つるぎみゆき。 井本商運株式会社

帝国劇場 ミュージカル『ビューティフル』

つるぎみゆき

剣幸のプロフィールは?• 本名:赤田 明美(あかだ あけみ)• 生年月日:1954年3月2日(66歳)• 出生地:富山県• 血液型:O型• 職業:女優• 愛称:ウタコ• 所属:オフィス・エイツー 剣さんは57歳の時にゴーテルを演じたと思われます。 剣幸の経歴は?• 1974年:宝塚歌劇団入団• 1975年:月組に配属• 1985年:月組トップスター就任• 1990年:宝塚歌劇団退団 宝塚歌劇団退団後は舞台を中心に活躍されています。 結婚はしている? 「剣幸、結婚」でググってくる方が数人…え?なんかそんな動きでも?と動揺する昼休み。 — ども。 mikecchi09 結婚しているという噂もあったみたいですが、結婚はされていないようです。 ゴーテルの声優としてピッタリの声 ゴーテルのキャラクターを最大限に引き出す魔女のような意地悪な声で、声優を誰が務めているのか気になる方が多いみたいです。 戸田恵子さんの声に似ているという意見が多く、筆者も確かに…と納得してしまいました。 力強い歌声はさすが元宝塚のトップスターという印象を受けました。 すごく意地悪な内容の歌を歌っているのについ聴き入ってしまいますよね。 ゴーテルのお声は剣幸さん ほんとお歌お上手ですよね〜 — chiho takarazuka chiho17897141 ラプンツェル最高やったね…。 当時映画館でゴーテルの声を出してるウタコさんを想像しようとしても全く出来なくてこれはもうウタコさんじゃなくて完全にゴーテルやなと思えて観れたんよ。 剣幸さんの演技スゴい。 この声の人がビルや幸次郎やファウスト博士と同じ人とは考えられん。 確かに自分の親にこんな風に押さえつけられたらすごく辛い気持ちになってしまいます。 世間知らず すぐ騙される 常識なんか ゼロ そうおまけに ぽちゃぽちゃしてる 言うこと聞くのよ!』 こうゆうの言われて育つと 自己肯定感下がります😊 — 満月 みつき loveshare0001 ゴーテルはどこからどう見ても毒親だけど、でもラプンツェルは愛しているんだよな。 この人しかいないから仕方ないっていうのもあるけど、愛する気持ちには変わりない。 だから旅に出始めた当初は情緒不安定になる。 毒親キャラメイクが本当に秀逸だと思う。 katyomumumu ゴーテルの毒親っぷりがこんなに話題になるのも現代の毒親と通ずるものがあるからなのではないでしょうか。 理不尽なことを言われてもゴーテルの顔色をうかがい、絶対に逆らわないラプンツェルを見ているとなんだか切ない気持ちになってしまうのは私だけでしょうか。 また剣さんの熱演により毒親のイメージがより高まっているという印象があります。 まとめ ラプンツェルの育ての親 ゴーテルの声優を務める剣幸さんの情報についてまとめました。 元宝塚歌劇団のトップスターという高いポテンシャルによって見事な演技をされていますので、ぜひ注目してみてください。 それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

剣幸オフィシャルウェブサイト

つるぎみゆき

宝塚歌劇団月組の男役トップスターとして数々の名作を残す。 なかでも『ミー&マイガール』は1年間の続演という、宝塚史上初の記録を樹立した。 2016 年には「宝塚歌劇の殿堂」顕彰者に選出される。 退団後も舞台を中心に活動し、 菊田一夫演劇賞、読売演劇大賞優秀女優賞等を受賞している。 主な作品に「この森で、天使はバスを降りた」「兄おとうと」「ハロー・ドーリー!」( 2013 年度ミュージカル女優ベスト1)「エリザベート」「繻子の靴」(日本初演)ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」吹替など。 ライフワークである「 kohibumi concert 」のコンセプト CD のセルフプロデュースや TV 「 NHK 短歌」司会を務めるなど、活動の幅を拡げている。 元宝塚歌劇団月組男役トップスター。 宝塚時代は哀愁漂う二枚目男役から狼男、「風と共に去りぬ」のスカーレットなど幅広い役柄を演じ、ファイナル公演のパレードに集まったファン約 1 万人に見送られ、 2001 年惜しまれつつ宝塚歌劇団を退団。 退団後は歌手として 12 枚のソロ CD のリリースを始めコンサートの他、女優として舞台、 TV と幅広く活躍。 近年の主な出演作としてはミュージカル『アダムス・ファミリー』モーティシア役、 WOWOW『連続ドラマ W イアリー 見えない顔』、コンサート『坂東玉三郎 越路吹雪を歌う「愛の讃歌」』等。 また『大手町プレイス』グランドオープン記念ステージにも参加した。 2015年5月星組男役トップスターに就任。 2017年4月に北翔海莉1stアルバム「Alrai〜エルライ〜」をリリースし、「ALL JAPAN TOUR 2017」を開催。 2017年9月〜10月にはブロードウェイミュージカル「パジャマゲーム」にて主演。 2018年5月「蘭RAN]にてダブル主演。 2019年3月には明治座「ふたり阿国」にて主演。 現代能「マリー・アントワネット」に出演する他、数々のコンサートやディナーショーにて活躍の場を広げている。

