シフト表 自動作成。 AIによるシフト表自動作成|セコムかんたんシフトスケジュール【セコム】

勤務シフト表を自動作成する「シフト表Lite」の使い方

シフト表 自動作成

・スタッフの不満が出てくる。 意思を汲み取ることは不可能 ・作成時間がかかって生産的ではない と言う問題が出てきます。 これらの難しい点について以下より解説していきます。 スタッフの不満が出てくる場合がある 勤務表を作成するにあたってスタッフの事を考える必要は出てきます。 そして勤務表が作成するのが人ということから一部の職員から不満の声が出てきます。 夜勤が多い• 夜勤が少ない• 連休がない• 土日出勤が多い• 早番が多い• 希望休が通らない• 勤務表を出すのが遅い みたいな声が出てきます。 このように 勤務表を作成する側は多くの職員の意思を汲みつつ早く仕上げることが求められます。 確かに介護職からしたら勤務表の内容によってその月の生活が変わってくるわけですから当然ですよね。 しかし現状は人手不足だから全スタッフの思った通りの勤務を組んであげることは不可能です。 なのでどこかで連休がなくなる職員が存在するみたいなことが出てきます。 そしてそれに納得できない不平を感じた職員が退職するなどのことがあるので責任の重大です。 この問題に関しては管理者の腕というよりかは人手不足で24時間回さないといけない介護施設の状況によるものです。 そして 全ての職員が納得する勤務表の作成は不可能だと思ったほうがいいですね。 誰かの希望を通すことによって誰かの希望を通さないみたいなことになりますからね。 結局声の大きな人の希望だけ通ってしまうだけになるので、正解の勤務表の作成はないものだと思っています。 作成に時間がかかる このように勤務表は• 希望休をきく• 個人になるべき寄り添った勤務表にする• 毎日規定の人数を配置できるように調整する という風にやるべきことが多いので作成に時間がかかります。 良くあるのが15日に希望休を締め切って25日ぐらいに勤務表を出すみたいな感じですけど。 結構多いのが次の月の数日前に勤務表が出てきて「いつも遅すぎ」というスタッフの声を多く聞きます。 そう考えて10日ぐらいは勤務表作成に時間が使われます。 はっきり言ってこれは時間の使いすぎて 管理職がするべきことではないと思います。 基本は管理職がするのが勤務表作成ではあるのですけど、長時間勤務表作成で管理者を拘束してしまうのはいかがなものだと思います。 この機会損失に関してはのちに記述します。 管理者がシフト作成はしないほうがいい理由 管理職が多くの場合シフトを作成すると思うのですけど、はっきり言ってそれは辞めたほうがいいんじゃない?と思ったりします。 理由としては ・管理職の職員は優秀である ・優秀な人材が生産的ではないデスクワークをする機会損失 ・優秀な人材ほど後輩の育成のために現場に出たほうがいい この三つが挙げられます。 以下より解説していきます。 管理職になる人はその職場でも有能な人材 管理職に昇進する介護士は普通に下で働いている介護士よりも現場で優秀な働きをしているからなのはいうまでもないと思います。 そうじゃなければ管理職に抜擢されないですからね。 中には誰も管理職になりたくなくて管理職の椅子の押し付け合いみたいなこともあるのですけど、基本は管理者はその施設において優秀な人材です。 その有能な人材にシフト作成というデスクワークをやらせててもいいのか?と思ってしまいます。 有能な人材である管理者を机に貼り付けにしてしまうシフト作成 こんなこと言うのはあれですけど、 シフトの作成を現場で優秀な人材である管理職の時間を使ってするべきことではないと思っています。 本来シフトの管理に関しては介護よりも事務寄りの仕事なので現場で働く技術職である介護士がするのは非効率的な気もします。 そして介護士不足の施設であろうと介護側の人がシフトを作成しているところを見ると「その時間で現場に入ったほうがいいのではないか?」と思っています。 言ってしまえば管轄が違うわけですし、 介護士はシフト作成に向いていないとすら思っています。 先ほど書いたスタッフからの反発があると言う点からしても同じ職種の介護士が作ることによって寄り添ったものになるかもしれないですけど、近いからこそ反発が起きます。 こんな事を言うのはあれですけどシフト管理は介護職でましてや優秀な管理者の仕事ではないと思っています。 完全に時間の使い方を誤って生産的ではないですからね。 優秀な介護士は現場に出て育成をしたほうがいい 「優秀な人材の使い方としてデスクワークをさせることは良くない」と先ほどの項目で説明しましたが、ならどうしたらいいのでしょう? それは簡単で 現場に出てその優秀な能力で現場を助け周りの介護士のレベルを上げるように教育をすればいいのです。 普通に考えて優秀な人材はどんどん育成をして同じような優秀な人材を作ったほうが質の高いケアを提供できます。 