虚構 推理 破瓜 の 痛み。 『虚構推理』とかいうおひいさまが可愛いだけのアニメwww

虚構推理短編集 岩永琴子の出現 感想 ネタバレ あらすじ

虚構 推理 破瓜 の 痛み

ネタバレなしの感想 『』シリーズの第二作目、前回は長編でしたが今回は短編集です。 5つの独立した短編が掲載されており、妖怪や怪異の絡む内容となっています。 前作『』では虚構と現実が入れ替わる攻防が楽しめましたが、今回は現実となった虚構をという物語ではありません。 妖怪たちの知恵の神である岩永琴子が、妖怪たちの依頼に応えて事件を解決するという内容になっています。 ただし』らしく、事件の真相を明らかにするという話ではなく、問題を収めることを優先した虚構の推理が披露されています。 問題の真相・真実は別にありますが、依頼主を納得させるために琴子が最もらしい理屈を披露するところが実に面白かったです。 推理自体は虚構ではありますが、相手を納得させるに足る推理とするために論理を積み重ねていくところが前作を彷彿とさせます。 前作『』を楽しめた人は、今作も変わらず楽しめるはずです。 今回、第三話の「電撃ピノッキオ、あるいは星に願いを」以外は既に発生した事件に対しての関与になっています。 ですので、事件の犯人を当てるフーダニットではなく何故そのようなことを行ったのかを推理するホワイダニットのミステリーです。 第一話の「ヌシの大蛇は聞いていた」は、犯人の漏らした一言の真の意味を巡り二転三転する虚構の推理の行方と決着、そして本当の意味はという結びは実に見応えがありました。 ミステリー的な楽しみも、琴子と九朗の関係性の醍醐味も詰まっていますし、この第一話がこの短編集で白眉と考えています。 今作でも妖怪たちの調停を司る知恵の神たる琴子のキャラクターの面白さと、琴子と九朗の関係性の面白さは健在です。 九朗に対して積極的に好意をぶつける琴子とその好意を迷惑そうに受け入れる九朗のやりとりは5つの短編すべてで共通して描かれています。 琴子の身の安全より豚汁を優先されるとか、豚汁に負けるヒロインってなかなか珍しくもあり面白かったです。 そんな扱いに憤慨しながらも九朗との愛の営みの為にウナギで精をつけようとしたり、自然薯を用意したりと琴子の本当にぶれずにめげないところは好きです。 それに表面上は琴子をぞんざいに扱っている九朗が本心では琴子のことを大切に思っていることが分かりますので、いい感じの2人なんじゃないでしょうか。 逆に琴子の方が九朗の気持ちや考えを理解できていない面がありますね。 これは琴子のスタンスが妖怪側に近く人の感情に疎いという面があるのかもです。 琴子のスタンスとしては自然の理に反していなければ、人に被害が出ても関与しないのですよね。 妖怪たちの知恵の神という立場から妖怪の依頼には応えますが、人からのお願いは断りますし。 件と人魚の性質を取り込んだ異形の存在である九朗が精神面では人間らしいのに比べ、琴子の方は精神面が人間と一線引いている気がします。 だからこそ、琴子の姿に不吉な影を感じたり、決して敵に回したくないと思われたりするのかもしれないです。 琴子と九朗の関係は琴子が積極的に九朗に関与することで成立していますが、九朗の身体が普通の人間のモノに戻った時にこの関係が壊れないのかちょっと怖いですね。 ネタバレありの感想 ここから下は『』のネタバレありの感想になります。 未読の方やネタバレを見たくない方は、ここで引き返すことを推奨いたします。 各短編についてネタバレありで感想を書かせていただきます。 ヌシの大蛇は聞いていた ネタバレなしの感想でも書きましたが、今回の短編集で一番楽しめたお話です。 九朗に豚汁>琴子という公式で語られたり、その事に憤慨する琴子という点も面白かったですが、 この御話が面白かった最大の理由は、依頼主である大蛇が頭が良く琴子の虚構の推理に突っ込みをいれてなかなか納得しない点ですね。 琴子は最初に真相を伝えてはいるのですが、大事なのは真相ではなく大蛇自信が納得できる理屈であったという点で実に難問でした。 大蛇が納得するためにいくつもの虚構の推理を積み重ね、最終的に確認のしようがないが説得力のある虚構を用意するところが実に琴子らしく最高でした。 それにしても死体遺棄をした犯人は目論見通りヌシ様に死体を発見してもらったのに、食べて貰えなかったばかりに犯行が発覚してしまった不運。 うなぎ屋の幸運日 琴子が探偵役ではなくメッセンジャー役ということで短編集の中でも異色の内容です。 