咽頭クラミジア 写真。 のどにも感染する!咽頭クラミジアとは|ウーマンエキサイト(1/4)

咽頭(のど)クラミジア・淋病検査キット タイプN(男女共通)│性病検査STDチェッカー

咽頭クラミジア 写真

「性感染症」というテーマは、日常生活の中ではなかなか話題にしにくいものかもしれません。 しかし、性感染症の知識は、私たちがきちんと身につけておかなければならないものです。 さまざまな性感染症について、性感染症学会の代議員としてわが国における性感染症予防・治療を牽引し、ご自身の診療所でも長きに渡り性感染症の患者さんと向き合われてきた尾上泰彦先生に伺います。 今回は「()」についてのお話です。 淋病(淋菌感染症)とは 男性は症状が出るが女性は無症状が多い感染症 ()とは、淋菌という細菌による性感染症のことを指す病名で、代表的な感染症のひとつだと言われています。 10代後半から30代の性活動が盛んな若者に多く見られます。 男性のほうが患者さんの数が多く、男性の患者さんの多くには症状が出ますが、女性の患者さんの多くには症状が出ません。 男性では主に尿道に、女性では子宮頸管に感染します。 また、オーラルセックスを介して、咽頭に感染することがありますし、アナルセックスを介して直腸に、淋菌が手についた手指を経由して眼にも感染することがあります。 口腔内が淋菌に感染すると、通常より赤味が増す 淋病(淋菌感染症):男性の症状 排尿痛や膿、尿道口の腫れが起こる 男性では淋菌に感染してから、2日~7日の潜伏期を経た後、排尿痛と尿道から分泌物が出てくることがあります。 排尿痛は排尿の初期に出現することが特徴的で、痛みは激しいこともあれば、軽微なこともあります。 尿道からは、黄色~白色の膿が出てきます。 また男性の症状としては、尿道の出口が赤く腫れるということもあります。 このような人が感染していることに気付かないでいると、感染が尿道の奥の方に進んでいき、淋菌性急性になり、高熱が出たり排尿ができなくなったりすることがあります。 さらに感染が精管から精巣上体の方に進んでいくと、淋菌性になりになってしまうこともあります。 症状が出る場合は、排尿痛、不正出血、下腹部痛、膿性の帯下、帯下の増量などが挙げられます。 尿道に淋菌が感染すると、排尿痛が出たり尿道から膿が出現したりします。 排尿痛では排尿の初期に発生する痛みが特徴的です。 バルトリン腺に感染してしまうと、バルトリン腺部が腫れ強い痛みが出現します。 女性の感染者の多くは無症状なので、感染の自覚がほとんどありません。 そのため、女性は感染に気付かないで放置していると、気付かないうちに男性に移してしまうことがあります。 また、無症状のまま経過すると卵管炎や卵巣炎といったや、と感染が広がってしまいます。 淋菌性 淋病(淋菌感染症)と不妊 淋病(淋菌感染症)は放置すると排卵障害などの不妊症の原因になることも ()はに次いで感染者の多い性感染症です。 主に性交渉により感染するのですが、女性が感染した場合は自覚症状が軽度であるケースも多いため、患者本人が感染に気がつかないまま放置してしまうことも多いです。 そのため女性の淋病(淋菌感染症)は、などの重篤な結果を招いてしまう場合もあります。 は卵胞から排出された卵子と、卵管膨大部へたどり着いた精子が出会い受精卵となり、子宮で着床することで成立します。 淋病(淋菌感染症)に気がつかず放置していると、卵管や卵巣など子宮付属器に淋菌が到達し炎症を起こしてしまいます。 たとえば卵管が炎症を起こすと卵管狭窄(らんかんきょうさく:炎症により卵管が狭くなること)を引き起こしている場合、卵子と精子がうまく出会うことができません。 たとえ受精できたとしても受精卵がうまく移動できないため、や不妊症を起こしてしまいます。 卵管に問題があることを通過障害と呼びますが、不妊の原因が女性側にあるとき、その原因の多くはこの卵管の通過障害といわれています。 ほかにも淋病(淋菌感染症)は、卵巣炎を引き起こして排卵障害を招く以外にも、骨盤内癒着(骨盤内の隣りあう臓器が癒着すること)を引き起こす可性があります。 