アレクサ 対応 照明。 既存の壁スイッチをwifi化してアマゾンエコーで操作する方法【UDA WIFIスマートスイッチ】

アレクサでスマートスポットライト♪【ホームシアター】

アレクサ 対応 照明

種類は色々ありますが、基本的にどれもアレクサを搭載していることには変わりありません。 スピーカー・ハブ・モニターの有無といったハードウェア的な部分が違うので、財布と相談しながら自分にあったEchoを購入しましょう。 この記事を読んでいる方はもうすでに持っている方が多いのではと思いますが、Amazon Echoシリーズは新商品も結構発売されるしEcho自体の進化も速い。 第1・2世代を使っている方はこの機会に新世代の特徴を見てみて更新するか検討してみるのも良いと思います。 アレクサ対応のスマート家電 アレクサ対応のスマート家電で日常の「めんどくさい」を取っ払って快適な生活を送りましょう!手軽にスマートホーム化できる家電を15個紹介します。 Fire TV Stick• Amazon Prime Video• Netflix• Hulu などの主要オンデマンド動画をテレビの大画面で見ることができます。 テレビのHDMI端子にさしてWiFiを繋げるだけなので設定も簡単。 正直革命的なアイテムです。 オンデマンド配信が一般的になった今、ブルーレイレコーダーよりもよっぽど起動します。 新型Fire TV Stickはアレクサに対応したことで、Echoシリーズにつないでハンズフリー操作が可能になりました。 動画再生中の早送り・巻き戻し・停止・再生などが音声認識で簡単に。 時間指定もできるので非常に便利です。 例えば10秒だけ巻き戻すとか、リモコンだと押してからのタイムラグがあって巻き戻しすぎたりしちゃいますし、操作間違えてホーム画面に戻っちゃうとかもたまにあってああ~~ってなります。 アレクサに話しかければいいなら確実だしリモコン持たなくていいし最高ですね。 旧世代を利用中の方はアレクサ対応版に更新検討しても良いかも。 TP-Link スマートプラグ HS105• 4つのコンセント、4つのUSB口がついたWiFiコントロール可能なスマート電源タップ。 複数の機器をスマート電源対応させたい人にとってぴったりの製品。 サージプロテクト機能付きなので、過電流からの保護もされます。 電源コードの長さは約2m弱。 アレクサ対応で、4つのコンセントはそれぞれ個別にオフ・オンが可能。 USBは一括操作になります。 シンプルかつ使いやすいアプリでそれぞれのコンセントに名前を設定し、アレクサで名前を呼びかけてスイッチを入れます。 シーン設定で複数のコンセントを同時制御できます。 スケジュール機能もついているのでそれぞれのコンセントでタイマー設定することが可能。 上手く設定すればさまざまなことを自動化できますね。 Phillips Hue スマートLEDライト• アレクサが搭載されたBOSEの小型ワイヤレスサウンドバー。 本体にアレクサが入っているのでAmazon EchoがなくてもOK。 見た目もおしゃれ、音質も抜群に良い。 アレクサに話しかけて曲を流したり天気予報を聞いたりできる。 音声認識マイクが8つついており、大音量で音楽を聴いている中でも声を認識してくれます。 BluetoothやWiFi経由でAmazon MusicやApple Musicといったオンラインサービスで音楽を聴くこともできて便利。 スマホを接続して音楽を流すことも勿論かんたん。 オプションでサブウーファーやサラウンドスピーカーもあるので拡張性も良い。 SONY 43V型液晶テレビ• テレビやエアコンのリモコン• 傘 など、よく使う・大事だけどどこに置いたか忘れてしまいがちなアイテムにキーホルダーとしてつけておけば、Tile Mateで音を鳴らしてすぐに見つけ出すことができます。 外で落としてしまった時はスマホの地図で場所を確認できますし、通信が途切れても最後の場所と日付を記録してくれます。 外出先で財布がないことに気づいた時、家に忘れたっけ?どこかに落とした?といった不安が解消されますね。 アレクサなら設定した名称で話しかけて、音を鳴らしたり場所を確認したりできます。 家の中でよく物を置き忘れる人には便利ですね。 1枚単体よりもの方がかなりコスパが良いです。 忘れん坊だから色んな物にとりつけたいなぁ・・と思ったら迷いなく4枚セット。 通信距離が2倍の90m、音量が2倍になったもあります。 Arlo Pro ネットワークカメラ.

