肉 球 イラスト。 イラストK

イラストK

肉 球 イラスト

スポンサードリンク 脚の描き方と考え方 言葉で説明するより見て貰ったほうが早いのでひたすら画像を貼っていきます。 デフォルメを描くにはやはり元となる基礎を学んでく必要が出てきます。 一番良いのは実物を見ること。 そして実際に触ってみること。 感覚と絵をリンクさせる。 まず骨はどうなってるのか把握しておく。 そうすることでゴツゴツした部分も理解しやすくなる。 画数で考える。 ちょっと細かくしすぎた感。 でもこういうリズムは大事。 足を少し上げる。 左足に体重をかける。 横向きで右アキレスを伸ばす感じ。 向かって斜め右から見た左右の足。 簡単に描くとこうなる。 外ももは緩やかなカーブに対し、内ももはちょっとプックリ感があります。 シルエットで覚える 足を描く時は流れるような線を意識すると描きやすくなる。 関節はこんな感じで考えるとよい。 足裏は青と赤を別で考える。 青から描いて赤でつなげる。 脚は筒状で考える。 形を簡単に捉えてから描くと上手くいきやすい。 分けて考える。 つま先立ち。 後ろからみた足。 あまり見慣れていないのでゲシュタルト崩壊を起こしやすい。 足指は同じ方向を向いてるイメージで。 片足伸ばし膝立て座り。 難易度は高いように見えるが断面図を考えれば描きやすくなる。 赤の肉の押し出され感は重要。 輪切りはとにかく使えるので多用する。 横向き片膝をつく。 足組みメイキング。 太ももの付け根の位置から描く。 肉をしっかり乗せるのがポイント。 フカンの足。 断面で考える。 踏ん張り足。 バネで考える。 バネは立体感が出て把握しやすいのでおすすめ。 足以外にも使える。 正面時の奥行き感を出したい時に使うといいかも。 女の子座り。 よく使うポーズなので覚えておきたい。 かかとはお尻の下。 土踏まずあたりからお尻からはみ出るイメージ。 体育座り。 つま先座りとかかとをついた座り。 正面は奥行き感の表現が非常に難しいので実際に自分で撮影して観察する必要がある。 一番右だけ正面です。 膝裏も奥が深い。 一番左は左足、一番右は右足。 注目点は赤部分。 個人的超重要部分。 左はすこし簡素にしただけです。 その他足集。 終わりに いかがだったでしょうか。 今回は基礎練の記事でした。 まだまだ自分も未熟な部分がありますが、少しでも参考になれば幸いです。 どの絵もそうですがまずは描きまくって感覚を覚えることが大事です。 なお、SNSに流れませんので、お持ちの方はぜひご利用ください。 お持ちでない方は匿名で表示されます。 メールアドレスを使って自分のアバターを表示させることも可能です。 (メール欄横のアイコンのリンク先にて取得可能) 【その他お約束】 宣伝目的や公序良俗に反すること、誹謗中傷、管理人やブログ読者を不快にさせる表現、または不適切な表現は、承認しないか、一部修正させて頂きますのでご了承ください。 ですが、記事やコメントについての反論など、自分の意見を主張する内容はその限りではありません。 言い方に気をつけてね!と言うことです。 また、管理人多忙のため、全てのコメントに返信は出来ませんが、一つ一つ感謝の気持ちを込めて読ませていただいております。 コピペしてお使いください。 (なるべく200KB以下でお願いします。