女性は男性にくらべ症状が出にくいのも淋病(淋菌感染症)の特徴 淋病(淋菌感染症)は卵管狭窄や子宮外妊娠などの他の病気を引き起こすことも 男性に比べ女性は()の症状があらわれにくいです。 そのため、下腹部の違和感があって受診したり、パートナーの男性が淋病(淋菌感染症)と診断され検査を受けたときに発覚したりするケースが多いです。 とくに女性の淋病(淋菌感染症)は、原因となる淋菌が腟から子宮頸部などへ侵入した状態を放置してしまうと、子宮や卵管などに必要な部位に炎症を起こし、最悪の場合を招いてしまいます。 痛みやといった症状が少ないということは、その分病気を見逃してしまいやすくなるため注意が必要といえるでしょう。 淋病(淋菌感染症)によって引き起こされる他の疾患や症状は以下のようなものがあります。 卵管狭窄• 不妊症• 骨盤内感染症• おりものの増加• 不正出血• 下腹部痛• 、 尿道痛• 淋菌の侵入によって生じたバルトリン腺炎 淋病(淋菌感染症)は、男性の約5%、女性の約70~80%の方には感染しても症状があらわれません。 しかし、上記のような疾患や症状があらわれて医療機関を受診したところ、淋病(淋菌感染症)が発覚したということもあるようです。 膀胱炎などを引き起こす原因の多くは大腸菌ですが、淋菌によって炎症を起こす場合もあるようです。 ほかにも骨盤内感染性疾患 PID になると、膿瘍の形成によって骨盤痛を引き起こすこともあります。 また淋菌に感染しているとHIVに感染しやすくなり、そしてHIVキャリアの方が淋病(淋菌感染症)に感染するとパートナーに感染させやすくなるという報告もあります 妊娠中の淋病(淋菌感染症)は早産を起こすことも 他には低体重児の出産や流産になることもある ()を放置するとになってしまう可能性があるため、性感染症は早期発見・早期治療が大切です。 中の女性が淋菌に感染すると、胎児にとっても非常に危険な事態を招きます。 妊娠中の淋菌感染は、卵管や子宮内膜といった場所に炎症を起こし、早期破水や早産、低体重出産、さらにはなどを引き起こす危険性があります。 母親と胎児や新生児が、ウイルスや細菌などの病原体に感染することを「母子感染」といいますが、この母子感染には主に3つの感染経路があります。 妊娠中に感染する「胎内感染」、分娩時に感染する「産道感染」、授乳中に感染する「母乳感染」がこの感染経路です。 淋病(淋菌感染症)も母子感染を起こす可能性があり、分娩時の産道感染はときに新生児へ深刻な悪影響を及ぼすことがあります。 赤ちゃんが淋菌にかかると新生児結膜炎や敗血症や心内膜炎などにかかることもある 新生児の血液中に淋菌が侵入するとを引き起こすほか、や、、などの症状がみられることもあります。 産道感染の中でも、最も多く表れる症状が新生児です。 新生児はウイルスや細菌に対する抵抗力が弱く、とくに目の抵抗力も弱いため、最悪の場合失明する可能性もあります。 ()は自覚症状がない、あっても軽度なため気がつきにくいので、胎児への感染例も少なくありません。 生まれてくる子どものためにも、性感染症の検査は必ず受けるようにしましょう。 淋病(淋菌感染症)の検査 尿検査が基本。 尿の顕微鏡検査や淋菌分離培養検査、遺伝子増幅検査を行う (淋病())の検査は、基本的に尿の詳しい検査で行います。 具体的には尿道分泌物(膿)の塗沫標本の「顕微鏡検査」、初尿の「淋菌分離培養検査」、尿の「遺伝子増幅検査(PCRまたはSDA)」の3つを行います。 尿検査は2~3時間は排尿を我慢して病院で行ってください。 また、抗生物質を飲んでしまうと検査する意味がなくなってしまうので、抗生物質を飲まないで受診しましょう。 女性の検査は、子宮頸管から分泌物検査を行います。 具体的には、「淋菌分離培養法」「核酸検出法」「核酸増幅法」といった検査を行います。 淋病(淋菌感染症)は検査キットで調べられる? 検査キットでも調べることができる 女性が淋菌に感染しても自覚症状がほとんどでないケースが多いため、検査を受けて初めて感染に気付くことのほうが多いといわれています。 オーラルセックスの普及により淋菌は性器以外に咽頭部にも感染します。 咽頭へ感染しても自覚症状が出にくいため、()はに次いで多い性感染症として注意が必要です。 体に違和感を感じて性感染症かもしれないと思っても、恥ずかしいという気持ちが先にたつ。 