次の

【楽天市場】照明 和風照明 LED対応 ペンダントライト 和モダン【ALEXA:アレクサ】和室 リビング ダイニング 食卓用 美しい陰影 おしゃれ レトロ ヤコブソンランプ風 ブラウン 日本製 北欧 照明 天井 おしゃれ ペンダントライト 北欧 ナチュラル 天井照明 シーリングライト(2

アレクサ 対応 照明

A Alexa(アレクサ)に対応していない家電でも、別売りのIoTガジェットを使う事でアマゾンエコーから音声で操作できるものがあります! 家電をアマゾンエコーから音声で操作したい場合、いちから全部Alexa対応の家電に買い換えるなんてことは、あまり現実的ではないですよね…。 もちろん 家電自体がAlexa対応であれば音声だけで簡単に操作ができるようになりますが、かなり費用がかかってしまいます。 しかし、 Alexa非対応の家電であっても、Alexa対応のIoTガジェットと併せて使う事によって音声だけで操作することが可能になります! 今回は、Alexa非対応の家電をアマゾンエコーから操作するための方法を3つ紹介していきます! この記事の目次 クリックすると該当箇所へ飛べます。 スマートリモコンを使って自宅の照明や家電を音声操作する方法 スマートリモコンとは、テレビ・エアコン・照明など 家電のリモコンの赤外線を登録し、スマホアプリからの操作を可能にするガジェットです。 ガジェット自体がWi-Fiに接続できるため、外出先からでも操作ができるように。 どんなものか簡単に特徴を下記で説明します。 スマホアプリからテレビやエアコンを操作できる• 今使っている複数の家電のリモコンをスマホひとつに集約できる• スマホから遠隔操作できるので外出先から家の中の家電を操作できる 上記のようなことができるので、リモコンが沢山あって邪魔ならスマホ1台にまとめられますし、電気を消し忘れても外で消したり、夏や冬に家に帰る前にエアコンをつけておいたりできる優れものです! このスマートリモコンの中にはAlexaに対応している機種があります。 その スマートリモコンのアプリからAlexaと連携することで声で家電を操作することが可能になるんです! 実際にどのようなことを言うと家電が動くのかを3Dで再現しているので、良かったら体験してみてください。 つまり リモコンが付いている家電であればスマートリモコンを経由することで大体はアマゾンエコーから操作ができるようになります。 スマートプラグを使って卓上照明や扇風機を音声操作する方法 先ほどは赤外線リモコンが付いている家電のIoT化でしたが、例えば卓上照明や電気ポットなど リモコンが付いていない家電を操作する場合にはスマートプラグが適しています。 こちらはざっくり言うとコンセントの抜き差しをしているようなものなので、コンセントを入れた時点で電源がONになる家電でないといけません。 よく 卓上照明などにある回してカチッとつけるタイプや足元でスイッチ踏んで電気をつけるタイプであればできます! 導入費用は大体2,000円ほど。 これを使えばAlexa非対応の家電、ましてや赤外線リモコンがない家電でもIoT化してアマゾンエコーから操作する事ができます。 このボタンロボット自体もAlexaに対応しているものもあり音声で操作が可能です! こちらはつける場所は問わず、『壁にある照明のスイッチ』『お風呂のお湯はりスイッチ』『加湿器や空気清浄機』など 物理的にスイッチがあるものであればどこにでもつけられます。 現在Alexa対応のボタンロボットは、『Swith Bot(スウィッチボット)』と『Micro Bot Push(マイクロボットプッシュ)』の2種類があり、どちらも実際に使いましたが、 スウィッチボットの方が設定が簡単でおすすめです! ただボタンロボットを音声で操作したり、外出先からアプリで操作するには中継機が必要になります。 ただSwitchBotの場合には、 テレビやエアコンを操作できるスマートリモコン「SwitchBot Hub Mini」が中継機の役割を果たしてくれるため、家電操作も合わせてやりたい人はHub Miniとの併用がおすすめです。 結構アナログ的なIoT化ではありますが、このロボットスイッチを使えばアマゾンエコーから家電を操作できるようにすることも可能!いろんなIoT化があります。 CM放映中のMANOMAでまとめて自宅をスマート化 最近テレビCMでもたまに流れるSONYの「 MANOMA マノマ 」というサービスをご存知ですか? Amazon Alexaが搭載された「AIホームゲートウェイ」と呼ばれるデバイスと合わせて、 Alexaに対応したスマートリモコンやスマートロックなどのデバイスが使えるサービスになっています。 特集コンテンツ 売れ筋スマートガジェットランキング smartioでみんなが買っているスマートホームガジェットをカテゴリー毎にランキング形式で紹介しています。

