再春館 製薬 ヤクザ。 再春館製薬所 養生薬湯の口コミ、知っておきたい評判とは?

再春館製薬所とヤクザとの関係は?ドモホルンリンクルの噂の真相は?

再春館 製薬 ヤクザ

再春館製薬所のバドミントン部の元監督である 今井彰宏さんが話題ですね。 先月末、今井彰宏さんは国際大会で獲得した賞金を選手に渡さなかったことが解任理由だったと報道されました。 現在では岐阜トリッキーパンダースに在籍しています。 熊本県バドミントン協会は、今井彰宏さんの除名処分を決めたと報道もありました。 2017年の世界選手権で銀メダルのフクヒロペアも再春館を退社し、今井彰宏さんのいる岐阜トリッキーパンダースに移籍しました。 今井彰宏さんを追いかけていった感じがしますよね。 最近では、今井彰宏さんが再春館製薬所トップが今井彰宏さんに対してパワハラしていたという報道もありました。 今回は、再春館製薬所について、• 再春館製薬所の噂 評判 は?• 再春館製薬所の社長はやくざ西川組?• 再春館製薬所は宗教?• 再春館製薬所の逮捕とは? について、お伝えします! スポンサーリンク 目次• 再春館製薬所の噂 評判 は? 再春館製薬所といえば、ドモホルンリンクルではないでしょうか? CMで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? 再春館製薬所は1993年にドモホルンリンクルを主力製品として、売上を大きく伸ばし、100億円を突破しました。 当時の西川通子社長は、さらに売上を伸ばし120億円を達成しようと、力を入れたのがテレアポでの商品勧誘でした。 CMでのフレーズ「まずは無料でお使いください。 」は、ほとんどの人がきいたことがあるはずです。 無料ならどんなもんかな?とサンプルを注文する人も結構いるはず。 サンプルを注文した人に対し、電話で商品勧誘をしました。 それがしつこいということで、大量にクーリングオフで大量に返品された過去があったようです。 現在では押し売りのような電話勧誘はしていないということです。 続いて、実際に働いていた人の評判はどうだったのでしょうか? ・・・ということで、転職サイトをチェックしました!転職サイトでは実際に働いていた人、もしくは現在も働いている人が口コミを投稿することができます。 やはり、良い評判、悪い評判どちらもありますが、一部紹介しますね。 良い評判• 会社の人は気づかいや感謝をしっかり伝えられる人ばかりで、ギクシャクするようなことはない。 人間関係で悩むことは全くない。 人間関係はとても良い。 業務に関して相談しやすい環境である。 熊本県の中では収入が安定している方だと思う。 給与に関して不満を持っている人はそんなにいないと思う。 給料が良かった。 頑張った分だけ報奨金がもらえ、ボーナスにも反映された。 有給に関する不満と、昇給額が低いという評判が目立ちました。 給料に関して、良い評判と悪い評判がありますが、これは個人の感覚によるものなのでしょうか?ただ、こちらのサイトによると、回答者の平均年収は職種にもよりますが、327万円ということなので、低い印象です。 再春館製薬所の社長はやくざ西川組? 再春館製薬所の現在の会長である西川通子さんの亡夫が、熊本県最大の暴力団だった西川組の会長だったようです。 1990年には銃弾が撃ち込まれたことがあるようです 汗 ドモホルンリンクルのCMからは、品質にこだわっていて、環境に優しそうな印象しかないですが、こういうのを聞くと、見る目が変わってしまいますね 汗 スポンサーリンク 再春館製薬所は宗教? 先ほど紹介した口コミサイトとは別のサイトでは、「仕事内容よりも人間関係で悩むことの方が多かった。 会社の雰囲気も宗教みたいな感じだった。 」という口コミもありました。 やはり、仕事内容や部署によるんでしょうか?先ほどの口コミサイトだと、人間関係は良好という口コミしかありませんでしたが・・・。 再春館製薬所の逮捕とは? 「再春館製薬所」とYahoo! 