選手 村 コンドーム。 オリンピックの選手村でなぜコンドームを配るの?夜のオリンピックが...

【リオ五輪】美女大豊作!外国人に大人気の日本女子選手の貞操がピンチだ♥【夜のSEXオリンピック】|トレンド、アングラ、ビジネス、カルチャー R

選手 村 コンドーム

45万個のコンドーム 2016年のリオオリンピックの 選手村に なんと45万個ものコンドームが配布されたという事実をご存知ですか? これは単純計算で選手 1人あたり42個ものコンドームが配られたという事です… いくら血気盛んな全世界の若い男女が一ヶ所に集まると言っても、 45万個はちょっと配り過ぎではないかと思ったのですが… なんと意外とそうでもないとか…! オリンピック期間中にマッチングアプリの使用者が激増したという話も… 果たして一体これはどういう事なのか… 今から一緒に調べてみましょう! スポーツとセックス フロリダ州立大学のミラー博士は 「スポーツ」がセックスに及ぼす影響 について調査するために、ある実験を準備しました。 博士は男女105人の参加者達を集め、ランダムにチームを作った後 「アルティメット・フリスビー」というスポーツ競技をしてもらいました。 その結果、衝撃的な事実が... ! なんと、男女ともに「テストステロン」の数値が急激に上昇したのです... !! 「テストステロン」は 主に男性に多く分泌される男性ホルモンの一つですが、女性にも分泌されます。 「性欲」を高める機能があるホルモンとして知られています。 しかし 「スポーツ」をしたからといって、どうしてテストステロンの数値が高くなったのでしょうか? 勝ちたい 元々 激しい運動をすると自然にテストステロンの分泌が促進されるのですが、理由は それだけではないと言います。 それよりも もっと重要な原因は、ズバリ 「競争」です。 が少しは理解できますよね? スタミナがモリモリ!な 全世界の若者達が集まり、メダルをかけて 熾烈な「競争」をしているのですから、毎晩 テストステロンパーティーが繰り広げられるのも当然です。 性欲が強くなる環境だからこそ、45万個のコンドームが… これ以上は割愛 スポーツの効果 博士によると、 直接スポーツ競技に参加していなくてもこのような効果が現れると言います。 「競争」する状況さえあれば OK! 簡単にオセロをしてみたり、好きな スポーツを観覧しながら「応援」するだけでもテストステロンは沢山分泌されるそうです。 これはとっておきのアドバイスですよね? フフフ… 最近 スキンシップが減ってきて関係が冷えつつあるな~というカップルや、 付き合っているのになかなか深い関係まで進展しない方達にも役立つと思います! 2人でスポーツを楽しむなり、一緒に競技を観戦して2人のテストステロンが最大に高まったら… 次の段階に進みましょう…! オリンピックの熱に負けないようなアッツアツな夜を過ごしたい方のために、恋愛の科学が特別に用意しました…! その名も… 「セックス体位ゲーム」!!! 恋人と楽しめるエッチなゲームといえばコレしかありません ニヤリ スタートボタンを押すと、90種類ものセックス体位がランダムで表示されるので、それに従って体位を… 詳しい説明なんて不要ですよね?!実際にやってみれば、どれだけアツ〜い夜が過ごせるかが分かりますから! あっ一つだけヒント… 難易度が選べるので、初心者さんもご心配なく。

次の

リオ五輪、コンドーム45万個配布!競技前に性行為を行うと成績がよくなる!?真相は?