梶尾の身体の不調は、彼が殺した妻の幽霊が憑りついているからであり、自首しようともしなくとも不調は続くと告げています。 妻の幽霊から頼まれたから琴子は梶尾に伝えたわけですが、琴子は幽霊や妖怪の知恵の神ですから彼らの依頼は受けるのですよね。 逆に梶尾からの妻の幽霊を祓ってくれという依頼は世の理に反していないので断っています。 この辺、琴子の基本的なスタンスが妖怪や幽霊側であり世の理を重視することの証明に思います。 琴子にとって同じ人間だから助けようという観点はないのでしょうね。 「わけのわからない恋人を持つと苦労する」という琴子の述懐は、九朗の方こそが思っていることだろうな。 電撃のピノッキオ、あるいは星に願いを 孫を亡くした老人の絶望が呪いになったと思いきや、それ以上の絶望が存在していたという点が驚きの短編でした。 命を懸けての復讐を行おうとしながらも、呪いの責任を他者に背負わせようとする善太の考えは小心者が故なのか、他者に向けての悪意なのかは悩ましいところです。 呪いの人形に孫が亡くなる原因を作った大学生4名の名前と併せて多恵さんの名前を刻んでいたことを考えると、悪意の成分が強かったんじゃないかと思いますが。 大学生4名に対する復讐はまだしも、同じ様に大切な存在を事故で失いながらも平気そうな多恵の姿に憎しみを抱いたことは逆恨みに他ならないですからね。 あくまで平気そうに見えていただけで、多恵さんの絶望の深さと長さは決して他者が測れるものではありません。 それに多恵さんが大切なものの死から立ち直れていたとしても、それまでに感じていた絶望を想えば善太の呪いは本当に独りよがりの憎しみですよ。 今回も九朗が心の奥では琴子のことをとても大切に思っていることと、九朗に対して好意を抱いている割にぞんざいに扱う琴子の姿が描かれています。 「彼女がいなければ、今頃僕はどう暮らしていいか見失っていたかもしれません」という言葉から、九朗が人間とし手の心を持って暮らせているのは、琴子が対等の人として接してくれることがあるのでしょうね。 そして「あと、なるべく死なない方向で」という言葉、琴子は本当に九朗能事大切にしているのか?という疑問符が浮かびますね(笑) 本当にこの二人の関係性とやり取りは楽しくて好きです。 ギロチン三四郎 探偵役が琴子ではなく、九朗の方なのかと驚きを覚えました。 それ以上に探偵役となった九朗が事故死してしまったことに驚きを覚えましたがね。 そしてギロチン三四郎の依頼がギロチンが使われた理由を調べることではなく、小夜子に自身をモデルとした絵をかいてもらえないかと伝えることだったのがサプライズでした。 今回の短編集に載っているお話全編にわたって言えることですが、発生した殺人事件は本当にどうでもいいんだなあと思わされますね。 妖怪たちからすれば人間の諍いは関係ないでしょうし、琴子にしても妖怪たちの知恵の神というスタンスが無ければ事件に関わることは無いから仕方ないよね。 小夜子は眠っている琴子の姿を見て絵のモデルにしたいと考えていたのに、会話した後はもう二度と会いたくないとまで感じている訳で。 どんだけ琴子が人間らしさからほど遠く、不吉な気配を感じさせるのかと恐ろしさを感じます。 眠っているときに鼻にフライドポテトを入れられたり、九朗のところに自然薯をもってやってくる姿からは想像できませんがね。 幻の自販機 第一話と同様、真相に納得しない人物に虚構の推理を真実であると納得させるのかというお話です。 ただ第一話に比べて虚構の推理が複雑だし、無茶があったかな。 第一話の虚構推理は裏付けを取ろうにも既に証拠品 胎児の死体 は始末済みと思われ裏どりをしないだろうけど、 こちらの虚構推理は裏付けを取るために梶木刑事が行動しそうな点に引っ掛かりを覚えたせいかもしれません。 うどん自販機のある異界から梶木刑事を遠ざけるという目的の達成は出来るだろうから良いと言えばいいんだけど。 私がピザの配達員や本間にあらぬ疑いが生じたことに納得がいかないからかもしれないです。 今回も琴子の行動に振り回されいやいや付き合う九朗の姿と、それに不満げな琴子の姿は面白かったです。 琴子の好きなところ二十個挙げるという罰ゲームで、まっさきに挙げるのが「僕にまったく好かれようとしないお前の自分を曲げない姿勢」なのは笑いましたよ。 でも、そのあとの九朗の言葉こそが琴子と九朗の関係性を如実に表しているように思えます。 2人の関係って琴子が九朗に対して好意を持っているからこそつながっている関係なんですよね。

次の

虚構推理の岩永琴子ちゃんとかいう非処女で性欲旺盛の女の子、今季トップクラスの可愛さ!!!