もしくは、検査を受けたいと思っても平日の昼間に休暇を取りにくい、という方が多いです。 こうした方々には、自宅でも感染の有無を調べることがでる検査キットは有用であるといえるでしょう。 性感染症の検査キットにはいくつか種類があります。 多くは淋菌だけでなく、クラミジアや、HIVやなどといった関心の高い性感染症も同時に調べる事ができるようになっています。 とくに淋病(淋菌感染症)は咽頭部への感染も疑われることが多いため、うがい液採取キットが同梱されている場合もあります。 検査キットでの検査方法 検査方法は、腟分泌液採取キット、うがい液採取キット、血液採取キットなどを利用し、検体を採取します。 それから、同梱されている検査申込書に記入し、検査物を返送。 検査物が衛生検査所へ到着後、受付られ、2~5日後に結果を知る事ができます。 結果については、メールや電話の他、インターネット上で登録したIDとパスワードを入力し、ログインしたのちに見る事もできます。 メーカーによって異なります 検査キットを使用して、陽性反応が確認された場合は、速やかに医療機関を受診し、治療を開始する必要があります。 性感染症の検査キットでは、性感染症の感染の有無を調べることができます。 しかし検査手順に不備があった場合には正しい検査結果を知ることができません。 そして検査結果が陽性であった場合には、ご自身で医療機関に向かい検査・治療を受ける必要があります。 淋菌では薬剤耐性菌が問題になっており、薬剤選択には注意が必要となります。 抗菌剤の服薬が終了した後、おおよその潜伏期間である7日間以上の休薬期間をおき、本当に治っているかどうか確認のために淋菌の治療判定検査を再び行うと良いでしょう。 淋病(淋菌感染症)は完治できる? ()は、淋菌と呼ばれる細菌に関することで発症する性感染症です。 原因となる淋菌を駆除することができれば、淋病(淋菌感染症)は完治したということができます。 淋病(淋菌感染症)の治療は、抗菌剤の服用によっておこなわれます。 有効とされる抗菌剤や服薬期間は定められています。 通常であれば服薬期間終了後に数日間の休薬期間を設け、その後の再検査結果が陰性であれば完治とすることができます。 この休薬期間ののちに検査をして陽性となった場合には、再度投薬治療を行います。 淋病(淋菌感染症)が完治しないとパートナーや、中の女性であれば胎児へ感染する可能性があります。 淋病(淋菌感染症)の治療は、前述したように、抗菌剤が処方されます。 使用される抗菌剤の代表例として、セフトリアキソン、セフォジジム、スペクチノマイシンをあげることができます。 実際にどの抗菌剤を使用するかについては、淋病(淋菌感染症)を確認した部位によって医師が決定します。 淋菌は抗菌剤に対する耐性が年々上昇しています。 抗菌剤の使用を患者の独断で中止した場合、治療がより困難になります。 抗菌剤の用法、用量、治療期間を守るようにしましょう。 淋病(淋菌感染症)は再発する? 再発防止にはパートナー含めての治療が必須 ()は医師の正確な診断と抗菌剤の適切な使用により、体内の淋菌を消すことができれば再発の可能性はありません。 しかし治療が不十分で体内に菌が残留していると、症状が再発してしまう事があります。 淋病(淋菌感染症)の治療には抗菌剤が使用されますが、近年ではこの抗菌剤に対する耐性を持つ淋菌が増加傾向にあります。 抗菌剤の使用によって本来であれば体内から除去されるはずの淋菌が、途中で抗菌剤の処方を中断することによって、抗菌剤に対し耐性を持つようになってしまうのです。 このような耐性を持つ淋菌を発生させないためにも、医師に処方された抗菌剤を所定の期間服用する必要があるといえます。 ほかにも性感染症は一人だけが完治してもパートナーが感染したままだと、性行為等を通じて再び感染してしまいます。 このようにパートナーと感染を繰り返すことを「ピンポン感染」といいます。 ピンポン感染をなくすには、淋病(淋菌感染症)と診断された人だけでなく、そのパートナーの方の治療も必須です。 あなたやパートナーが淋病(淋菌感染症)と診断されたら、二人で治療を受けて完治させるようにしましょう。