次の

球イラストとクリップアート。649,645 球ロイヤリティ

肉 球 イラスト

スポンサードリンク 脚の描き方と考え方 言葉で説明するより見て貰ったほうが早いのでひたすら画像を貼っていきます。 デフォルメを描くにはやはり元となる基礎を学んでく必要が出てきます。 一番良いのは実物を見ること。 そして実際に触ってみること。 感覚と絵をリンクさせる。 まず骨はどうなってるのか把握しておく。 そうすることでゴツゴツした部分も理解しやすくなる。 画数で考える。 ちょっと細かくしすぎた感。 でもこういうリズムは大事。 足を少し上げる。 左足に体重をかける。 横向きで右アキレスを伸ばす感じ。 向かって斜め右から見た左右の足。 簡単に描くとこうなる。 外ももは緩やかなカーブに対し、内ももはちょっとプックリ感があります。 シルエットで覚える 足を描く時は流れるような線を意識すると描きやすくなる。 関節はこんな感じで考えるとよい。 足裏は青と赤を別で考える。 青から描いて赤でつなげる。 脚は筒状で考える。 形を簡単に捉えてから描くと上手くいきやすい。 分けて考える。 つま先立ち。 後ろからみた足。 あまり見慣れていないのでゲシュタルト崩壊を起こしやすい。 足指は同じ方向を向いてるイメージで。 片足伸ばし膝立て座り。 難易度は高いように見えるが断面図を考えれば描きやすくなる。 赤の肉の押し出され感は重要。 輪切りはとにかく使えるので多用する。 横向き片膝をつく。 足組みメイキング。 太ももの付け根の位置から描く。 肉をしっかり乗せるのがポイント。 フカンの足。 断面で考える。 踏ん張り足。 バネで考える。 バネは立体感が出て把握しやすいのでおすすめ。 足以外にも使える。 正面時の奥行き感を出したい時に使うといいかも。 女の子座り。 よく使うポーズなので覚えておきたい。 かかとはお尻の下。 土踏まずあたりからお尻からはみ出るイメージ。 体育座り。 つま先座りとかかとをついた座り。 正面は奥行き感の表現が非常に難しいので実際に自分で撮影して観察する必要がある。 一番右だけ正面です。 膝裏も奥が深い。 一番左は左足、一番右は右足。 注目点は赤部分。 個人的超重要部分。 左はすこし簡素にしただけです。 その他足集。 終わりに いかがだったでしょうか。 今回は基礎練の記事でした。 まだまだ自分も未熟な部分がありますが、少しでも参考になれば幸いです。 どの絵もそうですがまずは描きまくって感覚を覚えることが大事です。 なお、SNSに流れませんので、お持ちの方はぜひご利用ください。 お持ちでない方は匿名で表示されます。 メールアドレスを使って自分のアバターを表示させることも可能です。 (メール欄横のアイコンのリンク先にて取得可能) 【その他お約束】 宣伝目的や公序良俗に反すること、誹謗中傷、管理人やブログ読者を不快にさせる表現、または不適切な表現は、承認しないか、一部修正させて頂きますのでご了承ください。 ですが、記事やコメントについての反論など、自分の意見を主張する内容はその限りではありません。 言い方に気をつけてね!と言うことです。 また、管理人多忙のため、全てのコメントに返信は出来ませんが、一つ一つ感謝の気持ちを込めて読ませていただいております。 コピペしてお使いください。 (なるべく200KB以下でお願いします。

次の

イラストK

肉 球 イラスト

スポンサードリンク 脚の描き方と考え方 言葉で説明するより見て貰ったほうが早いのでひたすら画像を貼っていきます。 デフォルメを描くにはやはり元となる基礎を学んでく必要が出てきます。 一番良いのは実物を見ること。 そして実際に触ってみること。 感覚と絵をリンクさせる。 まず骨はどうなってるのか把握しておく。 そうすることでゴツゴツした部分も理解しやすくなる。 画数で考える。 ちょっと細かくしすぎた感。 でもこういうリズムは大事。 足を少し上げる。 左足に体重をかける。 横向きで右アキレスを伸ばす感じ。 向かって斜め右から見た左右の足。 簡単に描くとこうなる。 外ももは緩やかなカーブに対し、内ももはちょっとプックリ感があります。 シルエットで覚える 足を描く時は流れるような線を意識すると描きやすくなる。 関節はこんな感じで考えるとよい。 足裏は青と赤を別で考える。 青から描いて赤でつなげる。 脚は筒状で考える。 形を簡単に捉えてから描くと上手くいきやすい。 分けて考える。 つま先立ち。 後ろからみた足。 あまり見慣れていないのでゲシュタルト崩壊を起こしやすい。 足指は同じ方向を向いてるイメージで。 片足伸ばし膝立て座り。 難易度は高いように見えるが断面図を考えれば描きやすくなる。 赤の肉の押し出され感は重要。 輪切りはとにかく使えるので多用する。 横向き片膝をつく。 足組みメイキング。 太ももの付け根の位置から描く。 肉をしっかり乗せるのがポイント。 フカンの足。 断面で考える。 踏ん張り足。 バネで考える。 バネは立体感が出て把握しやすいのでおすすめ。 足以外にも使える。 正面時の奥行き感を出したい時に使うといいかも。 女の子座り。 よく使うポーズなので覚えておきたい。 かかとはお尻の下。 土踏まずあたりからお尻からはみ出るイメージ。 体育座り。 つま先座りとかかとをついた座り。 正面は奥行き感の表現が非常に難しいので実際に自分で撮影して観察する必要がある。 一番右だけ正面です。 膝裏も奥が深い。 一番左は左足、一番右は右足。 注目点は赤部分。 個人的超重要部分。 左はすこし簡素にしただけです。 その他足集。 終わりに いかがだったでしょうか。 今回は基礎練の記事でした。 まだまだ自分も未熟な部分がありますが、少しでも参考になれば幸いです。 どの絵もそうですがまずは描きまくって感覚を覚えることが大事です。 なお、SNSに流れませんので、お持ちの方はぜひご利用ください。 お持ちでない方は匿名で表示されます。 メールアドレスを使って自分のアバターを表示させることも可能です。 (メール欄横のアイコンのリンク先にて取得可能) 【その他お約束】 宣伝目的や公序良俗に反すること、誹謗中傷、管理人やブログ読者を不快にさせる表現、または不適切な表現は、承認しないか、一部修正させて頂きますのでご了承ください。 ですが、記事やコメントについての反論など、自分の意見を主張する内容はその限りではありません。 言い方に気をつけてね!と言うことです。 また、管理人多忙のため、全てのコメントに返信は出来ませんが、一つ一つ感謝の気持ちを込めて読ませていただいております。 コピペしてお使いください。 (なるべく200KB以下でお願いします。

次の