そして効率も上がるわけなので結果的に業務改善にも繋がります。 デスクに貼り付けて勤務表を作成させるよりいかに生産的で将来につながるかは明らかだと思います。 しかし現場では多くの管理者がデスクワークに追われ本来優秀なケアをする能力が買われて管理者になったのに、非常にもったいないと感じちゃいます。 シフト作成は自動作成ツールか他の業種に外注すべき 何度も書きますけど優秀な管理職をデスクに貼り付けるのは非常にもったいないことだと思います。 「それならシフトはどうすればいいんだ?」となるかもしれないですけど結論を先に言うと ・外部の人間に外注する ・シフトの自動作成ツールを使用する 事をお勧めします。 介護士はそもそもデスクワークに弱い傾向がありますので非効率的なやり方でシフトをアナログに作成してしまいます。 しかし 自動作成ツールや事務業を専門的にしている方はもっと効率的に素早く仕事を終わらせることができます。 自動作成ツールなんて必要な情報を打ち込んだらすぐ勤務表を作成してくれるので本当にお勧めです。 人間が10日ぐらいかけてやっていたシフト作成をものの1時間もかからずに行ってくれるので利用しない手はないです。 もちろん機械に感情はなくてみんなが納得する勤務は組めないですけど、それはしょうがないような気もします。 それなら派遣で自分の働く条件を伝えて働くのがいいような気がします。 転職をして福利厚生や収入を上げて自由時間を増やしていこう 介護職は比較的低賃金で整っていない福利厚生で働いている人が多いのですけど、中にはしっかりした給料と福利厚生がある施設も存在します。 なのでそういう施設に行き着くまで転職を重ねる事をオススメします。 「転職を何回もすると履歴書に傷がつく」という声があるのですけど、その時は派遣を使っていろんな施設で働いてみるのがいいと思います。 中の職員に年収や福利厚生の事を聞いて「ここいいな」と思ったら派遣会社に「ここで正社員で働きたい」 僕自身派遣として働いているのですけど、同じ施設で働くことは意味がないと思っています。 その分変化がないということですし、収入を上げたり労働環境をよくしたい時に同じところで働き続けても仕方ないです。 特に介護士は人手不足なので転職前提でキャリアを立てたほうがいいです。 僕自身は派遣でいろんな施設を巡りながら多くの事を学んで生かしていきたいと思います。 僕のしている派遣のメリットは以下の通りです。 派遣として働くメリット• 残業は基本ない• 残業があってもしっかりつけてくれる• 施設とのトラブルは間に派遣会社が入ってくれる• 高時給の案件が多い• 人間関係や労働環境が嫌になったら他の派遣先に移る事ができる• 自分の好きな出勤時間を希望して働くことも可能 介護士は人材不足と資金不足によって自分のところで雇っている介護士を守る力が弱いので大きいところに守ってもらう事が大事だと思います。 介護派遣のメリット・デメリットに関しては別の記事で紹介してますので良かったら一緒に読んでみてください。 現役介護士がオススメする絶対に登録しておきたい3つの介護転職エージェント 僕自身が非常にオススメしているのは• かいご畑• マイナビ介護職• きらケア介護派遣 です。 これらの介護派遣は大手の派遣会社ということもあってコンサルタントがしっかりしているということと高待遇を受けられることです。 特にかいご畑は初心者のキャリアアップのための支援を積極的に行なっていて資格取得にかかる費用を負担してくれるのは比較的大きいと思います。 僕自身も実務者研修の資格はかいご畑で取得したいと考えています。 この記事のまとめ• シフト作成の仕事は他職員からの不満や偏りが生まれる• シフト作成の時間が無駄でしかない• 有能な人材である管理職を机に貼り付けにするシフト作成は生産的じゃない• シフト管理は介護士がするべきことではないから機械で自動化したほうがいい• 機械がしたことなら不満のぶつけ先がない 何度も言いますけど勤務表作成は介護士のする仕事ではないです。 その時間があればもっと現場に入ってシフトを回すことができますし、後輩の育成をすることができます。 機械がすぐできる仕事を介護士が長い時間をかけてする意味はないと思います。 実際に中には自動シフト作成システムを使っている施設が効率を図っています。 結局最初の職場によって結構左右されるのでできるだけプロの手を借りて職場探しをした方がいいと思います。 でも実際には管理者がシフトを手作りして大きな負担になっている施設もあります。 そういう姿を見て「管理者になりたくない」という人もいるのが事実です。 そして中には一部の職員だけが優遇されてしまうケースもあります。 機械も完璧ではないのでシフトの偏りが生じてしまう可能性があります。 そういうときは派遣で働くのがいいと思います。 派遣なら曜日や時間やシフトの固定がしやすいので自分にあった働き方をシフトに左右されずに行うことも可能です。 個人的にオススメは です。 ここでは.

