ガソリン メーター 減ら ない。 車ガソリンメーター0での走行可能距離!【残量e・ゼロでどれぐらい走る?】

ガソリンを少量給油してもメーターも航続可能距離も増えない理由

ガソリン メーター 減ら ない

早めのガソリン給油で安心 気づくとあっという間 ガソリンを満タンに入れると、ガソリンメーターがなかなか減らないな~って思いませんか? 絶対に避けたい状況! なかなか減らないように見えるんです。 けれど、1目盛りでも減ってくるとなぜかあっという間に半分くらいまで減っちゃうという感覚があります。 何故なんでしょうか??理由はわからないんですが、そんな感じだなぁと思うので、目盛りが減り始めたら「もうそろそろガソリン入れなくちゃー」と考えるようにしています。 地震以降は半分減ったら給油 以前はギリギリまでガソリンを入れないで、ガソリンランプが点灯してからあわてて給油してたんです。 東日本大震災のときに、ガソリンは半分くらいになったら給油という災害対策を知ったものの、なんとなく他人事だったんでしょうね、実行していませんでした。 「車、あんまり乗らないし」みたいな? でも、胆振東部地震で考えを改めました。 これからは災害に備えてガソリンが半分になったら、いや、半分以下になる前に給油することにしよう、と心に誓いました。 移動するだけではなくて、バッテリーから電気を取るのにも車のエンジンをかける必要があって、それにはガソリンが絶対に必要ですからね。 4分の3 ということで、ガソリンが半分に近づきはじめたら給油しています。 が、目盛りが1つでも減り始めると、その後はあっという間に半分に近づいてしまう感覚もあるので、実際には目盛りが4分の3くらいになったら給油することにしています。 燃費、を考えるとガソリンタンクの半分以下で走ったほうがいいんでしょうけれど、私は「普段の生活コスト」よりも「もしものときの生命維持のための保険」を優先させることにして、車のガソリンは常にほぼ満タン状態を保つことにしました。 欲を言えば、携行用ガソリンタンクに予備ガソリンを保管するくらいしたいところなんですが、ガソリンの保管は難しいし怖いので今はこれが限界です。 これからもできる限りの災害対策をしていこうと思います。

次の

ガソリンメーターなしバイクの補給タイミングは?なぜ燃料計がないの?

