名言 英語 スピーチ。 大学生が英語でスピーチ【ネタはどうする!?】

ネルソン・マンデラの名言・言葉(英語&日本語)

名言 英語 スピーチ

引用元 : マザーテレサといえば、修道女として日本でも知らない人はいないくらい有名ですよね。 ノーベル平和賞をはじめ、たくさんの賞を受賞していて世界に大変貢献した女性としても知られています。 そんな彼女の詳細を簡単にですが、Wikipediaの情報でまとめておきます。 マザー・テレサ(Mother Teresa, 1910年8月26日 - 1997年9月5日)、あるいは コルカタの聖テレサ Saint Teresa of Calcutta は、カトリック教会の修道女にして修道会「神の愛の宣教者会」の創立者。 またカトリック教会の聖人である。 「マザー」は指導的な修道女への敬称であり、「テレサ」は彼女の敬愛したリジューのテレーズにちなんだ修道名である。 コルカタ(カルカッタ)で始まったテレサの貧しい人々のための活動は、後進の修道女たちによって全世界に広められている。 生前からその活動は高く評価され、1973年のテンプルトン賞、1979年のノーベル平和賞、1980年のバーラト・ラトナ賞(インドで国民に与えられる最高の賞)、1983年にエリザベス2世から優秀修道会賞など多くの賞を受けた。 1996年にはアメリカ名誉市民に選ばれている(アメリカ名誉市民は彼女を入れて、わずか115 人しかいない)。 Wikipediaより これ見ただけでもすごいけど、そんなマザーテレサの名言って一体どんなものがあるんだろう...?? それはただ与えるのです。 Life is beauty, admire it. Life is a dream, realize it. 人生は美しさです、それをたたえなさい。 人生は夢です、それを理解しなさい。 Be happy anyway. We will see less. We will feel less. We will hear less. Some come in your life as lessons. またある人々 は教訓としてあなたの人生にやって来ます。 あなたの妻に微笑み、あなたの夫に微笑み、あなたの子供に微笑み、お互いに微笑みます ー それが誰であるかは関係ありません ー そしてそれは互いが持つ大きな愛の中で成長することを助けるのです。 I do small things with great love. 私は小さなことを大きな愛をこめてやるのです。 愛の絆は永遠に破られることはないでしょう。 』 Sympathyも同情って意味だけど、compassionは助けたいって思いがもっと強いときに使うよ。 ドアはいつも開いてるのです。 Tomorrow has not yet come. We have only today. Let us begin. 私たちにあるのは 今日だけです。 さぁ 始めましょう。 Money is not enough, money can be got, but they need your hearts to love them. So, spread your love everywhere you go. お金は十分ではないのです。 お金を得ることができても、彼らは自分を愛してくれるあなたの心が必要なのです。 だから、あなたがどこに行こうと愛を広めなさい。 そしてこれが祈りの始まりです。 Life is mystery, know it. Life is a promise, fulfill it. それを楽しみなさい。 人生は不可思議であり神秘的です。 それを知りなさい。 人生は約束です。 それを果たしなさい。 笑顔は愛の始まりなのです。 Life is a struggle, accept it. そしてそれを歌いなさい。 人生はもがき苦闘することです、そしてそれを受け入れなさい。 Let us use love and compassion. Peace begins with a smile. 愛と思いやりを使いましょう。 平和は笑顔から始まるのです。 喜びは強さです。 喜びは愛です。 また 喜びはあなたが魂を捕まえることのできる愛の網なのです。 What greater joy can there be? これ以上の 喜びがありますか?』 おわりに 以上この記事では、マザーテレサの名言について紹介してきました。 言葉には 言霊というものがあります。 言霊とは口に出すことで自分に返ってくるというものです。 自分にぴったりの名言を見つけたら、それを自分の 座右の銘にして口に出してみてください。 また、ここには和訳もしっかり載っているので英語の勉強にも活かしてみてください。 英語は アウトプットあるのみです。 ここで覚えた名言を LINEの一言にして毎日見るなり、口ずさむなりしてしっかり体に染み込ませましょう。 いつかきっと、自然に使えるようになるはずです。 自分を信じて頑張りましょう! ではでは、 皆さんの英語力UPを目指して、 Good Luck!!

