なのは赤保留。 CR一騎当千は噂通り辛い!!STスルー!?赤保留やバトルのタッグの信頼度はいかに!?

CR真・北斗無双 保留・演出信頼度(赤保留の信頼度)

なのは赤保留

初当り後の大半は増々(マシマシ)チャンス、その間に大当りすると以降は咲々(サクサク)チャンスに突入する。 どちらも右打ちで消化し、シッカリと4個の保留を貯めれば連チャンの準備OKだ。 電サポ1回転+残保留4個という計5回転のチャンスモードで、理論上の引き戻し率は約52%だ。 図柄揃いや一撃押しといった演出が存在する。 終了後は増々チャンスに移行するため、合計11回転における理論上の引き戻し率は約80%に達する! 演出は花が3つ停止すれば大当りという単純明快なもので、続々編、湧々編、黙々編の3つが選択可能だ。 四大演出はコレ! 全4種類で、いずれも後半になれば期待できる。 0% スロー演出 約47. 0% カットイン・白 約22. 8% カットイン・赤 約42. 3% カットイン・サンセイ柄 約86. 0% スロー演出 約48. 7% カットイン・白 約23. 0% カットイン・赤 約40. 7% カットイン・サンセイ柄 約86. 2% 前半が存在せず後半のみなので、発生=大チャンスだ。 0% スロー演出 約64. 0% カットイン・白 約36. 2% カットイン・赤 約57. 1% カットイン・サンセイ柄 約90. 0% スロー演出 約75. 0% カットイン・白 約49. 0% カットイン・赤 約69. 0% カットイン・サンセイ柄 約93. 0% 後半発展時の信頼度は60%OVER。 たとえカットインが白でも、半数近くが大当りに繋がるぞ! ストーリーリーチ 初当りの大半はここからスタート。 計5回転で引き戻せれば、晴れて連チャンモード(咲々チャンス)へ突入だ。 1回転目の演出はボタン押しで、保留変化&一発告知を祈るゲーム性。 2回転目以降は基本的に変化した保留色に対応したアクションが発生する。 保留は赤、煽りアクションは震撃アタックが出れば大チャンス。 デカ震撃アタックなら、いかなる場面も大当り濃厚だ。 「続々編」はもっともアクションが多く、左・中・右と1つずつ花が咲く。 テンパイ(SU2 すれば大チャンスだ。 「湧々編」はシンプルで、チャンスアップはデジタル回転時間と無音のみ。 「黙々編」は超絶シンプルで、チャンスアップは無音のみだ。 ちなみにBGMが消える無音は、全モード共通で大当り濃厚!!