ガソリン メーター 減ら ない

ガソリンのメーターは均等ではない 満タンからなかなか減らない理由 ガソリンを満タンにしたときあなたはどれぐらいまでガソリンを入れますか? おそらくほとんどの人は給油口のすぐ近くにまでガソリンが見えるくらい給油するのではないでしょうか。 メーターの指す満タンの状態とは、ガソリンタンクの上限ギリギリまで入った状態をいいます。 ですが、実際は給油する際にタンクの上限よりもさらに上の給油口までいっぱいに給油する方が多いです。 そのためガソリンを満タンにして走り始めてもなかなかタンクの上限までガソリンが減りません。 ガソリンのメーターは、ガソリンタンクの中にあるフューエルセンダゲージと呼ばれる燃料系で計られています。 このゲージはフロートと呼ばれる「浮き」のような働きをしています。 燃料を満タンにすると、このフロートはタンクの上端まで浮かんでいます。 するとフロートにつられてセンダゲージもセンサーの上にギリギリまで上がっていますので燃料系の上ギリギリまで指し示しています。 結果的にガソリンを給油後ギリギリまで入れるとセンダゲージはほとんど動かないままで何10キロも走行できます。 そのためガソリンを満タンにすると最初の数10キロはフルの状態からなかなかメモリが動かないのです。 ガソリンのメーターが急に減る理由 原因はタンクの形にある? 燃料メーターが半分を切る頃に、一気にメモリが減り始めることがあります。 筒状のコップのような形をしているわけではなく、かなりいびつな形をしています。 コップに例えるなら上半分が大きく下半分が小さな逆円錐状のような形だと思ってください。 このような形だとガソリンが半分減る頃にはタンクの下側半分には、ガソリンは半分も残っていません。 ガソリンの量を測定しているセンダゲージではフロートの下がり方は全く同じですが、実際は残り半分あたりからガソリンの減り方が非常に速くなってしまうのはこれが原因なのです。 そのためガソリンが満タンの状態からメモリが減り始めるのはかなり走ってからと言うことになります。 スポンサーリンク さらにガソリンタンクの形は均等な形ではないので、タンクの下側半分がすぼんだような場合だと、ガソリンの残量があまり残っていないと言うことになります。 ところが燃料のゲージの上ではちょうど真ん中あたりを指しているので、ドライバーは残り半分ほどはガソリンが残っていると思ってしまいます。 そのためメーターが半分くらいでも、同じだけ走行可能かと言うと全くそうにはならないことがほとんどです。 正確にガソリンの残量を測る方法 メーターの中にある燃料計はあまり正確ではありません。 では、ガソリンを満タンにしてどれぐらい走れるのか、また残りどれぐらい走れるのかと言う事は把握することはできないのでしょうか。 実はかなり正確に測る方法があります。 それは、トリップメーターで燃費を計り、そこから逆算するやり方です。 トリップメーターとは、メーターの中にある走行距離を測定するメーターの事ですが、燃料を満タンにした時にトリップメーターを一旦ゼロにしておきます。 その状態で燃料が半分ぐらいになるまで何キロ走れたかをしっかりと覚えておきます。 さらに燃料の3分の2位まで走行したときに給油をした場合その時のトリップメーターの距離と給油したガソリンの量を覚えておきます。 例えば燃料メーターの3分の2まで走って走行距離が300キロ、給油したガソリンの量が15リットルだとすると1リットルで20キロ走れたことになります。 ここで、燃料メーターが半分近くまで減ったときの距離をメモしておいたものを出して、燃費との関係を算出します。 3リットルほどですので、その車は13. 3リットルで燃料メーターの半分ほどを使ったと言う計算になります。 6リットルほど、となり、燃料メーターの半分から3分の2まで減るのが6. 6リットルほどと言う計算になりますね。 もちろんあくまでこれは燃費が完全に均等であると言う条件で測定していますので、エアコンを入れたり隣に人を乗せたりした場合では燃費に誤差が生じますのでこの限りではありません。 何度もくりかえし測定してデータとして残していくことで自分の車のメーターの減り方や精度を知ることができます。 まとめ 燃料タンクの中のゲージはそこそこ正確ですが、燃料メーターはそれほど正確ではありません。 あくまで給油の見やすとするためのものですので、ギリギリまで走らせるのはオススメではありません。 レッカーサービスの出動原因の中に意外とガス欠と言うのも含まれていますので。 そのため自分が持っている車の走行可能な距離を把握するならトリップメーターで燃費を測定したりメーターの動き方などを知っておくことが大事です。