次の

クラミジア性咽頭炎

咽頭クラミジア 写真

咽頭クラミジアの症状としては、喉の腫れや痛み、発熱などがあります。 こうした症状は通常のカゼとよく似ており、多くの人は市販のカゼ薬で対応したり、受診してもカゼと診断されてしまうケースが多いと聞きます。 自己判断でカゼと勘違いするのはわかるとしても、受診してもカゼだと誤診されてしまうのは問題です。 実は咽頭クラミジアは専用の器具や薬剤などを使用して、粘膜などから細胞を採取して調べないと、正確な診断ができません。 咽頭クラミジアの場合、こうした発熱や喉の痛み、腫れなどがあれば、多少心当たりがある人であれば、性感染症を自分で疑う人もいるかもしれません。 しかしここに大きな問題があります。 それは咽頭クラミジアに感染した多くの人が、まったく無症状のままでいるという事実です。 咽頭クラミジアは主にオーラルセックスで感染することが多く、特にフェラチオによって男性から女性へ感染することが多い疾患です。 感染者の数の割合もおおむね1:1. 5くらいで女性の方が多くなっています。 また咽頭クラミジアの症状である喉の腫れや痛み、発熱などを扁桃炎と誤診されて、セフェム系の抗生物質が医師から処方されることもよくあり、この抗生物質では咽頭クラミジアは完治しません。 抗生物質を投与しても変化がなく、喉の痛みなどが取れない時点で、初めて咽頭クラミジアを疑うようなケースもよくあります。 咽頭クラミジアはそれほど重篤な疾患ではありませんが、放置しておくと知らず知らずのうちに、恋人や配偶者、また家族などに写してしまうことがあるので、早めに処置することが必要です。

