坐骨 神経痛 漢方。 坐骨神経痛の薬で市販されているもの

漢方薬は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果はあるのか?

坐骨 神経痛 漢方

スポンサーリンク 坐骨神経痛は、腰から爪先まで伸びる末梢神経です。 この坐骨神経が圧迫されたり刺激を受けると、ビリビリと鋭い痛みが太ももや足先に走ります。 これが坐骨神経痛の代表的な症状です。 ストレッチや薬を飲んでも中々坐骨神経痛が治らないという方は、ツムラの漢方薬をおすすめします。 ツムラの漢方薬は、病気を治すことよりも、その人が本来持っている自然治癒力を引き出し、高めることが目的とされています。 坐骨神経痛の症状によって、効果的な漢方薬も変わってきますので、まずは自分自身の症状をよく見極めることが大切です。 ツムラの漢方薬は近所のスーパーなどで簡単に手に入りますので、症状に合わせて購入してくださいね。 漢方の世界では、血のめぐりが悪かったり、冷えが原因で坐骨神経痛が起こると考えられています。 今回はツムラの漢方薬の中でも、特に血のめぐりを良くする効果が高い漢方薬を3つご紹介します。 血のめぐりを良くするほかにも効能がありますので、ぜひ参考にしてくださいね。 スポンサーリンク ・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)腰痛の改善のほかに、便秘にも効果的です。 高血圧の方に多い頭痛やめまい、肩こりにも効果が期待できます。 また、不安やイライラを鎮める役割も果たし、生理不順や月経痛にも効果があるので、特に女性の方におすすめです。 ・疎経活血湯(そけいかっけつとう)筋肉や関節の痛み、炎症を抑える効果もあります。 どの年代の方にも安心してお使いいただけます。 ・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)こちらは月経痛や更年期障害にも効果的です。 めまい・筋肉のコリにも効能があります。 頭がのぼせる感じがするのに、冷え症で困っているという方にもおすすめです。 いかがしょうか。 血のめぐりを改善し、坐骨神経痛に効果のある代表的なツムラ漢方薬をご紹介しました。 お困りの症状に合わせて選んでみて下さいね。 また、ツムラ漢方薬を服用する際には一日で止めたりせず、用法・容量を守りきちんと毎日飲み続けることが改善への近道です。 スポンサーリンク 記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか? もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、 ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