次の

Echo/アレクサ対応のこの照明なら、スマートハブもスマートリモコンも不要で、電灯・エアコン・TVを操作できる

アレクサ 対応 照明

古い壁スイッチ交換でIoT化、照明を音声操作 以下が実際できたこと。 アレクサに「電気消して」• 交換したスマートスイッチが反応• 照明が消える(つく) リモコン操作可能な照明の赤外線をスマートリモコンに覚えさせて操作するのではなく、 壁スイッチに直接命令 するところがポイントです。 赤外線を介さないので、 スイッチにリモコンを後付けする必要はありません。 取替え前の壁スイッチはさっきも出てきたこんな感じのよくあるやつ。 何度も言いますが交換してください。 交換前は、壁に埋め込まれたこの3つのスイッチを入り切りすることで、該当した3箇所の電気をつけたり消したりしていました。 家庭でよく見る普通のスイッチです。 この壁スイッチを外してwifiスマートスイッチを取り付けました。 そしてスマホに専用アプリを入れ、 アレクサアプリ&アレクサ本体と連動させることで電気のIot化を実現、声での照明操作が可能になりました。 以下設定方法を解説しています。 スマートwifiスイッチ接続方法、本体への電源供給が必要 少し手を加えると書きましたが、 実は結構大変だったりします。 以下、我が家での実例を紹介してみます。 まず一番の問題として、 スマートスイッチ本体を動かすには別途で電源が必要なんですよね。 買ってから知りました。 スイッチ本体に電気を供給しなくてはいけないので、 電気コードをどこからか引っ張ってくる必要があります。 場合によってはかなり面倒です。 今回は スマートスイッチをとにかく稼動させてみたかったので、見た目は後回しです。 スイッチ取り付け場所の一番近くにあった 天井照明からコードを分岐させて電源を取りました。 突貫のため配線がむき出しで見た目は悪いのですが、時間がある時にでもどうにかしようと思います。 写真では白と黒のどちらも分岐させていますが、 白だけ接続すれば大丈夫だったので、のちに黒コードは外しました。 で、のちに、モールで隠したりしてどうにかしました。 天井から照明に接続されている線を一度外し、二股に分岐をかけます。 一方は再び照明へ戻し、もう一方はスマートスイッチに給電できるよう結線していきます。 壁スイッチ側ですが、埋め込みタイプのスイッチに接続されていた線を全て外して、スマートスイッチの裏側に配線しなおします。 一番右の白コードは先ほど照明から分岐させてきた電源です。 写真は黒コードの取り外し前ですが、 照明とスイッチをつなぐのは白コードのみで大丈夫です。 我が家のこのスイッチの場所ではこの結線方法でうまくいきました。 接続したら、スマートスイッチを壁に戻しましょう…あれ… 入らない。 戻らない。 既存の壁スイッチよりスマートスイッチ裏の部分が大きくて入らない… 突貫のためスイッチが斜めのままで見た目は悪いのですが、時間がある時にでもどうにかしようと思います。 で、のちに、タイガーボードみたいなの削ったり してどうにかしました。 外した埋め込みタイプスイッチの裏は、こんな感じです。 スマートスイッチ自体の器具の大きさもありますが、結線後、 既存の穴に器具をきれいに戻す作業は少し大変かも。 電気のコードって固いんですよね。 今回は 天井から分岐することで電源を確保しましたが、結構大変ですよね。 もう少しイレギュラーになりますが、もあります。 各スイッチごとの音声操作も可能 あとはアレクサアプリで各ボタンの設定をしてあげます。 アプリ側でスイッチ名を変更してあげれば、例えば 電気A、電気B、電気Cなどと名称を変更してあげると、個別に音声操作できます。 今回は3つのスイッチのものを取り付けたので、写真左側には Switch1、Switch2、Switch3、電気(全体)の項目があります。 これらを 電気A、電気B、電気Cなど、任意の名称に変更します。 電気は全てのスイッチをまとめてオンオフする場合に使えます。 しかし、名前の付け方によっては、アレクサがうまく反応しない場合があり、 名前付けに若干コツがいるようで、例えば…• 電気A• A電気• 電気1• 1電気• 照明A• A照明 など。 項目名として、 電気にするのか、 照明にするのか、 ライトにするのか。 種類として、 Aにするのか、 1にするのか。 項目名を前にするのか、 項目名を後にするのか。 これらの組み合わせで、アレクサが聞き分けてくれたり、聞き分けてくれなかったりします。 どの組み合わせが良いか実験しましたが、 面倒になり途中でやめたので残念ながら正解はわかりません。 しかし、 まったく関係のない名前をつけてしまうと全然反応しないことは判明しています。 最初、ペットの名前とかを照明にしてみたところ(コタロウって名前にした) 「コタロウというデバイスは見つかりませんでした」とアレクサに言われてしまいました。 ちなみに、スマートスイッチをオン・オフする時、スマートスイッチの 見た目からは想像しがたいアナログな音がでます。 思いっきり「カチッ」って鳴る。 ちなみに、電気工事屋さん全員がスマートスイッチについて詳しくはないようです。 電気工事にはもちろん資格がいるのですが、知り合いの工事屋さんに相談したところ、スマートスイッチの事はあまり関わったことがなかったようで、僕の依頼後、自分なりに調べて、機器の事を理解したそうです。 このことから、中古住宅のスマートスイッチ化は普及しているとは言えない状態なので、いち早く取り入れて周囲を驚かせてあげましょう。 実際の使い勝手はどうか 小さな子供がいる我が家、トイレに行ったり、洗面所に行ったりと、子供は照明のついてない暗い場所に行く事を怖がったりしますよね。 まだ、そういった場所にスマートスイッチを設置できていませんが、 照明のwifi化を進めれば音声操作で電気をコントロールできます。 暗がりに行く前に、子供自身が、声で電気をつけることができます。 僕の家の場合はアマゾンエコーを使っていますが、 僕の声でも、嫁の声でも、子供の声でもアレクサは反応してくれています。 言うても「アレクサ!」って呼ぶのって抵抗はあるんですが。 なんか恥ずかしい….

次の