次の

咽頭クラミジアの症状と治療法|ホントは怖い喉クラミジアの落とし穴

咽頭クラミジア 写真

喉のクラミジアと風邪などの症状の違いは? 風邪の症状• 喉に違和感や痛み• 咳や鼻水が出る• 痰がからむ• 発熱 咽頭炎の症状• 喉の奥に違和感や痛み• 咳が出る• 痰がからむ• 倦怠感 扁桃線炎(初期)の症状• 喉の奥に違和感や痛み• 喉が赤く腫れる 急性扁桃線炎(悪化)の症状• 喉の奥に違和感や痛み• 頭痛や寒気• 38度以上の熱• 倦怠感や関節痛 これらの症状を見ると「 のどの違和感や痛み」という点で 共通しているのが分かります。 咽頭クラミジアに感染すると喉に違和感や痛み、咳や痰、発熱などの 風邪や扁桃炎に似た症状があらわれますが、実際はほとんどが 無症状です。 見た目には特に変化がないため病院に行っても診察だけでは発見できません。 はっきりと判別するためには 検査が必要です。 病院で扁桃腺や風邪と診断されて抗生物質などの薬を服用したけれど、喉の調子が一向に良くならないという方は咽頭クラミジア・咽頭淋菌の可能性が考えられます。 咽頭は身体のどの部分? 咽頭 いんとう は鼻腔や口腔の奥にある部分で 食べ物の通り道です。 この中には「のどちんこ」と呼ばれる部分も含まれます。 (参照元:) 喉の性病は自覚症状が出ない? クラミジアは日本で感染者が一番多いと言われるほど感染力が強く 淋病と 同時感染しやすい性病です。 クラミジアと淋菌は性器だけでなく喉にも感染するため、喉に感染したものを 咽頭クラミジア、 咽頭淋菌と呼びます。 わかりやすく言うと「喉のクラミジア」「喉の淋病」です。 クラミジアや淋菌が喉に感染しても 自覚症状がほとんど出ないため発見が遅れてしまう事が多いです。 そのため、気づかずに彼氏・夫・彼女・妻などパートナーに移してしまうケースが散見されます。 咽頭クラミジアのせいで他の性病に感染? 喉に感染したクラミジアは無症状であるケースが多いので潜伏期間に関わらず気を付けていただきたいのですが、クラミジアに感染している状態だと 他の性病にも感染しやすくなります。 特にHIV エイズ の場合だと感染率が 3倍〜5倍に倍増するといわれています。 クラミジアだけでなく梅毒のような潰瘍性の性病に感染している状態だと、他の性病の 感染率も急増してしまうのです。 喉の性病検査をした方がいい人 喉の性病はオーラルセックスや性器からの転移が感染経路なので、下記のリストを見て該当する項目があるかどうか確認してみて下さい。 風邪や喉の症状が長く続く• 薬を飲んでも良くならない• 風俗店で遊んだ• フェラやクンニをする• ディープキスをする• 性器クラミジア・淋菌に感染• クラミジアが治らない 喉の性病になる原因(感染経路) キス 結論から先に言うと「キスによる咽頭クラミジア感染の症例はないけれども 感染の可能性はある」です。 専門家の間でも意見が分かれているようです。 それではどのようなキスが感染可能性があるのでしょうか?それは軽いキスではなく ディープキスです。 咽頭クラミジアは 粘液の接触によって感染するため、ディープキスによって粘液の接触が起こり感染する可能性があります。 また咽頭クラミジアの感染経路はオーラルセックスやディープキスによる粘液感染なので 咳から感染しません。 ただし、 クラミジア肺炎と呼ばれる肺炎は飛沫感染します。 これはクラミジアニューモニアという病原体が起こす肺炎です。 性器 性器に感染したクラミジア・淋菌が喉にも感染してしまう可能性があります。 女性の方が喉に転移しやすいことがわかります。 クラミジアと淋病が性器から転移する割合は男性より女性の方が高いというデーターになっています。 フェラ、クンニ 不特定多数の男性に対するフェラチオで粘液の接触機会 性器と喉 が増え、喉の性病に感染する リスクが高まります。 咽頭クラミジアや咽頭淋病だけでなく喉の梅毒 咽頭口腔梅毒 もフェラで感染します。 特に風俗店では客から性病を移された風俗嬢がさらに他の客に性病を移してしまうという 二次感染が頻繁に起こっています。 実際に 風俗嬢から、クラミジアや淋菌の咽頭感染が非常に多く見つかったという医者のデーターもあります。 特に風俗店の中でもピンサロはオーラルセックスを専門としており、何人もの客が訪れるため 感染リスクが非常に高いです。 なぜなら咽頭クラミジアや咽頭淋病は感染しても自覚症状が出にくいので気がつかないまま風俗店で働いていることが多いからです。 喉の性病 クラミジア、淋病、梅毒 はいつから検査できる? 咽頭クラミジア 病名 潜伏期間 検査可能日 クラミジア 約1〜3週間 感染から1~2日 クラミジアは感染が疑われる性行為から 1~2日たっていれば検査できます。 咽頭クラミジアの検査をする時は この期間をすぎてから受けるようにして下さい。 またクラミジアの潜伏期間は 約1週間〜3週間と言われていますが、クラミジアは自覚症状が出ないことも多いので注意して下さい。 クラミジアに感染しても 女性の8割、男性の5割が無症状だと考えると 症状が出る人の方が少ないからです 咽頭淋菌 病名 潜伏期間 検査可能日 淋病 約2〜7日 感染から1~2日 淋菌は感染が疑われる性行為から 1~2日たっていれば検査できます。 咽頭淋病の検査をする時は この期間をすぎてから受けるようにして下さい。 淋菌の潜伏期間は 約2~7日だと言われています。 咽頭梅毒 病名 潜伏期間 検査可能日 梅毒 約3週間 感染から約1ヶ月 梅毒は感染してから 4週間以上たってから梅毒血清反応検査が可能になります。 また梅毒の 初期症状が出るまで3週間程度かかります。 症状がでないこともありますので、パートナーに感染させないように注意して下さい。 