プロテイン。 プロテインのおすすめはホエイ一択|初心者向けの選び方や使い方の解説まとめ

トレーナーが選ぶプロテインのおすすめランキング!コスパ最強の人気プロテインを徹底比較

プロテイン

過剰摂取に気をつけるとともに、ソイやホエイなどプロテインの種類が自分に合うかどうかも気にかけたい Photo:PIXTA 体づくりに気を使う人にとって欠かせないのがタンパク質だ。 特にプロテインは、今や老若男女問わず、多くの人々が生活に取り入れている。 パウダー状のプロテインを水や牛乳などで溶いて飲むドリンクタイプが主流だが、最近はドリンクタイプのほか、「プロテインバー」などのスナックタイプも増えている。 また、プロテインではないが、「サラダチキン」などの高タンパク食品もスーパーやコンビニで売り場を増やしてきている。 また、プロテインは筋トレやダイエット目的以外に、美肌の効果なども得られるため、美容目的で摂取する人も少なくないという。 さまざまなシチュエーションで用いられているプロテインだが、人それぞれの体重、運動量によって、1日の規定摂取量が変化するそうだ。 薬剤師で、自身も日々の筋トレと、トレーニング後のプロテイン摂取を欠かさないという小谷寿美子氏 が、1日の摂取量の目安を教えてくれた。 「トレーニングをした日は、体重1kgにつき1. 5g~2gのタンパク質が規定量です。 体重60kgの人であれば120gですね。 この量は、食事だけではなかなか摂取できない量なので、プロテインドリンクなどで補うと良いでしょう。 一方、運動をしてない日は、体重1kgにつき1gのタンパク質が規定量で、体重60kgの人なら60gとなります。 もし体を動かしていない日に、動かしている日と同量のタンパク質を摂取した場合、取りすぎになってしまいます」(小谷氏、以下同) 種類やメーカーによって異なるが、プロテインドリンク1杯で摂取できるタンパク質の量は、約20g。 トレーニングの前後に飲む分には問題ないが、デスクワークだけをする日に、水代わりに何杯も飲むなどしてしまうと、健康を害するリスクがあるという。