次の

P寄生獣

なのは赤保留

2016年3月7日から導入が始まるパチンコ「CR真・北斗無双」 これまでの北斗の拳シリーズとはまったくの別物の本機!ゲームならではのタッグを組むことで、原作ではありえない、夢のバトルが体感できます。 筐体も新枠の「闘神」に搭載されている「ドライブギア」通常時は押しボタンとして活躍し、熱い演出のキメアクション時はレバーとして姿を変える斬新な使用です。 また液晶は「クラッシュビジョン」これは液晶の中に役モノが隠れている透過液晶になっています。 隠れている役モノは「秘孔ギミック」「強敵パネル」「七星ギミック」「あとX秒だギミック」と演出の要となるようなアクションが隠されています。 この記事では、CR真・北斗無双の通常時の保留・予告・リーチ演出から、時短中、幻闘ラッシュ(確変中)の演出、信頼度や法則などの最新情報をお届けします。 保留 信頼度 青保留 5%以下 緑保留 保4時(約40%) 保3時(約25%) 保2時(約15%) 保1時(約10%) 赤保留 保4時(約65%) 保3時(約55%) 保2時(約50%) 保1時(約30%) 金保留 約80% CR真・北斗無双の保留変化は点等時で信頼度が変わってきます。 保留4点灯時の緑保留なら約40%に対して、保留1点灯時なら約10%と大きく信頼度がダウンしてしまう。 赤保留も同等のことがいえます。 擬似はリーチ後に継続する事が多いです。 あとX秒だ予告 信頼度 待機中 約30% 覚醒 熱 激熱(キンリ柄) 次回 ガセ演出はなく、あとX秒予告はタイマー(秒数)が0になると何らかのアクションが発生します。 X秒待機中などの演出もあり! 秒数の色は基本は黄色ですが、画像のように赤ならチャンスアップ。 秒の長さ出現回数によって信頼度が変わってきます。 それは 画面右下にある闘気です。 本機はLvを100まで貯めることが最も重要です。 それとゆうのも、 大当たりのメインSPリーチ「決戦系リーチ」「運命の女」は闘気覚醒していなければ発展しないからです。 闘気覚醒さえしいれば、予告が弱くとも十分に期待がもてます。 また、Lv100時のエフェクトの色にも注目!通常は赤だか金なら激アツ! 強い演出ならLvが溜まりやすいことも覚えておこう! 大幅に闘気Lvがチャージされる演出は「ステージチェンジ」「タイトル予告」「ザコ顔出し予告」「バット予告」「リュウケン予告」「ユリア予告」などがある ゾーン予告 信頼度 神拳ゾーン 約55% 北斗ゾーン 約10% 変動中や、リーチ中に突然突入する最強の先読みゾーン。 下位の北斗ゾーンから発展することもあります。 次回予告 信頼度 天に北斗輝くとき 約65% 地上最強の拳 約90% 地上最強の金セリフで発生する、これ外れたらヤバイね^^; 群予告 信頼度 群予告 約70% 北斗シリーズで群予告って今までなかったような?群予告はスーパーリーチ発展時に発生します。 リーチはケンシロウ・トキ・ラオウ・ジャギの北斗4兄弟が主役の4種類。 扱いは弱リーチ。 なかでもVS北斗流拳は決戦系では最も熱いリーチです。 VS北斗琉拳、以外のSPに信頼度に差はありません。 チャンスアップは後半のキャラ分岐の所が最も重要なポイントだと思います。 4兄弟リーチ(運命の女) 信頼度 タイトル(金) 約80% タイトル(銀) 約55% 文字(赤) 約55% ジュアギ後ろ壁(キリン柄) 約90% 最終レバー 約55% リュウケンの指名で北斗4兄弟が集結し、囚われたユリア救出する本気最強のリーチ演出です。 ラオウ・トキ・ジャギが敵を撃退しケンシロウに道を作り最終、ドライブギアを使って扉が開いた先にユリアがいれば大当たりとなる チャンスアップはタイトル・文字・ジャギの後ろに壁・最終レバーなど 一撃当千CHANCE カットイン(なし) 約25% カットイン(あり) 約90% 無双アクションで雑魚を殲滅できれば、大当たり。 カットイン有無で大きく信頼度が変わってきますが、カットインがなくても十分チャンスあるSPです。 修羅場リーチ 昼・夕方 約1% 夜 約20% 夜+北斗七星 約30% 修羅場リーチはロングリーチにあたります。 昼・夕方ならノーチャンスといってもいいでしょう! ただ、夜からは別格! 世紀末リーチ 前半 文字(赤) 約35% 七星ギミック(白) 約10% 七星ギミック(赤) 約45% 後半 文字(赤) 約35% 七星ギミック(白) 約30% 七星ギミック(赤) 約45% 世紀末リーチ修羅場リーチと同じくロングーリーチの1つです。 北斗ロゴ落下で後半に発展。 チャンスアップが絡めば大当たりも十分望める CR真・北斗無双のSTバトル演出 幻闘ラッシュは 赤図柄揃い、激闘ボーナス後に真・北斗無双エンブレム完成で突入します。 【ST突入率は50%ですが、 時短100回転(激闘ミッション)での引き戻し率は26. 9%】 幻闘ラッシュはST130回転で継続率は80%です。 ケンシロウの実の兄であるヒョウを選びたい! 連チャンしてサクサクいきたときには、先制重視型ですね。 すなわち、誰を選んでもこの対戦相手期待度表の通りになります。 バトルの信頼度は100回転までは高く、101回転から129回転までは信頼度は落ちてきます。 幻塔闘ラッシュCU 100迄 100から バトル開始時のセリフ 自キャラ(赤セリフ) 約55% 約75% 敵キャラ(赤セリフ) 約60% 約50% バトルが始まり最初のチャンスアップは自・敵キャラのセリフ色です。 自・敵、共に赤セリフなら先制チャンス(先制すればバトル勝利が約束される) 自キャラが何型なのかによって、敵先制後の展開が大きくかわってきます。 自キャラが先制重視ならば、ファーストバトルを負けるこことで勝率がかなり落ちてしまう。 奥義型、バランス型は、そこまでの影響はない 反撃後の体力ゲージ 先制時重視型 残り30 約55% 約40% 残り90 約25% 約10% 奥義重視型 残り30 約80% 約65% 残り90 約35% 約20% バランス型 残り30 約65% 約45% 残り90 約25% 約15% 反撃後のカットイン 一撃 約90% 約80% 連打 約80% 約65% 反撃のゲージの信頼度の目安です。 30まで減らせば、先制重視でも期待できる数字となります。 ゲージは30・50・70・90とあります。 ゲージが全く減らない買ったり、一撃でなくなったりするプレミアパターンもあり 反撃後のカットインは敵の大量のゲージを大幅に減らす激アツ演出です 奥義 先制重視 一撃 約80% 約65% 連打 約30% 約約15% 奥義重視 一撃 約80% 約70% 連打 約30% 約15% バランス型 一撃 約50% 約30% 連打 約30% 約15% 幻闘ラッシュ時の予告 予告演出 100迄 100から 保4(赤保留) 約75% 約55% 透過カウントダウン 3 約85% 約40% 2 約80% 約60% 1 約80% 約55% 0 約75% 約55% 闘気ステップアップ 赤 約65% 約45% 緑 約25% 約15% 一撃当千煽り カットインあり 大当たり濃厚 カットインなし 約75% 通常レバー 約75% 無双ZONE 約30% 約20% 無双ゾーン中にバトル発展で勝利が濃厚となります。 また、上位版の真・無双ゾーン突入で大当たり濃厚.