選手 村 コンドーム

なぜこのような噂が? 今回は選手村で夜のオリンピックが開かれているのではないか?という噂についてですが、なぜこのような噂が流れているのかというと様々な海外の選手がSNSで夜の営みをしているかのような裏話、噂を流したり、本にされて匿名で暴露されていたりしているからです。 それだけでは、あまりこのような噂はここまで広がらないと思いますが、なぜこのうわさがここまで広がったのかというと、裏話、噂の信ぴょう性を高めるコンドームの発注、消費が原因とされています。 というのも、シドニーでは7万個のコンドームが配布されたり、リオでは約35万個ほどのコンドームが配布されたという噂があり、これを作ったとされる会社が実在するためです。 なぜこのような量のコンドームが用意されているのかはもはや謎ですが、なぜこのような噂、裏話が流れたのかはコンドームの大量発注、無料配布が大きく関わっているとされています。 日本にも実在した!選手村の詳細 オリンピックは日本人だけでなく、世界の人々が注目する世界のスポーツ祭典で、五輪について詳しい方は多いと思いますが、選手村についてはぼんやり聞いたことがあるものの、詳しくご存知の方は少ないと思います。 選手村とはニュアンスではなんとなくわかっている方も多いと思いますが、五輪、オリンピックに参加する選手はもちろん、オリンピックの役員なども宿泊する施設となっています。 最近の選手村ではただただ身体休めの宿泊する施設などではなく、インターネット環境があったり、卓球やゲームセンター、カラオケが出来る環境があったりとかなり充実した施設となっています。 この施設環境などはオリンピックなどに出た日本人選手がテレビなどのバラエティー番組に出てよく公表しているかと思います。 そんなかなり充実している選手村ですが、宿泊施設なのに「村」とついているのはこの充実している施設下、環境下からとこの選手村にオリンピック選手や役員を含めておよそ1万人以上の人が宿泊するため「村」とついているとされています。 コンドームが大量配布されているという噂 今回のような性行為や夜の営みの噂、裏話の詳しい人なら一度は耳にしたことがあるかと思いますが、選手村では夜にはオリンピックのように選手同士でセックスするような場が開かれており、性行為をするために大量のコンドームが配布されているという噂が流れています。 このコンドームが大量配布されているという噂、裏話は結構知れ渡っており、リオの五輪、リオオリンピックでは出場選手に対しておよそ35万個ものコンドームが大量配布されたとされ、その中で女性用とされるコンドームも10万個もあったとされているのです。 このような情報は今では暴露本だけでなくインターネットでも流れており、コンドームの大量配布の噂はひょっとしたら事実かもしれません。 規則、規律を重んじるオリンピック 昔はオリンピックは禁欲が守られる五輪、オリンピックだとされていました。 医師によっては賛否両論あるのですが、オリンピックでは選手全員が平等、同じような条件下で最高のパフォーマンスをするために禁欲、性行為であるセックスをある一定期間は控えるようになったとされています。 もちろん、性行為であるセックスだけでなく、今でも続いていますが、アルコールやドラッグなどを禁止されていました。 しかし、この規律を重んじるオリンピックも1992年に無残にも崩壊を始めたとされています。 この原因とされるのが、この1992年の時にあたかも当然のように、夜の営みであるセックスをするときの避妊具、コンドームを大量に発注されたことが原因とされています。 このことは有名な米誌グラマーや有名な英紙、ガーディアンにも掲載されたとされ、選手村の夜で起こった、夜のオリンピックのような夜の営み、性行為の事情といった裏話は選手同士でも口外しないように徹底されたとされています。 夜の営み、セックスによるコンドーム、ゴムの大量消費 なぜこのような裏話、噂が本当ではないのか?実態はどうなのか?と注目されているかは五輪の時に大量のコンドーム、ゴムの消費があったことからとされています。 というのもシドニーの五輪ではおよそ7万個ほどのコンドーム、ゴムが大量発注、無料配布されたとされていますが、そのゴムの使用実態は圧倒的で、1週間ほどで底を尽きたとされています。 このことから夜の選手村では夜のオリンピックが開かれているのではないかと噂され、シドニーの五輪の際はゴムがさらに2万個追加されたことから選手同士の性行為、セックスが盛んにおこなわれているのではないかと実態に向けての裏付け話がされているのです。 このことだけでは、本当に五輪で夜の営み、セックスを選手同士がしているのかは確実ではありませんが、ゴムの消費量から考えてもゴムが消費されすぎなので、やはり五輪で夜の営み、セックスを避妊具であるゴムを使ってしていると考えざるおえません。 ツイッターなど様々なSNSで明かされる 夏季や冬季といった各五輪、オリンピックが開かれますが、なぜこのうわさがここまで広がったのかというと、世界各国の選手が各自SNSで五輪の競技の前日や五輪の競技後に性事情を醸し出すような投稿を挙げている方というのもあります。 なぜこのようなSNSを挙げるのかは疑問ですが、五輪中の選手村での選手同士で仲良く絡み合う写真などを挙げられたりして、選手村でも夜の営みの噂だけでなく、五輪の競技前に男女関係のもめごとまであったといった話まで流れているほどです。 この性事情に関するSNSを挙げることによって実態は本当じゃないかという話が一時期もちきりとなって新聞などの記事にもなることがあったりしたほどです。 五輪は競技も注目されていますが、今後は五輪の競技や日本人だけでなく、五輪に関係するコンドームや商業施設など周りの産業形態も注目を浴びるかもしれません。 日本人は海外選手に人気!?日本人は実力ともに注目されている 日本人はオリンピックでも大きな実績を残しており、実力もそうですが、日本人は世界に誇れる人が多いです。 そんな日本人ですが、実は日本人は実力ともに、性の対象してとは海外の選手から注目、人気とされている噂もあります。 この実態は確証とされるほどの実態、証拠がないのであまり噂とはなっていませんが、コンドーム、ゴムの無料配布の噂が流れると共にこの日本人の噂も流れたりすることが多いです。 日本人のこのうわさの中でも多くの人が知っているのがヤワラちゃんとされており、日本人を代表する柔道家です。 今は旦那さんである谷さんと結婚されていますが、この選手村では日本人だけでなく、海外の人からも多くの方に声を掛けられたという噂もあるほどです。 そんな技、人気共に海外からも注目されている日本人選手ですが、同じ日本人として、世界の五輪の場、オリンピックに挑む、挑んだ人がこのような夜の営みをしていた、セックスをしていたといった実態が本当だったらあまりいい気持ではないですが、オリンピックの選手も一人の人間なので何があるのかは正直当の本人しか分からないのが実情です。 性事情を置いたとしてもぜひ、これからオリンピックを目指す日本人選手の方は東京五輪をはじめ五輪に向けて頑張っていただけたらと思います。 最高のパフォーマンスはできる? オリンピック選手が競技前に選手村で夜の営み、セックスをしていて翌日最高のパフォーマンスができるのかについては途中にもご紹介したように、医師によって賛否両論とされています。 中には仮にも前日にセックスをした場合、翌日にその疲れが影響して最高のパフォーマンスができないことがあるのではないのか?といった話も出ていますが、性行為を行ってもいいと言う医師も多くいます。 その多くの医師の意見としてよく挙げられるのが、テストステロンというホルモンが分泌されることで、アドレナリンのような闘争心が活性し力に繋がるのだという見解が多いです。 しかし、一方の否定派では多くの人に共通してあげられるのが、プロラクチンというホルモンがセックス、性行為をすることによって出てしまい、体が休んだ方がいいという信号を出すため、あまりよくないとされています。 このことからもわかるように、様々な見解がされており、最高のパフォーマンスが実際にできるかどうかはその場になってみてと、本人のコンディションでしかわからない様子です。 性行為によるエネルギー消費量 性行為は実はオリンピック選手達にとっては肩慣らし、身体ならし同然のようなものなんです。 というのも、オリンピック選手になるには過酷なトレーニングがもちろん必要だと思いますが、トレーニングの成果だけでなく、コンディションも維持しないといけないので普段の生活はとても大変なもので厳しいものだと思います。 そんなオリンピック選手たちにとっては性行為程度だとそこまでしんどくないとされ、基本的に性行為を30分ほどで消費されるエネルギーは男性の場合で約100キロカロリー、女性の場合だと、70キロカロリーと低いものとなっています。 この程度の消費カロリーは主にジョギング半分程度の運動量とされているため、日々過酷なトレーニング、コンディション維持しているオリンピック選手にとっては簡単な事なのです。 このことからもわかるように、オリンピック選手にとっては性行為はちょっとした運動でしかないので、なぜゴムの消費が激しいのかというと、選手村で良い雰囲気になったらついつい軽い運動の一環、一夜限りの恋愛の一環として夜の営みを行ってしまうのかもしれません。 配布されるコンドームは…。 配布される前提での話になるのですが、選手村にて配布されるコンドームはなんと開催される国が提供するものとなっているとのことです。 猫ひろしのツイッターでもわかるのですが、オリンピック版のコンドームも存在するほどで、開催される国のコンドーム制作会社は自社の製品を各国に知ってもらうまたとない機会なので、それはもちろんかなりの力を入れると思われます。 2020年では東京五輪がありますので、日本でも現在コンドーム会社は競い合いながら日本を代表するコンドームを制作しているとされています。 日本のコンドームは日本人に合うように設定されて作られていますので、今後は日本人以外の世界の人にも合うようなものが作られると期待されています。