次の

プロテインマニア

プロテイン

<目次>• プロテインの飲み方のポイント プロテインは食品を加工したサプリメントであり薬ではありません プロテインは英語でたんぱく質という意味ですが、サプリメントとしてのプロテインは「高たんぱく質の加工食品」の事を言います。 たんぱく質は肉・魚・卵・乳製品・大豆などの食品に含まれています。 それらの食品を原料としてたんぱく質を抽出し、吸収しやすいように加工されたものがプロテインです。 元は食品なので薬ではありません(ドーピングでもありません)。 それでは、プロテインの主成分たんぱく質の働きについて詳しく見ていきましょう。 その前に、プロテインを飲むポイントは以下の通りです。 筋肉の発達に不可欠なたんぱく質、そして、アミノ酸にも注目! たんぱく質を摂取すると腸でアミノ酸に分解・吸収され、皮膚・骨・筋肉・毛髪・血液など体を構成する成分になったり、酵素・ペプチドホルモン・神経伝達物質などにもなります。 人間の身体は水分を除くと大部分がたんぱく質から構成されており、生きていくために必要不可欠な栄養素です。 運動をしている人はこれらの働きはもちろん、特に筋肉の維持や発達のために多目にたんぱく質を摂取するのがすすめられます。 たんぱく質は、約20種類のアミノ酸で構成されていますが、このうち人間の体内で作ることができない9種類のアミノ酸を「必須(不可欠)アミノ酸」と呼びます。 リジン、バリン、ロイシン、メチオニン、スレオニン、イソロイシン、トリプトファン、フェニルアラニン、ヒスチジン。 これらのアミノ酸は体内で作ることができないため食品から摂取する必要がありますが、必須アミノ酸9種のバランスが偏っていると、一番少ないもの(第一制限アミノ酸)に合わせた量しか働かないという特徴があるので、すべての種類の必須アミノ酸をバランスよく摂取することが大切です。 アミノ酸がバランスよく含まれているたんぱく質は? たんぱく質には大豆などの植物の中に含まれている植物性たんぱく質と、肉・魚・乳製品から取れる動物性のたんぱく質があります。 必須アミノ酸が9種類バランスよく含まれているのは動物性たんぱく質の方です。 必須アミノ酸がバランスよく含まれているか示す指標にアミノ酸スコアというものがありますが、この値が100に近いほど良質のたんぱく質とされます。 そして、動物性たんぱく質のほとんどがアミノ酸スコア100なのです。 そこで、たんぱく質を摂取するためには何もプロテインではなく食事から動物性のたんぱく質を摂取すればいいのではないかと考えますよね。 ですが、動物性たんぱく質を食品から摂取しようとすると脂質も一緒に摂ってしまい太ってしまうケースが多いのです。 動物性たんぱく質を食品から摂取すると太りやすい 肉からたんぱく質のみを摂取する場合は、脂身の部分を取り除かなくてはいけません プロテインは高たんぱく質・低カロリー 動物性のたんぱく質には多量の脂質伴うため、脂質を取り除いてから食べないと総摂取calが増えてしまい太ってしまいます。 太ってしまうのは一緒に摂ってしまいがちの脂質が原因でたんぱく質が原因ではないのですがこれは避けたいところです。 例えば、肉の脂や乳製品に含まれる脂肪分、卵の黄身などが脂質にあたります。 これらの食品から脂質となる部分を外し、たんぱく質の部分だけで食べればよいのですが、牛肉の赤身・鳥のささみ・卵白のみのゆで卵など…味気なくて長続きしそうにありませんよね。 そこで食品から脂質を取り除いてたんぱく質のみを加工し、高たんぱく質・低カロリーのプロテインの出番になります。 プロテインの効果的な摂取量とは 運動していない健康な人が1日に必要なたんぱく質は男性で約70g、女性で約60g。 対して食事で摂取しているたんぱく質の平均は平成29年の国民栄養調査では、1日69. 実は運動していない健康な人であれば食事だけでもたんぱく質の摂取量は十分足りています。 しかし、たんぱく質は筋肉を作る働きがありますから、激しい運動をして破壊された筋肉を回復させるためには激しい運動をする人ほどたんぱく質の摂取量を増やす必要があります。 その量は体重1kgあたり1. 5g~2gほど。 体重70kgでは実に105g~140gもの量が必要になります。 普段の食事から補いきれない20g~60gのたんぱく質を食品の動物性たんぱく質から摂取すると大量の脂質を摂ってしまい太りやすくなるのでプロテインから摂取しようという事になります(スポーツ選手やボディビルダーのような極端に激しい運動をする場合は1日4g程度推奨する場合もありますが、今回は例外とします)。 プロテインの飲み方……いつ、どれくらい飲めばいい? プロテインを水に溶かすとこんな感じになります 日常の食事でたんぱく質は十分に補給されている事が多いのですから運動しないなら筋肉を回復させるためのたんぱく質補給は不必要です。 運動量に合わせてプロテインの量を調整しましょう。 その理由は下の通りです。 せっかく苦労して作った筋肉を分解してしまうのです! 運動前にプロテインを摂取すれば血中にたんぱく質が吸収・分解されて作られたアミノ酸が血中に満たされ、まずそのアミノ酸からエネルギー源を作り出すため筋肉の分解を最小限に抑えることができます。 激しい運動を長時間行う場合は運動前にも飲むのをお勧めします。 運動後30分以内が最も成長ホルモンの分泌が高まるので運動が終わったらまずプロテインを補給しましょう。 また、就寝後30分~1時間半も成長ホルモン分泌が高まり筋肉を合成しようとする力が高まります。 成長ホルモンの分泌が高まっている時間にアミノ酸が血中にある事で始めて筋肉の合成が得られます。 残念ながら寝たままプロテインは飲めないので、就寝前にプロテインを飲むのが効果的です。 運動をしない日でも就寝前の摂取をお勧めするのは成長ホルモンの分泌は運動していない日でも就寝後は高まるからです。 プロテインの飲み方は? プロテインは基本的に粉を水で溶かして飲みます。 運動後の糖分補給も兼ねてジュースで溶かして飲む場合もありますが、基本的には水に溶かして飲むのがおすすめ。 よく牛乳で割って飲むケースを見かけますがホエイの特徴である吸収時間の早さが牛乳に含まれるガセインや脂質などによって打ち消されてしまいます。 最近はチョコレート味やいちご、バナナ味やグレープフルーツ味もあって水で溶かしても大丈夫! プロテインを長く飲み続けるには味も重要ですので、好きな味から選んでくださいね。 10年程前までプロテインは今よりまずくて高価でしたが、今は当時より安くおいしい商品がたくさんあります。 私が始めてプロテインを飲んだのも10年程前。 今でもその強烈な味を鮮明に覚えています。 「プロテイン=まずい」というイメージはこの頃作られたのかもしれません。 今のプロテインはおいしく飲めるものが多いので、今まで躊躇していた方も是非飲んでみてください。 運動効果がさらに期待できますよ! 【関連記事】•