次の

剣幸

つるぎみゆき

もしもしロボ調査[Wiki ウィキ 情報] 剣幸 略歴 高校卒業を待ち宝塚音楽学校受験・合格、1974年宝塚歌劇団に入団。 60期生。 『虞美人』で初舞台。 インテリアや建築を学びたくて工業高等学校に進学したが、実際には机に向かって製図を描く毎日で、自分には合わず体を動かす仕事をしたいと思うようになった。 以前からNHK『歌のグランド・ショー』に宝塚スターが毎週出演しているのを見ていて、きらびやかな世界に憧れを持ち宝塚音楽学校の受験を決めた。 受験科目のバレエは近くの教室に半年通い、声楽は音楽の授業がなかったため、何も練習せず受験に臨んだ。 声楽は、あまりにひどく審査員が椅子から転げ落ち、面接では他の受験生がバレエ、モダンダンス、スパニッシュダンス等を披露するなか側転しか出来なかった。 当然、落ちたと思い合格発表を見に行かなかったが、母が念のため確認に行くと受験番号があり慌てて駆け付けたものの入学説明会に遅刻してしまった。 最後列の空席についたが、後に成績順だと分かり後ろから4番目であった。 入学後は自分なりに頑張り、13番で卒業できた。 芸名は出身地の富山県を代表する山のひとつである剱岳に由来。 「剱岳のような険しい頂を目指してほしい」と富山工業高等学校の恩師から芸名をもらった。 同期に元女優の遥くらら(元星組・雪組娘役トップ)、大浦みずき(元花組男役トップ)、磯野千尋(元花組組長)がいる。 月組に配属された。 1974年9月から関西テレビ『ザ・タカラヅカ』にレギュラー出演するユニット「バンビーズ」の第十一期生に選ばれ、1年間、舞台を離れテレビで活動した。 舞台に復帰後、1976年の『ベルサイユのばらIII』配役変更公演の小公子や1977年の『風と共に去りぬ』(初演)新人公演アシュレ役と役付きも着実にランクアップし、1978年に当時のトップスターにして副組長兼任だった榛名由梨主演『隼別王子の叛乱』で新人公演初主演。 また、いずみたくに歌唱力を認められ、レコード、CDを数枚リリースしている。 ステージに関しては一徹で厳格であったが、オフステージではファンのみならず多くの仲間に親切で気遣いを欠かさなかったという(久世星佳、麻路さき、若央りさ、轟悠、真織由季、天海祐希など月組所属であったものの談話より)。 1985年、大地真央の後を受け月組のトップスターに就任。 以降1990年まで5年間トップを務め、『ME AND MY GIRL』の1年間続演は宝塚史上初となった。 宝塚退団後は、舞台を中心にコンサートや映像、また2010年からは故郷・富山にてラジオパーソナリティや映画の吹き替えをこなすなど活動の幅を広げている。 (一時期、舞台以外の活動では平仮名の「つるぎみゆき」名義で出演していた) 2011年よりオーバード・ホール名作ミュージカル上演シリーズに、第1弾『回転木馬』、第2弾『ハロー・ドーリー! 』、第3弾『ME AND MY GIRL』と連続して出演し、第4弾は好評により『ハロー・ドーリー! 』が、富山と東京で再演された。 この再演で読売演劇大賞優秀女優賞を受賞した。 第5弾『ショウ・ボート』ではジュリー役で特別出演した。 当初は、これで終了予定であったが『ME AND MY GIRL』が第6弾として再演された。 2015年、「宝塚歌劇の殿堂」入りを果たす。 人物・エピソード 下級生時代、幾度となく野川由美子と人違いされた。 )も背景にあった。 大の魚嫌いである。 一番嫌いなものはちりめんじゃこで「死骸の山」だと本人談。 共演者にちりめんじゃこを化粧前の鏡に貼られたり、引き出しに置かれる悪戯を度々された。 1988年、榛名の退団公演『戦争と平和』(星組・宝塚大劇場公演)でのサヨナラショーの際、女役の扮装をした剣が登場し榛名とデュエットダンスを踊る、という"サプライズ"があった。 他組の現役トップの、しかも女役としての特別出演だった。 2009年12月2日に行われた宝塚60期生同期であった大浦みずき(同年11月14日逝去)のお別れ会の弔辞は三浦朱門、阿川佐和子、植田紳爾、剣が担当した。 無かった場合はページ更新のみされます。 tsurugi miyuki 剣幸さんはケーシィを探しているのかも知れない!.

次の