次の

【薬剤師監修】坐骨神経痛におすすめの漢方人気ランキング10選【急な痛み、しびれに】

坐骨 神経痛 漢方

痛みに対してはいわゆる痛み止め( NSAIDs:非 ステロイド性抗 炎症薬)が主に使われています。 しかし、しびれや 発作的にあらわれる鋭い痛みなどの神経性の痛みには「神経障害性 疼痛治療薬」という種類の薬がより有効であるとされています。 神経障害性疼痛治療薬とはその名からわかるように神経の痛みの改善が期待できる薬です。 プレガバリンはいわゆる痛み止めであるNSAIDsなどとは異なる仕組みで効果をあらわします。 (詳しくは「」で解説していますので合わせてご覧下さい。 ) 痛みを伝える体内の 神経伝達物質が過剰に出されている状態になると、神経の痛みは引き起こされると考えられています。 プレガバリンはこの神経伝達物質の過剰放出を抑えることで痛みやしびれなどを改善する作用をあらわします。 プレガバリンは「神経に作用する薬」のため、注意すべき副作用には眠気やめまい、ふらつきなどがあり、特に高齢者へ使う場合には転倒や骨折などに注意が必要です。 これらの副作用を十分考慮して、症状・年齢・体質などに合わせた適切な量で薬が使われれば問題が生じないことが多いため、坐骨神経痛以外でも多くの疾患・症状に対して有用な薬になっています。 血流を改善することで痛みやしびれを改善するプロスタグランジンE1製剤(PGE1製剤) 座骨神経痛の原因の一つであるは、腰の 脊柱管という部分が狭くなることによって血管や神経が圧迫され、腰の痛みだけでなく足の痛みやしびれなどもがあらわれます。 また、普段はなんでもないが歩き出すと足がしびれて歩きにくくなるが、前かがみで休むとまた歩けるようになるといった 間欠跛行も代表的な症状です。 プロスタグランジンE1製剤(PGE1製剤)は悪くなった血液の流れを改善することでの症状改善が期待できる薬です。 プロスタグランジンは体内で様々な生体反応に関わっている伝達物質です。 その中の一つであるプロスタグランジンE1(PGE1)は血管を広げる作用や 血小板凝集(血液が固まりやすくなる)の改善し血液の流れを改善する作用などをあらわします。 この薬はバージャー(Buerger病)の名前でも呼ばれるに伴う 潰瘍や痛み・冷感などの改善で使われていました。 その後、への有効性も確認されました。 実際に 後天性のにおける間欠跛行に伴う足の痛みやしびれの解消や歩行能力の改善(間欠跛行における歩く距離を改善)する効果が確認されています。 副作用として、下痢や吐き気などの消化器症状、血流改善によるほてりなどが表れる場合もあります。 また非常に稀ですが、血小板凝集が抑えられることによる出血などが起こる可能性もあり注意は必要です。 NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)の飲み薬や坐薬について 一般的に「痛み止め」と言われている薬の多くはこのNSAIDsという薬の種類に含まれます。 体内で痛みや炎症、発熱などを引き起こすプロスタグランジン(PG)という物質の働きを抑えることで、鎮痛や抗炎症効果などをあらわします。 飲み薬だけでなく、次で解説している貼り薬(湿布薬など)や塗り薬の成分としても使われていて、処方薬の他、市販薬(OTC医薬品)としても多くの製剤が存在します。 有用性が高く人の健康維持に欠かせない薬の一つですが、飲み薬や 坐薬の主な副作用として腹痛や吐き気などの胃腸症状があり注意が必要です。 注意すべき副作用についてはNSAIDsの代表的な薬であるで詳しく解説していますので合わせてご覧下さい。 痛み止めの貼り薬(湿布薬など)や塗り薬について 痛み止めの 外用薬(貼り薬や塗り薬など)の多くは、先ほど解説したNSAIDsが主成分になります。 