られているガブリアスを安定して一発で倒せること( 1 では中~高乱数1発)。 もう一つは毒統一使用者には嬉しい、低耐久という条件付きではありますが 飛行ポケモンを一発で倒せること。 ドンカラスクラスの耐久までなら確1が取れます。 努力値:4-252-0-0-0-252 実は「つるぎのまい」を覚える、そして攻撃種族値が70でそれほど低くはない。 ということで物理型まで育成してしまいました。 第5世代では「タネマシンガン」は前作の技マシンに頼らざるを得なかったので、「テクニシャン」との両立ができませんでした。 しかし、 第6世代で新たに遺伝技として習得するようになったので両立が実現しました。 そのため、物理型はあながちネタではなくなったような気がします。 参考までに、1舞い「どくづき」でHP振りニンフィアが確1。 「タネマシンガン」は連続技なので、「きあいのタスキ」諸々を貫通できる点で特殊型とは一線を画しています。 ただし、攻撃技のバリエーションは特殊型ほどは恵まれていません。 「全く同じことがウツボットにもできるではないか」と言われそうですが、ヤツは「どくづき」を覚えないんですよ。 「タネマシンガン」のほかに、「テクニシャン」の補正がかかる技に「はっぱカッター」があります。 ただし、急所ダメージの倍率は1. 5倍に下がっていますから結局微妙なところなんですよね…。 第6世代で新たに「 はなふぶき」という威力90、命中100の安定した草の物理技を習得しました。 こちらも物理型の候補に入ってくるのではないでしょうか。 これにてロズレイドのお話は終わりです。 読んでいただきありがとうございました。 第6世代で新たな可能性を得たロズレイド、今後も注目です。

次の