次の

【シフト表作り】土日祝の色付けを完全自動化しよう

シフト表 自動作成

人事担当者が抱えるシフト表作成の悩み 1-1. 人数やスキルレベルの偏りによって、無駄なコストが発生 飲食店であれば、「月曜はお客さんが少ないけど、金曜はお客さんが多い。 だから、アルバイトの人数も月曜は少なめで、金曜は多めにしたい」というように、曜日によって必要な人数が異なるでしょう。 「金曜日は来店するお客様が多いから、従業員を増やそう!」といったことは、シフトを作成する人事担当者は今までの経験から推測していることが多いです。 しかし、その推測が間違っていれば、従業員を多く配置してしまい、その分人件費が増えてしまいます。 また、従業員のスキルレベルによっても、2人で十分な場合と、3人必要な場合もあります。 また、新人とベテランでは、当然ですがスキルレベルの差が大きくあります。 スキルレベルが低い新人を固めてしまうと、イレギュラーな事態に対応することが難しいかもしれません。 そのため、シフト作成時には従業員のスキルレベルも加味しなければいけないでしょう。 このように、来客状況や従業員のスキルレベルなどを踏まえたシフト作成でないと、無駄な人件費がかかってしまう可能性があります。 1-2. 担当者の経験や勘に頼ったシフト作成のため、引き継ぎが難しい 従業員から希望シフトを集めてから、シフト作成をするので、シフト提出に遅れがあると、シフト作成がその分遅れてしまいます。 そのため、シフト表の提出期日を過ぎてしまっている従業員に対して、人事担当者が催促します。 しかし、紙のシフトであれば、誰がシフト未提出かわかりません。 その分、工数がかかってしまいます。 また、シフトは従業員の希望シフトやスキルレベルなど、いろいろな条件を加味して作成しなければいけません。 そのため、人事担当者の経験や勘に頼って作成されていることが多いです。 シフト作成をおこなっていた人事担当者が辞めてしまうと、その経験や勘は次の人事担当者に引き継ぐことはできません。 1-3. シフトを修正するときに、ミスが起きてしまう シフト提出後のシフト変更も人事担当者を悩ます種の一つではないでしょうか。 シフト提出したあとでも、すぐ連絡すれば問題ないのですが、「体調が悪くなって・・・」と直前で欠勤になると、その対処に追われます。 その従業員がいなくても、仕事は回るのか?それともほかの従業員をヘルプで呼ばないと仕事は回らないのか?これを見定めるのは大変です。 また、従業員のヘルプを呼ぶとなると、予定が空いている従業員を確認しないといけません。 紙で従業員から希望シフトを集めている場合は、紙のシフト表を探し出して、一人ひとり従業員の希望シフトを確認しなければいけません。 大幅な工数になるでしょう。 シフト表自動作成システムのメリット 2-1. 最適な人員配置によって無駄なコスト削減 曜日や時間帯によって、アルバイトの必要な人数が違う飲食店のシフト作成にも自動シフト作成システムは対応しています。 曜日や時間ごとに必要な従業員数を割り出し、シフトを細分化して必要な人数に合わせた従業員を配置できます。 また、新人ばかりにならないように、スキルレベルもシフト作成時に加味してくれます。 スキルレベルだけではなく、従業員同士の相性などもシフト作成時に考慮してくれます。 人数やスキルレベルを踏まえて、シフトを自動作成するので、最適な人員配置が可能になり、無駄な人件費などのコストがかかりません。 2-2. 担当者の経験や勘に頼らないシフト作成 シフト未提出者に対しての催促も、自動シフト作成システムはおこなってくれます。 そのため、わざわざシフト未提出者をリストアップして催促のメッセージを送る必要がありません。 催促の工数削減につながります。 また、人事担当者の経験や勘に頼った属人的なシフト作成ではなく、システムによるシフト作成なので、引き継ぎも条件の入力方法など簡易的なものだけです。 条件も変更可能なので、さらに最適なシフトにすることもできます。 2-3. 急なシフト変更でミスを知らせてくれるアラート機能 アルバイトの欠勤などで、急にシフトを修正しなければいけないときに、人数が足りなかったり、シフトが被っていたりといったミスが起こります。 これらは気をつけていても、ある一定数は起こってしまうミスでしょう。 