次の

P寄生獣

なのは赤保留

まずは保留変化の種類に注目。 「ぱちんこウルトラセブン2」や「ぱちんこGANTZ:2」などでは紫保留でリーチ最終形に発展していたが、本機は紫保留でも弱リーチ止まりの可能性もある為、できれば赤保留以上が望ましい。 この他にも、発展先を示唆する保留や依頼書も存在。 後者は書いてある内容に注目しよう。 変動開始時に発生する「元締緊急指令」は保留変化に関わらず出現し、成功で実写リーチ発展濃厚だ。 メーカーおなじみとなりつつある「入賞時フラッシュ予告」は紫以上の出現がそこまで多くない印象。 その分、信頼度が約27%以上となるので、紫以上の発生はリーチ中のチャンスアップに期待。 連続予告は「連」の文字色に注目。 大当りに繫がることが多かったのは赤文字で、実戦上全て連続3回になっているので、大当りのきっかけとして重要なチャンスアップとなりそうだ。 チャージ予告の「鉄拳チャージ予告」はエフェクト色を上昇させ、最終的に鉄拳ZONE発生で重要演出の問答無用鉄拳CRUSH予告発生濃厚。 なお、鉄拳チャージが発生せずとも問答無用鉄拳CRUSH予告は発生することもあるぞ。 「真剣チャージ予告」は、発生で赤帯が出現。 最終的に真剣ZONEが発生すれば実写リーチ中に主水が出現=信頼度大幅アップ。 鉄拳ZONEと真剣ZONEが複合すると真鉄拳ZONE発生となり、最強リーチの「3人共闘リーチ」発展濃厚だ。 最も大当りに絡む実写リーチにポイントを絞って紹介しよう。 まずは人数に注目! 発展後すぐに激震剣デバイスを押して共闘が発生すればチャンス、さらに激熱共闘であれば信頼度アップ。 3人共闘の場合は必ず激熱共闘が発生するぞ。 続いて、激熱共闘が発生しなかった場合はカットイン色に注目。 強予告絡みでも緑カットインだと少々厳しい印象だが、当たりに繋がることもあった為、もしかしたら…という気持ちで見守るのが良さそう。 逆に予告が少し弱めでも赤カットインの出現ならワンチャン、金カットインならかなり頼もしい。 その他のリーチは「一撃必殺リーチ」「ストーリーリーチ」「死神チャレンジ」「仕置ATTACK」「おとつ捕獲」などが存在。 実写リーチでの当たりがメインとなりつつも、色々なルートから大当りの可能性を秘めているぞ。 鉄拳チャージは鉄の手が出現後に液晶左側に「鉄拳上昇中!! 」の帯が出現。 仮に鉄拳ZONEまで行かなくても問答無用鉄拳CRASH予告が発生することがあり、その場合は「鉄拳上昇中!! 」の帯が液晶下部のCRASHロゴに吸い込まれる動作をするぞ。 真剣チャージは液晶右側に「真剣上昇中!! 」の文字が出現。 サイド液晶の右側のパネルが埋まりきると真剣ZONEが発生する。 真剣ZONE後は実写リーチでの主水共闘or金カットインの発生が濃厚となる。 」 ボイス 大当り濃厚 大当り濃厚 大当り濃厚 一撃ボタン出現 92. 」 ボイス 大当り濃厚 大当り濃厚 大当り濃厚 一撃ボタン出現 94.

次の