次の

ひとこと英語名言・格言150選!たった一言、3単語の名言だけ厳選

名言 英語 スピーチ

英語スピーチの構成に大切な3要素 英語のスピーチでは構成をシンプルにする スピーチの基本的な構成は「序」「本」「結」です。 長いスピーチだったとしても、この基本構成は変わりません。 スピーチの始まりである「序」でスピーチのテーマを伝えて、「本編」でテーマに沿った内容を展開して、最後に「結」でまとめます。 本編がまとめにくいと思ったら、物語のように時系列に進めて、さらに体験談などの実体験を入れてみてください。 相することで、聞き手が共感しやすい聞きやすいスピーチになるでしょう。 英語のスピーチでは「テーマ」を絞る スピーチの内容はあくまでシンプルが基本です。 テーマは一つに絞り、難解な言葉や専門用語を多用せず、誰か聞き手なのかを想像しながらわかりやすい言葉使いで話してみましょう。 英語のスピーチは「締め」にシンプルなメッセージを テーマを一つに絞ったら、最後にメッセージとしてテーマをまとめます。 例えば同僚の送迎会ならば、その方への感謝への気持ちをまとめた言葉がメッセージとなります。 When I met Mr. Kawabata for the first time, I thought this team might be good and touch. And I am sure now that my expectation was not bad. 山田太郎と申します。 本日付けてこのチームに参加できることを嬉しく思います。 初めて川端さん(新部長)にお会いしたときにこのチームは良いだけでなくタフなチームだと思っていましたが、私が想像した通りのようです。 I could have a great time with you at work. But I must accept this situation that you will leave here now. I really miss you, but I know you can do well in the future. I wish your best and good luck! でももう行ってしまうんだね。 とても寂しいけれど、遠藤さんならこれからもうまくやっていけるってわかってるよ。 頑張って、そして幸運を」 有名な英語スピーチの共通点から見るスピーチのコツ 有名な英語のスピーチの例文 これまでに数々のスピーチがニュースなどで聞かれてきましたが、その中でも後々語り継がれるようになる有名なスピーチがあります。 その例には「Stay hungry, stay foolish」という名言を残したアップル創始者の故スティーブ・ジョブス氏がスタンフォード大学の卒業式で行ったスピーチがあり、また「Yes, we can! 」というフレーズで有名になった元アメリカ大統領のバラク・オバマ氏のスピーチがあります。 一語一語をはっきりと聞かせる 名スピーチと呼ばれるスピーチほどわかりやすく、はっきりとした言葉遣いをしているのが特徴です。 英語らしく話そうと意識するあまりに変なアクセントや抑揚をつけるよりも、一語一語をはっきりと話した方が聞き手に伝わるスピーチになります。 アイコンタクトによるコミュニケーション 有名なスピーチのスピーカーは聞き手に訴えるように話しかけています。 その時に必ず行われているのが聞き手とのアイコンタクトです。 しっかりと聞き手を意識しながら聞き手の目を見ながら話すようにすると、相手に伝わるスピーチになります。 聞き手を引きつける英語スピーチのコツ アイスブレイクで場を和ませよう 英語のスピーチではスピーチをする人だけが緊張しているわけではなく、聞く側も落ち着かないものです。 そんな時にはアイスブレイクでスピーチ会場を和ませてみましょう。 聞き手が共感しやすい内容の話をしてみたり、軽いジョークを言うのもいいでしょう。 そうすれば会場の雰囲気も和やかになり、スピーチをする側も話しやすくなります。 丸暗記はNG 苦手な英語スピーチだからこそスピーチ内容を丸暗記しようとする方がいますが、あまりお勧めできる方法ではありません。 なぜなら暗記では、覚え事を思い出すことに集中してしまい聞き手を無視した話し方になるからです。 スピーチでは自分の言葉で話すように心がけましょう。 内容を忘れそうなときには、ポイントを箇条書きにしたメモを用意します。 それをちらっと見ながらスピーチをするのが、スマートなスピーチのコツです。 まとめ 英語のスピーチのポイントは、内容を一つに絞り、構成はシンプルにまとめて、わかりやすいメッセージとともに終わるようにします。 スピーチ全文を丸暗記することなく、内容を押さえて聞き手の目を見ながら平易な言葉遣いでスピーチをまとめれば、相手に伝わるいいスピーチになるでしょう。