シフト自動作成システムであれば、シフト修正時にミスがあれば、アラート機能で知らせてくれます。 そのため、修正ミスの影響で、お店を上手く運営できなかったり、ほかの従業員に大変な思いをさせてしまったりすることはありません。 自動シフト作成システムをご紹介 3-1. jinjer勤怠|シフト作成と同時に勤怠の管理もでき、人事担当者を支援 【 サービスの特徴】• 急な欠勤にもすぐさま対応 従業員から希望するシフトをアプリ上で集計することができます。 シフト作成時の人員不足や急に欠員が出たときに、アプリ上でヘルプの要請をすることができるため、従業員一人ひとりに都合を聞くなどの手間を減らすことができます。 最適な人員配置によってコストを削減 シフト上で、従業員の過不足や能力別、時間帯別で管理することができます。 そうすることで、最適な人員配置が可能になり、無駄なコストを抑えることができます。 シフト作成と同時に勤怠管理も可能 シフト作成機能だけではなく、従業員の勤怠も同時に管理できます。 従業員の残業時間を正確に把握することで、従業員にかかっている負担を可視化し、調整することができます。 【 価格】• 初期費用:100,000円~• 1人:300円/月 サービス名:jinjer勤怠 提供元:株式会社ネオキャリア URL: 3-2. oplus|完全無料のシフト管理サービス 【 サービスの特徴】• 初期費用・月額料金が無料 初期費用・月額利用料が無料のため、お気軽にご利用いただけます。 トライアル期間などの期限を気にする必要もなく、クラウド型サービスのため、登録直後からすぐご利用できます。 どこからもシフト提出・確認が可能 PC、スマホからいつでも、どこでもシフト提出・確認をすることができます。 操作もシンプル且つ直感的で、システムに不慣れな方も安心してご利用いただけます。 従来のシフト作成と併用可能 シフト収集と確定したシフトの共有といったコミュニケーションに特化したシフトサービスのため、エクセルなどのツールと併用して利用できます。 【 価格】• 初期費用:0円• 月額料金:0円 サービス名:oplus 提供元:Oplus株式会社 URL: 3-3. おまかせシフト|時間帯ごとの人数状況を把握できる 【 サービスの特徴】• 手書き感覚で簡単シフト作成 マウスを手書き感覚でドラッグするだけで、シフトを作成することができます。 休憩時間や勤務パターンも登録することができるので、作業効率が良くなります。 メッセージの一括連絡 スタッフにシフトの変更や急なシフトの募集、業務上の連絡事項をすべてのスタッフ宛にメッセージを送信できます。 また、スタッフは募集に対してスマホやパソコンなどからいつでもシフト申請や確認をすることができます。 期間を指定してシフト作成・管理 シフトを作成する期間を1ヶ月、1~4週間、1~50日間から作成周期を選択でき、指定期間に一括操作で希望シフトや固定シフトを登録することができます。 これにより、シフト作成時間を短縮することができます。 【 価格】• 初期費用:0円• 月額料金:7,000円 サービス名:おまかせシフト 提供元:ピクオス株式会社 URL: 3-4. シフオプ|シフトのヘルプの活用によって、店舗間の結束力を高める 【 サービスの特徴】• 漏れなくシフト希望収集 シフト希望を収集する際は、従業員からの申請ソフトが管理者画面に自動反映され、申請状況が一目で確認できます。 シフト提出の3日前や当日など設定したタイミングで、リマインドメールを自動送信することができます。 さまざまな切り口からシフト作成可能 日別・週別・月別など様々な切り口の画面でシフトを作成できます。 また、労務規定違反やリスクのあるシフトなど企業独自の設定に違反すると警告表示をすることができます。 店舗感での従業員のシフト共有 従業員全員にヘルプの募集を一斉送信することができ、従業員はその場でヘルプ募集に対する返事をすることができます。 また店舗間でシフトを共有でき、店舗間のヘルプ運用をおこなうことができます。 【 価格】• 初期費用:0円• 1人:300円/月 サービス名:シフオプ 提供元:株式会社リクルートジョブズ URL: 3-5. Optamo|均一化された勤務シフトで従業員の不満を解消 【 サービスの特徴】• 偏りのない勤務シフトの自動作成 統計学やヒューリスティック最適解を使って、偏りのない勤務シフトを自動で作成することが可能です。 