検索すると、「再春館製薬所 逮捕」と虫眼鏡キーワードが出てきます。 過去に何かやらかして、写真が逮捕されたことがあったのでしょうか? 調査したところ、親族宅新築費の一部を会社発注の工事費に上乗せし、1500万円の損害を再春館製薬所に与えた年て、会社法違反 特別背任 の疑いで元常務取締役が逮捕されていました。 取締役として再春館製薬所施設の管理業務を担当していた2009年-2010年にかけて、熊本市北区にある父親の新築費の一部1500万円を社屋の改修工事費等に上乗せしていたようです。 元常務取締役は、架空う出張や水増し請求で提訴され、232万円の支払いを命じられました。 再春館製薬所は主力製品「ドモホルンリンクル」で売上を伸ばしたが、さらに売上を伸ばすため、サンプルを注文した人への電話勧誘がしつこいぐらいかかってきたようだ。 元社員の口コミによると、人間関係は良い会社だが、昇給が少なく、有給がとりにくいという意見が多かった。 再春館製薬所は、会社が宗教みたいな雰囲気で、人間関係で悩んでいた人も・・・。 再春館製薬の元取締役は、会社法違反 特別背任 の疑いで逮捕されている。 いかがでしたか? 選手たちはどうなっちゃうんでしょうかね?フクヒロペアが再春館製薬所を退社した理由が気になりますよね。 今井彰宏さんが先に移籍していたところへの移籍なので、引き抜きみたいな感じなのかな?とも思いましたが、実際どうなんでしょうね? もし、賞金を本当に抜いていたのなら、選手たちはいくら指導力が良い人であってもその人の元に指導を仰ぎにはいかないのではないでしょうか? 再春館製薬所の背景や過去の事件等も今日知りましたし、パワハラも事実なのかなぁと個人的には思っています。

次の

再春館製薬所

再春館 製薬 ヤクザ

再春館製薬所のバドミントン部の元監督である 今井彰宏さんが話題ですね。 先月末、今井彰宏さんは国際大会で獲得した賞金を選手に渡さなかったことが解任理由だったと報道されました。 現在では岐阜トリッキーパンダースに在籍しています。 熊本県バドミントン協会は、今井彰宏さんの除名処分を決めたと報道もありました。 2017年の世界選手権で銀メダルのフクヒロペアも再春館を退社し、今井彰宏さんのいる岐阜トリッキーパンダースに移籍しました。 今井彰宏さんを追いかけていった感じがしますよね。 最近では、今井彰宏さんが再春館製薬所トップが今井彰宏さんに対してパワハラしていたという報道もありました。 今回は、再春館製薬所について、• 再春館製薬所の噂 評判 は?• 再春館製薬所の社長はやくざ西川組?• 再春館製薬所は宗教?• 再春館製薬所の逮捕とは? について、お伝えします! スポンサーリンク 目次• 再春館製薬所の噂 評判 は? 再春館製薬所といえば、ドモホルンリンクルではないでしょうか? CMで一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? 再春館製薬所は1993年にドモホルンリンクルを主力製品として、売上を大きく伸ばし、100億円を突破しました。 当時の西川通子社長は、さらに売上を伸ばし120億円を達成しようと、力を入れたのがテレアポでの商品勧誘でした。 CMでのフレーズ「まずは無料でお使いください。 」は、ほとんどの人がきいたことがあるはずです。 無料ならどんなもんかな?とサンプルを注文する人も結構いるはず。 サンプルを注文した人に対し、電話で商品勧誘をしました。 それがしつこいということで、大量にクーリングオフで大量に返品された過去があったようです。 現在では押し売りのような電話勧誘はしていないということです。 続いて、実際に働いていた人の評判はどうだったのでしょうか? ・・・ということで、転職サイトをチェックしました!転職サイトでは実際に働いていた人、もしくは現在も働いている人が口コミを投稿することができます。 やはり、良い評判、悪い評判どちらもありますが、一部紹介しますね。 