次の

Z1

ガソリン メーター 減ら ない

スポンサードリンク ガソリンメーターの故障の原因とは ガソリンメーターの故障には様々な症状があります。 代表的な症状は以下です。 ガソリンメーターが増えない• ガソリンメーターが減らない• ガソリンメーターが動かない• ガソリンメーターが満タンにならない• 燃料計が半分でもいきなりガス欠になった• エンジンをかけるとメーターの残量が変わる• 燃料計の目盛りの上下が激しい これらの故障の原因は主に燃料計本体や燃料タンク、燃料ゲージユニットやコネクタのゆるみ、センサーの配線が原因の場合が多いです。 燃料タンクに穴が開いていれば燃料は満タンにはならないし減りも早くなります。 コネクターや配線に問題があれば燃料計は正常には作動しないでしょう。 このような場合にまず初めに点検するのは燃料ゲージユニットになります。 フロートと呼ばれる【 浮き】が付いているゲージユニットがタンク内に入っていて、そのゲージユニットが錆びて動かないケースが非常に多いです。 燃料ゲージユニットを確認しても問題がない場合には、次は燃料メーター本体を調べます。 実際には見てみないと判断が分かりにくいのが現状です。 ガソリンメーターの故障の費用は 燃料計の故障の費用はどの部分が故障しているかによってかなり変わってきます。 メーター回りの故障は専門の整備士に頼まないと個人では解決が難しいので工賃や時間もかかってしまいます。 故障している箇所の部品代にプラス、ディーラーの工賃は1万から3万くらいが目安になります。 燃料センサーの部品のみなら1万円以下ですがそれに工賃が加算されます。 もし燃料タンク本体を交換となると車種によって違いますがタンク代と工賃で最低4万円から10万円ほどかかります。 燃料ポンプ フューエルポンプ の交換でも部品代と工賃で最低でも2万円以上はかかります。 いずれにしても素人では故障個所の判断や修理は難しくプロにお願いする方が無難でしょう。 ガソリンメーターが故障した時の対処法 燃料計が故障したら早めに整備工場やディーラーに相談してください。 そのまま走り続けると重症化して修理代が高くつく可能性もあるし、何といっても正確な残量が把握できません。 ドライブや旅行の走行中にいきなりガス欠なんてことも・・・ 一般道や特に高速道路上で車が動かなることは非常に危険な状況だといえます。 もしガス欠で路上に止まってしまった場合はJAFを呼びましょう。 加入している方ならもちろん、加入していなくても対応してくれます。 しかし加入なしではお金がもろにかかってしまうのでJAFへの加入は強くおすすめします。 JAFに入ると故障やガス欠、パンク修理などのロードサービスが24時間、365日どこでも受けれます。 さらに優待施設での割引も大きいので年会費などはすぐにペイできるでしょう。 入っておいて損はないサービスです。 【注意】故障は買い換えのサインかも! ガソリンメーターなどの車の故障は長年使い続けた経年劣化が多いです。 今後はメーターだけでなく他の箇所の故障も多くなっていくでしょう。 当然修理代もかかってしまい、維持費も高くなっていきます。 そうなると買い換えた方が結局安上がりな場合が多く、このタイミングで買い替えを検討される方も多いです。 そこで車の一括査定を利用される方が非常に多いです。 一括査定を利用するとディーラーや中古車屋を何件もハシゴして査定してもらう手間も省けます。 査定も1分程度で済んでしまうので少しでも高く車を売りたい方にはぴったりのサービスです。 もちろん無料で利用できて、絶対に売らないといけないということもありません。 ご自身の今の車の価値を知るのにもいいでしょう。 私もエンジンが故障して走るとやばい配車寸前の車に値段を付けてもらった経験があります。 実際の画像がこちらです。 この時に頼んだ車の一括査定はユーカーパックです。 ユーカーパックは車の一括査定でよく聞く面倒くさい電話の営業攻撃もいっさいなく本当に良かったです。 こちらから問い合わせたオペレーターの方も逆に買い取り業者に交渉までしてもらい大変お世話になりました。 実際に引き取りに来てくれた画像に写っている業者のドライバーさんもユーカーパックが1番買い取り値段がいい 秘密の話 と言っていました。 見積りだけでもできるので是非ユーカーパックを利用してみて下さいね。 まとめ この記事ではガソリンメーターの故障についてご紹介しました。 ガソリンメーターまわりは素人では修理が難しく整備工場などで調べてもらう必要があります。 簡単な部品の交換なら安いですが大がかりな修理になると10万円オーバーになる可能性もあります。 また修理には工賃も発生するし時間もかかります。 ガソリンメーターは燃料の残量を教えてくれる重要な役割を果たしています。 ガス欠にならない為にも早めに修理に出して下さいね。 また車は年数が経つほど故障が多くなります。 JAFへの加盟はもちろん、買い替えを考えるいいタイミングです。 少しでも車を高く売るなら一括査定がおすすめです。 スポンサードリンク 人気の記事ランキング• 最近の投稿• カテゴリー• 1 アーカイブ• 16 最近のコメント.

次の