管理者のシフト作成手間を削減することができます。 勤務シフト作成の条件設定が可能 従業員の情報(スキル、給与、ポジション、休暇希望日)や勤務ルール、制限事項(上限残業時間)などを設定し、設定にあったシフトを作成することができます。 Googleカレンダーやエクセルで共有できる 作成された勤務シフトを、エクセルで配布することができます。 また、Googleカレンダーを使って共有することもでき、いつでもどこからでもシフトを確認することが可能になります。 【 価格】• 初期費用:0円• 1人:300円/月 サービス名:Optamo 提供元:株式会社モーション URL: 3-6. SHIFTEE|120以上の要望・改善を組み込んだ現場志向のクラウド型シフト管理システム 【 サービスの特徴】• シフトパターンが無制限なので、どんなシフトにも対応 シフトパターン数は無制限、自由入力のシフトも利用可能です。 日次シフト、月次シフトの2種類あることにより、どのような業種のシフトへも対応できます。 スキルの見える化によって、従業員の組み合わせも最適化 どの従業員がどの仕事ができるか、スキルを登録・見える化することで、業務に必要な従業員の組み合わせでシフトを作成することができます。 シフトに関連する業務の効率化 単にシフトが見えるだけでなく、シフトを給与システムなどほかのクラウドサービスと連携することで、業務効率を改善することができます。 【 価格】• 初期費用:0円• 1人:200円/月 サービス名:SHIFTEE 提供元:株式会社システムサポート URL: 3-7. アールシフト|店舗の「生産性向上」とはたらく人の「モチベーション」に貢献 【 サービスの特徴】• 独自の最適化手法でシフトを作成 誰が使用しても素早く高精度なシフト作成ができるよう独自の経験と理論(レイバースケジューリング理論や統計分析手法、数理最適化手法)に裏付けされた独自の最適化手法を駆使してシフト作成をおこないます。 豊富なシフト作成機能が揃っている アールシフトは、店舗シフト作成システムである「Make Shift」、レジ稼働計画システムの「Regi Plan」、売り場業務の作業割当表を作成する「Labor Plan」、統計手法を駆使して精度の高い来客数予測の「Customer」と店舗に必要な機能を豊富に揃えています。 さまざまなシフト作成データが自動連携 月間シフト表と日別シフト表データを自動的作成し、部門兼務や店舗兼務した従業員にも対応します。 24時間営業に対応したシフト表も簡単に作成することができます。 【 価格】 都度お問い合わせ サービス名:アールシフト 提供元:オーエムネットワーク株式会社 URL: 3-8. 勤怠シフトお助けマン|条件の数に限りがないため、最適なシフトをお届け 【 サービスの特徴】• 複雑な勤務条件を考慮できる 1ヶ月ごとの勤務回数の条件を従業員ごとに設定することができます。 日ごとに必要な従業員数を設定することができます。 また従業員をスキルごとに分類(たとえば夜勤では新人は1人までなど)して分類化した単位での必要人数を設定することができます。 クラウド型であるため、導入が簡単 クラウドサービスを利用しているため、サーバーやPCを購入する必要がなく、手持ちのPCとインターネット回線があれば、すぐに導入することができます。 職場が変化しても、影響を手間なくシフト作成可能 勤務条件はシステムに保存されるので、誰でも容易にシフト作成が可能です。 また、必要に応じて勤務条件を変更することができるので、新人が追加されたり、従業員が退職しても大きな手間もなく、シフトの作成が可能です。 【 価格】• 初期費用:200,000円• 月額料金:15,000円 サービス名:勤怠シフトお助けマン 提供元:鉄道情報システム株式会社 URL: 3-9. 快決!シフト君NEO|継続してつくるために工夫されたシフト作成システム 【 サービスの特徴】• 必要条件を入力するだけで、簡単にシフトを自動作成 スタッフの役割や人数など必要な条件を設定するだけで、シフト表の原案を自動で作成します。 条件の設定は設定ウィザードがあるのでとても簡単です。 