貼り薬や塗り薬は使う場所にほぼ限定して効果があらわれるようになっているため、飲み薬や坐薬のような胃腸症状などの全身作用は起こりにくい半面、患部のなどの皮膚症状には注意が必要です。 また、市販薬でもインドメタシンやフェルビナクなど処方薬としても使われているNSAIDsを成分とする外用製剤が発売されていて、セルフメディケーション(自分自身で健康の維持・増進,病気の予防・治療にあたること)する際に有用です。 アセトアミノフェン NSAIDsとは少し異なる仕組みで痛みや発熱などを抑える薬です。 (NSAIDsとアセトアミノフェンの違いに関しては、「」でも詳しく解説しています) 痛みを抑える効果は一般的なNSAIDsに比べるとやや劣りますが、比較的高い安全性があり子どもから高齢者まで幅広い年齢で使えるのがメリットの1つです。 「医師の診断の下で使用に対して有益性が危険性を上回る場合」などの条件はつきますが、妊婦でも使用可能な薬になっています。 また、アセトアミノフェンは比較的幅広い量で調節が可能な薬であり、多くのNSAIDsで注意すべき胃痛などの胃腸症状(消化器症状)があらわれにくいのも特徴の一つです。 アセトアミノフェンは多くの製剤の解熱鎮痛成分となっていて、PL配合顆粒などの総合感冒薬などの構成成分としても使われています。 アセトアミノフェンは確かに高い安全性を持つ薬ですが、副作用が全くないわけではなく、特に比較的長い期間に渡り服用を継続した場合の 肝機能障害には注意が必要とされています。 一般的に坐骨神経痛や腰痛などで使われるアセトアミノフェンの量ではこの副作用が起こることは非常に稀とされていますが、肝炎などの肝疾患を持病で持つ人や肝機能の低下を健康診断などで指摘されたことがある人などは特に注意が必要になります。 坐骨神経痛に効く漢方薬とは? 加齢に伴う腰痛や坐骨神経痛に漢方薬が効果を発揮する場合があります。 特に高齢であったり、冷え性であったり、元々胃腸が弱い場合などには漢方薬が有用とされています。 以下に簡単に説明していきます。 八味地黄丸(ハチミジオウガン) 特に高齢者で腰や下肢の脱力感などがある場合• 牛車腎気丸(ゴシャジンキガン) 特に高齢者で脱力感に加えしびれが強い場合• 桂枝加朮附湯(ケイシカジュツブトウ) 関節痛や神経痛があり胃腸が弱い場合• 疎経活血湯(ソケイカッケツトウ) 疲労がたまっているような状態で夜間や冷えによって痛みが増すような場合• 五積散(ゴシャクサン) 痛みに加え上半身ののぼせや下半身の冷えがあるような場合• 当帰四逆加呉茱萸生姜湯(トウキシギャクカゴシュユショウキョウトウ) 四肢の強い冷えを伴うような場合• 芍薬甘草湯(シャクヤクカンゾウトウ) 急な筋肉の痙攣を伴うような痛みのある場合 漢方薬は一般的に安全性が高い薬ですが、生薬成分が体質に合わない場合や生薬成分を過剰に摂取した場合には副作用があらわれることもあります。 その他の治療薬 その他の薬を坐骨神経痛に使う場合があります。 栄養補助剤(サプリメント) よくコマーシャルなどで「サプリメントが坐骨神経痛に効く」といったフレーズを耳にすることがあります。 実際にコンドロイチンやグルコサミンなどで痛みが楽になったという話は聞いたことはありますが、これらの摂取により例えばが治療できるかと言えばそれは違います。 あくまでサプリメントは食品であり、不足している栄養素などを補うことでなんらかの症状が和らぐ可能性はありますが、病気自体を治療するものではありません。 脊柱管狭窄症や ヘルニアなどが原因である場合、そのままにしておくと更に症状が悪化し日常生活に支障が出ることも考えられます。 市販の薬や補助食品でも改善しないような痛みやしびれに関しては、病院やクリニックで早めに受診して適切な検査と治療を受けることが大切です。