虚構 推理 破瓜 の 痛み

処女喪失時の痛みは、大きく分けて2種類あります。 1つは、処女膜が破れること(破瓜、はか)による痛みです。 処女膜というのは、膣(ちつ)の周りにある、ひだのようなもので、「膜」とはいうものの、実際には穴が開いています。 (穴がなかったら、生理のときに何も出てこないですね) ですので、処女膜が破れる、というよりは、その穴が「裂けて広がる」と言った方が適切です。 この開いている穴の大きさは人によってまちまちで、僕が見てきた何人かの子でも、すでに穴が大きめな子もいれば、小さい子もありました。 ペニスが入る際には、この処女膜が破れる(裂けて広がる)ことになるので、痛みがあるわけです。 もう1つは、ペニスが膣の中でこすれることによる痛みです。 処女の女性の場合、女性器が未発達であったり、性交に慣れていないことから、非処女の女性と比べて、膣が濡れにくい傾向にあります。 (実際、それは感じます) そのために、膣が十分に濡れていない状態で、ペニスを出し入れすることにもなり、そのために痛みが生じるのです。 ちょうど手と手をこすりあわせていると、摩擦でだんだん痛くなってきますね。 一番デリケートな場所といってもいい膣が、摩擦でこすれる痛みは、これは痛いでしょう。 こちらは事前に膣を十分ぬらしておくことで、ほぼ無痛にすることができます。 具体的には、ヴァージンサポートでは、女性が十分にぬれるまで、前戯に通常の2倍以上の時間をかけます。 前戯としては、Dキス、乳首責め、言葉責め、全身なめ、クンニ、ローター等を女性の方の反応を見ながら行っていきます。 女性の体も人それぞれで、感度の良い場所が異なりますので、毎回、探り探りとなります。 この時には、どこをどうされるのが気持ちよいのかを素直におっしゃっていただけると、非常に助かります。 もちろん、されたくないことは事前におっしゃっていただければ行いません。 (たとえば、キスは好きな人としかしたくない、という方も中にいらっしゃいます) このような前戯を長いときには2時間以上行います。 十分に膣がぬれてくると、膣の中もほぐれてきて、ペニスを受け入れる準備ができてきます。 正直なところ、僕以上に前戯に時間をかける男はめったにいません。 なぜなら前戯は疲れる割に、男性側はまったく気持ちよくないからです(笑) しかし、セックス慣れしている女性ならばともかく、処女の方は、十分に前戯に時間をかけないとセックスする体の準備が整わないと思います。 指1本がすんなりと入り、中が十分にほぐれているくらいを目安としています。 もう1つの痛みである、破瓜(はか、処女膜が破れること)の痛みをおさえるためには 小林製薬が出しているフェミニーナというお薬を使います。 これは「デリケートゾーンのかゆみ・かぶれに」というキャッチフレーズのお薬ですが、この薬に含まれているリドカインには麻酔作用があるのです。 (歯医者さんの麻酔薬と同じ成分です) もともとデリケートゾーン用のお薬ですので、安全性は高いお薬です。 本来の使い方とは異なるものの、こちらのお薬を膣に塗ってから、ペニスの挿入に入ることによって、破瓜の痛みも最小限におさえることができます。 フェミニーナは、基本的にこちらでご用意させていただきますが、ご自分でご用意くださっても問題ありません。 感謝いっぱいの日になりました。 先日は本当にありがとうございました。 その後、悩んでいた頭がすごくスッキリとした感じがしていまして、これから前向きに頑張っていけそうです。 改めて本当にありがとうございました! とても気持ちよかったです こんなに気持ちのよいことだったんですね 笑 とても気持ちよかったです。 これからハマりそうです(笑) とても安心しました ちゃんとした身なりの男性の方でとても安心しました。 最後まで優しくてとても素敵でした。 本当にありがとうございました。 プロフィール通りの人が来てよかったです プロフィール通りの人が来てよかったです。 私が緊張しないように色々とサポートしてくれたこと、とても感動しました。 人生で明るい第一歩のスタートができそうです。 丁寧に丁寧に気持ちを込めてくださったこと感謝致します 始まるまでは正直ものすごく痛くて絶叫するんじゃないかと思ってましたが、思ったより大したことなくて良かったです 笑 丁寧に丁寧に気持ちを込めてくださったこと感謝致します。