良い評判• 会社の人は気づかいや感謝をしっかり伝えられる人ばかりで、ギクシャクするようなことはない。 人間関係で悩むことは全くない。 人間関係はとても良い。 業務に関して相談しやすい環境である。 熊本県の中では収入が安定している方だと思う。 給与に関して不満を持っている人はそんなにいないと思う。 給料が良かった。 頑張った分だけ報奨金がもらえ、ボーナスにも反映された。 有給に関する不満と、昇給額が低いという評判が目立ちました。 給料に関して、良い評判と悪い評判がありますが、これは個人の感覚によるものなのでしょうか?ただ、こちらのサイトによると、回答者の平均年収は職種にもよりますが、327万円ということなので、低い印象です。 再春館製薬所の社長はやくざ西川組? 再春館製薬所の現在の会長である西川通子さんの亡夫が、熊本県最大の暴力団だった西川組の会長だったようです。 1990年には銃弾が撃ち込まれたことがあるようです 汗 ドモホルンリンクルのCMからは、品質にこだわっていて、環境に優しそうな印象しかないですが、こういうのを聞くと、見る目が変わってしまいますね 汗 スポンサーリンク 再春館製薬所は宗教? 先ほど紹介した口コミサイトとは別のサイトでは、「仕事内容よりも人間関係で悩むことの方が多かった。 会社の雰囲気も宗教みたいな感じだった。 」という口コミもありました。 やはり、仕事内容や部署によるんでしょうか?先ほどの口コミサイトだと、人間関係は良好という口コミしかありませんでしたが・・・。 再春館製薬所の逮捕とは? 「再春館製薬所」とYahoo! 検索すると、「再春館製薬所 逮捕」と虫眼鏡キーワードが出てきます。 過去に何かやらかして、写真が逮捕されたことがあったのでしょうか? 調査したところ、親族宅新築費の一部を会社発注の工事費に上乗せし、1500万円の損害を再春館製薬所に与えた年て、会社法違反 特別背任 の疑いで元常務取締役が逮捕されていました。 取締役として再春館製薬所施設の管理業務を担当していた2009年-2010年にかけて、熊本市北区にある父親の新築費の一部1500万円を社屋の改修工事費等に上乗せしていたようです。 元常務取締役は、架空う出張や水増し請求で提訴され、232万円の支払いを命じられました。 再春館製薬所は主力製品「ドモホルンリンクル」で売上を伸ばしたが、さらに売上を伸ばすため、サンプルを注文した人への電話勧誘がしつこいぐらいかかってきたようだ。 元社員の口コミによると、人間関係は良い会社だが、昇給が少なく、有給がとりにくいという意見が多かった。 再春館製薬所は、会社が宗教みたいな雰囲気で、人間関係で悩んでいた人も・・・。 再春館製薬の元取締役は、会社法違反 特別背任 の疑いで逮捕されている。 いかがでしたか? 選手たちはどうなっちゃうんでしょうかね?フクヒロペアが再春館製薬所を退社した理由が気になりますよね。 今井彰宏さんが先に移籍していたところへの移籍なので、引き抜きみたいな感じなのかな?とも思いましたが、実際どうなんでしょうね? もし、賞金を本当に抜いていたのなら、選手たちはいくら指導力が良い人であってもその人の元に指導を仰ぎにはいかないのではないでしょうか? 再春館製薬所の背景や過去の事件等も今日知りましたし、パワハラも事実なのかなぁと個人的には思っています。

次の

「これぞ豪邸!」日本の豪邸まとめ

再春館 製薬 ヤクザ