次の

リオ五輪、コンドーム45万個配布!競技前に性行為を行うと成績がよくなる!?真相は?

選手 村 コンドーム

院長は学会や研修等で実際に訪れてみて、どうでしたか。 高須:リオデジャネイロの治安はめっちゃ悪かった。 僕の師匠である美容外科医の世界的権威・ピタンギー先生のクリニックは、富裕層が逃げた後の貧困市街。 ピタンギー先生は意地になって居座り、要塞のようなクリニックにはガードマンがいっぱいいましたよ。 高須:ピタンギー先生はリオデジャネイロ大学の形成外科の教授も兼任していて、火傷や外傷の修復も名人でした。 1976年にレース中の事故により全身大やけどを負ったF1レーサー、ニキ・ラウダ氏を治療したのも先生なんだ。 他に、エリザベス・テイラーやグレース・ケリー、ケネディ大統領の元夫人ジャクリーン・ケネディ・オナシス、サルバドール・ダリの奥さん、ピカソの愛人達など世界中のセレブも患者だったんだよ。 高須:今回は応援している選手もいないし……治安もサービスも悪そうだからパス。 院長がとくに注目している競技は? 高須:サッカーだね。 とくにナイジェリアは大したもんだよ。 日本戦キックオフの6時間半前に到着して、勝っちゃうんだもんなぁ。 そしたら、おんぼろ機で出発しちゃってさ。 つい、ナイジェリアに肩入れしてしまう僕は、国賊サポーターだね(笑)。 高須:そうだなぁ、飛行機とバスをチャーターしてあげるよ。 ロンドン五輪の倍以上の計45万個(1人あたりに換算すると42個)だそうです。 高須:そんなわけないでしょ! 競走馬にセックスさせたら馬主は怒るよ。 疲れるから止めといたほうが成績が良くなると思うよ。 禁欲して怒りのパワーを競技にぶつけるべきだ。 高須:コンドームもどっさりくれたし、女性が部屋にきたらやっていいと勘違いしたんではないかな? ナミビアは部屋に来たらセックスしてもよい風習かもしれない。 【高須克弥氏・プロフィール】 1945年生まれ、医学博士。 高須クリニック院長()で美容外科の第一人者。 最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。 『』『』など著書多数。 高須院長Twitterアカウント <TEXT/女子SPA! 編集部>.

次の