日経電子版料金情報局。 ‎「日本経済新聞 電子版」をApp Storeで

「失敗する」と冷笑された日経電子版が成功した理由 プラットフォーム対応を最優先し、使い勝手のよさを追求(1/2)

日経電子版料金情報局

10月15日、新サービスを発表するメルカリと日本郵便の担当者 新たな梱包資材を使ったサービスは「ゆうパケットプラス」。 利用者は全国の郵便局やローソン店舗などで65円(税込み、以下同)の専用箱を購入すれば、送料一律375円で配送できる。 日本郵便は2017年6月から「ゆうゆうメルカリ便」の提供を始めたが、安い送料で運ぶには荷物の厚みは3㎝以内が条件(配送料は360円)。 これを超える大きさの荷物は一般的な「ゆうパック」での扱いとなり、最低でも送料が700円かかる。 メルカリでは女性の利用が多く、とりわけ流通量が豊富なのは衣類だ。 それでも厚みを3㎝以内に収めるには、薄手や子供の衣服などに限られてしまう。 今回、厚さ7cmの箱を用意することで、日本郵便の大角聡郵便・物流営業部長は「アパレルに加え、食器や玩具など多様なニーズに応えられる」と胸を張る。 新サービスは郵便局の窓口で受け付けるほか、ローソンの店舗でも取り扱うという 厚さ7cmの箱には、もう1つ、狙いが込められている。 メルカリ向けには、競合するヤマトホールディングスが手掛ける「らくらくメルカリ便」もある。 こちらには専用の箱の厚さが5㎝のサービスがある。 日本郵便は同サービスに対して、厚みを2㎝増やしただけでなく、専用箱と送料をそれぞれ5円安くし、合計440円で配送できるようにした。 ヤマトへの強烈な対抗意識が見て取れる。 メルカリに出品するユーザーにとって、より安く商品を送り届けられる利点は大きい。 送料を抑えた分だけ、利幅も増えるからだ。 もっとも、日本郵便の思惑通りにいくかは分からない。 7cmの厚さにこだわったことで、逆に新たな課題が出てきてしまうためだ。

次の

日経関連媒体一覧

日経電子版料金情報局

10月15日、新サービスを発表するメルカリと日本郵便の担当者 新たな梱包資材を使ったサービスは「ゆうパケットプラス」。 利用者は全国の郵便局やローソン店舗などで65円(税込み、以下同)の専用箱を購入すれば、送料一律375円で配送できる。 日本郵便は2017年6月から「ゆうゆうメルカリ便」の提供を始めたが、安い送料で運ぶには荷物の厚みは3㎝以内が条件(配送料は360円)。 これを超える大きさの荷物は一般的な「ゆうパック」での扱いとなり、最低でも送料が700円かかる。 メルカリでは女性の利用が多く、とりわけ流通量が豊富なのは衣類だ。 それでも厚みを3㎝以内に収めるには、薄手や子供の衣服などに限られてしまう。 今回、厚さ7cmの箱を用意することで、日本郵便の大角聡郵便・物流営業部長は「アパレルに加え、食器や玩具など多様なニーズに応えられる」と胸を張る。 新サービスは郵便局の窓口で受け付けるほか、ローソンの店舗でも取り扱うという 厚さ7cmの箱には、もう1つ、狙いが込められている。 メルカリ向けには、競合するヤマトホールディングスが手掛ける「らくらくメルカリ便」もある。 こちらには専用の箱の厚さが5㎝のサービスがある。 日本郵便は同サービスに対して、厚みを2㎝増やしただけでなく、専用箱と送料をそれぞれ5円安くし、合計440円で配送できるようにした。 ヤマトへの強烈な対抗意識が見て取れる。 メルカリに出品するユーザーにとって、より安く商品を送り届けられる利点は大きい。 送料を抑えた分だけ、利幅も増えるからだ。 もっとも、日本郵便の思惑通りにいくかは分からない。 7cmの厚さにこだわったことで、逆に新たな課題が出てきてしまうためだ。

次の

日経電子版Pro|法人向け情報サービスの決定版

日経電子版料金情報局

19年に有料会員になった20代は10万5000人超と5年前の3. 仕事や就活のため、有料登録する新社会人や学生が増えています。 女性の新規有料会員も7万3000人超と5年前の3. 7倍になりました。 iPhoneなどのアプリ内で手軽に購読料を払えるようにし、利便性を向上。 10月にはPCトップ画面のデザインを刷新し、操作性や、写真などの表現の自由度を高めました。 無料会員を合わせた総会員数は470万人を超えました。 コンテンツ面では、ネット上の情報を分析して報道に生かす「データジャーナリズム」や、ニュースの要点を多彩な表現で示す「ビジュアルデータ」など、デジタル時代の手法を駆使し、価値ある情報を分かりやすく伝える努力を続けています。 2019年度新聞協会賞を受賞した連載企画「データの世紀」は、ネット上の匿名情報を収集・分析して具体的な個人を特定できることなどを明らかにし、データ経済の広がりや問題点に光を当てました。 昨年4月に始まった企画「チャートは語る」では、行方の分からない資金流出が続き中国の外貨パワーが陰りをみせていることなどを指摘しました。 ビジュアルな表現にも挑戦しています。 2020年の新連載「逆境の資本主義」では、格差拡大や環境破壊など世界が直面する深刻なテーマを、分かりやすいアニメで親しみを持って考えてもらえるよう工夫しました。 コンテンツ制作を担う編集局の体制もデジタル時代に合わせ大きく変えました。 読者の関心の度合いである「オーディエンスエンゲージメント」をデータを基にリアルタイムで分析する担当者を置き、コンテンツの制作や見せ方に生かすようにしました。 今月下旬には、「経済・金融」や「ビジネス」など注目記事を分野ごとにまとめるセクションページを強化します。 3月下旬には新セクション「マネーのまなび」を開設します。 日経ヴェリタスや日経BPの月刊誌「日経マネー」などマネー関連コンテンツを集約。 コミュニティーやイベントも交えながら、家計から投資までおカネにまつわる幅広い、正確な知識が得られる場を目指します。 日本経済新聞社について 日本経済新聞社は1876年以来、140年にわたってビジネスパーソンに価値ある情報を伝えてきました。 約1500人の記者が日々、ニュースを取材・執筆しています。 主力媒体である「日本経済新聞」の発行部数は現在約223万部、2010年3月に創刊した「日本経済新聞 電子版」の有料会員数に日経産業新聞や日経MJ、日経ヴェリタスの紙面ビューアー契約数、人事ウオッチ契約数を加えた「デジタル購読数」は75万で、有料・無料登録を合わせた会員数は400万を上回っています。 本件に対する問い合わせ 日本経済新聞社 広報室 TEL: 03 3270-0251 代表.

次の