次の

プロテインマニア

プロテイン

プロテインには味、タンパク質やビタミンの量、溶けやすさ、目的などの違いで様々なプロテインが発売されています。 一昔前までは、プロテインといえば 「まずい」、「粉っぽい」、「できれば飲みたくない」などあまりよい印象がありませんでした。 その 「まずさ」 に関しては罰ゲームの様相を呈しており、 必要に迫られていない限り 「3日坊主」 は約束されたようなものでした。 筋トレで体作り、筋肉作りに励む人にとっては、必要な栄養だけど、どうしても飲み続けることができないものがプロテインだったのです。 栄養摂取もトレーニングの一つとするなら、「 トレーニング以上に継続するのが難しいのがプロテインの摂取」だったのです。 しかし、いまでは各メーカーの努力によって、 栄養成分の向上と共に 「味」「溶けやすさ」を追求した 「美味しくて、飲みやすい」 プロテインが多数開発され、販売されています。 もう、嫌々飲む必要はありません。 プロテインは、筋トレ効果を高め、筋肉に必要なたんぱく質を効率的に補給できる食品です。 そこで多くの人に利用され、続けられるプロテインを比較・おすすめランキングでご紹介しています。 参考にしていただければ幸いです。 とにかく美味しい。 まさにココアそのものの味です。 子供に「ココアだよ」と言って出しても、普通に飲んでくれるに違いありません。 万人受けするプロテインだと言っても良いでしょう。 混ぜた後のダマですが、多少小さなカタマリが見られます。 ただ、以前のように大きなダマで、その中は粉のままということはなく、トロッとした小さなダマが若干残る程度です。 それもココアクリームのようで、ある意味美味しかったりします。 ビタミンB群とビタミンCも配合されて言うことなしです。 プロテインが始めての人やこれまで挫折してきた人におすすめです。 【人気の理由】• ココア味で子供から大人まで美味しく飲めるから。 普通にココアなのでビックリした。 これまでのプロテインに比べ、格段に溶けやすいから。 ビタミン群もしっかり配合されているから。 付きにくかった筋肉が、筋トレ直後に飲むようにしたら付いてきた。 【おすすめの飲み方 ベスト3】 1位 ・・・ 牛乳または低脂肪乳(とても美味しい。 まさにココア) 2位 ・・・ 冷たい水(牛乳に比べると味は落ちるが、まずくはない。 かなり薄いココア) 3位 ・・・ 常温の水(冷たい水に比べると味は落ちる。 初めての人はやや覚悟が必要) 『ザバス SAVAS ホエイプロテイン100 ココア味 1050g』 ザバス SAVAS ホエイプロテイン100 ココア味 1050gのデータ タンパク質のタイプ 乳清たんぱく(ホエイプロテイン) 商品金額 4,010円(税込)/内容量:1050g タンパク質摂取量/1杯あたり 約15. 価格が安いわりに高品質なので一般トレーニーからボディビルダーまで幅広く愛用されている人気プロテイン。 もともと人気はありましたが、リニューアルにより、さらに品質が向上したことから、ランキング圏外から一気にランクアップした優良プロテインです。 たんぱく質 1gあたり4. 5円は、ランキング内でトップレベルのコストパフォーマンスを誇っています。 質と価格のバランスで優位性が高まったことがランクアップの要因です。 味はプロテインメーカの中で群を抜く11種類が用意されています。 その中でも人気No. 1がココアミルク味です。 甘さが抑えられているので、 甘さが苦手な人でもさらっと飲むことができます。 甘党の人には薄味感が強く出るかも知れませんが、牛乳でシェイクするとまろやかな味になり、美味しく飲むことができます。 (ただバルクアップを除いて基本は水で飲むことをおすすめします) どうしても薄味が嫌な方は、甘めの「」がお奨めです。 1回あたりのたんぱく質の量は18g。 細マッチョを目指しているような一般トレーニーが摂る上で適切な量を摂ることができます。 また、バルクスポーツが利用者の声に耳を傾けることで、常に改善を重ねているメーカであることも特筆すべき点であります。 【人気の理由】• 筋トレ後に摂取して少しずつ筋肉が付いてきた。 随分、プロテインにかける費用を節約できた。 溶けやすくて飲みやすい。 今までのプロテインの中でも安くてコストパフォーマンスが一番良かったから。 