株式会社 再春館製薬所 Saishunkan Co. ,Ltd. , Ltd. )は、に本社を置く・・の業の企業である。 概要・特徴 [ ]• 社名は、江戸時代のに建てられた医学校に因んでいる。 ~に 再春館薬業や 再春館製薬といった名称を用いた事もあり、も2つの名称が用いられていた。 一般的な化粧品と異なり店舗販売は行なっておらず、基本的に「テレビ通販」などに特化しており、「客が納得するまで売らない」「買うまで売らない」など独自の商売倫理に立ったCM作りで有名である。 沿革 [ ]• - 岡田町に『再春館製薬所』を設立。 - 株式会社再春館製薬所を設立。 資本金100万円。 - 生薬処方の (麻杏薏甘湯加防已)を発売。 - 配合美容クリーム 開発に成功。 - 西川通子が代表取締役社長に就任、その後、ダイレクト・テレマーケティングシステムを本格的に導入。 - 熊本にテレマーケティングセンターを設立。 - ( 0120-444-444)を導入(この電話番号は後にのにも採用される)。 女優のをドモホルンリンクルのCMに起用。 - の鳥子工業団地に阿蘇工場を新設(現在は地元食品メーカーの工場となっている)。 - 設立60周年を迎え新社屋を熊本市帯山に竣工開始。 『』がスタート。 - 売上高が100億円を突破。 当時社長の西川通子が120億円を目指そうとしたところ大量の返品 が送られたため約3ヶ月間電話による販売を中止。 - に工場を新設、工場名称を『 再春館ヒルトップ』とした。 - 代表取締役社長に西川正明が就任。 西川通子前社長は会長に就任。 『再春館レディースゴルフトーナメント』が13回を以て終了。 - 熊本市御幸木部の林ヶ原記念病院を買収し、『』に改称、病院経営に乗り出す。 西川通子会長が理事長に就任。 - 本社を熊本市帯山のITMビルから自社工場がある「再春館ヒルトップ」に移転。 新本社名称を『 つむぎ商館』とした(同月5日より業務開始)。 - 自社ウェブサイトに外部からの不正アクセスがあり、一部の顧客情報が閲覧されたことを発表(参照)。 - 「第17回(賞)」を受賞したことを発表。 自社の環境に対する取り組みが評価された。 - 「くまもとバイオビジネス大賞」を受賞したことを発表。 - 「第61回ダイレクト広告賞」を受賞したことを発表。 - 熊本県が主催する「くまもとソーラーパーク」企業として認定。 - 新商品として「光対策 素肌ドレスクリーム」発売開始。 - 同社の「伝統薬房」を東京都にある東京事務所1階に開設。 - 新商品として飲料「飲むドモホルンリンクル」発売開始。 - 発刊『再春館製薬所 ニッポンいちの社員食堂』発売。 - 同社初の海外販売をにてスタート。 - のオフィシャルトップパートナーとしてスポンサー契約を締結。 これまでのピッチ広告に加え、2012年ユニフォーム(背中)スポンサーに加わる。 - 株式会社再春館「安心・安全」研究所を設立。 残留農薬検査の事業化をスタート。 - 『再春館 はるさんのあんしん台所』を開始。 - 香港に続き、にて海外販売をスタート。 - 大阪・に「コミュニケーションスペース」と称して、初出店。 - プロバスケットボールチーム「」に協賛。 - より、再春館製薬所監修の電子書籍『スキンケアのプロが教える 30代からの肌づくりBOOK』が発刊。 - 同社の「コミュニケーションスペース」2店舗目を福岡・に出店。 - より、再春館製薬所監修の『再春館製薬所が教える おうち漢方』が発刊。 - 同じ熊本に活動拠点を置いていたの部(が運営)の受け皿として「くまもと再春館製薬所バドミントンチーム」の設立を発表。 - 新商品として『年齢筋力応援 「長白仙参(ちょうはくせんじん)」』発売開始。 - 新商品として「めぐりの結晶[年齢美習慣]」発売開始。 - くまもと再春館製薬所バドミントンチームを創設。 前身チームから引き継いでバドミントン日本リーグ1部(現:)に加盟。 - 主力商品「ドモホルンリンクル」をリニューアル。 - バドミントンチーム所属選手のが代表選手に内定。 同時に同部門における一般投票で1位を獲得。 主な商品 [ ]• 基礎化粧品• 化粧落しジェル• 洗顔石鹸• 泡の集中パック• 保湿液• 美活肌エキス(薬用美白)• クリーム20• 保護乳液• 光対策 素肌ドレスクリーム• 年齢美習慣• 飲むドモホルンリンクル()• めぐりの結晶• (麻杏薏甘湯加防已)()• 養生薬湯()• 歩みのゼリー 根のちから() 過去に販売していた商品 [ ]• プラセンタドモホルン(医薬品)• ナレーションはが担当している。 