次の

【薬剤師監修】坐骨神経痛におすすめの漢方人気ランキング10選【急な痛み、しびれに】

坐骨 神経痛 漢方

腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛を発生させる疾患は場合によっては激痛を発生させる非常に厄介な疾患です。 なかなか症状が改善しない事から、患者さんも薬やストレッチなど色々な事を試している人も多いと思います。 その治療方法の中に「漢方薬」というものがあります。 実際に患者さんからも 「先生、漢方薬って腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛に効果はあるんでしょうか?」 という質問をたまにいただきます。 そこでこのページでは「漢方薬は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果はあるのか?」について私の意見を説明させていただきます。 ちなみに私は医療系の国家資格である柔道整復師という資格を持っている人間です 医療系の国家資格を持っている人間の端くれとして、出来るだけ丁寧で分かりやすい説明を心がけていますので、こういった事に興味のある人は是非参考にして下さいね。 スポンサーリンク 坐骨神経痛の症状に漢方薬はそれほど大きな効果はない? さて早速、私が考えている結論から言わせてもらいます。 漢方薬が腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛の症状に大きな効果がある可能性は低いと思っています。 私は漢方薬や薬の専門家ではありませんので、あくまでも患者さんが服用している感想や経過から判断しての意見ですが、漢方薬で症状が楽になったという話はあまり聞きません。 もちろん、中には「私は坐骨神経痛の症状が漢方薬で楽になったよ」という話もたまに聞く事もあります。 しかし、そういった患者さん達の話を聞いているとある共通点があります。 その共通点とは、長期間に渡って漢方薬を服用し続けて症状が改善したという部分です。 短い人でも半年から1年間。 長い人では数年間にも及びます。 ここで一つ疑問なんですが、、、 それって本当に漢方薬の効果なんでしょうか? 人間には自分の体の異常をある程度なら改善する能力があります。 あまり個人的に好きな言葉ではありませんが「自然治癒力」というものです。 症状を放置していて数ヶ月、数年をかけて少しずつ筋肉の緊張や炎症反応が改善していけば、少しずつ腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛の症状が軽減するという事は現実にありえるんです。 (症状を放置するとより重症化する可能性もありますので決してオススメは出来ませんが) そこでもう一度同じ事を言います。 漢方薬を飲み続けて数ヶ月から数年後に症状が改善した場合、それって本当に漢方薬のおかげなんでしょうか? もちろん、少しは漢方薬の効果もあるのかも知れません。 ただし、漢方薬を飲み始めて急激に坐骨神経痛の症状が和らいだという声はあまり聞きませんので、個人的には漢方薬が坐骨神経痛の症状にとって有効な治療法だとは私は考えていません。 漢方薬を飲んで楽になったと言う人の多くは、単純に長い期間をかけて、少しずつ症状に関わっている筋肉の緊張や炎症反応が改善しただけの可能性の方が高いと思います。 スポンサーリンク 漢方薬の成分は決して不思議な物ではない? 私は薬の専門家でも漢方薬の専門家ではありませんが、今まで出会ってきた患者さんの中には薬学関係のお仕事をされている人もおられました。 その中のある患者さんは製薬会社や大学から依頼をうけて、薬品の成分や効能を調べたりされる珍しいお仕事をされている人でした。 非常に興味深いお仕事をされていましたので、その人には薬についてや漢方薬についても質問させてもらった事があります。 私がその患者さんにした質問は 「漢方薬が本当に効果があるのであれば、その成分を西洋医学的に調べたりはしていないんですか?」 といった内容の質問です。 その患者さんの答えは 「当然、もうとっくに漢方薬の成分は調べられていますよ。 その結果、突き詰めていけば効果があると思われる成分は病院などで出されている薬の成分とほとんど一致しているんです」 という答えでした。 漢方薬という物はなんだか不思議な神秘的な印象をみなさんお持ちですよね? (私もそういった印象を持ってきました) しかし成分自体は病院で処方されている薬と大差はなく、決して不思議な物でなないんです。 天然物か合成されて作られたかの違いだけですね。 極端な事を言えば、もし漢方薬を飲み続けて症状が改善するのであれば、病院の処方している薬でも改善するという事になります。 (実際に漢方薬の中には痛み止めの役割を持っている成分が入っている物も多数存在するようです) しかし、実際には病院の処方する薬で腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛でお悩みの多くの人が改善している印象はあまりありません。 それならば結局同じような成分が入っている漢方薬も過度な期待は出来ないのではないか?と私は考えています。 もちろん、病院が処方している薬にしても、漢方薬にしても、腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛の症状の改善に全く役に立っていない訳ではないと思いますので服用そのものを否定するつもりはありません。 漢方薬は病院が処方している薬に比べれば副作用も少ないと思いますので、長期間飲み続ける事を前提に考えるのであれば決して悪い治療法ではないかもしれません。 病院が処方している強い痛み止めなどの薬は、飲み続ける事によるリスクも間違いなく存在しますので。 まとめ ここで簡単にまとめさせていただきますね。 漢方薬を服用して腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛の症状が改善したという話はたまに聞きます。 しかしそのほとんどが早くても数ヶ月、長いと数年程の経過を経て改善したという話ばかりです。 症状の重症度にもよりますが、坐骨神経痛の症状であっても長期間に渡って少しずつ改善していくという事はあり得ます。 つまりこういった経過を経て改善した場合、本当に漢方薬の効果なのかどうかは誰にも分からないんですよ。 また、漢方薬の成分は突き詰めていけば病院が処方している薬の成分とかなりの部分で一致しているようです。 それならば漢方薬じゃなくて病院の薬で十分じゃないのか?とも考えてしまいます。 (病院が処方している薬の効果に関しても過度な期待は出来ませんが) 勘違いしてほしくないのですが、私は漢方薬の効果を全否定している訳ではありません。 病院が処方している薬も含めて、ある程度効果が認められている成分が入っているのであれば何らかの改善効果はあると思います。 また、病院が処方している薬に比べれば副作用も少ないと思いますので、長期間に渡って飲み続ける事を前提に考えるのであれば漢方薬もアリかと思います。 しかしそういった病院が処方している薬や、漢方薬の効果で劇的に症状が改善したという例はあまり聞いた事がない為、 効果を完全に否定できるような物ではありませんが過度な期待はしない方が良いかと思います。 漢方薬は高価な物も非常に多い印象を持っていますので、もし漢方薬での治療を考えているのであればこのページを参考に判断して下さいね。 そして、腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛は時間が経過する事によって症状が改善する事も確かにあります。 しかし放置をしていると更に症状が重症化していく例も決して少なくありません。 なかなか症状が改善しない場合は、出来るだけ早く信頼できる病院や治療院に相談するように心がけて下さい。 もしどこに相談していいか分からない、どこに行ってもダメだったという人は1度私にお気軽にご相談してくださいね。 私は腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、腰椎分離すべり症など、坐骨神経痛の治療には、それなりの自信を持っていますのできっとお力になれると思います。 以上で「漢方薬は腰椎椎間板ヘルニア、坐骨神経痛に効果はあるのか?」のページの説明を終了させていただきますが、下記に腰椎椎間板ヘルニアなど坐骨神経痛に関連するページのリンクも載せていますので、興味のある人はそちらも是非参考にして下さいね。

次の