次の

30の名言とエピソードで知る元南ア大統領 ネルソン・マンデラ[英語と和訳]

名言 英語 スピーチ

スピーチをお願いされるとどんな気持ちになりますか?ただでさえ緊張するのに、英語でスピーチをしなくてはいけない時は尚更だと思います。 所が、 「自己紹介」、「飲み会」、「イベントを始める前」、「新しいメンバーの紹介」、「前説」、スピーチをするチャンスはあらゆる例があります。 そして、グローバル化するこの世の中、英語でスピーチをするきっかけが今は無くてもいつかは訪れると思います。 でも大丈夫です!スピーチは マインドセットと準備ができていれば楽しいものです!人の視線を浴びるのは、スポットライトのようなものですから。 たとえ英語があまり得意でなくてもスピーチの例などを見て練習しすれば自分のものにすることができます! 本日はあらゆる場面の 英語のスピーチを準備する7つのコツと メッセージがより伝わるフレーズの例40 選をネイティブ・スピーカーで異文化コミュニケーションの専門家(米・仏・日)である筆者が紹介いたします。 場面をイメージして、その場面に一番適したフレーズを覚えてみてください。 すべてを覚える必要はありません。 自分に一番合う表現や単語から始めてみてください。 「スピーチをもっと聞きたい!」と思う観客は珍しいと思います。 長くて10分程度でしょう。 ですので、詰め込まなくても大丈夫です。 Simple is best! 更に bodyを三つのポイントに分けます。 例えば、テーマが「自己紹介」でしたら、スピーチを「過去の自分」、「現在の自分」、「将来の自分」に分けることができます(他にも「出身」、「仕事」、「趣味」に分けても面白いと思います)。 話の流れに一番適した分け方を考えましょう。 更に、スピーチ中に物事を三回繰り返すことによってメッセージを強調することも可能です。 を使うと良いでしょう。 形がないものを観客は自分で想像するため、心に響きやすいのです。 もう一つのポイントは、三つの項目の形や音を合わせると更に効果が出ます。 そしてそれをリズミカルに言います。 例: Eating good food, playing sports and relaxing at the beach is the perfect vacation! 惜しいものを食べ、スポーツを楽しんで、ゆっくりすることが完璧な休日の過ごし方です。 知らない人が多ければ会場を一回りして観察することをお勧めします。 「自己アピール」、 「モチベーションを上げる」、 「疑問に答える」、 「注告する」などあります。 このスピーチによって観客にどんな影響を与えたいのかを考えます。 できれば観客と接することが可能な icebreaker(座をなごやかにするもの)をお勧めします。 そこで笑いが起きればプラス効果です。 これによって自分の緊張も解せる上、観客もテーマのヒントを得ることができ聞く体制に入れます。 そして練習するときに暗記しやすくなります。 振る舞い、声、ジェスチャー、目線、を思い浮かべながらスピーチを考え、そして頭の中で練習をするのです。 次に、知人の前で実践してみましょう。 2 英語のスピーチに使えるオープニングの例 次の1〜5の構造を使いましょう: 1. 挨拶の前に I just found out that I was the only Japanese speaker today! 「(本日、日本人は私一人ということを)たった今知りました。 「(我が社の42%の社員が日本を拠点にしているのを)ご存知でした?」 I noticed earlier that many of you are using your smartphones to take pictures. 「先ほど、(皆さんのほとんどがスマホを使って写真を撮っている)ことに気づきました。 」 You know, when I was a little, I used to spend summer in the south of Japan with my family. 「私が幼い頃、(夏はよく日本の南に遊びに行きました)。 It was all fun. 何をやっても楽しかったからだ」)。 」 Truth be told, this is the first time I make a speech in English. 「実を言うと、(今日は初めて英語でスピーチをします)。 」 Could everyone please stand up? 「皆さん、(乾杯をしたいので)一度立っていただけますか?ご安心ください、スピーチはたったの20分で終わります。 冗談です、30分です。 」 2. 