筋肥大に有効なロイシン(必須アミノ酸のひとつ)もきちんと含まれているから。 甘さが控えめで飲みやすい。 2Kg (筋肉アップ) 世界的に人気のプロテイン「チャンピオン ピュアホエイスタック プロテイン」。 初心者から上級者、そしてボディビルダーまで幅広く利用されており、1度使うとやめられないといった声がよく聞かれます。 質にこだわるアメリカで絶大な人気を獲得し、日本で発売されるや否や日本で活動するボディビルダーを中心に広がっていきました。 質とコストパフォーマンスの両面を備えていることもあり、今では筋トレ初心者からも高い支持を得ています。 1日1杯で2ヶ月もつので、こまめに買っていた人は手間も省けます。 (私は2~3本をまとめ買いしてストックしてます) 筋肉の合成を促進する BCAA(分岐鎖アミノ酸=バリン・ロイシン・イソロイシン)がバランス良く配合されているので、筋トレの効果を最大限に高め、効率的な筋量アップを目指すことができます。 筋トレをしていて切実な悩みの一つに効果が出にくい事が挙げられますが、その悩みを取り除いてくれるのがチャンピオンのピュアホエイスタックプロテインだと言えます。 味はいろいろなフレーバーがあり、中でもチョコレートブラウニーは別格です。 水で飲んでも非常に美味しく、プロテインと知らなければチョコレートジュースを飲んでいるような錯覚を覚えるくらいです。 万人受けするように甘めに作ってあるので、辛党の人は甘さがネックになるかも知れません。 でも、水の量を多めにすることで甘さは和らぐので、購入後に飲まなくなるような心配はないでしょう。 私管理人は、28年前(1989年)の高校生の時以来、いろいろなプロテインを試していますが、チャンピオンのチョコレートブラウニーが発売されてからはメインのタンパク源として筋トレ後を中心に欠かさず飲み続けています。 味が良く飲みやすいこともありますが、直接的な効果としては1杯当たりのタンパク質の量(約22g)が豊富で、 筋量の増加ペースが加速していることを実感できたことが大きいです。 週4日程度ので約7kgの増量に成功したのは、まさにプロテインの適切な摂取によるものが大きかったと思っています。 なお、プロテインの中では、しっかりと混ぜてもパウダーがダマになって残る場合がありますが、このプロテインは ダマになりません。 そのため、最後まで綺麗に飲むことができ、約22gのタンパク質を無駄なく取り込むことができます。 たんぱく質1gあたりのコストは、 4. 14円(6円前後が主流)と、圧倒的なランキングトップを堅持。 プロテインの本場だけあって、質とともに高いコストパフォーマンスを誇っています。 チャンピオンのピュアホエイスタックプロテインは、細マッチョになりたい人、スタイルを良くしたい人、ゴリマッチョになりたい人、タンパク質が慢性的に足りてない人など、様々な目的に適したプロテインです。 ぜひ、効果を確かめてみて下さい。 【人気の理由】• チョコレート味しか飲んでいませんが、抜群の美味しさで気軽に飲めるから。 溶けやすく溶け残りができないから。 美味しい!• 筋肉が大きくなってきた。 本場アメリカで実績あるプロテインだから。 ボトルなので粉をすくいやすい。 最後まできれいに飲める。 関連リンク : 【おすすめの飲み方 ベスト3】• 1位 ・・・ 常温の水 水で飲むと美味しくなくなるプロテインが多い中、チョコレートブラウニーは抜群の美味しさを誇ります。 蛇口をにひねるだけなので冷やす手間も省け、コスパの優位性を最大限生かせる飲み方です。 もちろん、牛乳に比べて脂肪分等の余分なものを極限まで減らすことができ、筋肉アップに伴う体脂肪率の減少にも寄与します。 2位 ・・・ 冷たい水 味自体や効果は常温と変わりありませんが、常温の飲み物が苦手な人は冷やして飲むと味が引き締まって飲みやすくなります。 3位 ・・・ 牛乳または低脂肪乳 水に比べてまろやかになり、非常に飲みやすくなります。 甘さが苦手な人はお勧めできませんが、牛乳からのタンパク質もプラスして摂りたい人にはおすすめです。 『チャンピオン ピュアホエイスタック プロテイン チョコレート』 チャンピオン ピュアホエイスタック プロテイン チョコレートのデータ タンパク質のタイプ 乳清たんぱく(ホエイプロテイン) 商品金額 6,200円(税込・ 送料込)/内容量:約2.

次の