全部署の人員配置状況を確認できる 本部など1ヶ所にデータを集約することができ、全部署の人員配置状況を確認することができます。 その情報をもとに分析や検証することができ、次回の計画作成に反映することができます。 ほかのシステムと連携可能 勤怠管理システムや給与計算システムといった人事にかかわる業務をおこなうシステムと連携しているため、勤務管理全体を効率化することができます。 【 価格】 都度お問い合わせ サービス名:快決!シフト君 提供元:株式会社NTTデータセキスイシステムズ URL: 4. まとめ 人事担当者にとって、シフトの作成や急な欠員発生を補うためのシフト修正などは非常に難しい業務でした。 また経験やノウハウを引き継がせるのは難しく、シフト作成は属人的なものになっていました。 このような課題を解決する手段の一つとして、シフト自動作成システムがあります。 シフト自動作成システムを使うことで、複雑だったシフト作成を効率化でき、急なシフト変更時にもミスが減り、担当者が変わっても同じようなシフトができます。 本記事では自動シフト作成システムについてご紹介しました。 自動シフト作成システムを使って、効率的なシフト作成をおこない、人事担当者の手間を減らしましょう。

次の

シフト表はエクセルで簡単作成!作り方を伝授します。

シフト表 自動作成

勤務シフト表の運用 希望の公休日の記入 翌月の勤務シフト表 予定が空白 を、前月中旬に無料のファイル共有サービスのDropBoxの所定のフォルダにUPしますので、そこに所属メンバが公休の希望日を記入します。 注意:この列の集計は、以下のように時間帯別の勤務人数という集計も役立ちます。 勤務シフトの決定 施設長は、埋まっていない勤務シフトを決定し、勤務シフト表を公開します。 勤務シフト表の記入方法 勤務シフト表には、休みと出勤の日を記入しますが、決められた「シフトパターン」と「休みパターン」が規定されていますので、そのパターンを記入します。 シフトパターン 事業所により、以下の通りとしています。 デイサービス 今回の説明では、通所介護事業所の勤務シフト表は対象としていませんので、参考として記載しています。 [HAPPY 1号館] [HAPPY 2号館] 休みパターン 今回の説明の対象となります。 休日 「休」 有給 「全休」or「有給」:1日の有給 「午前休」:午前半休の有給 「午後休」:午後半休の有給 注意: 2019年1月度より「半休制度」を導入予定の為、これまで「有給」のみだったのが「全休」、「午前休」、「午後休」の3種類となります。 「半休」に対する「全休」ですが、わかりにくさもある為、1日休みの場合は、「全休」と共に「有給」と記入しても、1日休みとしてカウントすることとしています。 パターンの入力 シフトパターンの入力 予定欄の日付のセルの中に、シフトパターンを入力します。 シフトパターンが入力されると、「出勤」欄や、「夜勤」欄がカウントされます。 注意: シフトパターンとして規程された同じ文字を入力しなければ、カウントされませんので、注意願います。 例:シフト表に記入する「N」は[全角]のNで、[半角]のNではありません。 休みパターンの入力 予定欄の日付のセルの中に、休みパターンを入力します。 休みパターンが入力されると、「休日」欄や、「有給」欄がカウントされます。 実績欄の入力 実績欄は、予定と異なる場合に入力します。 実績欄は、システムでは何等のカウントは行っていませんので、自由にお使い下さい。 社員情報の追加・修正 VLOOKUP関数により、社員番号入力で「氏名」,「勤務形態」,「職種1」,「職種2」,「職務」,「計算時間」を表示します。 そこで、この情報の変更や、社員の追加・削除が発生した場合の操作について説明します。 [非表示の「社員情報」の再表示方法] 社員情報の追加・修正では、゛非表示゛の「社員情報」を修正する方法と、そのシートを直接修正する方法の2通りがあります。 尚、社員情報を修正等で再表示した場合は、必ず、「非表示」に戻して下さい。 表示する社員情報は、再表示して開く「社員情報」のシートに記載されています。 いづれかのシートに カーソルを位置づけて右クリックすることで、「再表示」又は「非表示」を選択することができます。 社員情報の修正 今回は、大野佳枝さんの勤務形態が「常勤」となっている箇所を「パート」と変更します。 