内容はドモホルンリンクルの紹介だけでなく、企業の取り組みを紹介する内容のものもいくつか流している。 また、熊本県内に本社を置く企業であることから、熊本県の民放テレビ各局でもCMが放送されている。 但し、内容は企業の取り組みを紹介するもので、CMの最後に企業ロゴとともに申し込みの受付電話番号(フリーダイヤル)が表示されるが、前述のサウンドロゴは流れない。 提供番組 [ ] 系• (毎日放送制作、ヒッチハイクで30秒) 系• (第2期、)• (のみ) 系• (隔日)• (当時放送していた東海テレビ制作の昼の帯ドラマ枠からそのまま提供。 (制作。 「東海テレビ制作の昼の帯ドラマ」から引き続いて提供。 ) 系• (毎週水曜18時台、1分枠)• (毎週土曜夕方) 特殊例 [ ]• TBS系• (11:30枠全国ニュースコーナーのみ。 (とが交互に制作。 毎日提供していたが、最末期を除き隔日で1分枠の場合スポンサー読み上げがあった。 (同上)• (12時台月~金の帯。 13時台月~木の帯。 各30秒と金曜13時台制作枠30秒、金曜14時台制作枠前半で30秒)• (のみ)• (制作)• (毎月第3週はABC制作)• (ABC制作)• (・のみ30秒枠で放送)• cmを放送する場所は決まって最後の方に放送している。 の影響により2011年3月14日 - 3月18日は、放送休止で提供なし、3月21日 - 3月25日は、再春館製薬所のみ提供クレジットを表示、3月28日以降は全社提供クレジットを自粛。 4月途中(曜日不明)、提供クレジットの表示を再開。 番組終了後「」にて引き続いて提供。 日本テレビ系• (制作)• (読売テレビとの共同制作)• (制作)• (毎週木曜日、1分枠)• ラジオCM [ ] ラジオでは主に、と歩みのゼリー 根のちから を紹介したラジオCMが放送されている。 各局の代表するパーソナリティがCMを担当しているが、その局に担当者がいない場合は、主に生島ヒロシバージョンが流れる(そうでない場合もあり)。 に区分されるため、CMの最後に使用上の注意のアナウンスが流れる。 読み上げは生島及び各パーソナリティがするが、稀に女声の合成音声で読み上げられた物の場合もある。 :、、• :、、• :主に生島ヒロシだが、まれに・のバージョンも流れる。 :、、• :、、、、• :、、、• :、、、、、、(いずれも「痛散湯」のみ)、(「長白仙参」のみ)• :、、、、(中原は「長白仙参」兼任)• :、、 ほか• また立場上、局アナはCM冒頭で氏名を名乗らない。 最近はや、、など民放FMラジオ局やラジオNIKKEIでも「痛散湯」「ドモホルンリンクル」のCMが流れるようになった。 提供番組 [ ] TBSラジオ• ・(月~土曜日「健康広場」)• (木曜日「再春館製薬所 健康一直線」)• 以上の番組ではスポット枠でも当社のCMが流れる。 (火曜日のみ、生島ヒロシバージョン) 過去の提供番組 [ ]• (TBSラジオ)• (TBSラジオ)• (ニッポン放送)• (ニッポン放送、への番組) その他 [ ]• - スポンサーとしてピッチ広告を出している。 プロチーム「」- ユニフォームスポンサー 自社主催イベント [ ]• サンクスイルミネーション(毎年12月に再春館ヒルトップ敷地内で行われるイルミネーションイベント)• 2015年開催の「第22回 サンクス・イルミネーション 2015」を持って終了。 自社ウェブサイトへの不正アクセス事件 [ ] 、定例システムチェックを実施した際に通常を上回るアクセス数の記録を確認した。 この結果、自社ウェブサイトに外部からのがあり、一部の顧客情報が閲覧された事が発表された。 これを受けてウェブサイトは同日午後10時から閉鎖し、「お知らせとお詫び」に変更された。 被害を受けたのは、顧客情報約27万人のうち14万1,483人分である。 