梅毒第1期の症状では無痛性の初期硬結 こうけつ または硬性下疳 げかん が, 口唇, 扁桃, 舌に発生します。 簡単に言うと、「 硬い小さなしこりのようなものが唇や舌、喉の奥に出来て、その後ただれた 潰瘍ができます」 咽頭クラミジアや咽頭淋菌と比べると見た目や症状から病気の識別が簡単なため発見しやすいです。 【治療方法】咽頭クラミジア・咽頭淋菌 咽頭クラミジアの治療には抗生物質の飲み薬 ジスロマックSR、グレースビット、オゼックス、クラビット等 が使用されます。 また飲み薬を飲んでもなかなか治らない場合には点滴 ロセフィン等 による治療が行われます。 咽頭淋病の治療は点滴 トロビシン筋肉注射、ロセフィン点滴等 によるものがほとんどです。 以前は抗生物質の飲み薬で治療していましたが、抗生物質の乱用により菌が耐性を持ちはじめたため現在では点滴治療が主流になっています。 【治療期間】喉のクラミジア・淋病 咽頭クラミジアの治療期間は 2週間程度かかります。 性器クラミジアは抗生物質の服用により1週間程度で完治しますが、喉のクラミジアの場合は性器クラミジアの 2倍の治療期間がかかります。 これは 抗生物質が喉に効きづらいためです。 また咽頭クラミジアと併発しやすい咽頭淋菌の治療期間は1日〜7日程度です。 咽頭クラミジアに効果のある薬は限られている 抗生物質を飲んでも治らないという方は注意してください。 病院で風邪や扁桃炎と診断されると抗生物質 フロモックス、セフゾン等 が処方されますが、同じ抗生物質でも全てが咽頭クラミジアに効くわけではありません。 咽頭クラミジアに効果のある抗生物質は限られています 【検査方法】喉のクラミジア・淋病 喉のクラミジアと淋病を検査するには 病院か性病検査キットという選択肢があります。 咽頭クラミジアを診てもらいたいけど何科に行けばいいか分からないという方は耳鼻科・性病科・泌尿器科等に行けば大丈夫です。 ただし、はっきりした自覚症状が出ていないと保険適用できず 全額自己負担になります。 保険が適用されるためには 自覚症状が出ていることが必須になるからです。 また 喉の性病は即日検査できない ので注意して下さい。 性病クリニックだと咽頭クラミジアと咽頭淋菌のセットで初診料、診察料、検査費用を含めて 7千円〜2万円程度で検査できます 検査方法はSDA法かPCR法。 この方法のデメリットは喉に綿棒をこすりつけて検体を採取するため 苦しいことです。 自分の喉に指を突っ込んだ時を想像してもらうと分りやすいですが「オエッ」とした感じになります。 具体的に言うと口と喉の境界線あたりに綿棒 スワブ を回転させながらこすりつけて検体を採取します。 検査機関によってはこの方法で検査しています。 しかし、咽頭クラミジアにおいては うがい検査の方が広範囲でサンプルを検出できるため 検出率が高いというデーターがあります。 うがい液から検体採取する方法 うがいした後のうがい液を送るだけなので簡単な方法です。 現在は多くの検査会社がこちらの方法を採用しています。 うがい液は水道水を使って問題ない 検査場所によっては専用液(食塩水)をわざわざ使用しているところもありますが、クラミジア・淋菌の 検出率に違いがないことが 日本性感染症学会でも証明されています。 単品よりセットの方が お得になっています。 クラミジアと淋病を完治するためには喉と性器の両方の治療が必要なので 一緒にチェック しておく事をお勧めします。 性病の検査可能日について 性病には検査しても細菌やウイルスが 発見できない期間があるので、検査可能日を調べてから検査を受けるよう注意してください。 HIVや梅毒などの検査をしようと思ってもできない期間があるのはこの ウインドウ期によるものです。 性病検査キットの信頼性について 性病検査は病院や保健所以外に 自宅でも可能です。 自宅で検査する際は性病検査キットを注文して行うことになります。 その方法は簡単で検査会社から送られてきた器具で サンプル採取して返送するだけです。 使用するにあたって心配なのは性病検査キットの精度や信頼性だと思います。 どんなに便利でも検査に信憑性がなければ使いたくないのは当然です。 しかし、性病検査キットは病院や保健所からも外部委託されて検査を行うほどの 高い精度を持っています おすすめ性病検査キットはGME 性病検査キットの総合ランキング1位はGME医学検査研究所です。 性病検査キットの【値段】【スピード】【サービス】の総合面でGMEがおすすめです!どの項目においても優れているからです。 さらにアフターフォローも充実していて検査結果が陽性であった場合でも全国に400以上ある提携病院を 無料で紹介してもらえます。 咽頭クラミジアの検査キットはGMEがオススメである理由 日本で最も感染者数が多い性病はクラミジアです。 そのクラミジア検査においてもGMEは優れた検査方法を採用しています。 検査方法 原理 特徴 クラミジア抗体検査 IgA抗体、IgG抗体 抗原抗体反応によって検出し、クラミジア感染の有無を判定するため 過去のクラミジア感染にも陽性反応が出てしまう 遺伝子検査 リアルタイムPCR法、SDA法、TMA法など 遺伝子を増幅して検出するため感度が高く 現在の感染有無を判定できる GMEのクラミジア検査は リアルタイムPCR法を採用しています。 クラミジア抗体検査では過去に感染した経験があると陽性反応が出てしまいますが、リアルタイムPCRなら 現在クラミジアに感染しているかどうかを判定できます。 過去にクラミジアに感染していた人や、抗生物質を個人で購入して治療したという人は現在クラミジアが本当に完治しているのかどうか調べるのに有効な方法です。

次の