但し、直接修正すると関数が消えてしますので、以降、社員番号を入力してもで、VLOOKUPで「社員情報シート」の「社員情報」からの情報は取得できなくなります。 社員情報の削除 次に、大野佳枝さんを削除します。 入力した社員番号に該当する「社員情報」が無いという状態となっていますので、他の社員番号が入力できます。 但し、直接削除すると関数が消えてしますので、以降、社員番号を入力してもVLOOKUPで、「社員情報シート」の「社員情報」からの情報は取得できなくなります。 社員情報の追加 それでは、「小野小町」さんを追加してみます。 今月入社した小野小町さんを追加しました。 ・シート下段の手入力欄に入力する。 ・退職、異動等で不要となった社員番号を削除して、そこに新しい社員番号を入力 ・退職、異動等で不要となった社員の社員情報を削除して、そこに新しい社員情報を手入力する。 勤務シフト表の作成 勤務シフト表は、Excelの関数のみで作成しています。 マクロは現在使用していませんので、勤務シフト表の管理者が必要な関数を扱えるように、設定している関数とその設定方法を説明します。 ここでは、当該勤務シフト表で使用している関数を説明して、社員の追加・削除、シフトパターンや休みパターンの追加・削除が行えるようにします。 日付の自動取得 書式の設定をする。 H5からAL5まで 1日~31日 の書式設定:dd; 年月を入力して、日付を展開する。 セルA1に、西暦を入力すると、01日~末日までを展開する。 但し、28日の月や30日の月の場合は、EOMONTH関数を使い、必要のない日は表示しない様にします。 曜日の自動取得 書式の設定をする。 H6からAL6まで 1日~31日 の書式設定:aaa 日を入力して曜日を展開する。 H5からAL5まで入力された日により、H6からAL6まで、WEEKDAY関数で曜日展開する。 曜日を色付けする。 条件付き書式を設定して、土曜日は青、日曜日は赤色で表示します。 H6からAL6までで、WEEKDAY関数の戻り値で土曜日と日曜日を判断して、色付けします。 正社員規定情報の表示 休日を把握したり、残業となる上限時間を把握する為に規定情報を表示します。 社員情報の表示 VLOOKUP関数により、社員番号入力で「氏名」,「勤務形態」,「職種1」,「職種2」,「職務」,「計算時間」を表示します。 注意: 表示する社員情報は、再表示して開く「社員情報」のシートに記載されています。 いづれかのシートにカーソルを位置づけて右クリックすることで、「再表示」又は「非表示」を選択することができます。 尚、社員情報を修正等で再表示した場合は、必ず、「非表示」に戻して下さい。 職種1、職種2、職務の表示 上記と同様に、職種1、職種2、職務を表示します。 計算時間の表示 計算時間は、出勤日数と乗算して、勤務時間数を算出する為に表示しています。 計算時間も同様に以下のようにVLOOKUP関数で表示します。 その為、社員情報では、計算時間として24時間を乗じています。 勤務シフトの行集計 出勤日数の集計 COUNTIF関数を使い、シフトパターンをカウントして、出勤日数を集計します。 5時間を乗じています。 5を乗じています。 勤務シフトの列集計 朝食配膳及び夕食配膳を手伝うことのできる要員が確保できるか? 全ての日の夜勤者が確保できたか? 等を把握する為、列の集計を行っています。 ここでの関数の説明は省略します。 注意: 朝食は08:00、夕食は17:30となっていますので、シフトパターンから多い時には4名を確保できます。 表の装飾 勤務シフト表は、見やすくするために、明細行は1行置きに色付けしています。 注意:関数で1行置きに色付けしていますので、実績のセルに色付けはできません。 [色付け方法] 条件付き書式を設定して、1行置きに薄青で表示します。 G7からAN48までの範囲で、色付けします。 勤務シフト表SAMPLEのダウンロード 勤務シフト表のexcelサンプルをダウンロードできるようにしましたので、ご自由にご活用下さい。 但し、必要とご連絡頂いた方にのみ公開しておりますので、パスワードを必要としています。 「勤務シフト表のexcelサンプル要」と「コメント」又は「問い合わせ」よりご依頼下さい。 パスワードをメールします。 よろしくお願い致します。

次の