また、閲覧された内容は氏名・メールアドレス・ユーザーIDとパスワード・電話番号が閲覧されたものと説明している。 閲覧された情報を悪用される「二次被害」についてはまだ確認されていない。 情報が閲覧された顧客に対し、謝罪のメールや手紙を送信した(電話番号が閲覧された人には電話でも謝罪している)。 2007年には、に違反容疑などでを提出。 この件に関して、同年午後3時から本社で記者会見し、詳しい経緯を説明した。 顧客情報が閲覧された時間帯(午前9時20分 - 5月1日午前10時44分)に記録された接続元の機器の場所は国内だったという。 通常の接続数は1日約1万件であるのに対し、顧客情報が閲覧された時間帯の約25時間には約14万件もの接続があったという。 この事から、同年からまでテレビCMが公共広告機構(現:)に差し替えられていた。 その後、同年から順次、事件に関する情報などがウェブサイトに掲載された。 なお、ウェブサイトについては、事件から1ヶ月後の6月中旬頃を目処に再開される予定だったが、同年より一部のページが再開。 時点では、商品利用者向けコミュニティサイトを除いた他のページがすべて再開。 商品利用者向けコミュニティサイトについてはに再開され、これにより、すべてのサイトが再開した。 研究成果に関する学会発表 [ ] 主に、天然の化粧品原料と老化のメカニズムについての学会発表を行っている。 化粧品原料においてはこれまで、チューリップ(ピンクダイヤモンド)の花びらから抽出されるエキスによるコラーゲン合成促進効果や、「芋焼酎粕」やスイス高山植物「ピンピネラ」など天然物の化粧品への利用のための研究成果などを発表している。 熊本県の不知火地方でのみ採れる「不知火菊」の研究は、同社の主な研究成果の一つである。 老化のメカニズムに関しては、アンジオポエチン様因子2(Angptl2)や(HSP)の皮膚老化との関係およびそのメカニズムについての研究が主である。 2015年には、皮膚科学分野におけるAngptl2研究および同抑制生薬に関する熊本大学との共同研究成果を発表している。 近年は、天然原料を用いた防腐剤の開発や漢方における修治を化粧品原料に応用する研究なども行っている。 2009年• 富山県産のチューリップ(ピンクダイヤモンド)の花びらから抽出されるエキスによる、「皮膚細胞でのコラーゲン合成促進効果」について、「第129年会」にて発表。 (HSP70)による「メラニン合成の抑制作用や紫外線による損傷からの回復効果」について、と「第15回国際光生物学国際会議(International Congress of Photobiology 2009)」にて発表。 2010年• 「芋焼酎粕抽出物の抗糖化作用とメラニン抑制作用」と「スイス高山植物ピンピネラの抗酸化作用」について「日本生薬学会第57回年会」にて発表。 「毒性の少ないHSP70誘導生薬のスクリーニング及びメラニン産生に対する効果」について、天然物「ヤバツイ(野馬追)」、「アルニカ」が皮膚を守りながら美白作用を示すことを、熊本大学と「第130年会」にて発表。 2011年• 「シワシミ抑制機能を有する自己回復タンパク質 熱ショックタンパク質(HSP70)」について、と「第41回欧州研究皮膚科学会」にて発表。 2012年• 熱ショックタンパク質(HSP70)の皮膚におけるシワシミ抑制機序について解析し、「紫外線に対するHSP70の効果と化粧品への応用」について「第132年会」にて発表。 が再春館製薬所とのAngptl2を標的とした共同研究を「第30回日本美容皮膚科学会総会・学術大会」にて発表し、優秀演題賞を受賞。 2013年• 「Angptl2による皮膚老化促進メカニズム」についてが再春館製薬所と「第32回美容皮膚科学会」にて発表。 「シワ」と「」は、同じタンパク質の過剰な働きが共通の原因と「第13回日本抗加齢医学会総会」において、再春館製薬所と熊本大学の共同研究で発表。 2014年• 「Angptl2による皮膚発がん促進メカニズムの機能」についてが再春館製薬所と「第14回日本抗加齢医学会」にて発表。 