挨拶・自己紹介をする Good evening Ladies and Gentlemen, my name is… 「皆様こんばんは。 〜と申します。 」 Hi everyone! 〜です!」 Hello! 「今日は、(フランスに住んでいる私)の体験を語りたいと思います。 」 My good friend Adam asked me to make a speech and share my thoughts about living in France. 「友人のアダムに(私のフランス生活の思いを)語ってほしいとスピーチを頼まれました。 」 My speech today is about how we can improve our communication skills. 「私の本日のスピーチは(「どのようにコミュニケーション能力を上げるか?」)がテーマです。 」 4. スピーチの3つのポイントを伝える I have three points to cover. First…, then…, finally… 「本日は三つポイントがあります。 一つ目は〜、二つ目は〜、そして最後に〜です。 一つ目は〜、二つ目は〜、最後は〜です。 」 5. 」 3 英語のスピーチのメッセージがより伝わるフレーズの例 1. 」 This brings me to my last point. 「ここから(最後の点)になります。 「最後に一つ言いたいのは(「努力は必ず報われる」ということです)!」 2. 人の興味を質問で引く Today is one of the happiest days of my life. Why? Simply because… 「本日は私にとって人生で(最高)の日です。 (なぜか?)何故なら、〜」 Do you know how dolphins catch fish? 「どのように(イルカは魚を捕まえるか)ご存知ですか?」 There is a very simple reason why everything is fine. それは〜」 Can you guess why the person in the picture is laughing? 「(この写真に写っている人がなぜ笑っているか) 推測できますか?」 Have you ever asked yourself…? 「〜を疑問に思ったことはありますか?」 3. 理由・事実を述べながらメッセージを強調していく Eating out everyday is bad for your health. Not only that, it becomes very pricey. 「(毎日外食するのは健康にはよくありません。 )それだけではなく、(お金がかかります)。 」 Exercising regularly has three benefits. First, it helps you increase your metabolism. 「(運動すると三つの効果が得られます)。 一つ目は、(代謝が上がります)。 更に、(よく眠れます)。 何よりも、(喜びを感じます)。 」 4. 対照・対比に使うフレーズ my girlfriend loves classical music. However, I love Jazz music. my girlfriend loves classical music. In contrast, I love Jazz music. my girlfriend loves classical music. Nevertheless, I love Jazz music. Though my girlfriend loves classical music , I love Jazz music. On one hand, my girlfriend loves classical music. On the other, I love Jazz music. 「一方では(彼女はクラシック音楽が大好きです)。 これに対して(私はジャズが大好きです)。 Cheers! 「終わりに、(私の両親に感謝の気持ちを送りたい)と思います。 Thank you! 「では、(MCにマイクを)受け渡したいと思います。 」 大分長くなりましたが、シンプルなコツと例を頭に入れて準備をすれば英語のスピーチは怖いものなしです! 実はこのブログの構造も 「3のルール」を使っているのに気付きましたか?このルールを使いこなせば、全体的にコミュニケーションがより上手になります。 (「練習が完全をもたらす」)ので、準備ができたら、とにかく練習、練習、練習です!•

次の