次の

アニメ『虚構推理』坂から転げ落ちるのは破瓜の痛みよりマシってどういうこと?第3話|おたぽる

虚構 推理 破瓜 の 痛み

怪異達の知恵の神になった少女と怪異にさえ恐れられる男が怪異に挑む。 昨日の誤字、酷いw あれだな、引きこもりがチャリで50キロ爆走した後のテンションでパソコンなんかいじっちゃいけないんだよ。 だが、なぜか腕が筋肉痛になっている。 それでも昨日のうちに書いておきたかったんだ。 約束だけ果たしたらお終いにするんだって。 九郎が恋人と別れたと知り結婚を前提とした交際を申し込むが取り合ってもらえず、嘘か誠か分からない河童の話をされる。 だが、それが本当であることを琴子は知っていて九郎が隠した部分さえも当ててしまう。 幼少期に怪異に攫われて怪異達の知恵の神=相談や仲裁役となっていた琴子には怪異達が九郎を違うものだと告げていることを知っていたのだった。 よし、余裕で本屋に行けるな、と言った本屋で買ってみた漫画。 もう、怪異に妖怪、都市伝説とか本当に弱いんだよ。 さて、物語は見た目は小さな女の子だが十七歳の琴子が通院している病院で九郎が恋人と別れたことを聞くところから始まる。 この看護師さんが味方な感じは、入院生活を思い出すな。 二年前に九郎の笑顔にコロッとやられていた琴子は別れたのを幸いと速攻で告白しに行きますが、九郎はまだ元恋人のサキとの別れを引きずっていた。 そして、サキとの別れの原因は婚前旅行で京都に行った時に河童にあったという話から。 河童に出会い、普段は強気でベッドの上でもしがみついたりしない彼女が震えてしがみついてきたとき、九郎はみっともなく逃げ出してしまったのだと言う。 ……ちくしょう、さり気なく惚気やがってw だが、その話を琴子は否定する。 妖怪、あやかし、怪異は存在する。 過去に攫われて怪異の知恵の神になったことを告げる。 そして、代替的には報道されなかったが戻ってきた少女は片目片足を失っていたという本人しか知らない情報を残して。 次の日、図書館で真相を調べに来た九郎の前に、怪異達の報告から現れた琴子は九郎を巧みに誘導して図書館に居座る怪異のもとに行くのですが、知恵の神の本領発揮かと思いきや錯乱していて言葉も通じず、九郎の存在も見えていないから脅しもできない。 仕方がないから物理に出ますが吹っ飛ばされ、抱きとめた九郎は自分の腕を怪異に食わせてしまう。 だが、九郎の腕はすぐに生えてきて、腕を食った怪異は腐り死ぬ。 なんでも、九郎は十一歳の時に妖怪変化を二種類ほど食ったために不死身の肉体を持っているらしい。 この辺はさらりと語られるだけで物語は二年半後へと移り変わります。 主人公がサキさんこと弓原巡査に変わりますが、サキさんも九郎との別れを引きずっていた。 そんなサキのもとにやってくるのが一つの都市伝説。 死んだアイドル七瀬かりんが鉄骨を振り回す鋼人七瀬となって現れるというものなのですが、帰り道でサキさんは出会ってしまう。 不条理を断ち切るために物理で挑むサキさんだが、通じるはずがなく、代わって琴子が物理で挑む。 近日中になんとかするから警察には言うなと逃げようとするが、そのサキさんがお巡りさんである。 見せた警察手帳で琴子の中で九郎の元カノであると繋がり、今カノ発言して物理が発生したところで終わりでした。 何が言いたいかというと、二話しか入ってないから全然進まないよ! 次は11月発売だよということ。 琴子の呼び方が「九郎さん」から「九郎先輩」になっていることから無事に大学で先輩後輩にはなっているようですが、付き合っているかは不明ですな。 不明だと言った上で敢えて、苦手な話題のところを今回のお気に入りの代わりに上げておこう。 今回はサキが転がって来た琴子を受け止めたところから。 大丈夫かと聞かれると、琴子は言った。 「ええ…、破瓜の痛み比べればこれくらい」 「こういう時になぜ変に生々しい例を持ち出す!?」 「だって、一番痛い経験だったんだから仕方ないじゃあありませんか」 九郎ぅコノヤロウっ! 別に処女厨ではないけれど、この発言には二年半で何があったのか気になって仕方なくなる。 九郎を受け入れられるのは琴子だけだろうけど、次回予告で九郎とサキさんもでてきて動き出していますが、私は琴子とサキさんの女の戦いを期待しています! 虚構推理 1 城平 京 原作. 残虐でグロいのにキャッチーな世界観が大好きなんて、2期めっちゃ楽しみに待ってる。 体験版が面白かったので予約しましたが、どの国から始めるかはきっと発売日まで悩むんだろうなー。 エガちゃん両手に花にしたいんだ。 マスクとハンマーつきだぜ! 結構顔がごついので素顔童顔な心先輩とはちょっと違う感じですが、是非とも能井も出してほしい。 カイマンとニカイドウ、心と能井、煙さんキクラゲは引き離しちゃいけないのだ。 頼む、お願いだから発売してください。 いつまででも待っているから。

次の