2016年• 「不知火菊抽出物のAngptl2発現抑制効果と老化促進因子が及ぼす肌への影響」について「日本生薬学会第63回年会」にて発表。 2019年• 不知火菊抽出物のメラニン合成抑制機序について解析し、「Angptl2発現を抑制する不知火菊抽出物はメラニン産生経路を抑制する」ことを「第19回日本抗加齢医学会」にて発表。 コラーゲンのリサイクルに着目し、「種々の素原料を用いた大棗エキスのコラーゲン受容体Endo180産生促進作用とその活性成分」について「日本生薬学会第66回年会」にて発表。 複数のに対する天然植物の抑制効果を検討し、「真菌に対する天然防腐原料の発見と実用化に向けた検討」について「防菌防黴学会第46年次大会」にて発表。 特許 [ ]• 2012年:熱ショックタンパク質誘導剤、およびこれを含む皮膚用外用剤、食品、並びに、熱ショックタンパク質誘導剤の製造方法 特許番号:第5080065号• 2015年:熱ショックタンパク質の発現誘導剤 特許番号:第5697879号• 2016年:ピンピネラサキシフレイジ抽出物 特許番号:第5890955号• 2017年:皮膚外用剤 特許番号:第6166506号• 2019年:不知火菊抽出物を含む抗皮膚老化剤 特許番号:第6490342号 出典 関連会社等 [ ]• 株式会社• 株式会社• 株式会社• 医療法人桜十字(桜十字病院)• 株式会社(旧:ビーエム・セブン・コーポレーション)• 公益財団法人• 株式会社桜十字• 株式会社• あゆみ株式会社(再春館 はるさんのあんしん台所の運営会社) 備考 [ ]• 絶倫ゴールドやボインボインバストなどの強壮・美容関係の商品を扱っている「再春館薬品」という会社があるが、関係はまったくない。 なお、2010年3月に、再春館製薬所は再春館薬品に対し、類似の使用禁止などを求めるを、に起こした。 9月、再春館薬品がを変更または抹消することなどを条件に和解成立。 には、当時熊本市帯山にあった本社社屋の窓ガラスと壁に、5月に銃弾4発、6月にも銃弾5発がそれぞれ撃ち込まれたほか、当時にあった阿蘇工場の窓ガラスが割られる事件が発生。 のちに銃刀法違反などの疑いで暴力団「北岡会」幹部らが逮捕された。 のに同社のを基にしたがある。 に発生したで震源地にあった本社・工場が被災し10日間ほど営業を停止したが、被災後まもなく、認定NPOに協力し、本社敷地内に災害用避難テントを張るなどの復旧支援活動を実施した。 また、同年には熊本城に5億円の復旧支援金を寄付している。 脚注・出典 [ ] []• 同社のCMでも最初に『返品の山』として取り上げている。 2009年9月7日放送の『』より。 com 朝日新聞社 2007年5月3日報道• 日本経済新聞. 2014年8月7日. 2015年12月7日閲覧。 再春館製薬所. 2020年4月2日閲覧。 www. saishunkan. 2020年2月3日閲覧。 www. saishunkan. 2020年2月3日閲覧。 www. saishunkan. 2020年2月3日閲覧。 www. saishunkan. 2020年2月3日閲覧。 www. jpo. 2020年2月3日閲覧。 産経新聞 2010年3月2日• 共同通信 2010年9月15日• 『読売新聞』2000年07月14日「再春館銃撃容疑で組員逮捕」• 『毎日新聞』2000年10月11日「再春館製薬へ銃弾 暴力団幹部を逮捕 熊本県警」• 『週刊新潮』2000-06-08• 2004年の480kW設置を皮切りに、2014年(10年後)に8. 075MW(約17倍)に増力して需給率ベースでほぼ全量を賄っている。 関連項目 [ ]• - アニメ版において同社バドミントン部が取材協力として参加。 また、バドミントン撮影協力として同社バドミントン部所属の仲井由希乃、小野菜保がのモデルとして参加している。 外部リンク [ ]•

次の